マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ2015年12月30日


ma_kemono_20151230

奥田理枝
マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ

2015年12月30日 AM10:56
イエズスのご出現
(ヴィジョン)えっとぉ、今10時13分、3回目のフルエクソシズムの途中なんだけど、どこかの神殿?今でいうと、私の知っているところでいうと、結婚式の披露宴会場みたいなところだと思うんだけど、そういうところで、皆でパーティーみたいなものをやっていて、それをイエズスがおこって「ここでそういうことをするな。」ていうふうに、めちゃくちゃに、そのパーティーをやっているところをこわして退散させているところ、そういう場面だと思うんだけど。(場面が切りかわって)そのあとに子供達が男の子達が出てきて、イエズスに・・。えっとぉ、何ていえばいいのかなぁ?イエズスとその子供達が見合っているんだけど、それでイエズスが今度は司祭に変わって、そこで字幕が出てきて「ミサを説明するときに聖さん式っていう言葉だけでかたずけないでください。」って書いてあって。

イエズス
「イエズスが話をする。純粋な心であこがれている子供たちをだまして、うそをおしえてはいけない。子供たちは司祭のささげるミサをとおして、私が御父と祈る、会話をする、そして天の御父に罪をおかしてしまった人たちのちゅうかいをしている私のやりとりを、あこがれて見ている。そして皆の罪を私がすべてになって、あとで皆が天へ登る事を出来るようにしたあとにも、皆のところへいつも皆と一緒にいたいという気持ちがあるから、わかりやすいかたちでパンになり、ぶどう酒になり、そして近くにいることを忘れることなく、私が戻ってくるときまでに続けていてもらいたいから、という気持ちで、ミサを私が決めていいと思ったから、皆におしえている。それを時がたつにつれて、本来の目的は何だったのかということを忘れてしまって、ただの食事をする場にしている。そしてただの司会者に、司祭はさがってしまっている。そんなただの司会者に子供たちはあこがれるだろうか?命がけで、天の御父とのやりとりをしている姿こそあこがれるのであって、司会者にあこがれているわけではない。そして目をそらしてしまうと、自分も精神的な意味であぶなくなってしまう、目を離してはいけない真剣勝負の場であることも、子供たちにおしえていかなければいけない。名司会者が見たいのであれば、結婚披露宴場に行って見てくるがいい。何も私の名前すら知らない人のほうが、よほど私を考えてくれる。そして痛悔もなしにただのパンを食べに来る軽い気持ちで、私をただの口の中に入れて帰って行く・・。何も知らない人のところに行ったほうが、とても私の気持ちはいやされる。笑顔の仮面をかぶった人たちの中には入りたくない。しかたなく入る、そういう人達の中に入る時には、そのたびに私は(御父よ、許してあげてください)と願いつつ、その人達の中に入る。現代のほとんどの司祭、従順をしているといわれる司祭たちがほとんど、知っているものもいるが、本来ならば、どうしなければいけないかを知っている者もいるが、知らない者もいる。どちらにしろ指導した者たちに、必ず責任を問うことになる。そして問われることにもなる。子供たちに教えることをしなくなってしまった。そして、しなければいけないこともわからなくなってしまった。そういう、どんな位の司祭であろうとも、その人達のために、また私はカルワリオに登り続けている。そして十字架につけられて命をささげている。そしてただのパンとおしえる事によって、私は一部の悪意のある人間によって、あるところへはこばれて、またそこでも体を切りきざまれている。そして何もおしえられていない人達によって、またふみつぶされている。悪魔のしわざをあざわらう者、ただのパンにひざまづく必要はないと言う人達、それこそが悪魔によってなされた、悪魔の勝利であって、悪魔の存在すら信じない事も、悪魔の勝利である。真剣に話を聞きたくない人には、話さなくてもよい。何も知らない人に・・・、耳を傾けてくれる人に話をした方が、よほど聞いてくれる。よほど犬の口に入ったほうが、私は安心することができる。ミサは本当に食事会ではなくて、とてもそうだいな、大スペクタクルの場面がくりひろげられていることを知ってほしい。わが息子、そして将来、わが息子のもとで司祭になるであろう3人の小さな息子たちにも祝福をする。父と、子と、聖霊との御名によりて祝福する。アーメン。私を愛し、私に会う事を待ちこがれている2人の可愛い女の子たち、そして2人のバロネスたちにも祝福をお願いする。」

ジャン・マリー司祭
「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福、イエズスを愛し、イエズスに会うことを待ちこがれている2人の女の子たちと、2人のバロネスたちのうえにくだり、つねにとどまらんことを、アーメン。デオ、グラチアス。」

マリア・アントニア
「今、ほかにありますか?って聞いたら、今度は一瞬イエズスが上半身ぐらいのアップのイエズスで、にこにこしていてミサを続けるように・・。って言われた。」

ジャン・マリー司祭
「じゃあ!状況説明・・。感情・・。特に感情をね!・・。話して。」

状況説明:
えっとぉ、何か、えっとぉ。全然、最初、そのぉ、エクソシズムをしている時にぃ。私は全然、違う事、関係ないこと考えていたんだけど、そしたら、何か、えっとぉ、何気なく祭壇のほうをちらっと見ていたりしていたんだけど、そしたら、どっかの、だだっぴろい所・・。宴会場みたいなところが見えてきて、何だろうと思っていたら、そういう、ご出現というか、ヴィジョンが始まって、今回は最初だけヴィジョンで、途中は、イエズスのときってだいたい・・。イエズスの視点でぬいぐるみショー、着ぐるみショーの中に入っている人みたいな感じの視線で話してくれている感じなんだけど、すごく、本当は行きたくないんだけど、仕方なく行かなくちゃいけないからしょうがなく行く、とか聖体拝領の来た人とかにっていうこととか、あと、あこがれている(司祭に)男の子たちに、ちゃんと、うそをおしえずに、司会者みたいにかっこよくっていうだけっていうか・・。何て言ったらいいんだろう・・。そのお、てきとうなことを言って、ただの行事で、そういう事を劇みたいにやるんじゃないっていうことをおしえなくちゃいけないけども、わざと言わずにいることとかぁ。あとは悪魔の存在とか、本当は伝えなくちゃいけないんだけど、あざわらう人達とか、はなから信じない人とか、いいかげんに熱心さが足りないっていうのかなぁ。そのうち、大変なことになるまえに・・。っていう、ちょっといっしゅん、あとでどうなっても知らないよっていうんじゃないんだけど、勝手なかいしゃくでいくことは・・。ちゃんとしたことを、ちゃんとおしえないとっていうのを、今はやらないし、時代おくれのようなことを言っているって言う人たちがほとんどでっていう、そのことをなげいている。今だからもういちど言うっていう感じで、聞く人、聞く気のある人は聞いてほしいっていうような・・。で、子供たちには、うそをおしえないでくれ!っていうようなことを言いたいのかなって思った。なんかね、どういったらいいのかっていうか、本当の、ただのお食事会というふうにしているのは、そんなこと、イエズスがそういうつもりで皆でやれって言ったわけじゃないのに、いつの間にか時間がたって、そのぉ、金の子牛の像をつくっておがむ、モーゼの時のような、自分たちが勝手につくった神さまをおがみはじめるような・・。そういうことと似たようなことをはじめる。おこっていたりはしないんだけど、聞く気がある人は聞いてほしいって言っているのかなぁ?って思うんだけど・・。とても苦しい気持ちを、直接、言いに、話をしに来てくれた、と思う。



[HOME] [戻る]