箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ナウラ、ゲッセマニ共同体の幻視者、
「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」に対して
聖母が与えたメッセージ


No.624  2003年9月26日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」− 新しい「ソーンブッシュ」


ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 昨夜は遅くまで、眠るのが困難でした。午前零時に近い時間でした。特にマリア様の意向のためにロザリオをささげていると、ロザリオの終わりにマリア様が、私の枕もとに御出現になられました。マリア様はとても美しく、平和であるように見えました。マリア様は白の装いで、長い濃紫色のビロードでフードのついたケープをお召しになり、御頭にスミレとバラの冠をお付けになっています。御首の周りには美しい金の十字架をつけられていて、その十字架の中心には、3つの小さなアメジストの心臓がはめ込まれています。マリア様は小さなユリを絡ませた杖を手にしておられ、白いフードの付いたケープを御手にまとわせています。マリア様はこの美しいケープを私に被せて、私の手を持たれ、恐れないようにとおっしゃいました。私がマリア様の御手をしっかりとつかむと、私たち2人の姿が見えなくなりました。私たちは下に落ちていくような感じでした。暗い上にとても熱くて、心臓に苦痛を感じます。私はさらに強くマリア様の手を握り、放しません。マリア様のケープの中に隠れ、目を閉じていました。するとマリア様の御心から、大きな愛が発するのを感じることができました。マリア様が私の耳にささやかれます。


聖母:
 私の甘美なる娘よ、目をお開けなさい。私たちは煉獄にいます!


ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 私の周りはすべて、何千という多くの霊魂です。王族のように美しいローブを身にまとい、永遠の報いを受けるのを待っています。その側には、彼らの守護の天使たちが見えます。すべての霊魂が上を見上げていて、私も上を見ています。天国の光が彼らを照らしています。すべての霊魂が神のいと無限なる愛を見て、それを感じることができます。しかし、まっすぐ天国に入る恵みを受けるに値しなかったために、ほんの少しだけしか離れていないけれども、未だ天国の御父とともにいるのを許されていません。このことが彼らの苦悩です。マリア様がおっしゃることには、ここが煉獄の第1段階です。

 マリア様と私は、下り続けます。各段階の境界は定まっており、目に見えない落とし戸が各段階を分けています。第2と第3の段階では、霊魂の苦しみが精神的、情緒的に大きくなっているのを感じることができます。彼らの守護の天使たちは、なお彼らの側にいました。煉獄の全体が止まり、マリア様が現存されているとき霊魂の心が喜びで満たされることに、私は気付きました。そのことは、霊魂が耐えている苦しみと苦痛が身体的、精神的、情緒的という違いはあるとしても、一時的に和らげられることです。

 第3の段階で、ある霊魂が私に近づいて来ました。非常に打ち解けたような感じです。彼がマリア様の前に跪くと、それは私の親友のお父さんでした。ずいぶん前に亡くなったのですが、私は長い間、彼の霊魂が解放されるように祈っていたので、いまだに彼が煉獄にいるのを見て驚きました。彼は自分の妻と子供たちの償いを引き続きするために、この煉獄にいることを選んだのだと、マリア様が教えてくださいました。私は心が痛み、泣き始めてしまいました。マリア様のご説明によると、多くの霊魂が、他の霊魂に対する憐れみと愛から、煉獄にとどまり苦しむことを選び、それゆえに、より大きな神の光栄を受けるのです。

 マリア様の涙の一滴がこの霊魂の上に落ちると、私は彼が昇り始めるのを見ました。彼が私を見下ろすと、その顔は愛にあふれ、天使に連れられて昇るとき、彼の霊魂は美しい光に包まれています。私が感謝すると、マリア様は微笑まれます。

 下に降りるに従って温度が上がり、苦痛が大きくなり、遠くからは、責め苦にあう霊魂の叫び声が聞こえてきます。涙が私の顔を流れ落ちます。マリア様も御涙を流されます。愛する子らが苦しむのを御覧になって非常に苦悩されているからであり、すぐにここを離れなければならないことを御存知だからです。

