御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2016年3月18日




奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


2016年3月18日 AM12:25
ジャン・マリー司祭「マリア・アントニアがミサ中に見たヴィジョン、郵便物のヴィジョンは天からのものなの?」

マリア・アントニア「あの、ひとつジャン・マリーに聞きたいんだけど、ヨゼフパパのことをマリアママは『わが浄配』って言う時ある?」

ジャン・マリー司祭「ある。」

マリア・アントニア「ある?」

ジャン・マリー司祭「うん。」

マリア・アントニア「わが息子は、わが浄配に質問をしました。けれども今回は、聖母がお話をします。(笑)いいですか?って。」

ジャン・マリー司祭「はい、いいです。」

マリアママ「マリア・アントニアが今朝のミサ中に見たヴィジョンは、これも天から与えられたものです。ずいぶん前に、良いおとずれがこれからありますと、とお話をした事があります。わが御子イエズスも『ギフト』という言葉で話された事があります。とても驚くタイミングでありえないと思うような意外な人物からの贈りものがあります。普通に届けられるものではありません。中身の事は、まだこの場では伝えません。とても普通の贈りものという考え方をしないものです。今、『もの』と話しましたが、物質的な『もの』という事ではありません。『事柄』という言葉の方が合っています。再び、同じ言葉をくり返し伝えます。これからも、信頼し続けて、信じきってついて来てください。最後に、以前にマリア・アントニアが撮影した写真の事についてお話します。現像されてきたものを見た時は、とても混乱をしたと思います。あの写真は、個人的なもので、マリア・アントニアだけが気付くような写り方がなされています。はっきりと覚えているはずです。ごく普通の大きさの写真ですが、うっすらと私が両手を、両腕を広げているものが見えたと思います。マリア・アントニアを勇気づけるために行われたものです。手元に写真がなくても、はっきりと記憶に残っている事でしょう。今後も忘れることがないので、たびたび思い出して下さい。あなたは違う角度(アングル)で撮影をしましたが、あのように写るように動かしました。当然、覚えてはいないと思います。あの角度(アングル)で撮影をする事は不可能です。自分で撮影したと言ったのなら、事実ではなくなります。どこの聖堂だったのかというのは、問題ではありません。私が望んだように撮り込ませました。私からの直接の祝福として、わが息子をとおして、わが息子を含めた8人に、祝福をお願いします。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします。父と、子と、聖霊との祝福、わが息子を含めた8人のうえにくだり、つねにとどまらんことを、アーメン。」

マリアママ「ペトロが張り切って舵を取る船がある今の場所は、陸地が見えない大海原にありますが、海の星である。私も光を与えています。あなたがたをとても愛しています。天のあなたがたの母の忍耐強さを思い起こしてください。

マリア・アントニア「ほかにありますかって聞いたんだけど、もう何もない。」

ジャン・マリー司祭「状況説明」

マリア・アントニア「状況説明。初めは、ジャン・マリーはヨゼフパパに質問をしたんだけども、マリアママが来てくれて、いいですか?って聞いて、ジャン・マリーは『はい、いいです』って言った。そのあとにお話が始まったんだけど、とても私ではちょっと出せないような声の、きれいな声で、音の高さとしては、いつものマリアママのやさしい、高め声だった。今日は個人的な内容のものが多かった。はげまされた感じがしている。今は、陸地が見えない大海原にいるけれど、海の星になって導いてくれるってお話をしくれた。」

このあとも続けて言うつもりだったけど、何も観想とかを伝える事が出来なくなった。集中力がなくなって、言葉がでなくなった。ジャン・マリーが「打ち切るように」って、「ここでやめていいよ。」って言ってくれたから、終わりにした。

2016年3月18日 AM7:25
ジャン・マリー司祭「マリア・アントニアが今朝に見た夢は、天からのものなの?意味があるの?ヨゼフパパよろぴく。」

マリア・アントニア「字幕があって『続きがある。続きをすべて見せたあとに話す。』これが一言葉ずつ出て来て、それを順番に読んだ。それだけ。」

補足:夢の内容は、初めはアルファベットが適当に並んでいるだけの意味の無い、ごちゃごちゃとしているものに見えた。しばらく見ていると、次第に列になっていってきれいに並んだ。でも、意味の無いものかと思っていると、文字と文字の間に、ドットのような点が加わって、何かの言語の頭文字をつなげたものだとわかってきた。それはたとえて言うなら、ベネディクト・クロスに記されているような感じに見えてきた。そして、聖書の中に書いてあるものだと気付かされた。どこの部分なのかは、わからなかった。どの言語の頭文字かも、わからなかった。皆で血まなこになってしらみつぶしに調べまくった。そうこうしているうちに、一人がインスピレーションを与えられて、詩編だということがわかった。でも、夢で見ていたことなので、どこの部分かは、わからない。次に、どの言語での頭文字なのかを調べる事になった。色々な国の言語で書かれている聖書をあつめて、人海戦術で調べた。わからないままで、あきらめかけた時にあえて調べなかったラテン語を最後に調べたら、ピッタリと合った。ラテン語で書かれているものの頭文字だとわかった。灯台下暗しだった。はっきりとわかって、皆がほっとしたところで目が覚めた。




[HOME] [戻る]