箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられた神秘的体験


2005年6月8〜9日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




2005年6月8日

 第2ミサのコムニカンテスの時、聖ヨゼフの名が呼ばれると、すごい喜びが来ました。まず「しるし」が与えられ、次に百合のものすごい香りがしました。



2005年6月9日 00:30頃

 頭の前、手首、手の甲、手のひら、足の甲、足のうら、両肩に激痛がきました。そのたびに、たんねんに「もっとちょ〜!」「穴あけてちょ〜!」とイエズス様に申し上げていました。

 目の前が暗くなり、下に沈み落ちていく感じに近いが、もっとゆっくりと下がっていく感覚がおこりました。5日前の東京の集会(6月4日)のミサ中にはじめて味わい、翌日の大阪の集会(6月5日)のミサ中にも同様の味わいがありました。

 部屋はクーラーで寒いほどに冷えていたのに、汗をかくほど暑く、ふとんもはがしてしまうほどでした。

 非常に近くに誰かがいることが感じられたが、名前は聞きませんでした。痛みと暑さが、夜中の2時すぎまで続きました。その後、奥底からの喜びが心にわいてきました。ずっとそばにいた誰かは、その時いなくなりました。

 引き続き、また、ゆっくりと沈みおちていく感覚がきました。今度は寒さが激しく、痛みも激しいものでした。しかし、そのまま眠りにおちてしまいました。

 こうして、夜中ずっと、煉獄の霊魂を愛しました。

 霊魂が救われるって、こういうことなのかと初めて経験し、自分のことのように喜びました。



(上記は6月30日、リトル・ペブルさんによって確認された)

(注: マリー・マドレーヌは霊的指導司祭から、神秘的痛みに対して「もっとください!」とイエズス様に熱望するように指導されている。)



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】