 私たちは第7段階あたりの所で止りました。多くの守護の天使が、それぞれの霊魂の傍にいます。依然としてそれを見ることができます。さらに暗くなり始めたことに気づくと、暑さは既に耐え切れないものとなっていました。煉獄の下の段階にいる霊魂たちの叫びは非常に大きく、耐えられないほどです。私は耳をふさぎ、激しく泣き続けていました。私にとって、ここが入るのを許された限度だと、マリア様がおっしゃいます。しかし、マリア様は、さらに煉獄の下の部分を私に見せようとなさっています。穴が開きました。私が下を覗くと、それは恐ろしいものです。数多くの悪魔と形の損なわれた醜い生き物が、穴の開口部の付近まで這い上がってきましたが、マリア様の現存に気づくとたちまち恐怖で身を隠し、マリア様を見上げることができません。

 私が知ったのは、第7段階より下では、それぞれの霊魂の隣に立っている守護の天使たちが霊魂を慰め助けることを許されていない、ということです。それはまるで、守護の天使たちの手が縛られているかのようです。天使たちは目に涙を浮かべています。下るにつれて苦しみは、より身体的なものとなります。霊魂たちはすべて、自らが犯し、永遠の御父の聖心を傷つけた罪を、十分に認識しています。マリア様のご説明によると、あらゆる霊魂が、この地上で償いをしなかった罪のすべてについて、責任を負わなければなりません。霊魂を見ると、その苦悩と強い苦痛が感じられます。彼らの耐え忍んでいる孤独と諦めを感じます。霊魂たちは、この苦しみを受け入れています。天の御父を苦しめ、その聖心に苦痛を与えたことが分かっているからです。そしてまた、未だ自分たちが神の国に入るに値しないことも分かっています。

 下るにつれて、さらに私が知ったのは、霊魂の身につけている衣服が、犯した罪の程度によって決められているということです。第1の段階では、各々の霊魂は天国に入るのに合った衣服を与えられています。しかし段階が下がると、その衣服は美しさ、色、心地良さの点で質が下がっています。煉獄の下層では、多くの霊魂がジャガイモの大袋のようなものを身に付けているのを見ました。さらに下ると、霊魂はほとんど何も着ていないのです。

 そのときマリア様が、私の額に接吻なさりました。すると聖ミカエルが私の横に現れ、その翼で私を包みます。マリア様が昇られ始めました。多くの霊魂がともに昇っていくのが見えます。彼らが心の中で感じている安堵は、言葉では言い表せません。天の報いを与えられている者もいます。それを目の当たりに見るのは、とても素晴らしいことです。守護の天使たちが霊魂をより上の段階に運ぶにつれて、美しい光がすべての霊魂の周りを包みます。あなたたちの心は、相変わらず期待して待っている霊魂たちが永遠の幸福に至るように、希望しています。霊魂がより高い段階に上がるのを見るのは、なお苦しむ霊魂たちにも希望を与えます。そのことは、霊魂の解放を見なければならない悪魔と邪悪な生命にとっては、拷問となります。彼らに隠れる場所はありません。このことは彼らの責め苦であり、逃れることはできないのです。

 マリア様の御姿が見えなくなるとすぐに、再び悪魔が霊魂を拷問にかけています。それは非常に恐ろしく、心は苦痛で満たされ、私は聖ミカエルにしがみつきます。少数の悪魔が開口部のあたりをうろつき、私が誰であるかを確かめたいようです。けれども私を見ると、恐れから隠れてしまいました。私の涙は落ち続け、霊魂に触れて、ほんの数秒間であるにしても、彼らの苦悩を和らげています。守護の天使は煉獄の下層では見ることができません。聖ミカエルの説明では、守護の天使は、第7の段階を越えて霊魂のもとへ行くことは許されていないのです。

