箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け
聖母からリトル・ペブル、ライラックフラワー、
ゴールデンロッドに与えられたメッセージ

No.611  2001年9月15日
悲しみの聖母の祝日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


リトル・ペブル:
 空に白い十字架が見えます。その両脇には、非常に背の高いほっそりとした天使が一位ずつ、いつものように広げてというよりはむしろ両翼で天を指し示して立っています。一位はアルファ、もう一位はオメガのシンボルを持っています。ちょうど飾り額のようです。十字架の後ろ少し上方には聖ミカエルが、全て白い服に胸には金の懸章、そして金のベルトをしています。でもそれは兵士のような装いではありません。そのベルトの中に小さな金色の金属の銃弾に似たもの、もちろんそれは銃弾ではありませんが、それらにアラム語の記号が書かれています。私は、聖ミカエルが持っている特別な力と、それらは関係があると思います。

 聖ミカエルは両翼を大きく広げます。彼は、その先端に火の舌がある両刃の炎の剣を持っています。その剣は普通の剣のようではないので、実際のところ説明するのが困難なのです。その剣には「だれが神に似ているだろうか?」と書かれています。

 十字架がドアのように開き、白と黄の光の流れが横木の中央から射し出て、聖櫃に向かってくる光の道を創っています。十字架を通り抜けてやってくる異なる色の服をまとった天使たちが見えます。その色は国を表わしています。最初に通り抜けてきた天使はイタリアの色で、引き続いてイングランドとアイルランドの色の天使たちです。彼らはゆっくりと通り抜け、私達に向かってすべりおりてきます。

 今、四位の特別な天使に従われた、黒い服をまとった聖母が見えます。天使たちが聖母とともにすべりおりてくるにつれて、彼らはヨハネの黙示録に出てくる天使たちだということに気付きました。聖母は黒いトニカをまとい、頭から紫のマンティラをかけています。彼女の胸には7つの小さな短剣で刺し抜かれた汚れなき御心が見えます。これは悲しみの聖母として描かれるお姿です。聖母の真後ろにはアメリカ合衆国の天使が、他の特別な天使たち(世界のそれぞれの国の天使たち)が誰であるのか私に教えようとしています。まだ、天使たちは十字架を通り抜けています。− たくさんの数の天使です。マリア様は聖堂に向かってすみやかに前へやってきて、中に入り、聖櫃の上に立ちました。彼女の足元にはとても強い光の輝きがあります。聖母は祈り、地球の四つの隅を表わす四位の黙示録の偉大な天使たちもそうします。彼女は両手にロザリオを絡ませています。天使たちは現れると聖堂に近づいてきて、聖母のまわりに聖歌隊のような半円を形作り、彼女の後ろに後列になるほど高くなって並びました。

 聖母は十字架を通り抜けてきて以来、ずっと目を伏せて祈っています。彼女の頬をつたう涙が見えます。マリア様は目を開き、天にまなざしをとても高くあげます。今、ロザリオの珠が聖母の右手からとけゆき、そして聖母はあたかも嘆願するように両腕を開きます。まわりの天使たちも皆、彼女とともに祈っています。今、聖母は磔刑像を手にとります。


聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

 私はあなたに挨拶します。私の最愛の息子、終わりの時の使徒、私の「リトル・ペトロ2世」、黙示録のこれらの時の預言者よ。私は挨拶します。私の司祭なる息子「リトルバルトロメオ」よ、そして私の前に集まった、またキリスト教世界の至る所にいる全ての私の恵まれた子らよ。


世界はゆっくりと闇の中へ、そして闘争のなかへと深く突入していくでしょう。人々が目の当たりにしたこの争いは、善と悪、天国と地獄の間でのものなのです。

 地球にとって、人類にとっての悲しみの時を、今日が明らかに示すのです。なぜならば、世界はゆっくりと闇の中へ、そして闘争の中へと深く突入していくでしょうから。私の甘美な子らよ、人々が目の当たりにしたこの争いは、実際には国と国の衝突ではありません。見た目にはそのようですけれど、本当は別のことなのです。私の甘美な子らよ、善と悪、天国と地獄、キリスト教世界と非キリスト教世界、真実と虚偽との間でのものなのです。地上でのこの大きな戦いは、時の初めからずっと行なわれてきています。


あなたたちが、ここ数日見てきたことは、これから到来することのほんの一断片でしかありません。なぜなら、啓示の書のページはめくられていき、全てのことは実現しなければならないからです。というのはサタンの王国が今、この地上を支配しているからなのです。

