箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年4月20日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年4月20日(木曜日)(PM13:11〜13:44)
聖ヨゼフ様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)

聖ヨゼフ様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福する。あなたを育てるヨゼフがあなたに話をする。
 あなたは恐れないで、重荷を負いなさい。痛みはどんどん強くなるけれども、あなたが祈った祈りに対してヨゼフは喜んでいる。進んで重荷を負う人を天は探している。リトル・ペブルのために身を捧げてほしい。あなたは小さな子であるから、幼な子らしさをそのまま神に捧げてほしい。どんなに汚れきっていても、イエズスが全てあなたの罪を許すので、何でもいいから打ち明けなさい。
 
これから送られる子供たちはみな幼な子であるように神は望まれている。多くの傷を抱えているので、彼らはただ、リトル・ペブルを愛し、彼を信じること、これだけが要求される。ミサにあずかるときでも「お母さん、愛します。助けてね」という心であずかってほしい。彼らにはそれだけが望まれる。何も形を彼らに要求してはならない。
 リトル・ペブルのために祈りなさい。司祭の祝福をここにいる全ての子供たちに対し、お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖ヨゼフ様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖ヨゼフ様:

 愛するリトル・ペブル、あなたの勇気に対して、私は感謝をする。ヨゼフがあなたに話をする。
 あなたが獄中の苦しみのなかでも彼らの救いのために犠牲を捧げてくれている。世界は神の望まれていることとは全く反対の方向に動いている。イラクとイランに対しての脅威はこれから深まっていくので、このことを警戒するようにあなたにお願いして手紙を天が頼んだ。あなたは恐れずに勇気を持ってしてくれた。このことに対して、天はどれほどに感謝をしているかしれない。あなたを豊かに祝福する。引き続き、教会のため、全世界のために祈りを捧げてほしい。あなたを多くの天使たち、聖人たちが慰め、励ます。恐れないで歩みなさい。豊かに祝福する。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ヨゼフ様からローキューションを受ける前にこの出来事がありました。ミサが始まる前に『悪魔祓いの一般的祝福』の祈りを司祭がしていました。終わりごろに私は悪魔からのアタックを受けました。司祭が『出て行けサタン!』と言っていたときに悪魔は私の耳元で「イヒヒ」と笑いました。私が眼を開けたとき、私の眼の前に誰かが立ってこちらをキッ!と睨むような目線をこのときにはじめて感じました。(注:マリー・マドレーヌは全盲で目が見えない)
 このあと、私たちは、死者ミサを捧げました。葬儀のミサで、全世界でこの数日間に亡くなった霊魂のためのミサを捧げたのです。毎日1回はこのミサにあてられています。司祭がホスチアの奉献をして、私たちに祈りを一緒に捧げるよう言われたとき、私は一言「もっと重荷を負わせて!」と祈りました。そして「穴あけてちょ!」という祈りもしたのです。司祭がカリス(葡萄酒)の奉献を終えて、献香をしているときに私の眼の前に百合の花の香りが鼻に吹き込まれるように連続してにおいました。久々だったので、私は「印は在りますか?」と聞きました。そうしたら『識別のための印』が在りました。このときにはミサ中でしたので、時間を見ておきました。時間は昼間の12時でした。1時ごろ、もう1度百合の香りがしました。ミサの終わりごろになって百合の香りを感じたので、印を求めました。そうしたところ、今度も『識別のための印』が在りました。ロザリオの祈りをする前に私は司祭にこのことを告げました。ロザリオの祈りを始て、『めでたし』の祈りに入ってすぐ3度目に百合の花の香りがしたので、私は祈りをとめさせて貰い、印が在るかをたずねました。そうしたら『識別のための秘密の印』が在りました。聖櫃の前に来て「しもべは聞きます。お話ください」と私は静まって祈りました。ヨゼフ様が優しく話してくださいました。メッセージを受けていて、これはこれから送られてくる人たちへのメッセージだと私は強く思いました。全てメッセージが終わって私は確認を取りました。「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための秘密の印』が在りました。続けてリトル・ペブルさんに伝言があるかを尋ねました。すぐに印が在りました。けれど、私は急に目の前がくらっとなったので、祭壇にしばらく頭をつけて祈りをしました。そうしたら司祭が聖水を撒いてくれて『大天使聖ミカエルに向かう祈り』を祈ってくれました。私はもう1度落ち着いて静かに「しもべは聞きます。お話ください」と祈り、待ちました。そうしたら「愛するリトル・ペブル」という声がしました。聖ヨゼフ様が引き続き語ってくださったのが判りました。最後に私は「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と確認をしました。そうしたら『識別のための印』がありました。
 そうして、「ミシェル・マリー・フランソワに語られることありますか?」と私は続けて尋ねました。長上から言われて「昨日、ミシェル・マリー・フランソワが見たビジョンの女性はどなたでしょうか?」と尋ねました。ミシェル・マリー・フランソワを通して話されることについて『印』がありました。しばらく待っていたら一言「ミシェル・マリー・フランソワに」という声が聴こえたので、交替しました。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】