 叫び声が大きくなりました。それは叫びを越えて、むしろ耳をつんざくような唸りです。さらに煉獄の深部を覗き込むと、焼け付く熱さの火炎を除けば、そこは完全なる闇の中です。煉獄の下層では、身体的な苦痛が最大限に達し、苦しみが始まれば終わりがないのです。それに対して上の段階では、苦しみは度々訪れるとしても、下ほど強くなく、永続的でもありません。

 流砂に吸い込まれていく霊魂たちが見えます。もう呼吸ができないという所まで、体全体が埋まっています。悪魔が彼らを引きずり出しています。息がつけたかと思うとすぐに、また流砂の中に投げ込まれました。恐ろしいことです。多くの霊魂たちは水ぶくれ、せつで覆われていて、皮膚がはがれ落ちています。彼らは酸の川に浸けられていて、その川は沸騰しているのです。水面には蒸気が見えます。霊魂たちは苦痛で、叫びを上げています。

 火山が噴火し、溶岩が噴出しているのが見えます。その溶岩は速い動きで流れています。多くの霊魂たちが、急いで隠れる場所を探しています。まるで熱い溶岩が、彼らを追いかけているかのようです。けれども、避難所を見つられる所はありません。

 煉獄は非常に高温なのですが、ある段階では、温度が氷点下にまで下がることもあります。ほとんど何も着ていない多くの霊魂は、その極端な温度という拷問に苦しんでいます。彼らの皮膚は熱で水ぶくれができ、赤むけして、膿が滲み出ています。しかし同時に、手足は凍傷で侵されているのです。

 醜い悪魔と動物のような多くの生き物が一つとなって、霊魂を追いかけ、苦しめ、霊魂が隠れてしまうのを許しません。霊魂たちは走り、疲れ果てていますが、動きを止めれば捕まり、ずたずたに引き裂かれるのではないかと怯えています。

 多くの霊魂が山地を登っているのが見えます。しかし蛇や蜘蛛、ワニが合わせて一つになったような動物のいる穴に落ちてしまいました。その動物は狂暴で、餌食を歯で噛み砕くために、折り重なって上に登ろうとしています。これは際限なく、霊魂は登っては落ち、また登って落ちることの繰り返しです。

 煉獄のまさに奥底では、棘だらけの太いつたで、多くの霊魂が縛られているのが見えます。そのつたの一部は歯の付いた植物であり、霊魂を噛んでいます。霊魂たちは恐ろしい苦痛を感じています。苦しみを増すために、霊魂には目隠しがされていました。そして悪魔は、これらの霊魂に向かって蜘蛛、虫など、ありとあらゆるもので一杯になった手桶を投げ、霊魂の苦痛と苦しみを大きくしています。

 多くの霊魂が鎖でつながれ、炎に包まれているのが見えます。そして悪魔が彼らを取り囲み、攻撃しています。

 赤ちゃんを堕胎した婦人らが見えます。その耐え忍んでいる苦しみは、すさまじいものです。彼女らが経験している苦痛は、陣痛なのです。しかし苦痛は激しく、継続しています。それが和らぐのを感じることはありません。この責め苦により叫び声を上げ、嘔吐しています。

 煉獄の下部における臭気は、言葉で言い表すことができません。吐き気を催す、ひどい臭いです。硫黄、腐敗した卵、吐瀉物、汚れたおしめ、腐った残飯の臭いがします。それは耐えられないもので、吐き気を催し、胸が悪くなります。

 私が最も驚いたのは、子供たちが煉獄で、しかも低い段階で苦しんでいるのを見たことです。私の心はすでに苦しみを感じていましたが、これは非常に大きなことでした。涙が顔を流れ落ち、今はもう見ることができません。聖ミカエルの翼に顔を隠しました。

