御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2015年10月16日


ma_sonota_20151016


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


2015年10月16日 AM11:42
状況説明:
2回目の休憩の時に、何気なくいつもジャン・マリーが座る、休憩の時にすわるいすのところで座って、カリスとか置いてある御聖櫃の方を見ていたんだけど、その時にパードレ・ピオの写真が置いてあるところがあるんだけど、その写真を見ていたら、パードレ・ピオの映画の1つのシーンを思い出されて、その映画の1シーンっていうのが、パードレ・ピオが子供だった時、まだフランチェスコっていう名前の時に、お父さんと教会に行ってミサに与る場面があって、急病の子供が母親に抱かれて入ってきて、聖ピルグリムの御像の前に置き去りにされるっていう、そのところで、聖ピルグリムがいやしてくれたっていうふうに見えるんだけれども、子供のパードレ・ピオと聖ピルグリムのやりとりで、親しく聖人とやりとりしているフランチェスコの対話とか、急病の子供がいやされた時のフランチェスコの聖人に対する「あなたはよくやりました!」っていう話し方とかの場面が浮かんできてたんだけど、そのあとフランチェスコのお父さんが「お前、また何かやったんだろ!」っていう言葉とかも思い出されて、そのあとに言葉ではないんだけれど、何が言いたいのかわかるでしょ!っていう感じ。言葉としては聞こえてなかったんだけど、インスピレーションがあって、悪魔のローキューションがあって、「お前の思い込みだ」っていうのがくり返し聞こえてきて、ジャン・マリーに伝えたら、「まだ続きがあるかも知れないから待っていよう。」って言って、パードレ・ピオに対して「続きがあるんだったら待ってるから続きをよろしくね!」って言った。いったん、パードレ・ピオの写真を見て、話をして終わったんだけれども、また来てくれるのを待っているところ。

PM5:50
マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんのご出現

ジャン・マリー司祭
「午前中にビジョンとインスピレーションをマリア・アントニアに誰が与えた?続きがあるはずなんだけども、あったらちょうだいね。そしてルカのことも、3日続けて事故にあうぎりぎりの目にあっているけれども、その時の保護に関して、すごく周りが光ってるって言ってる。えー。誰が守ってくれたの?それから彼女は早死にっていうことを感じていて、すごく気になっていて、そして自分の心が完成するまで戦わずに逃げてもいいかな?って、ちょっとまよってるって書いてきてるんだね。それから模範解答をさがすっていう傷をどうやったらなおるんだろって聞いてきてるんだけど、そしてジャン・マリーに対しての軽蔑する感情とかイライラとか、自分がいない、消えようっていう、いないほうがいいっていう思い。マリア・アントニアに甘えてるってことをできないってこと、Xさんが来たら消えてしまおうっていうとか、今回の事でジャン・マリーからマリアママおしえてちょ!って、ルカが自分の状況に必要を感じてマリアママに求めてきているんだ。これを与えてほしいんだ。」

今、祭壇の御聖体の所にすわっているんだけれども、ジャン・マリーに悪魔ばらいをしてもらいながら、そこで待っていた時に、言葉じゃなくて、祭壇の方に顔を向けて座っているんだけど、祭壇の方からいつもの悪魔のアタックとかの光とかじゃなくて、映画館とかで明るいところでドアを開けたら暗い所へ光が入ってくる様な、そんな感じの・・。えーっと、明かりがもれてこっちにちょっとすじが、光のすじがすーっと差し込む感じ。ちょっとうまく言えないんだけど・・。アタックだと・・。アタックだって思うんだけど、それで今ジャン・マリーに話をしてるところ。で、今、あのう聖体拝領のあとでっていうふうに聞こえた。

ジャン・マリー司祭
「えーっと、だれですか?パードレ・ピオ来てくれるの?午前中のビジョン、インスピレーション、そして今のビジョンは天からのものなの?」

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん
「ずいぶんもったいぶる感じがすると思いますが、パードレ・ピオではありません。朝のビジョンを見せた者、そして今来ている私は、だれでしょう?」

ジャン・マリー司祭
「マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんだ!!」

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん
「ほとんどわかっていると思います。でも、まだ言いません。おもしろいでしょう?とてもかたくるしいイメージのやりとり、天の人々との交わり、これらのことは何も知らない人にとっては理解ができないものです。私も数々の誤解をたくさん受けました。パードレ・ピオのような体験をマリア・アントニアはしていた事と思います。混乱の中で生きてきたので、自身のないまま今に至っています。これからは色の濃いものになっていきます。どうかとまどうことのないようにしてください。ジャン・マリー司祭のおねだりがすごいので、今言います。私はロンジン・マリーの妻であるマルガリータ・マリア・アラコックです。本当は聖体拝領の後にサプライズとして、そこでお話をしようと思っていました。私のイメージは、とてもかたいイメージがあります。でも好き嫌いがあって、普通の女性と変わりません。ただイエズスの直接の語りかけ、姿を見る事が出来たりとか、話をすることが出来たりした。そこだけが恵みとしてあっただけです。ひとりではまちがった方向に行ってしまうので、理解してもらえる人が必要になります。この続きはまたあとで・・。また来ます。」

状況説明:
えっと、正直なところびっくりしているんだけど、最初は聞いたことのない声で、だれなんだろうって思ってた。そしたらけっこう自分はだれでしょう?とおもしろく言ってくれてた。ジャン・マリーがおねだりが上手みたいで、「もう言っちゃうね!」っていう感じで言ってくれたんだけど、マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんだった。声の話し方っていうのは、マリアママよりは低い声で、でもはしゃぐのが好きそうな感じを受けたんだ。「大変だったけども、大丈夫だからね!」って言いたい感じだった。



[HOME] [戻る]