箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年2月21日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年2月21日(火曜日)(AM0:53〜1:10)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(名古屋共同体にて)

イエズス様:
 愛する子、あなたを祝福する。イエズスがあなたに話しをする。あなたは恐れないで、これからの道を歩みなさい。
 日本はまもなく大きな転機を迎える。あなたは希望を持って歩みなさい。愛するリトル・ペブルを指示して、彼のために身を捧げるようにあなたに強く命じる。あなたの守護の天使、ガブリエルがあなたを支えて、これから行くべき道を守り、導いていく。
 死に関しても、恐れてはならない。あなたはリトル・ペブルの教皇職の真実性を証するために、私が選び、一番弱いものとしてはっきりと判る形で多くの人に知られる。あなたは多く苦しみ、涙した。けれども、あなたの報いは大きく、あなたに与えられているものはイエズスが全て用意したものであって、あなたが絶えずへりくだる時に、導かれてはっきりとしたものになる。
 だから、愛する子、恐れてはいけない。愛されていて、小さな子であるから、あなたを一人にはしない。愛する息子(ジャン・マリー神父)とともに歩み、あなたの心をもっと信頼へと広げていくように。もっと信頼してほしい。勇敢でありなさい。あなたのなすべきことは用意されている。だから、弱さも、体の具合の悪さも全部捧げていくように。
 愛し、祝福を送る。勇敢で在りなさい。あなたの罪を許す。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

【 イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

イエズス様:

 愛するリトル・ペブル、あなたを愛している。あなたはこれからも勇敢に戦い続けていくように。あなたはすでに大きな恵みを得ている。恐れないで歩みなさい。あなたの淨配である聖母マリアがいつもそばにいて、あなたを離れず、敵を踏み砕くので、恐れないで歩みなさい。 あなたの勝利は間近であるから、勇気を出して歩みなさい。あなたを天は豊かに祝福し、恵みに恵みを加える。挨拶を送る。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 私自身、このメッセージを頂くまえ、心の打撃を受けていて、ショック状態で昨日は思い出さないようにしていても、3度ほど泣き出してしまうほど悲しんでいました。大阪の集会であった出来事は私にとって、大変ショックなものでした。ジャン・マリー司祭の意向である「リトル・ペブルさんを堂々と支持して、勇敢に立ち上がること」には「No」を言い、完全に拒否されてしまったのです。ジャン・マリー司祭も、コルベ・マリーも、私も全力を尽くしたけれど、だめでした。私はこのことが自分の罪責感を刺激されてしまい、不信頼に陥ってしまいました。20日のミサは何にもできず、ふさぎこむ状態になったのです。夜、リトル・ペブルさんのメッセージを読んでもらって元気が少し出てきて、ようやく第2ミサでは聖歌のオルガンを弾くことができました。
 第2ミサを全て終えて、ロザリオを祈り始めたときです。右耳の後ろのほうで風が吹いたのを感じて、印を求めにひざまずき台まで行ってひざまずいて印を求めました。そうしたら印があり、イエズス様からのローキューションが始まりました。今回、私の死のことに関して2度目の予告がありました。今月の1日に入って、イエズス様が死に関して予告を始められて、今日が2度目です。1月の中旬ごろから司祭が私に対して「死の準備をするように」と言っていました。そして、遺言を残す意味で書き物をするようにといわれました。そして、大天使ガブリエルの助けを願うようにと司祭は私に指導してくれていました。
 今日、はっきりとイエズス様自ら、守護の天使の事を教えてくれました。日本のこれからのことを教えてくださり、リトル・ペブルさんを支持して身を捧げるようにというもので、大変内用が深く、これから全てを私は委ねていきたいと思います。メッセージの最後に確認の印を求めました。識別のための印が在りました。
 リトル・ペブルさんに伝言があるかを尋ねました。時間がかかってなかなか印がなく、もう1度尋ねました。そうしたら印があり、「愛するリトル・ペブル」と呼ばれる声が聞こえたので、私は「下僕は聴きます。お話し下さい」と祈りました。最後にこれは本当でしょうかと尋ね、印を求めました。そうしたところ、識別のための印を頂きました。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】