 聖ミカエルが、ここを離れる時間であると言います。そして私たちは昇り始めました。涙が止まりません。すると、多くの子供たちの霊魂が私たちと一緒に昇るのが見えます。彼らの顔は愛にあふれ、その目は幸福で輝いています。私の悲しみの涙が、喜びの涙に変わります。聖ミカエルと私は、多くの小さな者たちが天の王国に入るのを見ていました。永遠の御父は王座に着かれ、御腕を差し出されています。小さな者たちは御父のもとに駆けより、とてもきつく抱き付いています。

 そのとき、聖ミカエルと私が消えました。私は「リトル・ペブル」のベッドの側で跪き、祈っていました。依然として涙で一杯になりながら。私は非常に疲れ、心は痛んでいました。マリア様はすでに跪かれ、リトル・ペブルの横で祈っていらっしゃいます。マリア様は私の涙を拭い去り、抱擁してくださいました。そしてリトル・ペブルの心に接吻してから、私の手をとり、私を家まで送ってくださいました。


聖母:
 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」、私の小さき「エンジェル・オブ・ティアーズ(涙の天使)」よ、あなたに挨拶します。あなたの優しく小さな心を休ませなさい! 長くて疲れる道のりだったことを知っていますから、長くは話しません。私の小さき者よ、あなたの愛と甘美なささげ物について、あなたに感謝します。私の小さき者よ、私が来たのは、私の「リトル・ロック」と、私の御心にとって貴重なすべてのわが子らの心を照らすためです。

 わが神の愛のリトル・ペブルよ、私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」に示されたことは、わが子らが煉獄に行った場合に、その多くの者の受ける苦しみをほんの一瞥しただけのものです。わが子らにその罪の結果を見せるために、これを許しました。わが子らの多くが、煉獄に行くのならばそれで十分だと思っているのです。この地上で犯した罪の償いをするために自分たちが耐える苦しみ、その深さを真に知りさえすれば! すべての行い、考え、特に、すべきことをしなかったという罪に対して責任があるのです。煉獄の炎は過酷です。なぜなら、そこでわが子らは、神の正義に打たれるからです。

 わが子らは全て、天の王国に入るのに必要な恩寵を与えられます。けれど、その恩寵にどう応えるか、それによって自らの運命が決まるのです。この地上での罪を償い、ゆるしの秘跡にあずかるよう、すべてのわが子らに嘆願します。わが子らの唯の1人も煉獄に入らないようにと願うからです。わが御心の苦痛と苦悩は、止むことがありません。わが子らの一人ひとりのために流す私の涙は、わが子らが最終の目的地に着くまで止むことはないでしょう。私は全てのわが子らにお願いします。霊魂の状態を反省し、償い、兄弟姉妹に対する態度を改めなさい。お互いや神の愛を当然のことと考えてはいけません。そして特に、祈ってくれる人が誰もいない霊魂のために祈りなさい。

 わが忠実な「選ばれた者」としての役割を果たすために呼ばれた子ら、すなわち、あなたたちや私の小さき「岩」を裏切り、真実である神の愛の光に背を向けたクイーン、使徒、弟子、恵まれた霊魂は、自分たちが考えている以上にその責任を問われるでしょう。彼らは煉獄の最も深い所、第13の段階で苦しむことになるのです。神の正義からは逃れられません。彼らは大いに祝福されましたが、自らの心を閉ざし、その中に自尊心が入り込むのを許したのです。永遠の御父の聖心の選ばれし預言者であるあなた、わが甘美な「岩」に対してすることは、神に対してすることなのです。

 わが小さき「岩」よ、祈りなさい。あなたとこのミッションから離れた者らが再び一致し、償いの道を歩き始めるように。

 煉獄の段階は、聖なる徳の一つひとつにちなんで名づけられています。この各段階には、それらの聖なる徳を自らの生活で実践しなかった霊魂たちがいるのです。それゆえ霊魂たちは、その償いを今しなければなりません。

