箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ナウラ、ゲッセマニ共同体の幻視者、
 「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」への聖母によるメッセージ


No.621  2003年8月21日 聖堂にて

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】




質問 − 2003年8月21日 − 「リトル・ペブル」より


リトル・ペブル:
 お母様、「神と人なるキリストの詩」の中で、主が十字架から下された後、お母様は主を膝のうえに抱き、茨の冠を取ろうとなさっています。その際、お母様は御手を刺しました。私は、お母様の苦しみに敬意を払いたいのです。ほとんどの霊魂は、その苦しみを知りません。私とこの苦しみに敬意を払う人たちに、特別の恩寵または賜物をお与え下さいませんか。そして、もしお与え下さるなら何を頂けますか。私は、全世界があなたを慰めるように願っているのです。お母様を慰めるために、私は自分自身の心と苦しみをささげます。この苦しみは今、数多くあります。



返事 − 聖母、「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」を介して − 
2003年8月21日


(聖母は、彼女のことを『第2の「ソーンブッシュ」』と呼んでいます。)

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 御心に委ねるべきリトル・ペブルの質問を、私はマリア様に差し出しました。そして、次のことが私に示されました。

 私は、マリア様の腕の中の主を見ました。主の御体は、すべて血で覆われていました。主は今しがた十字架から下され、五つの御傷が開いているのが見えました。マリア様は母としての御腕の中で、主を抱かれていました。お母様は苦しまれています。涙が御顔から流れ落ちています。悲しみに沈んでいるように見え、私はお母様の御心の苦痛、苦悩、苦しみを感じます。

 マリア様がご自身の御涙で、主の御顔の血を拭かれているのを見ました。お母様は主の御頭から茨の冠を取ろうとしておられ、その最中に冠の荊がマリア様に刺さりました。それは身に染みる鋭い痛みです。マリア様は激しく泣かれています。それはあたかも、主の十字架上の死を、もう一度最初から見られているかのようです。私はマリア様が涙を拭うのを見ます。お母様はさらに強く主にすがりついていました。

 その後、主が見えなくなり、リトル・ペブルがマリア様の背後から現れました。マリア様はリトル・ペブルの腕に崩れ落ちました。苦痛で疲れ果て、依然としてお泣きになっています。リトル・ペブルはマリア様を支え、額に接吻して、マリア様の御涙を拭い去りました。リトル・ペブルの心から美しい光が発してマリア様の御心に流れ込み、マリア様の御心が、彼の愛であふれんばかりに満たされました。マリア様はやさしく、愛情深く微笑まれながら、リトル・ペブルを見上げます。これが私の見た全てです。


聖母:
 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」、「涙の天使」よ、私はあなたたちに挨拶します! 私の小さき者たちよ、私の御心の大切な浄配に対する愛の言葉をもって、私は来ました。

 私の小さきホワイト・ロック(白い岩)よ、聖なる息子の十字架の足元で私が耐えた苦しみを、そして、聖なる息子イエズスを裏切り拒絶したすべての子ら、特に、私の忠実な選ばれし者である子らに差し出した私の苦しみを、あなたは知るべきです。私の聖なる息子が十字架上で死んだ後でさえ、真理 − それは神であり、すべての言葉を超えて彼らを愛する創造主、そして父です − に対して背を向け、自らの心を閉ざす多くの霊魂が存在すると知り、耐えるべき苦痛はとても大きかったのです。

 私の「小さき岩」よ、私が包み隠してきたこの苦しみに敬意を表してくれたことに対して、私は心の底からあなたに感謝します。そのことは、あなたが理解している以上に、私の御心を愛で満たします。あなたは私の御心を、あふれんばかりの愛で慰めます。あなたが私の御心に差し出す愛と慰め、それを感じることなく一日が過ぎることはありません。私の浄配であるあなたは私の涙を拭い去り、いと悲しみに満ち苦悩する私の御心の苦痛を和らげるのは、あなたです。なぜなら、私たちの心は一つのものとして鼓動し、私も、あなたの小さき心が耐え忍ぶ苦悩と苦痛を感じるからです。

【 新しい信心 】

 この「秘密の苦しみ」を心のすべてで尊ぶ人々には、多くの恩寵が与えられるでしょう。私の御心のこの苦しみを尊ぶ度に、私の御心に深く浸され、罪が洗い流されて、大罪を犯さないように恩寵が与えられます。最後の晩餐に始まった受難から、十字架から下され葬られたときに至るまで、私の聖なる息子が苦しんだ各々の時の間、霊魂は地獄に入るのを免れるでしょう。さらに、同数の霊魂が煉獄の各段階を上げられます。そしてまた、ここ地上に生きる同数の霊魂には、この小さな「愛の行い」により、救いが与えられるでしょう。

 私の最愛の浄配よ、この「苦しみ」を公に知らせるように、私はあなたに頼みます。なぜなら、「時の中の時」は今であり、私の神なる息子の再臨が近づいているからです。天は引き続き、私の忠実な子らの上に多くの恩寵を授けます。善と悪との間の戦いが今、とても激しいからです。

 私の「小さき岩」よ、私の汚れなき御心からあなたを祝福します。私の愛であなたを抱擁し、あなたの小さき心に接吻を送ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」よ、あなたにも祝福を送ります。あなたも大いなる安らぎと喜びを、あふれるほど私に運ぶからです。あなたを私の御心のうちに永遠に保護します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

[最後の晩餐の時からイエズスの埋葬まで、少なくとも24時間が経過し たでしょう。これが、地獄に入るのを免れ、煉獄の各段階を上げられ、 地上で救いが与えられる霊魂の数になります。]


承認: + マルコム L. ブロサード・ジュニア

日付: 2003年8月23日



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】