箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ナウラ、ゲッセマニ共同体の「ホワイト・ウォーリア」に
天から与えられたメッセージの抜粋

「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンス(第二のソーンブッシュ)」
に聖母によって与えられたヴィジョンとメッセージを含む


No.622  2003年9月2日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



ホワイト・ウォーリア:
 1987年5月21日、「リトル・ペブル」は聖母と婚姻を結びました。彼は聖母のために指輪をはめ、同じ指輪を御母に捧げました。その指輪は聖母がお取りになられたために見えなくなりました。リトル・ペブルは聖母に、ソーンブッシュを通して、1993年1月11日に質問しました。この結婚の意味していることと、御母がまだ彼が与えた指輪をはめておられるかどうか、と。御母は同日、お答えになられました。


聖母(ソーンブッシュを通して):
 わが愛のリトル・ペブルは、この結婚が私とのより親密な一致を彼にもたらしたのだということを知る必要があります。彼が私にくれたこの指輪は、私と彼との絆です。これは私たちの間の強い絆です。それは、私が教会の母であるがゆえにです。彼はこの結婚を通して、教会の中に結びつけられたのです。そうです、私はまだこの指輪をはめています。


ホワイト・ウォーリア:

 1993年の暮れ、私は、傷付いた注意を必要とする一体の美しい御像を手に入れました。私はそれを、御像を修理する専門家であるヨゼフのもとへ持って行きました。彼は私のために仕事を引き受けることに同意してくれました。彼はこの御像を愛し、それが独特なものでそう簡単には入手できないものであり、また素晴らしい御像であるゆえ、型を取ってもいいかどうか尋ねてきました。私は承諾しました。

 彼は、多くの注文を受ける仕事ゆえに、いつもとても忙しい身でした。私は翌々年にわたって、時々、彼に電話をしましたが、彼は他の仕事をこなすのにいつも忙しくしていました。私はさらに二、三年にわたって定期的に電話をしました。そしてついに私は、聖母のありふれた御像とは違ったあの御像を修理してほしいと、彼に伝えました。彼は幾分驚いたように思われましたが、それに同意してくれました。時は過ぎましたが、何も進展しませんでした。それで結局、私はあきらめてしまいました。

 2002年早く、私はヨゼフに、私が見たことがあるような聖ジャンヌ・ダルクの小さな御像を、持っているかどうか尋ねる手紙を書きました。またこの手紙の中で、1993年に私が手に入れたあの御像についても言及し、彼が私のために全然それを修理してくれなかったことにどんなにがっかりしたか、そして、まだ彼がその御像を持っているとはもう期待していないことなども書きました。

 彼は二週間後に返事を出してくれて、まだその御像を持っていること、そしてとても申し分けなく思っているということを伝えてきました。彼はその御像から型を取るのにたくさんのお金がかかったことや、なぜそれをそのままにしておいたかということを説明してくれました。そして、もし私がそれにどのように彩色してほしいか細かく伝えてくれるならば、三カ月以内で修理すると約束してくれました。

 私はすでに、その御像をアプリコットカラー(あんず色)で彩色することに決めていました。そして、主に尋ねてみました。以下は、主が私に与えて下さったメッセージの一部です。




2002年4月18日

主:
 私はあなたに挨拶する、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」、わが聖心の最愛なる花嫁よ! わが甘美なる子よ、あなたはわが至聖なる御母の御像に関して霊感によって導かれてきたのである。私はあなたに、この御像のタイトルが、「神の愛のリトル・ペブルの浄配なる聖母」であることを認めよう。

 わが甘美なる御母は、金色の飾り帯と共に、クリーミーホワイトのチューニックを着ており、御胸の上には大きな金色の星を頂いている。この星はわれらの、愛の「リトル・ペブル」を表している。御母の首には、腰まで垂れ下がる金色の鎖がかかっており、それに付いているガラス製のロケットの中には、神の愛の「リトル・ペブル」の顔がある。チューニックは金色の厚いバンドで縁取られており、また、その金色のバンドの上には − 周りに散りばめられたように − 金色の星々の縁が二本の列を形作っている。

