箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月1日PM22:38〜22:56
聖ヨゼフ様からのメッセージ(名古屋共同体にて)


聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフがあなたがたに話をする。
 一人ひとり愛されている子供たち、あなたがたの働きに関して、天はどれほどに慰められ、大きな喜びを得たか。私たちは決してあなた方のことを忘れていない。ますます勇敢であり、リトル・ペブルの事を伝えていってほしい。
 愛するマリー・マドレーヌに話をする。痛みを捧げ続けてほしい。ヨゼフは最後まであなたを捨てず、イエズスの養父としてイエズスを護ったように、今、愛する息子(ジャン・マリー神父)が私に頼んでいることを全て聞いているので、あなたの行くべき道を全てまっとうさせるために、決して見捨てない。だから、イエズスに会うことをもっともっと楽しみに憧れてほしい。リトル・ペブルの教皇職の真実性と正当性を証(あかし)するために、あなたにはこれからみなが信じるようになるために、身を持ってしるしが与えられるので、十字架を負って歩むように、私はあなたに言う。
 愛するロンジン・マリーと、フランソワ・マリーは、これからますます互いに固く愛し合って、新しく来る子供たちのために情熱を傾けていってほしい。それぞれに神から与えられた能力に従って神の事業を行ってほしい。小さい子供たちを神は深く愛しておられるので、どうか一人ひとりの手を取って、イエズスとマリアのところに導いてほしい。 イエズスの喜びである愛する息子(ジャン・マリー神父)をはじめ、子供たちにこれからも豊かに恵みを注ぐ。雄々しくありなさい。天使と聖人とともに、この共同体を祝福する。司祭の祝福をお願いする。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


聖イメルダ・ランベルディーニ:
 愛する皆さんにイメルダがお話しします。みんなは聖体を拝領してあまりの嬉しさで死んでしまって、天国に行った私のこの奇跡について、「なんで?」と何百年も言っているし、今は「そんな馬鹿なことないよ」って言われてしまう時代になってしまっています。ただ、私はイエズスが大好きで、「本当にご聖体と一緒にいたい」、それだけが私の思いでした。
 「なんにも、難しい知識のお話しは、私にはわからない」 その単純な思いだけが神様に喜んでもらえる。このことをお話ししたくてここに来ました。天国にはちっちゃい子がいっぱいいます。優しいお兄さんもお姉さんも、そしてお父さんも、お母さんも、たくさんいて神様のところで神様を心から喜んで礼拝して、イエズス様とマリア様にいっぱいお話しています。
 みんなに言います。どうか泣いてるマリア様の胸に飛び込んで「お母さん、私の悪いところをゆるしてね」と言ってほしいんです。みんな、ちょっとの楽しみで満足しないでほしいんです。イエズス様とマリア様はどのように友達を愛したらいいか、教えてくれるし、天使が一人ひとりにいるんです。大好きなみんなのことをいつもそばにいて護ってくれています。
 「イエズスは神様だから、とっても遠くて私にはわからない」なんて言わないでほしいんです。馬小屋で生まれてくれました。一番汚いと思う場所で、すごく寒いのに、たくさんの天使が護るなか、赤ちゃんとなってくれたんです。そして、同じくいっぱい遊んで、いっぱい神様のことをみんなに伝えてくれました。ちっちゃいかわいいみんなは、同じ人間になってくれたイエズスのそばに行くことができます。怖がらないで「私のこと、好きなんだね。ありがとうね」と話してみてください。イエズスは、本当にちっちゃい子が大好きなんです。
 マリア様はお母さんだから、いつもみんなを抱きしめています。いっぱいかわいがってくれます。悪いことしちゃっても、おこって放り出すお母さんじゃないです。「ごめんなさい」の一言が聞こえると、もう「大好きだよ」って言って、やさしく抱きしめてくれます。
 やさしいマリア様とイエズス様がみんなのことを祝福してくれます。どうかイエズス様と、マリア様のところに来てください。神父様に祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ロザリオの祈りをしていたときです。4玉目ぐらいに私の右手に風を感じました。手の甲に風が吹いてきたのを感じたので、祈りをとめさせてもらって、印が在るかを尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。私はこのことを司祭に話しました。司祭は聖水を撒いてベネディクトの十字架で十字のしるしをして祈ってくれました。私はこの時に「しもべは聞きます。お話ください」と祈って待っていました。ローキューションが始まって男性の声がしましたから、だれかなと思っていたらヨゼフさまが話してくださったのが判りました。最近天の方々がそろって『小さい子』に言及してメッセージを下さるので、私は本当に幼な子のままでいいんだなぁと思いながら今日もメッセージを聞いていました。それと、もっと親しくなりたいというように、天の方々が話をしてくださるので、この恵みになんて感謝したらいいかわかりません。この幸せをもっと多くの人に伝えたい、そう思っている私です。
 ヨゼフ様のメッセージが終わって、私は確認を取りました。「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。続けて「他にローキューションはありますか?」と私は尋ねました。そうしたら一言『ミシェル・マリー・フランソワに」と言われる声を聴きました。私は「印は在りますか?」と尋ねました。そうしたところ、『識別のための印』をいただきました。このことを司祭にはなしました。
 しばらく祈ったあと、もう1度「ローキューションは他にありますか?」と尋ねるようにと司祭から言われました。わたしはそのように尋ねました。そうしたら私の心のなかに「イメルダ」といわれるこえを聞きました。このことを司祭はなしたら「この一言について印があるか尋ねて」といわれました。私はこの一言に対して確認の印をお願いしました。そうしたら『識別のための印』が在りました。イメルダさんが話してくれました。この間の御出現では本当に嬉しそうに話てくれたイメルダさんでしたけれど、今回は少し静かで「みんなここに来て」とお願いするような感じでした。なんとなく寂しさを思わせる声で話をしてくれました。声はかわいい12歳から13歳の子どもらしい声で、声の調子は割と中音域でした。途中聴こえた言葉がおかしかったところがありました。「神様の」と聞こえてしまって言葉がそこから先聴こえなくなってしまいました。私はベネディクトの十字架で十字を切って印は在りますか」と尋ねました。司祭が聖水を撒いて祈ってくれました。このときに印がありませんでした。悪魔のアタックがあったので「サタン、イエズスのみ名によって命じる。退け!」と私は心のなかで言いました。そうして「再開してくださるように」頼みました。このときに「印をください」と私はお願いしました。そうして祈っていたら『識別のための印』が在ったので、このことを司祭にすぐ話しました。守護の天使に「助けてください」と私はお願いしたら「神様に喜んで」と続けて言葉が聞こえてきました。メッセージが終わって、最後に私は確認をしました。「このメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】