箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

償いの日に聖堂でリトル・ペブルとローズ・リリーに
マリア様から与えられたメッセージ
他の幻視者たちにも、永遠の御父によって与えられたメッセージ

No.618  2002年12月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



リトル・ペブル:
 ロザリオの初めから長時間、中空に白い十字架がずっとかかっていました。その十字架の左側には聖バラキエルがいて、私に私の印を与えてくれました。その十字架の上には月があり、私は月がまるで嘆き悲しんでいるように感じます。なぜなら月が血のように赤いからです。半旗になってなびくオーストラリアの国旗が掲げられた一本の旗ざおが、その十字架からずっと左側の離れたところにあります。群青色の暗いひとつの陰が空にあり、そして聖ミカエルが、切っ先を上に向けて剣を両手に持ち、空の1/4を占めて、その十字架の右側にいます。2千年前のギリシャかローマスタイルの兜を彼はかぶっていて、彼の鎧は金色で、彼の皮ひものサンダルも同様に金色です。聖ミカエルは打ちかかろうと身構えています。

 サーベル、またはアラビアのスタイルの刃が湾曲した剣が、何千も無数にぎっちりと切っ先を外側に向け、2列に並べられているために道を形づくって、その十字架から聖櫃までのびてきています。たいへんしばしば見るように、ドアのように今その十字架は開き、開口部からは火がついている霧が流れてきてサーベルの上を動いていきます。ビロードのような光の筋です。

 キリスト信者の助けの聖母の装いで、今、十字架から聖母がご出現になります。聖ミカエルとたいへんよく似た装いのたくさんの天使の兵士、または戦士が聖母のうしろにいます。彼らは一人一人、十字架がついた剣を持っています。彼らもまた、切っ先を上に向け、彼らの剣を両手で持っています。その天使たちの多くを従え、聖櫃に向かい素早く聖母がすべっていらっしゃり、今、聖堂の中に入ってこられます。今回は赤ちゃんのイエズスを聖母は連れていらっしゃいません。オーストラリアの国旗に似ていると私にわかる長いケープを聖母は肩のまわりからたらしておられます。

 聖歌隊の中でやるようにグループ別になって半円型に聖母のまわりに天使たちは集まります。聖母は笏を持っていませんが、右手に聖なるロザリオを持っておられます。まるで一人一人の霊魂に個々に挨拶し、それを個人的に語っておられるかのように聖母のまなざしが私たちの上を注意深く移動するので、彼女は少し悲しそうに見えます。アメジストのように見える紫色の石のロザリオの十字架像を、今、聖母は手にとって主のご像にキスします。


聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。私はあなたに挨拶します。私の最愛の息子、私の「神の愛のリトル・ペブル」よ。私は挨拶します、私たちが「リトル・ヨハネ」と呼ぶことにした私の司祭なる息子よ。私は挨拶します。神の領地、レムナント・チャーチであるここにいる恵まれた私の全ての子らよ、そして世界中の全ての神の子らよ!

 世界中でたくさんのことがあなたたちに、私の前回の訪問以来おこってきています。聖書と世界中の出現地で語られた艱難が今や私たちの子らのまさに心を巻き込みつつあります。しかし、私の甘美な子らよ、これはこの世の大艱難のただ始まりでしかありません。来たる数週間と数ヶ月、来年、たくさんのことが起ころうとしています。

 人間が恵みに対して自分の心を閉ざしてしまい、そして第一に自分の霊魂の、そして次に人類自身の破壊への道を選んでしまったために、永遠の御父が人類に対して非常に怒っておられるということを全ての男性、女性、子供たちが認識するでしょう。私の愛する息子よ、あなたが告げられたことは本当です。私の神なる息子イエズスの祝日に − シドニーの市内で − オーストラリアの人々への大規模な攻撃によってこの国の安全保障を解体することをそのテロリストたちは望んでいます。これは三位一体の神への、また世の救い主を信じる人々への侮辱です。