 わが最愛の御母の御足の親指とすぐ隣の指との間には、小さく、優美な、アプリコットカラーのロゼット(バラの花飾り)がある。わが甘美なる御母のマントは、美しいアプリコットカラーをしており、それは裏地に対してより明るい色合いをしている。そのマントの縁に沿って、厚くて金色のバンドがしつらえてあり、その縁のバンドより上方には、より大きく、金色をした、撒き散らされた星々による二本の列がある。

 わが甘美なる御母のヴェールは、マントの裏地に合った穏やかなアプリコットカラーをしている。これはまた、厚くて金色のバンドで縁取られている。わが甘美なる御母の御頭の上には、優美な、ピュア・ホワイトのバラの花冠があり、それらのバラは、美しく、クリスタルで、輝くビーズと共に飾られている。

 あなたは心の眼でこの美しい御像を見ている、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。そして、いつの日か、そう遠くない将来に、わが神の愛の「リトル・ペブル」のために、あなたはこの美しい御像を手に入れるだろう。あなたの心にはたくさんの愛がある、わが甘美なる浄配よ。あなたが、「神の愛の『リトル・ペブル』の浄配なる聖母」のこの美しい御像に関して霊感を受けたのは、この愛のゆえにである。この御像には、たくさんの、より深い意味があるのだ、わが甘美なる子よ。いつの日か間もなく、あなたは理解するだろう。

 わが愛しい者よ、わが甘美なる御母はあなたに愛を送っておられ、すぐにもあなたにお話しになるであろうと、仰っておられる。今しばらく忍耐しなさい、甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたにわが祝福を与える、そして、あなたに与えられた霊感に注意を払ってくれたことに対して感謝する。あなたはさらに多く啓発されるであろう、わが甘美なる浄配よ。さあ、あなたを祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




2002年4月19日

聖母:
 わが甘美なる子、わが小さき「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたをわが母なる心で抱擁します。甘美なる子よ、私はあなたが前進し、わが神聖なる息子が描いたようにわが御像を整えてくれることを望んでいます。その御像の修理が遅れたのはある理由のためでした、甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。つまり、この御像のタイトルが公に使われるにふさわしい時ではなかったのです。

 わが御手から来る、あなたに与えられた霊感は正しいものです。そしてまた、わが頭上の、鳩の形をした聖霊に関してもそうです。あなたがすでに理解しているように、この三つのタイトル − 「聖霊の浄配」、「聖ヨゼフの浄配」、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」 − の間には意味があります。

 あなたはさらに多くを理解するでしょう、わが愛しい者よ。私と共に歩み、私の声に耳を傾けるための、静かな時間を探し求めなさい。そうすれば私は、来るべき時にあなたに多くの啓示を与えるでしょう。あなたを愛しています、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたを、精神と心の潔白の恵みをもって祝福しましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私は、わが神の愛の「リトル・ペブル」を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。わが甘美なる浄配なる息子よ、私たちの心は清らかな愛で結ばれています。あなたが永遠に住まうわが心の上にある星は、あなたを表しています。私はあなたを愛しています、わが心の「リトル・ペブル」よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




2002年4月21日

聖母:
 我が最愛なる浄配 − 最も清らかなる聖ヨゼフ − は、地上を旅する教会の父です。彼は教会の保護者であり、守護する者です。なぜなら彼は、神の独り子 − まことの神であり、まことの人 − であるイエズス・キリストの養父であり、保護者であったからです。わが最愛なる浄配聖ヨゼフは、わが守護者にして配偶者でした。彼は、無原罪の者であり地上の教会の母である私マリアに対して、父のような存在でした。

 わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、わが神の愛の「リトル・ペブル」は地上を旅する教会の父となるのです。彼は最も清らかな聖ヨゼフのような者となるでしょう。わが浄配としての、神の愛の「リトル・ペブル」は、私と、ある深い関係を共有するでしょう。彼の私との霊的な結合は独特なものです。教会の母である私は、わが神の愛の「リトル・ペブル」と共に、公教会に及ぶ彼の父性において、一つの結合を分かち合うでしょう。彼は教会の守護者にして、その頭となるのです。つまり、わが代理者として、預言者として、「リトル・アブラハム」として、です。彼は、母である私と共に、地上の教会の父であり、教会の花嫁である私にとっての第一の配偶者、第一の花婿であるのです。