 第1段階: - 主への畏敬(Fear of God)
 第2段階: - 愛(Charity)
 第3段階: - 信仰(Faith)
 第4段階: - 希望(Hope)
 第5段階: - 従順(Obedience)
 第6段階: - 忍耐(Patience)
 第7段階: - 孝愛(Piety)
 第8段階: - 貞潔(Chastity)
 第9段階: - 賢明(Prudence)
 第10段階: - 剛毅(Fortitude)
 第11段階: - 節制(Temperance)
 第12段階: - 潔白(Purity)
 第13段階: - 正義(Justice)

 各々の霊魂には、償いがなされていない罪と、他人に対してしたことについて責任があります。御父の聖心に対してしたこと、たとえそれが他人に対する無慈悲な考えであっても、また、肉の罪や多くの大罪であったとしても、それにより霊魂はその百倍を代わりに受けるのです。自分自身が犯すことを選択した罪に応じて苦しむでしょう。彼らの甘美な守護の天使たちは、第7の段階を越えて霊魂のもとへと行くことはできません。この段階以下では、霊魂を清めるために悪魔が使われますが、悪魔は、霊魂が耐えられる拷問以上のことをするのは許されていません。というのは、悪魔がその限度を超えれば、地獄に投げ込まれ鎖で繋がれてしまうからです。

 私の甘美な「岩」よ、あなたは死の瞬間に起こることについて尋ねています! ある霊魂が死ぬと、彼は永遠の御父の御前に行きます。その霊魂の横には、守護の天使がいます。守護の天使は手に大きな本を持っており、この本を一組のはかりの上に置きます。そのはかりは、永遠の御父の王座の足元にあります。霊魂がこの地上での一生の間にした善い行いと悪い行いによって、そのページが分けられています。永遠なる御父は、悲しみあるいは喜びの涙をもって霊魂を眺め、3つの言葉を発せられます。「 I love you (私はあなたを愛している)」。

 永遠の御父が返事として望まれているのは、それが御自身の聖心に苦しみを与えた霊魂の場合であれば、その霊魂が愛をもって応え、後悔していると語ることなのです! 大罪を犯す生活を送り、最も重い犯罪を犯した霊魂でさえも、悔恨の涙の一滴がそこにあれば、地獄を免れます。神の愛は公正です。あらゆる霊魂が自らの罪を十分に認識しています。そして霊魂は、永遠の報いを受けるために、煉獄の深みに行き、罪を償うことを自らの意思で選択します。祈りもまた強力な武器です。霊魂が死ぬ時、家族の一員や友人が祈ってあげることも、その霊魂の運命を左右するのです。1つの愛の行為は、それが真に心からのものである限り、大きな効果があります。

 ですから、わが甘美な「岩」よ、私は、子らに希望を失わないようにと嘆願します。闘いを続け、立派な生活を送りなさい。わが子らの一人ひとりに大きなことが定められているからです。私はすべての子らを愛しています! 私の愛は永遠であり、その一人ひとりを私の汚れなき御心から祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の甘美な神の愛のリトル・ペブルよ、あなたを祝福します。あなたは私の甘美な「愛と慰めの天使」であり、あなたを私の愛で抱擁します。あなたの兄弟姉妹に対する愛は永続的な愛であり、永遠なる御父は、あなたが彼らに対してした全てのことと、霊魂が永遠の報いに達するのを助けるため、あなたが担ったことに対して感謝しておられます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」よ、あなたを祝福し、あなたの優しい心に接吻します。私の小さき者よ、この愛の行いは、あなたが考えている以上に、永遠の御父の聖心を慰めます。わが甘美なる子よ、あなたを愛しています。そして、私のすべての愛をもって、あなたを抱擁します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

承認: + 司教 マルコム L.ブロサード・ジュニア

日付: 2003年9月29日



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】