御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年9月1日 AM10:46
ヨゼフパパのご出現
マリア・アントニア「3回目のフルエクソシズムの時に、最後のところで、アヴェ・マリアをとなえていたんだけど、その時に、『コルベ・マリーは、今日はちゃんとクララをかまってあげなさい。』って聞こえてきた。誰って聞いて、待っていたら、『ヨゼフパパ』だった。今日ぐらいはかまってあげなさいって言ってる。」

ジャン・マリー司祭「どうやってかまってあげるのかは、コルベ・マリーはわかってるの?」

ヨゼフパパ「これから、べんきょうしていくように。家族サービスの第一歩だ。クララはかまってもらえるとうれしいから、でも、あんまりがんばりすぎないように。イエズスの言葉を借りて言うなら、クララにしてくれたことは、幼きイエズスのテレジアねーちゃんにしてあげたことだから、やさしくね!」

マリア・アントニア「コルベ・マリーのまわりを、クララが元気に飛びまわっているものが見えていて、コルベ・マリーはニコニコしていて、クララのほうを見ている。やさしく見守っているっていう感じのものが見えていた。最後には、ソフトクリームを二人でならんで食べていた。そういうのが、あったんだけど。出かけるのなら、ちょっとひとこと言いたいんだけどっていう感じ。私は、またアタックじゃないかって思ったんだけど、でも、ヨゼフパパだった。こういうものを伝えた時に、コルベ・マリーが、どう思うんだろうって、ちょっとドキドキしながら聞いていたんだけど、すごくアドバイスしてくれたみたい。家族サービスみたいなものを、がんばってみてちょ!っていう感じだった。がんばりすぎないように、がんばってねって言ってた




[HOME] [戻る]