 善良に清廉潔白な人生を送ろうと熱心に望む善意の人々の破滅を強く望んでいる邪悪な人が、地上にはたくさんいます。しかしながら、あなたたちは知ることになるでしょう。私の甘美な子らよ、あなたたちが、ここ数日見てきたことは、これから到来することのほんの一断片でしかないということを。なぜなら、啓示の書のページはめくられていき、全てのことは実現しなければならないからです。というのは、善意の人の心の中で統治している神の国を破壊しようと、サタンの王国が今、この地上を支配しているからなのです。今後数ヶ月間、そして十字架の足元で始った私の神なる息子の偉大な勝利としてのこの世への再臨の前の数年間に、多くのことが世界で変わります。それは私の子らの生活においてわかる変化です。

 長年にわたり、私の神なる息子と私は、数え切れない数の幻視者を通じて、人類が今、どの段階を生きているかを理解させて、彼らのための道を開いてあげようと話しつづけてきています。私は話してきていること全てを繰り返したりはしません。なぜなら、あなたたちの多くが、来るべき事を知っているからです。いと高き神の御旨を受け入れるも、アダムとエバに彼らが地上の神々になるのだと約束した堕天使ルシフェルのいつわりの約束を受け入れるも、人類の運命に関しては、人間の手に握られているとはいえ、この世は啓示されてきたことに従って進まねばなりません。


世界はすぐに戦争に突入するでしょう。アメリカ合衆国は自国の若者達を破滅させてしまうことになる争いに引きずり出され、そのために自由主義世界は奴隷化されるでしょう。

 人間の愚かさの度合いが、来るべき事の期日を決するでしょう。世界はすぐに戦争に突入するでしょう。アメリカ合衆国は自国の若者達を破滅させてしまうことになる争いに引きずり出され、そのために自由主義世界は奴隷化されるでしょう。反キリストの時代が、彼の独裁権の完成というかたちで、すぐにこの世界にやってきます。そして、ずっと昔に初代キリスト教徒がそうされたように、私の神なる息子イエズスに真に従う人々は迫害され、狩り出され、殺されるでしょう。多くの国々が変化します。それは単にその指導者たちが変わるだけではなく、むしろその進む方向において変わるのです。なぜならこれらの時は通常の時ではなく、私の甘美な子らよ、「時の終わり」の時だからです。聖書に書かれている聖なる御言葉を読みなさい。そうすればあなたたちは、人類に起こるべきことを真に理解するでしょう。というのは、アメリカや世界の自由市民への攻撃は、真理と自由と平和への攻撃だからです。


全ての戦争を終わらせるであろう大戦争がすぐ近くにきています。合衆国とその同盟国だけが中東の紛争に引きずり込まれるのではなく、世界の他の地域でもそうなります。それは彼らを、来るべき猛攻撃から西側陣営を護る道からそらすためなのです。

 私の甘美な子らよ、私が最初から言ってきているように、すべてはあなたたちが思っているようなものではありません。というのは、これらの人類の争いの背後には複数の大国が存在しているからです。人々の目から隠された秘密結社が犯人です。多くの霊魂に破滅をもたらそうと、彼らは反キリストとともに働いています。世界の行く末を変えるのは祈りの不寝番です。すべての戦争を終わらせるであろう大戦争がすぐ近くにきています。合衆国とその同盟国だけが中東の紛争に引きずり込まれるのではなく、世界の他の地域でもそうなります。それは彼らを、来るべき猛攻撃から西側陣営を護る道からそらすためなのです。たくさんの印が人々に与えられるでしょうが、多くはまだ示されていないのです、愛する子らよ。しかし、恐れてはいけません。ちょうど私の神なる息子イエズスが、天の門を開くために十字架にはりつけにされる必要があったのと同様 − 教会が新たにされるためには − 教会の復活と来るべき平和の統治が生み出されるために、私の子らはその同じ十字架の上に進んでいかなければなりません。祈りの生活に徹底しなさい。神の御旨に対して忠実でありなさい。そして聖なる生活を送るために力を尽くして全てを行なおうと決心していなさい。というのは、私の小さな息子が今日話したとおり「あなたたちは決して自分が召し出される時を知らない」のですから。あなたたちの兄弟姉妹たちのために祈りなさい。すべての霊魂のために祈りなさい − たとえその人々が暗黒の中にいるとしても、彼らもまた光を見、そして彼らのあやまりを理解するようにと。カルワリオの玉座にのぼり、そして間もなくパラダイスに行くキリストの代理者のために祈りなさい。地上の神の家の聖職者と修道者のために祈りなさい。彼らが私の神なる息子イエズスに、彼の真理をみたすために仕えることができるように、彼らもまたそのまどろみから目覚めるようにと。