 オーストラリアの政府と人々は警告されなければなりません。そしてこの時期に彼らの上にたれこめているその脅威を軽く受け止めてはなりません。オーストラリアとこの世界の安全保障は重大な危機に瀕しています。なぜなら人類が祈りに立ち戻り、三位一体の神を傷つける数多くの罪の償いに立ち戻らないかぎり、人類にとってこの来たる年とその翌年は破滅的でしょうから。選ばれた者からもこれらの多くの罪は犯されました。彼らは罪の結果を理解する恵みを受けているので、彼らはサタンから、肉とこの世から与えられる誘惑を投げ捨てるべきだった人々です。それにもかかわらず彼らは、ただ彼らの霊魂と彼らが愛している人々の霊魂とを破壊することのみを望んでいる邪悪なものの影響と力に誘惑されながら、めくらになったまま先へ進んでゆきます。いまだに私の神なる息子を住まわせている聖櫃、その多くが取り除かれていきつつあることで、私の神なる息子がその内側から取り除かれるでしょうから聖にして母なる教会は廃墟となるでしょう。私たちの教皇ヨハネ・パウロ2世は取り除かれ、すべての私たちの子らは喪に服することでしょう、というのは彼らは偉大な恵みの時は終わりになり、国々には神の大いなる怒りが感じられるということを知るからです。

 ですから祈りなさい、私の甘美な子らよ。なぜならいったん牧者が打たれてしまえば、皆が散り散りになり、分裂は私の神なる息子によって聖ペトロと使徒たちを通して土台がおかれて以来の最高点に達するのですから。現教皇ヨハネ・パウロ2世と、大艱難の最中に教会を統治するであろうあなたたちの将来の教皇、私たちの「神の愛のリトル・ペブル」のもとで、私たちのレムナントの子らは一致し続け、協力し合うことを続けなければなりません。甘美な子らよ、砂時計は空になっています。清算の時は間近です。あなたたちの生活の向きをぐるっと変え、徳と真理の生活に向かいなさい。そしてあなたたちの人生を、あたかもこれがこの世での自分の最後の瞬間であるかのように生きなさい。こうするならば、あなたたちは決して誘惑におちいらないでしょう。かえって、そのかわりに神の王国のための偉大な収穫を得るでしょう。

 堅忍しなさい、警戒しつつ祈りなさい。そして聖にして母なる教会の教導権を通してあなたたちに与えられたこれらの教えの上にしっかり立っていなさい。そして自分の信仰を表わすことを恐れてはなりません。国を打ちのめしている多くの火事と干ばつを通して、ここ自分の国のオーストラリアにおいてでさえ、私の甘美な子らよ、すでにあなたたちは世界中におろされた神の罰する手を見ているのです。けれども甘美な子らよ、火事は終わっていません。ずっとひどいいくつもの火事が起こるでしょう。そしてその後、国土のいたるところを大規模に水没させる大洪水が起こるでしょう。あなたたちの家に伝染病が侵入するでしょう! これら全てはまさに私たちの子らへの、彼らが光の道を捨て、闇を求めたことへの警告です。全てが失われる前に、甘美な子らよ、今、闇から出ておいでなさい。大戦争がその実現を待っているところです。この戦争は「戦争の中の戦争」となります。私の甘美な子らよ、なぜなら、それは多くの土地に大破壊をもたらすでしょうから。ですから私の神なる息子の方に向き直って、彼のあわれみとゆるしを求めなさい。特に自分に与えられた多くの賜物を浪費してしまった高い位についている権力ある人々、中でも聖にして母なる教会内の人々はそうしなさい。

 私は今日、悲しんでいる母としてやってきました。なぜなら私の目には流血と悲しみしか見えないからです。すべてその理由は、人類が耳をかさず、彼らの誤りから学ばないからです。世界にとって時は短いです。ですからささげ、そして祈りなさい。しかし自分の道を失わないでください。この道とは希望におけるあなたたちの信仰です。なぜなら私の汚れなき御心の大勝利は近いからです。ですから私たちのレムナントの子らの大勝利も、聖にして母なる教会の中に近づいています。

 甘美な子らよ、「キリスト」をクリスマスへもう一度返しなさい。人類に救いが与えられたこの偉大な祝日に、あなたたちの心の中で私の神なる息子が君臨できるようにさせなさい。ここにいる、また世界中にいるあなたたち皆に、私とあいての祝福を私は送ります。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。


