御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2016年3月28日




奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年3月28日 AM8:59
ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパ、ペール・ブレと五味いわお神父は天国に入った?」

マリア・アントニア「ヴィジョンがあってね。イエズスがね、王様の座る椅子みたいなものに座っていて、そこにマリアママとか聖人のにーちゃん、ねーちゃんたちがズラーッて集まっているんだけど、そのところで、2人が謁見をしているっていう絵なんだけど、イエズスと話をしている絵があってね。全体の背景は、雲とか、靄みたいなものがたち込めていて、私は・・。五味神父様のことは知らないんだけど、ペール・ブレだということはわかる。その2人だと思うんだけど、その2人が、イエズスの座っている椅子の前にいて、2人がひざまづいていて、イエズスがにこってしている顔をして、ペール・ブレたちも、すごく親しげな顔をしている絵なんだけど、全体に、遠目に見たものをと、3人のところにズームしたものの2つ。最初は全体を見たもので、次にズームしたものになっていった。その2つなんだけど、それで『彼等は、今、私たちとともにいる』これは誰かはわからないんだけど・・。」

ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパなの?って聞いてね。」(イエズスっていうインスピレーションがあった。)

ジャン・マリー司祭「状況説明。」

状況説明:マリアママが来てくれたんだけど、すごく話し方はゆっくりで、いつもの高めの声で、うまく言えないんだけど、すきとおった声なんだけど、私には、とても出せる声じゃないんだけど、雰囲気としては、忠実に、伝えたつもりでいるんだけど、ジャン・マリーが知りたがった事をおしえてくれて、ジャン・マリーがお世話になった人らしいから、どうなんだろうって思いながら聞いていた。そしたら、ジャン・マリーの事を、五味神父様が亡くなったあとに真実を知ったみたいで、それで自分の事も祈ってほしいって、マリアママにお願いをしたみたい。その時に、そこの部分でも、悪魔の妨害があって、「そんなこと、あるわけねーだろ!」とか、間があいて、言葉になっていないような、めちゃくちゃな文になったりとかで、だから何度も聞き直していて、マリアママも正しく言い直してくれた。明日からもペール・ブレの事も、言われたみたいなんだけど、混乱していて、すごく時間がかかってしまった。でも、なんとか拾い集めて、正しいところからおしえてちょって、聞かせてちょっておねがいしながら聞いていた。そしたら言い直してくれた。その間も、文句ばっかり、他に聞こえていたんだ。なんか、その時に思ったんだけど、ご受難の時のイエズスのまわりで、イエズスが、あびせられたような、ひどい言葉があって、その時は、なぜか落ちついていられたけど、もっともっとひどい事を言われたんだろうなって、よけいな事を考えている事になるのかも知れないけど、それでも聞こえたものを伝えていた。ミサを3回おねがいしますって、お話をしてくれて、ジャン・マリーの仕事っていうか・・・。重要なんだなって思った。だんだん援軍に強力な人たちが増えるなぁって思った。マリー・マドレーヌが聞いたものと、香りの事を聞いたら、香りの事は、教えてくれた。声は違うのかなって聞いていた。小さい赤ちゃんにも、すぐわかるように、香りでなぐさめを与えましたって話してくれた。最後に祝福がおもしろかった。







[HOME] [戻る]