 私はあなたたちを愛しています、私の甘美な子らよ! あなたたちの天の母として − そして今日は「悲しみの母」として、あなたたち皆を強めるために来ています。それはあなたたちが自分の十字架をひろいあげ、私のイエズス、私の神なる息子の後に従えるようにするためです。私の汚れなき悲しみに満ちた御心からあなたたちを祝福します。そしていつも平和でいなさい。− そして決して恐れてはいけません − というのは、神は全てをコントロールしているのですから。私の甘美な子らよ: 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。


リトル・ペブル:
 私は、聖母が私よりも他の「道具」を使おうと望んでいるのではないかと思うので、しばらく沈黙していようと思います。


ライラック・フラワー:
 聖母は話そうとして私に合図なさいました。聖母は私に、リトル・ペブルが世界に神の言葉を与えているその時に私に示されたものを繰り返すことを望んでいらっしゃいます。私は次のようなヴィジョンを示されました。

 私は聖母が祈っているのを見ました。聖母は黒い服を着て、紫のマンティラを被っていました。しばらくのち、聖母は立ち上がり、胸が開かれ、その御心には七つの剣がささっていました。4つの剣は左手側から、3つの剣は右手側から。聖母の御心を突き刺しているそれぞれの剣には一滴の血の滴があります。そして突然一人の霊魂が聖母の左側に立ちました。私は彼の顔を認めることができませんでしたが、彼は聖母より背が高かったです。また、彼の胸も開かれます。そして、どういう方法でなされているのか私には理解できないのですが、一つ一つの剣が七つまでこの霊魂の心臓に突き刺さっていました。またもや4つが彼の左手側、そして3つが右手側にあります。そして彼の心臓を貫くそれぞれの剣には血の一滴がありました。

 私は起こっていることに集中し、この霊魂の顔を見ました。すると、それは輝きだし、私はそれがリトル・ペブルであることを知りました。マリア様は私にこう告げるようにおっしゃいました。「今日、すべての「恵まれた霊魂」達は、聖母とリトル・ペブルのこれら2つの心の苦痛と悲しみを感じるという恩寵を与えられるでしょう。」 このことは、今日、私が言うことを許された全てです。聖母はゴールデン・ロッドを見ています。私は口をつぐみましょう。


ゴールデン・ロッド:
 私はあなたに挨拶します。私の最愛の娘、私の息子の甘美な花嫁、私のゴールデン・ロッドよ! 私は挨拶します、私の甘美な浄配、「愛のリトル・ペブル」よ! 私は挨拶します。私の司祭なる息子、「リトル・バルトロメオ」よ。そして私は挨拶します。ここ、そして世界中の全ての私の「恵まれた子ら」よ。

 私の愛する娘よ、私は黒い装いで来ました。そう、それは祝日ではありますが、私の悲しみの日でもあります。私の息子がカルワリオへの道を歩む時、私は悲しみのうちに、彼とともに歩きます。私の7つの悲しみへの信心は、多くの免償を付与されています、私の甘美な子らよ。たくさんのたくさんの恩寵が、私の悲しみにおいて私を崇敬する人々に与えられます。私はあなたたちに、これらの悲しみに満ちた日々に、私とともにいてくださいと頼んできました − そして、そうです。あなたたちは他のことを予期していましたが、それにもかかわらず、この悲しい変動が起こり、あなたたちに不意打ちを食らわせました。


アメリカでのこの恐ろしいテロ行為をとおし、おんあわれみは多くの霊魂の上にくだってきているのです。私の甘美な子らは、自分達の創造主に目を上げ、あわれみを呼び求めて来ています。

 私の甘美な子らよ: 神は慈悲深いのです。そう、私は脇によけていなければなりませんでしたが、神は慈悲深いのです。アメリカでのこの恐ろしいテロ行為をとおし、おんあわれみは多くの霊魂の上にくだってきているのです。あなたたちは合衆国の私の甘美な子らとともに目撃し、苦しんできました。あなたたちは彼らの心の苦しみを感じてきました。あなたたちは彼らとともに悲しみの道を歩んできました。− そして、そう、私の甘美な子らは、自分達の創造主に目を上げ、あわれみを呼び求めて来ています。彼らは神に安らぎと慰めを願ってきました。− そして、そうです。多くの英雄的な行為が神にささげられてきました。この邪悪な行為は多くの人々に、彼らは攻撃の及ばない、死ぬことのない、報復の及ばないものではないという認識をもたらしました。− そして多くの多くの霊魂が神によりたのんできています。