聖母:
 あなたに: 私の最愛の息子よ、聖にして母なる教会のための将来の私の小さな教皇よ。私と私の神なる息子へ心を上げなさい。あなたの大勝利は近いからです。というのは、長年にわたってずっとあなたに敵対してきた多くの人々、彼らは私の汚れなき御心におけるあなたの大勝利を目撃し、やってきて許しを願うでしょうから。次の数年間にあなたの人生に多くの事がおこるでしょう。私の愛する息子よ、そして私の神なる息子と私があなたに約束したとおり、あなたの霊魂は喜びが満ちあふれるでしょう。私たちの羊を導きなさい。そして私たちの汚れない2つのみ心の牧草地に彼らを連れておいでなさい。私はあなたを祝福します。息子よ。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

 私の甘美な使徒、「リトル・バルトロメオ」よ、私の司祭なる息子よ。今からのち、あなたは「リトル・ヨハネ」として知られることになりました。なぜなら私たちの2つのみ心からあなたはこの報いを得たからです。「2本の柱」よ、私の「リトル・ペトロ」と「リトル・ヨハネ」よ、私はあなたたちを祝福します。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。


リトル・ペブル:
 私はだまっていましょう。なぜなら、マリア様は他の人たちを見ていらっしゃるからです。


ローズ・リリー:
 朝ミサの時からずっと白い十字架が宇宙にかかっているのを私は見ています。地球へ、そしてこの共同体へと白いバラのシャワーが降るのが白い十字架の下にずっと見えています。いくつかの赤いバラと一輪の黒いバラもまたずっと私に見えています。私は今、その黒いバラを祭壇のふもと、聖櫃の前方に見ています。

 白い十字架の前にリトル・ペブルがひざまづいているのが見えます。そして一条の光線が白い十字架からリトル・ペブルに向かって射し、彼のひたいの中に入ります。ここにいる2人の霊魂に一条の光線が入っていくのも私は見ます。中心の上に聖霊がいらっしゃる一本の茶色の十字架が見えます。この十字架は「エンジェル・ローズ」の上にあり、そして今、2人の霊魂の上に2つの黒い十字架があります。

 白い十字架から光線が射した時、鳩のお姿の聖霊がいて、光とともにリトル・ペブルに入りました。その同じ光線が、聖霊の現存とともに「エンジェル・ナイト」と「ローズ・リリー」のひたいにも個別に入りました。そしてこの光は大きくなり、とうとう三本の光線すべてが合わさってひとつになりました。

 私は黙示録の時であると告げられていました。

 白い十字架が開き、そして数台の戦車が出てきてリトル・ペブルを囲み、これらの戦車は金色の光線を発しています。今、リトル・ペブルはこの金色の光線に完全に巻き込まれてしまいました。

 私はひとつの奇跡を見ています。私はリトル・ペブルが一本の杖を持っているのを見ます。それは白い杖です。あたり一帯が火なのが見えます。生きているものは何も見えません。まさに炎だけを見ます。この杖からリトル・ペブルを覆う光が出ていて、それは急に大きくなり、そして火は消えてゆきます。

 ここから私は私の国ニュージーランドを見ています。そしてノースアイランドの中心に大規模な爆発が見えます。

 今、白い十字架は完全に開ききっていて、私は天国が見えます。白い十字架の背後に天軍が見え、そしてマリア様が見えます。マリア様はクリーム色のドレスをまとっていらっしゃり、このドレスのすそにはいくつもの宝石があります。ひとつひとつの宝石はマリア様の娘の一人一人を表わしています。

 マリア様は私に話そうとなさいます。私は私の印をお願いしました。


聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。(三回)

 私はあなたに挨拶します、「ローズ・リリー」よ。私は挨拶します。ここにいるすべての私の子らよ。私の子らよ、あなたたちにとって私の「リトル・ペブル」のそばで私を、そしてあなたたちと全ての私の子らのための恩寵を受けることは、ひとつの特権です。今後は、これはまれな恩寵となるでしょう。なぜなら私の息子はより大きな試練、人類のためのより大きな責任の道に置かれることになっているのですから。

