箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年4月19日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年4月19日(水曜日)(PM13:00〜13:40)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)

聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたにお話しします。聖母があなたに言う事を聞いてください。
 あなた方はリトル・ペブルの事で落胆しないでください。天は彼を見捨てたのではありません。彼がまことに教皇として選ばれたということをはっきりと示すために、あなた方に対し、彼の真実性を一つの印を持って示します。どうか落胆しないでください。彼に繋がる教会とそうでない教会をあなた方は見ることになります。神秘的な教会にも同じような混乱が起きます。リトル・ペブルにつく側とそうでない側と、はっきり分かれます。
 今は、悪魔が時がないことを知り、激しく動き回って、できれば多くの人を惑わそうとしています。彼の手口に乗らないようあなた方は気をつけてください。一番弱いところを彼は狙い、分裂させようと働いています。けれども、彼は勝つことはありません。憎しみを持ち込もうとしても、悪魔の手口は破られます。
 聖なる兵士として戦う人を聖母は立てています。あなた方はこの勇敢な指導者に従ってください。寺沢に聖堂が立ちます。修道院が立てられます。多くの巡礼者が送られてきます。あなた方は最後の戦いを戦っています。勇敢であってください。神が全ての事をなさいます。
 今は暗闇のようであっても、イエズスがよみがえったように全ては変わります。あなた方をますます神に信頼させるためにです。門を閉ざしたかのように、目の前が塞がれているように見えるかもしれません。しかし恐れないで歩んでください。行き詰まったように見えても、一緒に神が歩いていることを覚えてください。導き手は神であるひとり子イエズスです。愛しています。神の言葉には偽りがないのです。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日大変なアタックを私は受けました。ミサが始まる前、急におなかの具合が悪くなり、ベッドでミサにあずかりました。そうしているうちに精神的に苦しみ始めました。人に合いたくない、人不信という心の状態が起こり、一緒にミサにあずかるのも辛くなるほどでした。そうしてすごしているうちに今度は「人不信」を抱いた自分に対し、嫌気がさしてきました。「何度も同じ『妬み』をするんだったら、もう私はイエズスの事を冒涜しっぱなしだ。だから聖体拝領はできない」と自分を激しく責めたんです。ミサの途中、司祭に「聖体拝領はできません」と私は言いました。それと、鈴をならすこともできないことも話したのです。でも、司祭に「自分の心にあることで混乱しないように」と言われ、聖体拝領を拒否しないように言われました。
 全てミサが終わり、聖体降福式も終わって、ロザリオを一連祈り始めました。めでたしの祈りが始まってじきに風が吹いたのを感じました。祈りをとめさせて貰って、私は印があるか尋ねました。けれど、印はありません。すぐに「イエズスの御名によってサタン出て行け!」と私は命じました。祈りを続けてもらうように司祭に話しました。3珠目ごろ、バラの香りが一瞬しました。印があるか尋ねました。同じ時にミシェル・マリー・フランソワも印を求めていました。けれど、印は在りません。サタンを追い出しました。祈りを進めていたけれど、気持ちが落ち着かず、胸騒ぎのような状態になりました。風が6珠目を過ぎて吹いたので、印があるかを求めるため、祈りをとめさせてもらいました。この時にも印はありません。「イエズスの御名によって命じる。サタン出て行け!」と私は厳命しました。祈りを引き続きしていたら「落胆しないでください」という女性の言葉と同時に風が右側から動くのが判りました。このことを司祭に告げました。印を求めるため、祈りをとめました。印があるかを尋ねたら『識別のための印』が在りました。聖櫃の前に行って「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈りました。そうしたら聖母マリア様が『注意して私の言葉を聴くように』という感じで私に話を始められました。メッセージが全て終わって確認を取りました。「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。引き続いて「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と私は尋ねました。印をこのときに求めて待ちましたが、ありませんでした。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】