御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年6月5日 PM6:03
ヨゼフパパのご出現

ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパ、ヨゼフパパスペシャルの日っていう、これから、まずここで始めること、どお?どお思う?」

ヨゼフパパ「わが息子の質問に、ヨゼフが答える。私のために、特別な日を、祝ってくれている事を、とても嬉しく思っている。マリアと共に、私の存在も消し去られているような状況で、とても残念に思っている。わが息子は、私の事を、昔からとても慕ってくれている。私の愛する妻のクララ・ヨゼファ・メネンデスも、毎日のように私に話してくれている。リトル・マグダレナも同様に、ユニークな祈り方で、慕ってくれている。箱舟の8人の子供達、私は、どんなに嬉しく思っていることか、私も数々の困難に逢ってきたが、あなたたちのように、信頼と希望を持ち続けていた。天の御父の、完璧なみ摂理に、これからも信じきってついて来てほしい。これからも決して、傲り高ぶることなく、謙って、私のもとへ来てほしい。わが息子の体力も限界に達している事も、とてもよく知っている。嵐の中を飛ぶ鳥のように、勇敢であり続けてほしい。そして、小さな子供のように、疲れたら素直に休む。それを、私はマリアと共に望んでいる。マリアと同じく、私の心の中にも、ここの8人、すべてを深く入れている。小さな事から、あなたがたの私に望んでいる事を、イエズスと同様によく知っている。八方塞がりになったように思えても、信頼と希望を、これからも持ち続けてほしい。天の御父のご配慮で、必ず良かったと思う時が来る。私をマリアと共に慕ってくれている事を、とても嬉しく思う。司祭の祝福を、8人にお願いする。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福。8人のうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

ヨゼフパパ「イエズスとマリア、そして私の御心の絵を、シンボル的に飾ってくれている事を、とても喜んでいる。リトル・マグダレナも、長く待っているように思うと思うが、必ず終りがあるので、信じて従い続けてほしい。わが息子の、望んでいる数々の事も、天の御父は、叶えてあげたくて仕方なく思っている。これからもユニークな祈り方で、天を楽しませてほしい。最後に、クララ・ヨゼファ・メネンデスに、いつもあなたを包み込んでいる事を伝えてほしい。」




[HOME] [戻る]