 ひとつの影があなたたちの上に落ちています。子らよ、あなたたちは黙示録の時代に生きています。あなたたちは自分自身を物質的にも霊的にも準備しなければなりません。

 私の子らに多くの変化が来ようとしています。わかっていますね、子らよ、「忠実と真理」の旗のもとに、私の選ばれた息子「リトル・ペブル」のもとに立っていなさい。私の呼びかけに応えてくれたことを、ローズ・リリー、あなたに感謝します。私はあなたたち、子らと、全ての私の子らを祝福します。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

(永遠の御父が今、「エンジェル・ローズ」に話します)


永遠の御父:
 私はお前に挨拶を送る。私の最愛の娘「私のみ心のエンジェル・ローズ」よ! 私はお前に挨拶を送る。私の息子「神の愛の岩」よ! そして私はお前たちに挨拶を送る。私の「リトル・ヨハネ」と私の前、ここに集まった全てのこれらの霊魂たちよ。

 この日私の子らよ、私は選ばれた者たちの心に、私の御旨を実現するために私が手ずから選んだこれらの者に話すためにやってきた。私が祝福し十分な豊富な恩寵にあずからせた、この世を神秘家、幻視者、恵みの霊魂として歩いている人々に、私は話すために来た。

 私の子らよ、この日お前たちに示されたヴィジョンは、お前たちの前に私が置いた道の上を歩くためのお前たちへの明瞭なしるしだ。お前たちの両手を鋤に置く、すなわち私が与え、各々に割り当てた務めに手をつける時が今なのだ。収穫は、私の子らよ、始まっている。お前たちのタラントの決済は今なのだ。お前たちの多くの多くの者が危険な道、すなわち暗愚な道、お前たちの神を引きつけない道を歩いている。そうだ。お前たちは来て、自分自身を私のものと宣言せよ。お前たちはお前たちの恩寵をまるでとるにたらぬものかのようにまわりに投げ散らかした。私の選んだ息子「神の愛のリトル・ペブル」のうしろにある狭い道を歩くのは、私の子らよ、今なのだ。

 皆にとって各々に与えられた恩寵の重要性と意味を理解するべき時は今だ。なぜならためらう者は、私が与えた全てをあっという間に失ってしまうからだ。この恩寵ははぎとられ、私の御旨を成し遂げることを快く同意し、熱望する者たちに与えられる。これは、私の子らよ、この世の幻視者たち、恵みの霊魂たちへの呼びかけである。お前たちの父、全ての預言者たちの父、世界中の全ての神秘家と幻視者たちの父、私の息子「神の愛のリトル・ペブル」のうしろに来て一致せよ。自分自身を脇に置け。お前たちの心を空にせよ。私の子らよ、聖でないもの、良くないものを全て出して、この狭い道にあなたたちを導かない全てのものを出してそれを空にせよ。私がお前たちにいてほしいところにお前たちを連れていくために、私がもう一度お前たちを満たし、私の光でお前たちを新しくできるようにお前たちを無にせよ。

 お前たちの多くが私の「岩」について、そして私の「岩」のために甘美な言葉で − 蜜がしたたる言葉で話し合う。これらの言葉は、私の子らよ、無意味だ。今、進み出よ、お前たちの父は命令する。進み出よ。お前たち自身を清めよ。告解の秘蹟でお前たち自身を清めよ。自分自身をふさわしく準備せよ、私の子らよ。なぜなら罪の意識の喪失は世界中で破滅的だからだ。

