マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 その他のメッセージ2015年8月31日


ma_sonota_20150831


奥田理枝
マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/

2015年8月31日
マリアママのご出現
今、祭壇の前にいます。アドラシオンをPM2:45からはじめてもうすぐで終わり頃に(出かけようとしてリトル・ぺブルドレスを着ていたら、JMにアドラシオンを終えた後に外出するようにと言われた。そのまま着たままアドラシオンをすることになった。)
「ジャン・マリー司祭に特別な許可を得て下さい。ベールをかぶっても良いという許可をもらって下さい。」という声が聞こえた。決着をつけた。「聖母がお話します。マリア・アントニアはジャン・マリー司祭に特別な許可をもらってベールをかぶる事をゆるしてもらって下さい。これはマリア・アントニア自身のゆらぐ気持ちを集中させる目的もあります。旅行にはかぶって行ってほしいのです。最終的な判断はジャン・マリー司祭にまかせます。天が与えた初めの召し出しを中途半端にするのではなくて、もう1度つらぬいてほしいと思っています。」
JM司祭「リトル・ぺブルドレスを着るな!と言われてこちらが従うというところで、マリア・アントニアはどういう格好をすればよいか?」
「その建物の直前で脱いで下さい。それまでは着て行動してください。」
状況説明:今日の2回目のアドラシオンをする時に、JMの特別な許可をもらって修道女がかぶるタイプのベールをかぶる許可をもらって下さい、と聞こえてきて、その声はマリアママの声だったんだけれども、何か中途半端になってる召し出しの事とかを言われて、普通はどうなんだろう?と思った。とにかく言う事を聞いてほしいと言うような声だった。



[HOME] [戻る]