御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年6月10日 PM5:46
イエズスのご出現

マリア・アントニア「今、私の外側が、イエズスになっているような感じで、目線がイエズスの目線で、それで目の前にマリー・マドレーヌがいて、マリー・マドレーヌの手が、両手を合わせているうえに、その両手を外側からはさむように、マリー・マドレーヌの手を包み込むように、イエズスの手があるのが見える。イエズスがマリー・マドレーヌの顔をじーっと見ている。イエズスは背が高いので、マリー・マドレーヌに前かがみになって、顔を近づけているようなものが見える。絵じゃなくて、すごく立体的なもので、イエズスの視線で見ているものなんだけど。」

イエズス「愛するリトル・マグダレナ。イエズスが話をする。今日のバラ園に赴いた時、バラ園にある、すべてのバラをリトル・マグダレナに、花束を渡すつもりで、香りを楽しんでもらった。すいぶん大変な年月を過ごして来た。純粋で、素直に、花を咲かせても理解されない人々からの、無神経な扱われ方で、むしり取られてしまうような出来事がたくさんあった。悪魔の執拗な嫌がらせ、そして真実を知ろうとしない人々からの酷い扱いにも、花びらをむしられた後でも、懸命に私を信じてついて来てくれた。私はどんなにリトル・マグダレナを愛しているか、想像も出来ないほどに、大切に想っている。ふり返ると、たくさんの出来事が、リトル・マグダレナの身に起こった。わが息子を通して、いつもあなたを支えてきた。本当に、よくついてきてくれている。私は、リトル・マグダレナの心をよく知っている。嘲笑われても、踏みにじられても、健気に立ち続けようとする。本当にかわいらしい霊魂で、私は放っておくことができない。迫害に遭っても、あなたが耐えられる以上の迫害は、受ける事がないように、耐えられない部分は、私が背負っている。リトル・マグダレナ、私の事を愛し続けて信頼してくれている事を、本当に嬉しく思っている。目が見えないというハンディがあっても、その事を感じさせない程、私を愛してくれている。リトル・マグダレナを、私は本当に愛している。私がどれほどリトル・マグダレナの事を愛しているかを知らせる事が出来たのなら良いのにと思っている。ひとことでは語る事の出来ない程、過酷な人生を歩んで、たくさんの涙を見せてくれた。私との結婚を承諾してくれた時の喜びは、とても大きなもので、私の場合は色褪せる事がない。これからもよろしくと言っておく。そして、愛し続けてくれていることを、ありがとうと言っておく。小さな幼子のままで、輝き続けてほしい。たびたび、あなたを包み込む感覚を、私はこれからも与え続ける。わが息子を、これからも信頼して従い続けてほしい。愛するリトル・マグダレナに、直接、祝福を与える。父と、子と、聖霊との御名によりて、リトル・マグダレナを祝福する。」

イエズス「わが息子と共にリトル・マグダレナのことを、箱舟に乗っている仲間たちが支えてくれている事を、とても嬉しく思っている。今日は皆で、リトル・マグダレナを、私と共に、祝福してほしい。神の愛とあわれみは永遠であることを、もう一度、言っておく。」

マリア・アントニア「状況説明。いやぁー、あのうー。すごい告白だなって思ったんだけど、すごくずっとマリー・マドレーヌの事を、手を合わせたまま、話し続けているっていう、そういうものが、ずっと見えていたんだけど。最後の方は、だんだんと薄く消えている感じで、最後は見えなくなった。祝福してくれた時には、イエズスが頭の上まで手をあげて(右手)、片方の手は(左手)胸に手をあてて、右手は人差し指と中指を出す祝福の手で、ゆっくり、父と、子と・・って言う時には、本当にゆっくりで、最後は両手を按手する時みたいにして、祝福を与える、とか言って。イエズスは、今日は本当にやさしい、ゆっくりとした話し方で、視線というか、被り物をした時みたいな感じで、ずっと、その時以外は、マリー・マドレーヌの顔を見ていた。それで、ずっと話しかけてくれるという状態だった。なんか、今日はスペシャルな日だったなって、聞いていて思った。大盤振舞だなって。聞いていた。マリー・マドレーヌのことを知っているから、話してくれたんだと思うし、イエズスだったら知っている事とか、マリー・マドレーヌだったらわかる事を話してくれたんだ。




[HOME] [戻る]