 私の娘マリア、汚れなきものは、彼女の神なる息子を、よい準備をせずに拝領しにくる選ばれた者たちのことで慰めようもないほどに泣いている。お前たちの時間としてこの地球に残されているこれらのわずかな瞬間は、お前たちが決めて選ぶためである。なぜならお前たちの神の手はすでにおちているからだ。大いなる試練が、大いなる苦しみが、大いなる迫害が来るだろう。これらを、私の子らよ、お前たちはお前たちの心と精神、肉体と霊魂に経験するだろう。これは私の御旨だ。来なさい。今、来なさい。そしてお前たちの父「神の愛の岩」の後ろに立て。来て、お前たちの神の愛の岩とともに立て。なぜなら黙示録の中に与えられている全ての実現がなしとげられるための全ての準備が今や整ったからだ。これは私の最後の呼びかけだ。お前たちの父、私に耳をかたむけよ。自分自身を清め、来なさい。私の「リトル・ヨハネ」の中に、お前たちの前にひとつの偉大なしるしが立てられている。彼は純潔、謙遜、そして尊厳の模範だ。私の子らよ。なぜなら彼は徳の道をたどっており、彼は神に忠実で従順であり、「岩」のそばに立っているからだ。進み出よ。私の子らよ。彼にお前たちを、お前たちの父の近くに連れて行き、お前たちを助けることができるようにせよ。私の最愛の「私のみ心のバラ」よ、これがお前に私が言いたかったことの全てだ。そして私はお前に、私の子よ、私の呼びかけに応えていることに感謝する。そして私は堅忍と力のための祝福をもってここにいる、そして世界中の一人一人を祝福する。起きよ、私の子らよ、起きよ! 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

(永遠の御父は今「ゴールデン・ロッド」に話す)


永遠の御父:
 私はお前に挨拶を送る、私のみ心の最愛の娘にして私の神なる息子イエズスの花嫁、私の「ゴールデン・ロッド」よ! 私はお前に挨拶を送る、私の「神の真理の岩」よ。そして私はお前に挨拶を送る、私の小さな「愛の使徒」私の「リトル・ヨハネ」よ。そして私はお前たちに挨拶を送る、ここにいる私の恵まれた子らよ、そして世界中の私の子らよ。なぜなら私の心にあることを、ここと世界中で私はお前たちに話したいからだ。

 私、お前たちの父が今日語っている。そして私の子らに彼らの信仰の欠如、彼らの徳の欠如によって降りかかることについて再び私は話す。私の子らよ、今日お前たちは分岐点に立っている。命と救いの分岐点と、死と破滅の分岐点だ。

 私の子らよ、お前たちはいくつものしるしを見なかったのか? お前たちはいくつもの天罰を感じなかったのか? 天の苦痛をお前たちは感じなかったのか? お前たちの聖なる母の両目から雨のようにお前たちの中に降り注ぐ涙と血の涙をお前たちは見なかったのか? 私の神なる息子のみ心を取り囲む茨の冠をお前たちは見なかったのか? 甘美な子らよ、なぜゆえにこれはそうなのか? 人間の人間に対する残酷さだ。人間の、彼らの神に対する愛の欠如だ。人間の勝手気ままにふるまいたいという熱望だ。お前達は犯罪と悲劇に全地球が巻き込まれているのを見ていないのか? 多くの国での反乱、ごまかし、うそ、だまし、攻撃を見てないのか? 邪悪なものの全策略を見ていないのか? 邪悪なものとは、この世界を彼だけが支配することを望み、お前たちが滅ぶのを見たいと望むもののことだ。

 私の子らよ、艱難はお前たちの上にあり、お前たちはそれを無視して楽しそうに歩きまわっている。なぜならお前たちは自分自身の楽しみと自分自身の望みだけを見ているからだ。しかし潮はお前たちに至っている。そしてすぐに、全ての男性、女性、そして子供たちは空から降ってくる恐怖に触れられるだろう。私の手は世界の罪深い者たちに下ろうとしている。多くの、多くの者が、罪のない人は罪のある人とともに苦しむだろう。なぜなら「時の中の時」は今だからだ。

 いくつもの戦争と、いくつもの戦争のうわさがあるだろう。そして各々の男性と彼の家は苦しむだろう。私の選ばれた者よ、お前たちは多くを、多くのタラントを与えられてきた。お前たちは増やしたのか? お前たちは自分のタラントを増やしたか? それともそれらを土の中に埋めたのか? お前たちの多くが怠惰なしもべだ。

