マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ


奥田理枝
マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2016年4月13日 AM8:26
ヨゼフパパのご出現

ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパ、昨日、あなたの妻のクララ・ヨゼファ・メネンデスが見付けてくれたITSSCの出した情報、そして今朝クララ・ヨゼファ・メネンデスが翻訳を見つけてくれて、日本語で読んだ内容に関して、これは正しい情報なの?まず、それを教えてほしいんだけど」

ヨゼフパパ「フランシスコはその記事を否定する。イエズスが捕らえられたあと、様々な質問をされた時に言った言葉を利用する。その質問に対して、かのフランシスコは「それはあなたがたが、言っていることである。」と言う言葉を、都合の良いように使う。どんなに裏付けが取れているものであっても、本人が否定をする前に、支援者たちが黙ってはいない。今までも巧みに隠されてきた事実がある。わが息子たちが最近、見た映画のように、徹底的に、一人ではなくて、集団で立ち向かわなければ暴かれない問題で、正に、神の後ろだてが無ければ、前進が出来ない。皆、フランシスコの味方についている人々が、催眠術にでもかかっているかのように、彼に対しては熱狂的である。この先も、今回のような情報が、わが息子のもとへ届く。これらの情報に対しても、慎重にしていくように。情報がさくそうする。人が信じられない時代の中での、慎重な見極めが必要・・。必要に・・。(ここで途切れた。)今、このような事柄について、一番、冷静な判断が出来るのは、まったく信仰の無い人たちで、報道関係者でもなく、学識経験者でも無い。(また、ここで途切れた。)(ここで悪魔のアタックで、妨害されて、続ける事が出来なくなった。)2016年7月5日に、ヨゼフパパが話をしてくれた。(→20160705 フランシスコのこと その2へ)

2016年7月5日 PM6:40
ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパ、7月3日の夜、ボクのせいで中断してゴメンね。続きをお願いね。それから、4月13日に、悪魔のアタックで中断したものの続きもおねがいね。」
「獣のフランシスコに、公に喧嘩を売るメッセージ、すごく重要なメッセージなんだけども、みつけた・・、クララ・ヨゼファ・メネンデスが見つけてくれたITSSCの出した情報が、日本語で読んだ内容に関して、これは正しい情報なの?おしえてほしいんだけどって、始まったメッセージなんだけども、ずっと続きを待っているんだけども、公に、この情報が正しい、つまり獣のフランシスコ自体が、サタニストで、黒ミサのために、子供を売るっていう事をしていて、そしてそれから、性の商品として、子供を売るというような事もしていて、その時の警察と教会と、一緒になってやった時のコードネームがフランシスコだっていう、警察が名付けた名前が、フランシスコだっていう情報だったけども。それからコルベ・マリーの事に関しての、胸の傷を完全に治すには、どうしたらいいのかっていうこと。



獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2016年 7月5日 PM6:40
ヨゼフパパのご出現
2016年7月5日に、ヨゼフパパが話をしてくれた。

