マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 SEXに関するメッセージ 2015年9月16日


ma_sex_20150916

奥田理枝
マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/


SEXに関するメッセージ
2015年9月16日 PM5:09
マリアママのご出現
PM4:14、今回の旅行の話をしていた時に何気なくジャン・マリーがおっぱいをさわっていた時に、「おっぱいあげる、飲ませてあげる。」と女の人の声が聞こえてきた。「聖母がお話します。かわいい4才のひろしちゃんにお話します。これからの旅行の準備に神経をすりへらしていて、体力も回復しないままになっていて、きびしいものになることを予想していると思います。私は、今までのあなたに実際に愛情を注いできました。これからも変わることのない私の愛情をもっと受けとめるためにも、ここの女性たちからおっぱいを飲むことを続けてください。今まで以上に、もっとたくさんおっぱいを飲むことをしてください。いつのまにか、大人のひろしさんに戻ってしまうことが多くなってしまっているので、出来るだけひろしちゃんになる時間を多くしてください。これはマリア・アントニアに見せる見本にもなります。霊的に幼い子供でいるという事を、もう一度おしえてあげてください。とてもかわいいひろしちゃんを、とても愛しています。今日は、あえてひろしちゃんと呼びました。」

アッバおとうちゃんのご出現

「マリア・アントニアに話をする。神との対話を、自分が体験しているものを伝える事をしてほしい。私との交わりは、消極的なものではなく積極的にしてほしい。やりすぎだと思うような・・・。それがやりすぎではなくて、ちょうどよいものになる。私との交わりが人間のねじまがった知恵などで、いつのまにか遠く離れたものになってしまって、私の事をこわい存在としか見なくなった。文明の発達と反比例して、私との親しい交わりを少なくしていった。そして普通に親子で話す会話を、私とすることがなくなってしまった。私はいつも、どの時代にも、私との交わりを回復させようと、いろいろな手段を使って、子供が親のもとに帰れるようにしてきた。頭で考えるものではなくて、幼児の余計な事を考える事のない素直な反応、そのままで帰ってきてほしい。遠く、高い所に私はいるのではない。いつもとなりにいるのである。父ではなく、お父ちゃんと言う呼び方で、お前の感じている、そして実際にかかわってきた事を伝えてほしい。一番悪い材料であるから伝えることが出来る。私はそんなにお前たちをしかる事をすると思っているのか?そうではなくて、ゆるすことをとても伝えたくて、わかってもらいたいと思っている。お前の口から、誤解をしている人々に伝えることが重要になってくる。どうかありのままを伝える事に専念してほしい。」

ジャン・マリー司祭「ここの人だけって、外部の人をシャットアウトした閉じられたこの空間でなら、素っ裸になりたい人を自由に素っ裸にさせてあげられると思うんだけれども、それでいいのかな?そしてはっきり限定つきだと思うんだけども、つまりコルベ・マリー、ジャン・マリー、マリー・マドレーヌ、マリア・アントニア、クララ・ヨゼファ・メネンデスにのみ、お客さんは素っ裸になれる。ここの人達5人対お客さんという条件のみ、素っ裸になれる、ここでも出来る、そのとおりなのか?もし、そのとおりだったらば、公式声明を、この洗礼、堅振、聖体、霊的指導とかディスカッション。ジャン・マリと他の4人がいて、この5人を素っ裸の人っていうそういう環境で、楽しくお話できるというところまで、公式声明を出していいのか?法律上の事とかの問題です。一番大きなところはね。この清水小屋で、その環境を作ったらいい。作ってということですけど、それが正しいかどうかと、公式声明として出すのをお望みか、出していいのかということをおしえてください。」

アッバお父ちゃん「私は、お前の思っている事はとても良くわかっている。考えたとおりにしてほしい。今まで以上に忠実なしもべであり続けてほしい。」

ジャン・マリー司祭「えっと、今までもこの要請を受けて断ってきたけれども、こまかいところなんだけれども、受け入れる僕たち全員は着衣。そしてその性癖を持っている人が素っ裸・・。そういう事を考えています。これで正しいでしょうか?僕たちが裸になるということはないっていうことをあえて書くということ・・。なぜなら、それを要求されちゃうから。」

アッバお父ちゃん「お前が思ったとおりにしてほしい。今回の公式声明、そして私の名前を書くときには天主ではなく、なぜアッバお父ちゃんなのかを、はじめにわかりやすく説明を添えて出すようにしてほしい。あとは自由に書いてほしい。」

ジャン・マリー司祭「18才以上っていう限定をつけますか?」

アッバお父ちゃん「本当は年齢とか、あまり制限するという事は、あまり意味のないことではあるが、日本の法律を守ることも大切なので、18才以上に決めてほしい。」

状況説明:
最初にマリアママが来てくれたんだけど、えっとはじめは本当か?と思ったんだけどね!自分でも本当か?って思ったんだけど、なんか小さいわんぱくぼうずを「よしよし」って「いいんだよ。」って言いたそうな、もっと甘えてくださいって言いたそうな感じだった。それから今度は、はじめはイエズスかな?と思ったんだけど、よく聞いてみるとアッバお父ちゃんだった。そんで私じゃないと伝えられない事とかがあるって言われて、もっと普通の親子の会話みたいな事を今まで以上にしてほしいと言われて、今まで1人で楽しんでいた部分を言うようにって言われた感じがした。それはそれで、本当の事が伝えられて楽になれるような気がする。



[HOME] [戻る]