 自分自身をまっすぐにし、立ち上がり、自分の心の中のかすを取り除き、そしてそれを恩寵と徳とに交換する時は今なのだ。お前たちの霊魂を清めよ。自分の霊魂を清めよ − 汚点も罪もない純粋な愛によって私の神なる息子のもとに来なさい。聖なる祭壇にふさわしくない状態で近づくな。

 お前たちの多くが完全に恩寵を無視している。お前たち恵みの霊魂の多くが完全に恩寵を無視している。そのような恩寵を浪費するな。なぜならお前たちがそれを持たぬ時がやってくるのだから。

 子らよ、お前たちに私は言う、お前たちの兄弟姉妹を愛をもって見よ。お前たちの兄弟姉妹の心の中を見て、そこに私の神なる息子の顔を見よ。そしてお前たちの兄弟姉妹にお前たちの愛を与え、尊敬せよ。お前たち、私のレムナント・チャーチの子らよ、お前たち私の選ばれた者である子らよ。お前たちは徳において最高に秀でたものであるべきだった。お前たちはより高い段階にいるべきだった。最も高い段階にいるべきだった。なぜならお前達はこんなにたくさんのものを、そして非常に多くの恩寵を与えられたのだから。

 聖徳を求めよ、甘美な子らよ! 聖徳を求めよ。そしてお前達の人生のあらゆる瞬間にそれらを実践せよ。私の娘を見よ。私の聖なる娘を見よ。彼女の謙遜と彼女の愛徳を! 謙遜を求めよ、愛徳を求めよ。そうすればお前達は他の徳もまた求めるだろう。私の聖なる娘の方を向け! 私の神なる息子、心の柔和、謙遜な彼の方を向け、そして彼に従え。なぜなら彼は「真理と命の道」だからだ。

 お前たちは今、分岐点にいる。そして世界はすぐに混乱におちいるだろう。そして来年のこの時期、通り過ぎたものがお前たちの霊魂を苦しませるだろう。私はお前たちに言う。選ばれた子らに、この世の子らに。お前たちのランプに火をつけ、準備せよ。準備しなかった怠け者で無分別な乙女たちのようであってはならない。今、自分自身を準備せよ − あらゆる点で。しかし最初にお前たちの神と和解し、お前たちの霊魂を清めよ。そしてお前たちの隣人と仲良くせよ。なぜならこれをお前たちが行なう時、お前たちは霊的生活において向上し、彼の子らが互いに、そして自分の神と仲良くするのを見たいと願っているお前たちの御父のみ心を喜ばせるからだ。

私の甘美な子らよ: 私の神なる息子の降誕の記念の時期がお前たちにやってきている。この時期にお前達の心の中に、彼と私の聖なる娘のために部屋を準備するように私はお前たちに要求する。お前たちの心を清め、彼が入り、その中に入り込めるように彼に部屋を整えよ。この聖なる時期を汚すために悪の全ての方法を邪悪なものが犯すのは今だ。何が来ようと、お前たちの愛を私の幼児である息子に集中させ、そして祈れ、甘美な子らよ。絶え間なく祈れ。なぜならお前たちが決して知らない、あるいは永遠に再び知ることのないような、そんな喜びと至福をお前たちにもたらしつつ、天が開き、聖なる時代が降ってくるその時まで、二度とこれらの時は来ないからだ。

 お前たちの手を今、鋤に置け! 自分を捨て、前進せよ。私の「岩」と共に立て! いつも彼と共に立て、なぜなら恵みのラインと救いの道を、お前たちはその場所でたどっていくからだ。

 私の子らよ、お前たちの父はお前たちを限りなく愛しており、彼は彼の子らが良い子になり、彼に聞き従うよう求めている。なぜなら彼は懲らしめたいのではなく、従順で優しい子を持ちたいからだ。

 甘美な子らよ、私はお前たちを愛している。お前たちの父を失望させるな。今、強くあり続けよ。徳において強くあり続けよ。私がお前たちに準備した道をゆけ。なぜならお前たちの父は、彼の両腕を大きく広げてお前たちを待っているからだ。そして今日、私はお前たちに私の祝福、彼の子らに対する父の祝福、私の愛の祝福を与える。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。


ブロサード神父:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】