御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ



御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2017年10月26日 PM10:00
コンソラータねーちゃんのご出現

コンソラータねーちゃん「ジャン・マリー神父様に、小さな霊魂のコンソラータがあいさつします。初めてマリア・アントニアを通して、お話をするために来ました。ジャン・マリー神父様とリトル・マグダレナ、そしてリトル・アンナリアは、私のような、本当に小さな目立たない霊魂に対しての神様のやさしさを体験したことを、素晴らしいと感じてくれて、私と同じように祈ってくれていることをとても嬉しく思っています。

 ジャン・マリー神父様の普段の祈りでは、本当に小さな子供のようにリズムをつけて、ひたすらくり返していることを、ほほえましく思っています。私のことを、天の御父のおちからで見せられました。そのことの意味は、と、ジャン・マリー神父様は、とても知りたがっていました。幼子のような祈り方をやめないで続けてほしいという意味と、私コンソラータの祈りは短いけれども、とても天の御父からのめぐみがあふれていることを、これからも伝えてほしいということです。コンソラータの、というように、私の名前を出しても、もちろんかまいません。

 ある人たちは、ジャン・マリー神父様たちのやっていることを馬鹿にして、ののしることで、自分達のようには、絶対に正しくはないし、あの人たちは気のどくな人たちであると決めつけて、聖人のことを勝手に都合よく利用しているだけだと話しています。

 私は、ジャン・マリー神父様たちのことを助けてあげます。助けてあげたくて、今日、こうしてお話をするためにやってきました。多くの人々は、ほとんど、私のような小さな霊魂のことは、もう何も関心を持たなくなっています。忘れてしまっています。私のことを呼び続けてくれる人のところへは、私は喜んで行きます。

 神様というよりは、天の御父という名前で呼ぶのが、私は好きです。天の御父のやさしい語りかけ、あわれみの深さを、私は、人々に話をしたくてたまらなくなってしまいます。素朴な人に対して、天の御父は、本当にめぐみを注いでくださいます。愛の深さを表現することが出来たら、どんなにいいかと、本当に切なくなって、苦しくなってしまいます。

 これからも、ジャン・マリー神父様とリトル・マグダレナ、リトル・アンナリアは、私の真似をして祈り続けてほしいと思います。私は、何かあれば、助けてあげたいと思っています。霊魂の救いを、どんなに天の御父が望んでいるかを伝えます。短い祈りだけでも、救われるほうへ導くことが出来ます。どうか、これからも、まっすぐであってください。単純で、素朴であり続けてください。」






[HOME] [戻る]