御受難のマリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2015年9月26日


ma_sonota_20150926


奥田理枝
御受難のマリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


2015年9月26日 AM11:08
ペトロにーちゃんのご出現

午前8時よりちょっと前に、清水小屋へと帰る車を運転していてジャン・マリーと色々話をしていた時に、■■■■に取られた行動に関して重荷を感じないように・・、っていう声が聞こえてきた。旅行の帰り道で、今寺沢に来ているんだけれども、そこでペトロにーちゃんが寺沢につくまで待っていてくれて、今その続きを待っているところ。それで待っていたら、「いいか?」って聞こえてきた(笑)。

「ペトロが話をする。マリア・アントニアは、以前に■■■■に取られた行動に対して重荷と受け取る事をやめてほしい。今までの人生の大半は悪魔と天使の間に立った、とても中途半端な状態できた。ほとんどが悪魔的悲観主義に走っていて、天からの働きかけがあっても気付かないで通りすぎる。また気付いていても間違った判断をし、自分の責任だという事にしてしまって、あやふやに片付けているところがあった。わが息子ジャン・マリー司祭の指導のもとで、もういちど自分の行動のあやまりに気付いてほしい。もう絶対に不良品だという言葉は使わないでほしい。ほとんどの人が他の人に自信があるように見えるだけで、あまり持っていない。自信があるとかそういうレベルの問題ではない。素直に語りかけられた事を、そのままジャン・マリー司祭に報告することをしてほしい。私も言う。つべこべ言わずに従ってほしい。天はやりたがる人を使う事はしない。もう少し健全な自尊心というものを育ててほしい。1人で行動することは、終わりにしてほしい。素直にうれしい時はうれしいと言ってほしい。最後にもう1つ禁止する言葉を言う。今後は「本当かなあ?」という事を言うのはやめてほしい。私の言っている言葉はむずかしい事ではない。逆に、どうしてしないのか?と聞きたい。私が言った事に対して落ち込まないで、確かに私はマリア・アントニアは大物になると言った。

ペトロにーちゃん「旅行お疲れさまでした。こういう言葉に対しても、本当かなあという事を考えないで。」

ジャン・マリー司祭「ペトロにーちゃん、あなたの弟のアンドレアにーちゃんは何してるの?それから馬井ろくざえもんにーちゃんは何してるの?クララ・ヨゼファ・メネンデスはアトピーですっげえ苦しんでるの、いつ治すの?」

ペトロにーちゃん「ジャン・マリー司祭のそのままの言葉に対して、私は決して『知るか』とは言わない。いいかげんな事を言うつもりはない。ただもう少し時間がかかることだけは伝えておく。私の弟であるアンドレアは、とてもクララ・ヨゼファ・メネンデスに対していつも気にかけている。私と違ってやさしい。トマス孫十郎と馬井ろくざえもんは、特にクララ・ヨゼファ・メネンデスのそばにいて、いろいろな事で助けてくれている。悪魔の妨害で何も感じないかもしれないが、とても近くにいるので声をかけてほしい。「何してるの?」という言葉はおもしろく、皆わらっている。もっと言ったほうがいいと思う。これからも、特にマリア・アントニアは忠実に言葉を伝える事をしなさい。私はおせっかいをするのが好きである。あなたたちは本当に期待されているという事を忘れないでほしい。今までの幻視者や神秘家に無いものを・・。かたくるしく考えることのないように、わかりやすいものを伝えてほしい。天の皆があなたたちと同じ弱い人間なので、決して身がまえたりしないで。人間どうしのつきあいだとわかってほしい。家族では、何も考えたりせずに話をする。天の・・とか、そういうかたくるしい考え方は、これからの時代の若い人たちにはわからない。だからこうしてわかりやすい言葉をつかって広めていくことをしてる。「わかるか?」

状況説明;
またペトロにーちゃんに注意された。真剣に悩んでいた事とか気になっていた事とか言ってくれて、ちょっと安心して、もっと「本当かな?」とは言わずに、ジャン・マリーの指示に従っていく事をしていきたいと思う。ペトロにーちゃんは親方っていう感じだよ。



[HOME] [戻る]