御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ



御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2017年10月31日 PM3:30
ペトロにーちゃんのご出現

ジャン・マリー司祭「ジャン・マリーが見た、涙にうるんだ女性はだれ? たちのぼる煙の幻視は、天からのものなの?」

ペトロにーちゃん「高位聖職者に対しての涙で、特に、けもののフランシスコ、次に偽善者である枢機卿たちの、影で行っていることに対して、世界中で数えきれない程の、殺されるべきではない霊魂たちのために泣いておられる、神の母である。

 聖母の流された、悲しみに満ちた涙。香の煙がたちのぼるものを見た意味は、これらの犠牲になった霊魂を、わが息子のミサで、情熱的な祈りをささげることによって、天へ最後に到着することを約束するという意味である。

 残りの、少ない、しかし確実に存在している正しい聖変化を行う司祭たちによって、意向を、この日の犠牲者に的をしぼってささげてほしい。その祈りは、全てご存知である天の御父へ届けられる。

 世俗で、特に常識とされている事は、一部の人間たちによるもので、崇拝をしている悪魔によっていつのまにか良いものとして広がる。そして、良いもの、楽しいものとして定着する。

 真実は、本当に都合よく隠されてしまう。奇妙な、信じられないような事でも、事実として存在する。表向きと真実が存在していて、自分の信じている本当の事は、決して人に話さない。いつの間にか、人々を誘導して、わなにはめる。楽しい祭り(ハロウィン)として、人々の心の警戒心を取り除いていく。すべては、もと天使であった悪魔のぼうけい(謀計)である。」





[HOME] [戻る]