御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2016年3月24日




奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



2016年3月24日 PM11:37
マリアママのご出現

ジャン・マリー司祭「3月6日に亡くなった五味神父様は救われましたか?今、どこにいますか?煉獄だったら、ミサ、明日しましょうか?それから、マリー・マドレーヌが、今日、女の人の声の歌声を聞いたりしたんだけども、天からのものですか?そのあと、花の香りをかいでいるんですけど、天からのものですか?何か意味がありますか?」

マリア・アントニア「えっと、今ね、前にジャン・マリーのお父さんが、天国の入り口の門の前みたいなところで、あとは入るだけのような感じで、同じところがあって、そこで門だけは同じ門なんだけど、そういうのが見えていて、ショートステイみたいな言葉を言ってくれた事を、また伝わってきたんだけど。」

マリアママ「彼は私審判を終えたあとに、わが息子の、今の司祭としての正しいミサを行っているという事を知りました。自分が亡くなった事を、知ってもらいたいと思っていました。彼は生きていた時に正しい人であったがために、大変に悩んで苦脳をしました。彼が、わが息子の、今、行っている事に対して、祈ってほしいと、私に、わが息子へと、どんな伝わり方でもかまわないので、わが息子が知る事を願いました。彼も、ひどい迫害にあいました。そこで、わが息子に、彼と共に、自らの意志で煉獄に留まる事を望んだ、2代目のリトル・ヨハネのために、明日からの・・。」「彼と2代目のリトル・ヨハネのために、明日からの聖なる3日間、たくさんのめぐみが注がれる3日間に、彼等を、彼等の名前を含めたミサをお願いします。それによって、すみやかに、私のもとへ招く事が・・。招き入れる事が出来ます。そして、リトル・マグダレナが体験したものの中で、良い香りを、私は与えました。リトル・マグダレナは、とても小さな小さな、かわいい赤ちゃんなので、香りという、すぐに分かるものでなぐさめを与えました。最後に、ここに今、とどまる事が出来ない3人を・・・。ロンジン・マリー、フランソワ・マリー、リトル・アンナリアに、初めに祝福をお願いします。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福、ロンジン・マリー、フランソワ・マリー、リトル・アンナリアのうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

マリアママ「そして、クララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリー・ジョンに祝福をおねがいします。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福、クララ・ヨゼファ・メネンデス、コルベ・マリー・ジョンのうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

マリアママ「そして、2人の白くまちゃんたち、2人のソーン・ブッシュに、私が祝福をします。父と子と聖霊とのみなによりて。アーメン。マリア・アントニアは、最後に祝福が与えられなかったらと心配をしないでください。司祭の祝福を、マリア・アントニアにお願いします。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福、マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻のうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

マリアママ「信じ続けて、あきらめないで、ついてきてくれている事を、あらためて感謝します。」

マリア・アントニア「今は、何も聞こえていないよ。」

ジャン・マリー司祭「ほかにありますかって聞いてね。」

マリア・アントニア「今は、何も聞こえてない。」

ジャン・マリー司祭「状況説明。」

状況説明:マリアママが来てくれたんだけど、すごく話し方はゆっくりで、いつもの高めの声で、うまく言えないんだけど、すきとおった声なんだけど、私には、とても出せる声じゃないんだけど、雰囲気としては、忠実に、伝えたつもりでいるんだけど、ジャン・マリーが知りたがった事をおしえてくれて、ジャン・マリーがお世話になった人らしいから、どうなんだろうって思いながら聞いていた。そしたら、ジャン・マリーの事を、五味神父様が亡くなったあとに真実を知ったみたいで、それで自分の事も祈ってほしいって、マリアママにお願いをしたみたい。その時に、そこの部分でも、悪魔の妨害があって、「そんなこと、あるわけねーだろ!」とか、間があいて、言葉になっていないような、めちゃくちゃな文になったりとかで、だから何度も聞き直していて、マリアママも正しく言い直してくれた。明日からもペール・ブレの事も、言われたみたいなんだけど、混乱していて、すごく時間がかかってしまった。でも、なんとか拾い集めて、正しいところからおしえてちょって、聞かせてちょっておねがいしながら聞いていた。そしたら言い直してくれた。その間も、文句ばっかり、他に聞こえていたんだ。なんか、その時に思ったんだけど、ご受難の時のイエズスのまわりで、イエズスが、あびせられたような、ひどい言葉があって、その時は、なぜか落ちついていられたけど、もっともっとひどい事を言われたんだろうなって、よけいな事を考えている事になるのかも知れないけど、それでも聞こえたものを伝えていた。ミサを3回おねがいしますって、お話をしてくれて、ジャン・マリーの仕事っていうか・・・。重要なんだなって思った。だんだん援軍に強力な人たちが増えるなぁって思った。マリー・マドレーヌが聞いたものと、香りの事を聞いたら、香りの事は、教えてくれた。声は違うのかなって聞いていた。小さい赤ちゃんにも、すぐわかるように、香りでなぐさめを与えましたって話してくれた。最後に祝福がおもしろかった。






[HOME] [戻る]