箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられた公的メッセージ


2005年7月20日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 下記の公的メッセージは、8月24日、リトル・ペブルさんによって確認されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2005年7月20日(水曜日) PM23:34
聖母マリア様からの公的メッセージ


マリー・マドレーヌ:
 マリア様から語られる前に起きたことを話します。ジャン・マリー神父と十字の印のことについて話をしていました。

 昨年8月1日のことです。私は家で十字の印をする意味の重要性について、神様によって知識を注付されるという形でインスピレーションをいただいているということの話を司祭としていました。言葉ではなく、ヴィジョンでもない形です。当時私は『箱舟の聖母』のメッセージを読んでいてリトル・ペブルさんやほかの幻視者のメッセージに必ず出てくる「父と、子と、聖霊との御名によりて」と言われるマリア様や天の方々の言葉に心がとまりました。これは何なのかと考えて思いをめぐらしていました。

 メッセージ全部に共通しているこの言葉について思い巡らしていたところ、『これは十字を切っていらっしゃるのかな』という思いがきました。当時、私はこのことが何なのかわかりませんでした。リトル・ペブルさんも天の方々もみんなゆっくりと十字を切っているんじゃないかというインスピレーションが私の心の中に与えられました。このことをパソコンに記録しようとしていました。
 
 司祭が『十字を切りながら幻視者は話している』ことを教えてくれました。そうしたら『やっぱり私が思っていたことなんだ』と今日になって初めて確認ができたのです。マリア様に合わせて幻視者が十字を切る様子を司祭が説明してくれていたそのとき、麗しい匂いが眼の前でしました。印を一度求めました。印をもらいました。もう一度このことに対して慎重になりたかったので『印を下さい』とお願いしました。そうしたら印をくださいました。

 先ず、会話の途中で、天からの働きかけがあったので、ジャン・マリー神父に合図しました。ジャン・マリー神父は『そちらに集中しなさい』と命じ、「印を求めなさい。印がなかったら『サタン、退け』と厳命しなさい。印があったら『しもべは聞きます。お話ください』と言うように」と命じました。ジャン・マリー神父は聖水とベネディクトの十字架、それから録音機を取りに行きました。

 その間私は心を沈めて耳を澄ましていました。喜びが湧き上がってきました。ジャン・マリー神父は録音機をセットして、聖水を私の頭と両肩にかけました。私の前に立ってベネディクトの十字架を持って悪魔祓いのために何度も十字を切ってくれました。

 「愛する子よ」という言葉が始まると、ジャン・マリー神父は脇によけてひざまずき、公的なメッセージを悪魔からガードするためにメッセージの間たびたび悪魔祓いのためにベネディクトの十字架で十字を切っていました。それは「て、に、を、は」など、ひとつの文字、ひとつの単語、ひとつの文章だけでも地獄のものを入れようと全力を尽くす悪魔の働きを抑えるためです。実際このメッセージでも、「聖体も」が正しいのですが、『聖体を』と私の耳に聴こえたのです。

 このように私は厳しい霊戦にさらされているのです。


マリア様:
 愛する子よ、あなたを愛し、祝福します。十字の印をゆっくりと愛をこめて切ってください。すべて軽くしないでください。天がしているように十字の印を大切にしてください。司祭がするように崇敬を持ってしてください。多くの信者が十字の印を軽く取り扱っています。

 十字架は大変重要なものです。すべての事柄を十字の印を持ってするときに悪いところから守られます。すべての人が『父と子と聖霊との御名によりて』と十字を切りながら言うとき、この意味を深く理解するようにと私は願います。

 十字の印は祝福をもたらします。地上を祝福し、一人一人を祝福し、御聖体も、またたくさんの物を祝福します。軽く十時の印をしないでください。多くの信者にこれを伝えます。

 あなた方を祝福し、愛し、導く私の声に耳を傾けてください。イエズスを愛し続けてください。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】