箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年5月14日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年5月14日(日曜日)(AM0:29〜0:47)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)

聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌにお話しします。聖母はミシェル・マリー・フランソワを立てています。あなた(マリー・マドレーヌ)はまもなく耳が聴こえなくなります。恐れないでください。小さな子であるので、小さな子が負えるようにイエズスの十字架を担わせます。ミシェル・マリー・フランソワはこれから多く働きます。愛の一致を持ってリトル・ペブルと繋がってください。あなた方、一人ひとりを豊かに祝福します。
 子供たち、一人ひとりにバラの花束を贈ります。聖母がどれほどに慰められたかしれません。全て、ヨゼフと共に歩いていってください。共同体の導き手であるヨゼフに何でも頼んでください。優しいヨゼフが、あなた方、一人ひとりを導きます。聖母はあなた方、全てに対して、マントで覆います。司祭の指導のもとに従ってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 13日の第2ミサ(死者ミサ)をささげました。ロザリオの祈りが始まって第3玉目に手に風を感じました。そのため、祈りを止めさせてもらって、印が在るかを尋ねました。けれど、識別のための印』は在りませんでした。すぐにサタンに対して「イエズスの御名によって命じる。サタン出て行け!」と厳命しました。そのあとしばらくしてミシェル・マリー・フランソワが印の確認をとっていて、ローキューションが始まったことを聞きました。しばらくして、聖櫃のところに来るよう言われて、司祭に「ローキューションは在りますか?」と聞くよう言われました。しばらく沈黙していたら「ミシェルに」という声を聴きました。女性の声でした。ミシェル・マリー・フランソワを強く押しているように聴こえました。そして、自分の席に戻って祈りました。
 このときから悪魔のアタックが激しくなってきました。「もうローキューションは終わったんだ」と言うインスピレーションを吹き込もうとして私の心を混乱に陥れようとしました。もう1度前へ来るように言われたとき、私の心は苦しくて「しもべをへりくだらせてください」という思いでいっぱいでした。そして、もう1度「ローキューションはありますか? あったら印をこのときにお願いします」と祈りました。そうしたら「まもなく耳が聴こえなくなります」と聴こえました。司祭にこのことを知らせました。「印を求めるように」と司祭に言われて「『しもべは聞きます。お話下さい』と祈るように」と言われました。私はそのようにしました。
 待っていたら「識別のための印」が在ったので、司祭に告げました。「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈りました。そうしたところ、聖母マリア様が話してくださいました。最後に「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら「識別のための印」が在りました。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と引き続き尋ねました。ゆっくり「めでたし」の祈りを唱えて待ちました。けれど、印はありませんでした。司祭から「『ミシェル・マリー・フランソワを通して語られることありますか?』と尋ねるように」と言われました。そうしたところ、「識別のための印」が在りました。




2006年5月14日(日曜日)(PM12:36〜12:58)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなた方を祝福します。寺沢の事で、あなた方は信頼して祈りを捧げてください。恐れないで歩んでください。あなたがたを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ミサ中、体のあちこちに痛みを感じていました。これからのためにイエズスに捧げますと祈っていました。ロザリオを祈り始めてすぐに風を強く感じました。しばらくその状態が続いていました。3玉目に印を求めるため、祈りをとめさせてもらいました。「印は在りますか?」と尋ねましたが、このときには印は在りませんでした。「イエズスの御名によって命じる。サタン、出て行け!」と私は厳命しました。
 しばらくして、私は司祭に体の痛みがあることを告げました。そうしたら聖櫃のところにきて「ローキューションは在りますか?」と尋ねるよう、言われました。私は「しもべをへりくだらせてください。ローキューションはありますか? 印をお願いします」と祈って待ちました。そうしたら「識別のための印」がありました。聖母マリア様が話してくださいました。最後に「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねたら「識別のための印」をいただきました。派遣式が始まって、私は寺沢に行く人たちにどうか恵みを下さい」と祈っていました。そうしたら甘いバラの花のにおいが目の前でしました。印があるか尋ねました。そうしたところ「識別のための印」が在りました。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】