箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月9日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月9日AM2:53〜3:26
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを恵みで満たします。聖母があなたにお話しします。聖母の言葉に耳を傾けてください。
 あなたは公に聖痕のことを証しました。死のことについても、愛する息子(ジャン・マリー神父)が証しました。誰も信じることができない事ばかりを伝えているので、あなたは司祭のもとで、もっともっと身を低く天の語り掛けに対して信頼してください。あなたは、聖痕を受けたときに、多く質問されて苦しむことをベルナデッタを通して感じています。過去の幻視者、神秘家は、いろいろな苦しみを負わされ、精神的な苦痛を味わいました。あなたの耳が聴こえなくなるということも、多くの人は、信じないであざ笑っています。人は、光に照らされなければ誰もイエズスと、マリア、ヨゼフと、天使、そして、神が立てた預言者リトル・ペブルの事を理解することはできません。恵みがその人を照らしてようやく心が開かれます。
 今や、聖痕の奇跡は、遠い昔話のように語られ、おとぎばなしの一つとしてかたずけられる時代となっています。今、ジャン・マリー司祭によって、多くの先入観を天は壊そうとしています。聖痕が与えられるのは、聖職の人、また、特別に選ばれた聖人と呼ばれる人だけにしかもらえないという考えが一般的でした。でも、彼らも最初は平信徒だったのを皆は忘れています。 素朴であってください。マリー・マドレーヌ、怖がらないで司祭を愛し、ついていってください。天が望む事に敏感になってほしいのです。
 愛する私の息子(ジャン・マリー神父)、あなたを祝福します。あなたは今までと変わらず、天の計画に素直に従い、羊たちを導いていってください。祝福をします。どうか、ベルナデッタの保護を願ってください。神の御旨を求めてください。愛しています。司祭の祝福をお願いします。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 8日の第2ミサをしていた私は今回大変無気力状態で、ジャン・マリー司祭が聖歌を歌っているときにはただ一緒にオルガンを弾くだけの心の状態でした。司祭が歌うから私はそれについていく。ただそんな状態で心が大変重くなんにも言えませんでした。ロザリオの祈りの時にはまた、左目に光が連続して入る感じを受けました。その時に司祭にお願いして聖水を撒いてもらって祈ってもらいました。1度印を求めてみました。でも、印は在りません。私はサタンに出て行くよう、命じました。それでも、その光が連続して左目に感じるのはおさまりませんでした。大変な悪魔のアタックでした。
 ロザリオを祈ったあと、私たちはシドニー・ペニー主演の映画「ベルナデッタ」をビデオで見ました。途中、ジャコメ刑事に尋問されているベルナデッタの場面を見ていたときです。私の右手に風を感じました。司祭に話をして途中でビデオを止めました。私は聖堂に行って、印が在るかを尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、司祭に伝えました。司祭とマリー・レベッカは一緒に『大天使聖ミカエルに向かう祈り』を祈ってくれました。私はこのとき「しもべは聞きます。お話しください」と祈って待ちました。聖母マリア様が話をしてくださいました。
 今回のメッセージは大変重かったです。聖痕を貰うことについて改めて深い謙遜を教えられました。最後にメッセージについて、確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。このときに録音機のメモリの容量がなくなったので、マリア様に「ほかにローキューションとリトル・ペブルさんの伝言が在ったら、録音の時間がなくなったので明日にお願いします」と言ってほしいと司祭から言われました。私はそのように言いました。「長の望みです」と付け加えました。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】