マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ
 獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ2015年8月16日〜8月23日


ma_kemono_20150816_0823

奥田理枝
マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック・ペトロにーちゃんの悪妻。性同一性障害。精神病1級。自殺志願者。超最低最悪。傲慢。エロい。劣等感のかたまり。3人の子持ち。スラム育ち。
http://ktaoka.blog31.fc2.com/



獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2015年8月16日 PM1:30
マリアママのご出現
以前にミサに与った時の司祭が聖体拝領の後にすわっていた時の事を思い出して、JMは座らないから違うのかな?と思っていたら「聖体拝領後に司祭はイスに座る事はしないで下さい。」と聞こえてきた。決着をつけた。「どなたですか?」とたずねて、めでたしを祈って待っていると「聖母です。」と聞こえてきた。決着をつけた。
「こんにち、ますます御聖体そのものがないがしろにされています。あなたがたにとっては、御聖体はただのパンなのですか?礼拝行為がそんなに恥ずかしいのですか?今は御聖体が中心に置かれる事がなくなってきて、司祭が注目をあびています。司祭も自分がリーダーだと言っています。ミサをしている自分に注目してもらいたいと願っている司祭が非常に多いのです。イエズスはどこへ行ってしまったのですか?何のためにイエズスは十字架にかかったのですか?」決着をつけて「どなたですか?」とたずねて、めでたしを祈っていると「御悲しみの聖母です。」と聞こえてきた。決着をつけた。私の子どもになんてことをするの?と言いたそうな声だった。


獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2015年8月20日 AM8:54
マリアママのご出現
「女性は至聖所に入らないで下さい。イニシアチブをにぎらないで下さい。説教をすることとか朗読することとかはだめですが、ストラをかけて祭壇に両手をついて話をするのはもってのほかです。説教台から話をするという行為は自己満足のかたまりで、良い信者だと言われたいがために、朝から外見を、外見だけをきれいにして注目されることにだけ必死になって1日を過ごして満足して帰るというありさまです。わたしはずっと沈黙を守って御子イエズスのそばで十字架上の死に至るまでだまって寄り添ってきました。マグダラのマリアも私と同様に、ただだまってイエズスの足元に居ました。どうか女性の皆さんは、至聖所に入らないで下さい。特別な理由があるとき以外は絶対に入らないで下さい。聖母からのお願いです。」決着をつけて「誰?」とたずねて、めでたしをゆっくりとなえて待っていると「皆が後の世で私を幸いなものと呼ぶでしょう。」「先ほど話をした事について、JM司祭から話をしてもらってください。」と聞こえてきた。決着をつけた。JMから、まだ続きがあるかもしれないから、めでたしを祈って待ってみようと言われて待っていたけれども何もなかった。この時に悪魔のローキューションで「このうそつき!」と聞こえてきた。JMに言って悪魔祓いをしてもらった。ミサの途中で説教のあと、休憩時間の時に何気なくたっけい像のイエズスを見ていた時の事で、その時にカナダにいた時のペールブレが外出して居ない時に、外へ出てミサに与りに行っていた時の事を思い出していた時に聞こえてきた。とても「そんな事はしないでくれ」と訴えている様な声だった。


獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2015年8月23日 AM9:00頃
マリアママのご出現
告解は単なる悩み相談を打ち明ける場ではありません。司祭は告解をしようとする信者を追い払う様なことはしないで下さい。時間をもったいぶって拒否してまで自分の時間にしないで下さい。告解は司祭と告解をしにくる信者の真剣な戦いの場所です。おまけのような扱いをしてはいけません。信者は告解をしてもらえるのかわかるようになっていないと、告解の機会すらうばわれてしまっています。すぐわかるようにしていないと遠ざかってしまいます。緊迫した緊張感、真剣な態度の司祭がいないと、信者もいいかげんな気持ちになって、共同告白をすませればいいと勘ちがいをして告解に行かなくなってしまいます。明日、死ぬかも知れないという、そういう緊張感が見られなくなっています。どうか「伝統主義」と軽く笑わないで下さい。聖母からのお願いです。「誰?」と聞いてめでたしをとなえて待っていると「あがないのきょうしょく者の聖母です。」と聞こえてきた。決着をつけた。
状況説明:AM9:00頃
ミサの休憩時間中に、たっけい像を見ていた時に聞こえてきた声が「告解は単なる悩み相談の場ではありません。」というふうに聞こえてきたから、決着をつけて「誰?」と聞いて待っていると、さっき言ったような事が聞こえてきた。声の調子は、今の腐った教会を悲しんでいるような声だった。



[HOME] [戻る]