御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2016年1月4日


ma_sonota_20160104


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


2016年1月4日 PM12:23
マリアママのご出現
マリアママ「聖母がお話します。今日は、わが息子の、よく知っている、あの司祭のことについてお話があります。彼は自分が生きていた時に、おかした判断のあやまり、その事をくやんで、神のあわれみがあったうえに、みずから煉獄に行く事をえらびました。今は、灰を毎日かぶるようなつぐないをしています。彼は、とても良い司祭でしたが、やはりごうまんになってしまったところがあって、そしてたくさんの悪魔のわなにかかってしまいました。希望をもって煉獄にいます。何がいけなかったのか、とてもはっきりした状態で、今、清めをうけています。わが息子に対して、してしまった事、その事についても、私審判で問われました。どんなに確信を持っても、あきらかになるのは、やはり、私審判のときになります。どうか、今まで祈ってきた以上に、かれらのことも祈ってください。祈りつづけてください。どうか、彼のことを許してあげてください。私はどの霊魂にも、私審判の時に、弁護人としてそばにいます。そして、許しを乞う人に、霊魂に対しては、私も一緒にゆるしをねがいます。そして、神のいつくしみと、寛大さ、そしてあわれみの深さを痛感して、心から痛悔をして、そして煉獄へ行きます。彼はいきました。まさにわが息子の祈りが、今、必要となっています。わが息子を、祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。私はどんな人に対しても、母であります。これからも、今まで以上に、従順であってください。司祭の祝福を、7人の子供たちのうえにおねがいします。」
ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福、7人の子供たちのうえにくだり、つねにとえどまらんことを、アーメン。」

ジャン・マリー司祭「マリアママ、昨日、マリアママは、ご受難のマリア・アントニアに星、2種の星を見せなかった?」
マリアママ「わが息子は、とてもよくおぼえています。小さなことを、わくわくしているところが、いつもかわいいです。星の・・。予想したことを、そのまま、信じてください。そして、また。最近かわいい洋ちゃんが、少なくなっています。でも体調が、良くないので、そちらに重点をおいてもらっています。」

マリア・アントニア「今、マリアママが、ちっちゃい、ジャン・マリーの、小さい4才ぐらいのジャン・マリーをなでなで、しているところなんだけど、それが見えていて、それで、よしよしって、長い、黄色っぽい色をしていて全体的に・・。それで、なんだろ、王冠をかぶっていて、それでなでなでしている。長い、マントみたいなもの、名前がわかんないんだけど、最初にジャン・マリーをなでなでしていて、その次にマリー・マドレーヌをなでなでして、順番になでなでしているところが見えているだけど、横むきでね、マリアママが一番左側にいて、順番に皆、ならんでいて、なでなでされていて、終わっても、またなでなでしてもらいたくて、うしろにならんで、えんえんと、なでなでしてもらっている・・。そういうのが見えていた。今は、もう何も見えなくなった。」



[HOME] [戻る]