御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2016年3月11日


ma_sonota_20160311


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


2016年3月11日 PM1:43
アントニウス「絶対に一度も来ないという事ではなくて、生き返った後に、あなたがいやがるほど話をしてくれます。人気のある聖人なので、とてもいそがしく働いています。あなたが思いがちな『私のことを嫌いだから来ない』とかそういう事ではありません。今後もジャン・マリー司祭に従ってください。アントニウスが話をしました。」

ジャン・マリー司祭「アントニウスちゃん、絵に戻るにはどうすればいいの?」

アントニウス「あせらないで待ってください。本人は悪魔の過去の影響で、自分を追い込んでしまうところがあります。どうか、ジャン・マリー神父様は見守り続けてください。本格的には、描く事を再び始めるのは、復活祭の後です。それまでは、救い主のご受難を黙想する事に集中してください。今までと同じように、読んだところの映像を見ながら黙想をしてもらいます。逃げないでください。」

マリア・アントニア「状況説明:お昼ごはんを食べていた時に、ペトロにーちゃんの話をしていて、ペトロにーちゃんの鎖、つながれた鎖が安置してある聖堂、名前が思い出されないんだけど、そして遺骨が安置されている教会のことが気になったので・・、っていう話をしていたんだけど、行ってみたいなって思ったんだけども、でも本人がペトロにーちゃん自身が来てくれるんだから行く必要はないっていう話になって、それでアントニオにーちゃんのこととかも、アントニオにーちゃんはどうなんだろうって、なんで来てくれないんだろうって思っていたんだ。それで2、3日前に、「生き返ったら話をしてくれるのを楽しみに」って、ボケッとした頭の状態の時に伝わってきた事があったんだけど、それを忘れていて、さっき話をしていた時に思い出したから、それでジャン・マリーが「誰が言ったの?」って聞いてきて、私は「知らない。」って言ったんだけど、そしたらご聖体の前に行って聞いてみようって事になって、「誰が言ったの?」って、「おしえてちょ!」って待っていたら、アントニウスちゃんだったらしくて、アントニウスちゃんはふざけることはしない天使ちゃんなんだけど、そしてきびしい事を言うと、私がしょげちゃうから、その事をわかっていて、すごく言い方が独特の言い方で話をしてくれるんだけど、でもおしえてくれたからよかったなって思いました。近ごろは、絵を描く事が中断していて、理由としては、体調の悪さとか、悪魔が描かせないようにしていたり、右の指の先から肩甲骨までが激痛としびれで、鉛筆が持てない状態が続いていて、でも、自分自身の怠けている気持ちとかもあるんじゃないかって思ったりしたんだけど、でも、また描く事が出来るようになるって話してくれたから、安心しているところ。」

2016年3月11日 PM5:19
マリア・アントニア「十字架を担がされて、カルワリオまで登っていく途中のところで、重いから力が持続できなくて、何回かこけたりとかするんだけど、それで周りに人はたくさんいるんだけど、すごくさわいでいても、一切、声とかは聞こえていなくて、でも、すぐとなりには、兵士とかがいて、そのご受難の最初からカルワリオまでの間のことが、順番とおりになっていくんだけど、釘は打たれていないんだけど、こけたりして、その間はひどいことをされ続けていたんだけど、そういう方の痛みで、痛いのをとおりこして、感覚が無くなるような、足がしびれた時に、立ちあがったら感覚がなくて、ひっくり返るような、でも、歩いて行かないといけない状態、痛いをとおりこして、そういう状態。肩が十字架を担がされて、乱暴に「ゴン」って担がされる、肩に乗せられるところ。私の体の、特に右側が痛くて・・。痛いっていうレベルのものじゃなくて、それでも、どうしても関連づけるところがあって、思い込みじゃないかって思っちゃっているんだけど、でもまぎらわしシリーズっていう事もあるから、それはそれで受け入れるって考えていたんだけど、そのヴィジョンは、次に茨の冠をかぶせられる・・。ちょっとここへ座れって言われて座らされて、冠をぎゅっと押し込まれたんだけど、でも1回はずされて、もう1回、さらに、自分達の手でやると、素手でやると痛いから、内側に向いているんだけど、それでもチクッて刺さるといけないから、最後は、押し込む時は、トンカチと棒きれを持ってきて、コンコンと押し込むっていう、それから順番が逆になるんだけど、手かせと足かせをしていたところがすりきずで、重たい鎖だったから、そういうものを引っぱっていたあとに、急に軽くなると感覚が戻るまでのよろける感じ、それがあって、そのうえに重たい十字架を担いでいかなくてはならないから、力を抜くと痛いのが・・。われを忘れないと痛くてしょうがないって感じ。今のヴィジョンらしいものは、外の音とかは全く聞こえていない。聞こえさせないようにしてくれているみたいで、今回は周りの人々の事ではなくて、イエズスの視線で、あえて黙って進んでいくんだけど、これは、今、思ったんだけど、だいぶ前に、車の中で窓を閉めきっている状態に似ているって言ったことがあるんだけど、その時みたいに、周りの音が遮断されていて、でもさわいでいる、やかましい状態なんだっていうのはわかる状態。その続きのような感じがしている。まだカルワリオのところに到着する前のところまでだから、もっと釘を打たれると、これっぽっちの痛みとかじゃなくて、もっと痛くなるだろうって思っているところ。今もすごく断片的にポンシオ・ピラトが、洗面器というか、手を洗う場面から、カルワリオに到着するまでの間こととして、今回は、まずはここまでって感じのヴィジョンだった。それで、音はあるんだけども、消されている感じ。本当は音がするんだけど、音を消してくれている状態。で、今の私の状態では、そういう周りの罵倒っていうのは、もし聞こえたら参ってしまうから、あえて何も聞かせないのかなって思う。で、今日は、3月11日金曜日で、金曜日はつぐないの日だから、寝ていた時に、すごく頭の輪の位置がすごくたたかれたあとのようにがんがんしていて、手足と肩、腕も、痛みとしびれが強くて、目が覚めてからも、その状態が続いていて、しばらくじっとしていたんだけど、その時にジャン・マリーに「アタックか何かあった?」って聞かれて、こういう痛みがあるんだと伝えたら、ヨゼフパパに聞いてみようってことになって、言葉とかは無いんだけど、初めは足の甲の痛みとか、足のうらの痛みが増したから、痛みが増したのは、天からのものだからなの?って聞いたんだけど、あえて言葉はなくて、少し待ったら、ポンシオ・ピラトのところから、カルワリオのところまでの、カルワリオの到着するまでのものが見せられた。それを、今、こうして伝えたところ。



[HOME] [戻る]