御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年6月8日 AM2:00ごろ
クララ・ヨゼファ・メネンデスが見た天からの夢

クララが部屋のベッドで寝ている。突然、クララの左側から津波みたいに水が流れ込んできた。そこには弟もいて、弟が「川連(かわつら)の川が氾濫した!」って叫んだ。辺りは水浸しで、クララはなぜか携帯を探し始める。そして「お父さん!」って叫んだ。ここで目が覚めた。


2016年6月8日 AM7:12
マリア・アントニア「ヴィジョンの説明。清水小屋(しみずこや)の家から、家の外の道路を、北の方から南を見た視点で、道路の真ん中に立って見ているような感じのもので、清水小屋部落とか、どこまでっていうのはわからないけど、三梨小だっていうのは、わかっていて、その小学校のところが、特に、校舎の3分の1ぐらいが、水に浸かってるのが見えて、まるで、湖の中に建っているような感じで、水の色が、泥ではなくて、茶色とかではなくて、雨水が溜まっているいるような感じの色で、部落の中っていうのは、はっきりと見えていなくて、とにかく湖の中に、家が、直接たっているような風景だった。水の色も、暗い青い色、湖の水の色なんだけど、空は、曇り空で、小学校の校舎の色は、クリーム色で、人っ子ひとりいない状態で、シーンと静まり返っている感じ。」

ヨゼフパパのご出現

ヨゼフパパ「人々の改心が無ければ、初めの段階で、軽い程度の災害が起こる。全能の神は、罰をあわれみとして与えて、人々の霊魂に呼びかける。いつものように、天の御父は、間に合うように改心を呼びかけられる。この地域だけではなく、今回のヴィジョンのように、どこの場所でもあわれみを注がれる。その象徴として、この地域のものを与えた。人間的には、不可能な洪水も創造主である御父は、小高い場所にある所だけでも、水に、そこへとどまるように、言う事が出来る。初めから奇跡に対して、あざ笑う者には、それなりの報いが与えられる。たびたび聞かれる言葉であるが、天の御父は、裁く神ではなく、あわれみを以って、許す神であること、ここで、もう一度、伝えておく。愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、私の特別な祝福を、わが息子によってお願いする。」

ジャン・マリー神父「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福。クララ・ヨゼファ・メネンデス、ヨゼフパパの妻にうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

ヨゼフパパ「そして、わが息子に祝福を与える。父と、子と、聖霊との御名によりて祝福する。アーメン。ここの8人に、司祭の祝福をお願いする。」

ジャン・マリー神父「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福。ここの8人のうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

マリア・アントニア「今は、何も聞こえてないんだけど・・。」

ジャン・マリー司祭「状況説明!」

マリア・アントニア「状況説明。えーっと。」

ジャン・マリー司祭「遠くから全体を見る様な感じだったから、見えていない。小学校は確実に見えていた。部落が、そこには見えている。部落だっていうのはわかった。この家自体は、はっきりとわかるようには、見えていない。」

ジャン・マリー司祭「OK!」

マリア・アントニア「状況説明。えっと、最初に洪水のヴィジョンを見せられた時には、いつか、どこかで見たものを、映像を思い出しただけなのかなって、思ったんだけど、三梨小学校っていうのが、はっきりわかったから、ここらへんの洪水のことなのかなって思った。それで、単純に考えたら、けっこう小高いところにあって、川からもけっこう高いところにあるから、ここまでの規模の洪水っていうのは、普通だったらありえないって思ったんだけど、それでも川は氾濫していなくて、普通の状態で、でも小高い陸地のところとか、山の斜面とか、人が住んでいるところとかだけが、洪水になっているような感じ。ちょうど、器の中に水が溜まっている感じに見えた。普通だったら、ありえない、変わった洪水だった。そういうことに対しても、水に、そこへとどまるように命令するように、天地創造とか、出エジプト記みたいな事を、神ちゃまが、簡単に出来るっていう事を言いたいのかなって思った。ここだけのことではなくて、どこでもありうるんだよって、そういうこともできて、罰する神ではなくて、あわれみで、洪水を起こす事とかを教えてくれた感じだった。なんか、本当に人間業では出来ないことも出来るし、出来ることならば、洪水とかを起こしたくはないけれどっていうような・・。わかってくれないか!っていうような感じだった。今日のヨゼフパパは、話し方もゆっくりで、静かに話してくれた。今日も、話をしてくれて、ありがとうっていう感じだった。」




[HOME] [戻る]