御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年5月1日 PM6:15
ヨゼフパパのご出現

ヨゼフパパ「かわいいクララ・ヨゼファ・メネンデスに、ヨゼフが話をする。決してクララ・ヨゼファ・メネンデスを忘れているわけではない。眠れない時なども、私に話してくれている。私は、となりにいる。大変な負担を、体に背負ってもらっている。そのことは、とてもよくわかっている。多くは、内面を口にすることはないが、とても日頃、耐えている。何してるの?という言葉も、私は聞いている。私自身が、マリアとイエズスを連れて、エジプトへ逃れた時も、このまま、どうなってしまうだろうと、不安になったことがあった。なかなか癒されないことを、不安にならないでほしい。あなたの心は、私が知っている。リトル・マグダレナを通して、結婚した時の気持ちは、変わることがない。ヨゼフパパ・ファンクラブという名前も、私は知っている。とても私を愛してくれている。私も、とても愛しているので、今までと同様に、わが息子を信じて、従ってほしい。皆のために祈り続けていることも、よく知っている。いつも、そばにいることを、あらためて伝える。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いする。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福。クララ・ヨゼファ・メネンデスのうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

ヨゼフパパ「女の子3人の願いは、果たした。イエズスと私で、今日は訪れた。」

マリア・アントニア「ほかにありますか?って聞くの?」

ジャン・マリー司祭「うん。」

ヨゼフパパ「最期に、わが息子を含めた男たち。そしてマリア・アントニアに祝福をお願いする。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福。わが息子を含めた男たちとマリア・アントニアのうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」





[HOME] [戻る]