箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年4月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年4月1日(土曜日)(PM12:41〜13:22)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを祝福します。聖母があなたにお話しします。イエズスの受難をあなた方は黙想してください。
 あなた方の行いを心から喜び、あなた方に感謝をしております。愛するリトル・ペブルと一致するためにあなた方は動いてくれました。あなた方の勇気を心から感謝しています。あなた方の愛がこのことによって増していることを私は喜んでいます。愛するリトル・ペブルのことで、あなた方の愛が深められているのを私は本当に嬉しく思います。特に、愛する息子、ジャン・マリー神父と、コルベ・マリーの働きを、そしてロンジン・マリーの勇気を本当に感謝しています。男性の人たちには本当に力強い、力強い恵みが注がれていく必要があります。本当に男性の柱で立てられる共同体があちこちに起されていく必要があります。男性の力強さと女性の愛と合わさった共同体がこの世に証しされなければなりません。リトル・ペブルはこのことを望んでいました。
 けれども、人間の弱さのゆえに権力争いに落ちて序列がされています。男女は互いに助け合うべきなのに、男性は男性のなかで、女性は女性の中で争い、愛が欠けた共同体になってしまいました。聖母は愛を求めています。けれども、模範を示さなければならない共同体が混乱してしまいました。あなた方、日本においてはそうで在ってはなりません。
 お願いですから、愛し合ってください。愛し合うところに人々はしるしを見ることになります。勇気を出してください。あなた方のなすべきことは、全て長上につたえますから、長上が言うことを聞いてください。彼(長上)が望むことをあなた方は心に留めて彼(長上)の声に耳を傾けてください。あなた方を愛しています。
 ねたまないでください。愛し合ってください。悲しみをあなた方は知ってください。聖母が痛む心をどうかなおざりにしないでください。これからたくさんの女性が送られてきます。彼女たちはシスターとして働くことになります。序列を作らないよう、シスターどうし、互いに愛し合っていくように、あなた方は教えてあげてください。彼女たちはマザーの言う事を聞き、従います。愛しています。マリー・レベッカと、マリー・マドレーヌの性格は大変違っています。神様のご計画にそれぞれ従ってください。愛しています。引き続き、リトル・ペブルのために祈ってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



2006年4月1日(土曜日)(PM12:41〜13:22)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する私の浄配、リトル・ペブル、あなたを祝福します。あなたは非常に苦しみ、呻き、泣いています。世界があなたを苦しめたから、あなたは多くの困難を乗り越えねばならなかったので、本当にあなたの心はずたずたにされました。悲しみの聖母があなたと共に泣いています。あなたを慰める人を天は用意しています。苦しみの絶頂の中であなたに身を捧げることを望む人々を天は探し、整えています。あなたは希望を持って天のなす事に身を任せてください。愛しています。あなたを祝福します。勇気を出してください。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


マリー・マドレーヌ:
 ミサが始まる頃から涙が流れるようになって、しばらくすごしました。今まで在った事柄に対して、マリア様に感謝していたのですが、どこか悲しみが心の中にありました。ミサ中感謝をしていたけれど、私の魂がからからに乾く状態になりました。また、儀式にそって進められる中で、イエズス様に対して信じる心がマンネリ化するような、なんとなく冷めた状態に私の心が陥っていくので、「どうか助けてください」という祈りをしていました。
 ロザリオの祈りになってしばらくしたら左の首のところに(耳の近くのところです)風を感じました。普段吹かないような風が吹いたので、祈りをやめて印を求めました。識別のための印が在ったので、司祭に告げました。前に行って、聖櫃のところにひざまずいて「しもべは聞きます。お話し下さい」と祈りました。そうしたらマリア様が話されました。途中少しテンポが速くなり、自分の口にしゃべらされるような感覚を感じました。司祭がいち早く見抜いて、聖水を撒いてベネディクトの十字架で十字を切ってくれました。私はサタンに対して、「イエズスの御名によって命じる。出て行け!」と厳命しました。しばらく沈黙して印を求めました。しるしがあったので司祭に告げました。マリア様は待ってくださって、最後まで話してくださいました。メッセージが終わった後、確認を取りました。「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。
 引き続き「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねました。しばらく待ちましたが、なかなかしるしがなくて、司祭が十字を切って聖水を撒いてくれました。そうしたらしるしがあったので司祭に告げました。私は「しもべは聞きます。お話ください」と祈りました。このときにも聖母マリア様が話されました。マリア様の悲しみが深く伝わってきました。最後に「このメッセージは本当でしょうか? しるしはありますか?」と尋ねました。そうしたら、『識別のための印』が在りました。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】