2002年4月24日

聖母:
 おはよう、わが甘美なる子、神の小さき「ホワイト・ウォーリア」よ。あなたが受け取ってきたインスピレーションは、あなたの天の母である私からのものです。甘美なる子よ、教会の母としての私は、「レムナント」に対して特別な配慮をしています。私は、わが心のうちに、また、わがマントのもとに、彼らを保護しています。わが浄配、神の愛の「リトル・ペブル」もまた、彼らの牧者として、この「レムナント」に対して特別なる愛を抱いております。彼は、私がするように、自分の心に彼らを保っているのです。

 私は牧者であるのです、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。わが御像において、私はわが「レムナント」が、わがマントの内側に、小さく金色に輝く光の「心(複数)」として表されるよう望んでいます。わが心の、これらの金色の心(複数)は、悪と混乱の暗闇の中にあって、真理の光をもって道を照らすでしょう。私はどれほど、わが小さき「レムナント」を愛していることでしょう、わが甘美なる娘よ!彼らはわが日々の喜びであり、わが慰めなのです。霊魂と罪人たちの改心のために祈って下さい。彼らがまだ時のあるうちに真理に目覚めるよう、彼らのために祈って下さい。

 私はあなたに、特にあなたの愛に対して、感謝します、わが甘美なる子よ。私は、わが母なる愛で、あなたとあなたの愛する者たちを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。私はわが甘美なる牧者を祝福し、彼が捧げ続けてくれることに対して、彼に感謝します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




2002年4月25日

聖母:
 私はあなた、わが甘美なる神の「ホワイト・ウォーリア」に挨拶します。私はあなたに、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」としてのわが御像のマントの彩色のために選ばれたアプリコットカラーには意味があるということを、確認しましょう。私は新しい夜明けなのです、つまり、栄光ある勝利のうちに昇る太陽です。

 私はあなたを祝福します、わが甘美なる子、わが小さき「ホワイト・ウォーリア」よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




2002年7月1日

聖母:
 わが愛しい甘美なる子、わが汚れなき心とわが神なる息子イエズスの「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたに挨拶し、わが呼びかけに応えてくれたことに感謝します。

 わが甘美なる子よ、あなたは三角形を見ることができますね。すなわち、その頂上には、わが神なる浄配である聖霊を、左側にはわが甘美なる浄配である聖ヨゼフを、そして右側には同じくわが甘美なる浄配である「リトル・ペブル」を。聖ヨゼフはいにしえの教会を表し、わが「リトル・ペブル」は新しい教会を表しています。聖霊はいにしえの教会を導いてきました。そして今は、新しい教会を導いているのです。

 私 − これら三方の汚れなき浄配 − は、「教会の花嫁」という称号を持っています。それは教会を表している聖ヨゼフと「リトル・ペブル」の両者に対してですが、わが神なる浄配 − 聖霊 − は彼ら二人を導き、霊感を与えています。

 わが代理者、教皇ヨハネ・パウロ二世がこの世界から取り去られる時、教皇は自分と共に古い教会を持って行き、あとには新しい教会のみを、その頭 − わが教皇ペトロ二世 − である神の愛の「リトル・ペブル」と共に残していくでしょう。聖霊は最も特別なる仕方で彼のうちに留まり、教会は最も聖なる状態に高められるでしょう。

 私たちの「リトル・ペブル」 − 天使的牧者 − は、彼以前には誰も達し得なかったほどに高められ、彼の聖なる模範、柔和、謙遜を通して、多くの霊魂を偉大な聖性に導くでしょう。多くの者たちが改心し、人類の間には平和と愛が溢れるでしょう。




2003年8月9日

聖母:
 わが神なる息子がお与えになった独創的な称号は、この時代にとても意味のあるものです。それは、わが浄配、神の愛の「リトル・ペブル」が短い期間に、教皇として教会を導くことになるという、教会に対してのしるしなのです。わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、今まで挙げられたすべての称号は真実で正しいものですが、この御像のタイトルとしてあなたに明かされた称号もまたそうなのです。

 わが甘美なる「リトル・ロック」は非常に苦しんでおり、重い十字架を担い続けています。この美しい御像は教会に対してのみ意味のあるものなのではなく、わが浄配、神の愛の「リトル・ペブル」に対する、彼の苦しんでいる心への慰めとしての「愛の贈り物」でもあるのです。私は、彼の汚れなき、天の浄配として、わが愛の強さを通して、彼が十字架を担うのを助けるでしょう。加えられる茨、釘、槍の苦痛のうちにあって、そしてまた裏切りのうちにあっても、私は彼を救い、慰めるために、わが抱擁のうちに彼を導くでしょう。そうして彼は、強さのうちに成長するでしょう。

 わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、私は、この質問を私に尋ね、また、あなたに与えられたインスピレーションに従ってくれたことに対して、あなたに感謝します。私はあなたを愛しています、わが子よ。私はあなたをもまた、わが愛の小さき「ハンドメイド」として、わが抱擁のうちに導きます。私はあなたを、甘美なる「ホワイト・ウォーリア」を、祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが汚れなき心の上にある「スター・オブ・ライト(光の星)」のうちに住まうわが最愛なる浄配「ホワイト・ロック」に話します。待望する甘美なる勝利のために、私たちの道を進みましょう。私はあなたを勝利に次ぐ勝利に導き伴い、これらの時にあってあなたを慰めるでしょう。

 私はあなたをとても深く愛しています、わが最愛なる者よ。私の涙は、あなたが悲しみのうちにある時に、あなたの涙と混ざり合うのです。すぐにもあなたの苦しみは、喜びと幸福に取って代わられるでしょう。そして私もまた、あなたとそれを分かち合うためにそこにいるでしょう。今、あなたを祝福します、わが「スパークリング・スター」、教会の光よ。父と子と聖霊との御名によって。アーメン。




2003年8月28日
ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンス(第二のソーンブッシュ)に、
聖母によって与えられたメッセージとヴィジョン

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 早朝、聖母は私のベッドの傍らにお現れになりました。御母は、「聖霊の浄配」、「聖ヨゼフの浄配」、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」の称号のもとに来られました。御母はとても美しく見え、その微笑みは非常に穏やかで愛らしいものでした。私は御母の頬を涙が伝わるのを見ましたが、それは悲しみの涙ではなく、愛と喜びの涙でした。御母の御頭の周りに頂いている星々は明るく輝いており、白バラの冠の周りに輝くそれらは美しい虹色をしていることに私は気付きました。

 御母の御頭の上を舞う聖霊から白い光線が放射され、御母はこの美しい光の中に浸されました。御母のマントの黄金の御心の内側に、私は彼女の信仰ある「選ばれしもの」の顔(複数)を見ました。その幾つかの心は、他の心が消えていく中で明るい光を出していました。

 御母は、優美で白い百合を抱えており、この百合から二本の美しいアプリコット・ローズを引き抜かれました。御母はまた、聖霊から取られた一枚の羽と、小さな白い岩を抱えていました。私はまた、御母の御頭の一つの星が他のどんな星たちよりもさらに明るくきらめいているのに気付きました。


聖母:
 私はあなたに挨拶します、わが小さき「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンス」、わが神秘的御心の愛すべき娘よ。私はあなた、わが小さき者のところへ、愛の言葉を持ってきました。なぜなら、私の心は大いに喜んでおり、幸せに満ちているからです。

 わが御像を撮った奇跡の写真は、その始まりに過ぎません、わが小さき者よ、なぜなら奇跡の時はここにあるからです。ちょうど償いの日にこの奇跡が起こったのは偶然ではありません。永遠の御父は、その御手のうちにすべてを支配しておられます。それは、わが子供たちのために、彼らの心を強めるために与えられたしるしなのです。彼らはわが最愛の浄配を支持しています。彼が潔白であり、彼に託されたミッションが真実に永遠の御父からのものであるがゆえにです。それは、わが信じる者たちに、祈りの力を増すためのしるしでした。そしてそれは、すべての者にとって前に進み出す時が今や到来したのだということをも示しています。彼らの祈りを通して、また、この裁判の間、わが浄配「リトル・ペブル」のために捧げられたノヴェナを通して、すべてが聴かれ、そして私はわが心のうち深くに、彼らのすべての祈りを置きました。

 わが浄配の勝利が宣言されるのはまだです。それは、勝利への足がかりがひとつ欠けているにすぎません。ですけれども、多くの人が、彼の勝利がすでに始まったのを悟っていません。ドアは開かれています。さらに多くの小さな奇跡が、わが浄配の心とわが信仰ある者たちの心を慰めるため、閉じてしまった多くの心を開くため、そして永遠の御父に栄光を帰すために、目撃されるでしょう。「リトル・ペブル」はわが心の浄配です。彼はとこしえにわが心のうちに抱擁されており、私はわが浄配のために執り成し続けるでしょう。私は決して彼を見捨てません。「聖霊の浄配」、「聖ヨゼフの浄配」、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」という称号のもとに私に栄光を帰する者は皆、多くの恵みを与えられるでしょう。私はわが愛で彼らの心を満たすでしょう。