ヨゼフパパ「報道関係者でも無く、子供のように、何も利益を追求しない人々である。知識のない人、学のない人、そして肩書きを気にすることなく、たくさんのお金を持たない人々、相手の地位を気にせず、対等に話す事が出来る子供のような人、そして心の中に、大きなものの存在を感じ取って、素直に従う人が、正しく判断することが出来る。水かさの増えた大木も流れるような濁流の中でも、とどまっている岩のような、人々の言葉に流されない、自分の意思を冷静に保った人が、聖霊の導きによって導かれていく。全ての人々の中で、平等に、天の御父は、聖霊を通して働きかけられる。「あの人が、こう言っていたから、これが正しい。」とか、「この人はこんな人だから、これは間違っている。」など、情報量が莫大な今の世の中であっても、自己の心の中での、確信のある、強く感じられるものを持ち続ける人々に、正しく判断が出来るように、カギが与えられる。子供のように、先入観を持たず、恐れずに、神の光に顔を上げて、正しく導かれる人々が集められる。いつの時代でも、勇敢な人々には、高慢な人、そして人の影に隠れて、自分には害が無いようにして、悪口を言う人、自分の事を下げられない人々が迫害を加える。一分も待つことの出来ない人々が、長く待つ人々をあざわらう。目先の避難場所を求めてさまよい歩き、いつ崩れ落ちるかも知れないような場所へ入って、根拠もないのに、ここは安全だと、自分の命が助かればいいという考え方の人々が多くいる。「あわれんでください。」と口にして、乞い願った顔をしていても、うつむいた時の心の中では、「自分だけは助かりたい。」と他人をけ落とす事を考えている。イエズスをあわれみ深い方、と人々に言っておきながら、夜になると、自分の家の床下に隠してある壺を取り出して、お金を毎晩、数えて微笑んでいる、そのような人々が、今はほとんどで、清貧という言葉を、イエズスが取った行動で、話す事はするが、心の中では、毛嫌いをしている聖職者が、残念ながら、今は大部分を占めている。告解をすることが出来る、許しを与える事が出来る権能を持たされたのにもかかわらず、自分の心の闇の部分があって、まともなアドヴァイスを与えることも、嫌気がさして、自分の事で精一杯なので、許しを与えることのみ、もしくは、それ以上に、告解にあずかって許しを得たいという人々が来ないようにしてしまう。一時期、教会に熱心に通った人でも、聖職者の愛徳の無さに失望して、行くこともなくなり、むしろ、神を憎んでしまうことになる。よく、「主はあわれみが深く、すべての人々を包み込んで、抱き上げられて、私を、そして選ばれた人々を愛される。」というような言葉を使う事が、自分達にとって都合の良い言葉であるから、人々にも話して指導をする聖職者が、あとを絶たない。はじめは何も知らない人が素晴らしいと感動するが、月日が流れると、やがて、うすっぺらなものに感じて、もと来た道を戻ってしまう。一度、疑問を持った人、信頼する事が出来なくなった人を、再び、連れ戻すことは、とても難しい。そして、多くの聖職者たちは、連れ戻そうという気持ちも無い。傷を負っている人々を、抱きかかえても、それ以上に、谷底へたたきおとすような行動を取って、何事もなかったように振るまっている。様々な人々の意見、そして正しいとされる人々の判断、そして自分で判断したこと、すべてのことにおいて、事実が明らかにされないことは、ない。天の御父は、すべてをご存じである、という言葉を知っていても、信じていない人々が、ほとんどになっている。イエズスが、ゲッセマニの園での、憂い悲しんだ時、そしてゴルゴダでの十字架上での、世界を見渡された時に、未来の全ての罪をご覧になられて悲しまれたと同時に、あわれみを乞い願った。天の御父に、あわれみを乞い願って下さった時の気持ちなどは、理解することもなく、出来るはずもないが、あらかじめご存じだった事、以上に、人々が堕落し続けていることに、ますます泣いておられる。そして、数えきれない程の十字架に、毎日かかってくださっている。イエズスの限りない愛とあわれみ、いつくしみ、そしてマリアの存在を、全て、否定することに成功しているサタンの思惑が、ほとんど成功してきている。ほとんどの人々が、何を信じることが良いのか、何を信じれば良いのか、わからなくなっている。教皇という立場は、とてもたくさんの人々に影響をあたえている。イエズスが教えられた事を守り、教えられたとおりに伝える事が大切で、世の中の様子が変わったからといって、変えてはいけない。ものわかりの良い者がトップに立つ事はあってはならなかった。殉教という言葉も、もはや死語になっているところがある。神の恵みを多く注がれて、知恵を得たものに対して、神は、厳しく裁きを下される。イエズスも話していたように、イエズスは許して、あわれみを注ぎ続けられるけれども、天の御父は、不正な事を続ける者に対して、ねたみ深く裁かれる。本来は、とてもいつくしみとあわれみをもって、寛大に許される神である。心の底から、本当に痛悔をする人には、走り寄って許される。ますます変えてはならないところを、今の人達には合わないという理由で、寛大に聞き入れているように見せて、変えていくことになる。伝統主義だと笑われても、守り通すべきものは、硬く守り通してほしい。」

マリア・アントニア「最後に、ケルビムちゃんが、休けい!っだって。」




[HOME] [戻る]