 わが甘美なる娘よ、さらに多くの小さなしるしがこの美しい御像を通して目撃されるでしょう。すべてはわが浄配の勝利の糸口となり、そして、わが浄配の勝利が宣言された後でさえ、奇跡は止むことはないでしょう。永遠の御父は、ご自分の選ばれた息子にして預言者を支え続けられるでしょう。わが御像は喜びの涙を流すでしょう。わが御頭に頂く白バラの冠はかぐわしい芳香を放つでしょう。多くのしるしがわがマントを通して現れるでしょう。そして、この御像を通して私は、わが小さき子供たちの心に触れ、彼らをわがマントで包み、彼らの「救いの港」にして「避難所」となるでしょう。

 三つの奇跡が起こるでしょう。一つは、聖霊の御力によるものです。もう一つは、聖ヨゼフの執り成しによるものです。そして、残り一つは、わが愛の小さき「ロック(岩)」を通して起こります。わが子供たちはもはや、わが浄配なる、わが愛の「リトル・ペブル」と、彼が支えている真理を、否定することはできないでしょう。

 わが小さき者よ、これは、天がまだわが「リトル・ロック」とわが心の信仰ある子供たちのために備えていることがある、ということをかいまみたに過ぎません。私は彼らに、強くあり希望を持ち続けるよう願います。このミッションを離れ去った多くの者たちが戻って来るでしょう。聖地は再びわが信仰ある者たちで溢れ、修道会は前進するでしょう。果たされるべきことが非常にたくさんあります。私はわが子供たちに、ランタンを明るく燃やし続けるように、そして私たちの心にすべてを捧げるよう願います、なぜなら私は、わが子供たちの一人でさえも置き去りにしていくことを望まないからです。

 私はわが最愛の子供たちすべてに特別な祝福を送ります。それは希望、愛、忍耐の祝福であり、私は彼らをとても愛しているのです。父と、子と、聖霊との御名によって。アーメン。

 私はまた、わが愛の「リトル・ペブル」、わが心の浄配をも祝福します。それは、溢れるほどの平和が彼の心に満ちるための祝福です、なぜなら彼の勝利は間近に迫っているからです。父と、子と、聖霊との御名によって。
アーメン。

 ありがとう、わが小さき「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンス」よ、あなたの愛と祈りに感謝します。私は、わが心からの祝福をもって、あなたを祝福致します。父と、子と、聖霊との御名によって。アーメン。


ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 聖母は私の額にキスをされ、そして、それから見えなくなられました。

 御母が見えなくなられる前に、御母の御頭の上にある輝かしく瞬く星は、彼女の尊き息子、御母の御心の使徒である「リトル・ヨハネ」、すなわちブロウサード司教様を表していることを、話されました。御母が持っておられた百合は私への贈り物でした。二つのアプリコット・ローズは、彼女の浄配である愛の「リトル・ペブル」と、彼女の御心の代理者である教皇ヨハネ・パウロ二世のためでした。聖霊からの白い羽は、御母の娘「ローズ・リリイ」のためであり、白い岩は、同じく御母の娘である「ホワイト・ウォーリア」のためでした。


2003年9月2日
マルコム・L・ブロウサード司教,Jr.認可




ホワイト・ウォーリア:2003年7月27日


 償いの日に、シスター・マリー・ローズはチャペルの中を歩いていましたが、聖母の後光の星がすべて光り輝いているのを見ました。彼女はその星には電球が付いているのだと思いました、というのは、それらの星が光で眩しかったからです。「リトル・ペブル」の顔のペンダントもまた眩しく輝いていました。シスター・マリー・ローズは写真を撮っていた巡礼者の一人のもとへ行き、聖母の御像の写真を自分に撮らせてくれるよう、言い出しました。これがその結果です(訳注:写真参照)。後光の星々には電球などは付いてなく、パール色とガラス石で出来ています。

奇跡の写真;
http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/miraculous_photo.html



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】