 私の甘美な子らよ: 私の苦悩は深く、私の痛手は大きいのです。私はあなたたちに慰めと友としての交わりを期待しています。私はあなたたちがこの茨の道を私とともに歩いてくれるのを期待しています。多くの多くの霊魂があの恐ろしい行為で死にました。− そして、そうです、多くの霊魂が私の両腕に抱かれています。そして私が言ってきたように、それはこれから起こることの一断片にすぎません。神の慈悲が世界に示されたのですから、今はもう自己の欲望にふけったり、自分の喜びのみを追求したり、これら闇に導くことを捨てる時期なのです。今はもう古い生き方を捨て去る時です。今はもうこの世の過ぎ去る喜びのために自分の霊魂を失うことは何の価値もないと悟る時です。一つの大罪のために自分の霊魂を失うのは何の価値もありません。


自分自身をよく準備しなさい。なぜならあなたたちが100%でないなら、そしてもしあなたたちが弱いなら − あなたたちはためらい、戦わず、何時の間にか消えているでしょうから。

 あなたたちにお願いがあります。私の甘美な子らよ。あなた達がここ数日見てきたことから学びなさい。自らを御聖体を幾度も受けることによって強くしなさい。自らを祈りによって、善徳の行為によって強くしなさい。生ぬるい霊魂ではいけません。熱い霊魂でいなさい。なぜなら時間は残り少なく、聖書は開かれ、ページはめくられていっているのですから。自分自身をよく準備しなさい。なぜならあなたたちが100%でないなら、そしてもしあなたたちが弱いなら − あなたたちはためらい、戦わず、何時の間にか消えているでしょうから。今はあなたたちに対する神の御旨に従うことにおいてしっかりともちこたえ、前に進み、100%自分自身を与えつくす時です。


あなたたちが合衆国でのこの恐ろしい行為を嘆き悲しんだように、地球全体のいたるところで犯されている恐ろしいことであなた達の頭がくらくらするまで、多くの同様なことが起こるのをあなたたちは見ることになるのです。

 私の甘美な子らよ、今、その時が来ました。あなたたちは努力を避けたり、先延ばしにすることはできません。時は今なのです。すなわち、少しもないのです! 多くの悲しみが、多くの嘆きが、泣き悲しむ多くの暗い日々があなたたちの戸口まで来ているのです。あなたたちが合衆国でのこの恐ろしい行為を嘆き悲しんだように、地球全体のいたるところで犯されている恐ろしいことであなたたちの頭がくらくらするまで、多くの同様なことが起こるのをあなた達は見ることになるのです。邪悪なものが、一本の糸で人形たちを操っています。悪魔は思うままにコントロールしていますが、それでも神は全てをコントロールするのです。そしてあなたたちの祈り、努力、あなたたちの本当の「はい」によって、悪魔はそう動けはしないでしょう。世界中の兄弟姉妹たちのために祈りなさい。私と一緒に、私の甘美な子らよ、私と一緒に祈りなさい。私の神なる息子のもとへ行きなさい。彼を訪れなさい。そして彼を慰め、彼とともに過ごしなさい。彼がいるところに私もいます。あなた達の時間を有効に使いなさい。無駄にしてはいけません。日々は瞬く間に過ぎていくのですから。私は、このかわいそうな世の中の子らのために、共にとりなし、こいねがい、祈るように励まし、お願いします。ここにいる私のいとしき子らよ、私はあなたたちに私の愛を与えましょう! あなたたちの祈りと友情に、私は感謝しています。私はいつもあなたたちとともにいます。いつも私とともにいて下さいね。あなたたちを愛しています。これがあなたたちに言いたかった全てです。私の甘美な子らよ。


リトル・ペブル:
 マリア様はあなた達が全員自分のロザリオを上にあげるようにとおっしゃいました。そして今日、聖母はそれらにたぐいまれな恩寵をもって祝福を与えてくださいます。


ブロサード神父:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。


リトル・ペブル:
 ゴールデン・ロッドがマリア様からメッセージを受けている間に、私はたちまちマリア様の足元の棺の中のソーンブッシュを見ました。




聖母からローズリリーへのメッセージ

ローズリリー:
 昼のミサで、三位一体の神が白い十字架から現れました。永遠の御父は大きな白い箱を持っていました。御父はそれを私に与え、去りました。午後三時の御出現で、白い十字架が現れ、そしてその十字架の上に三位一体の神が出現しました。私は、私のしるしを見ます。マリア様が来られ、私に待つように合図なさいました。そしてリトル・ペブルが御出現を受け始めました。マリア様が彼と話している間、私はこわれた砂時計が見え − その割れたガラスに突き通っている一本の剣が見え、聖ミカエルがその剣の背後に立っているのが見えました。私はリトル・ペブルの霊魂が見え、それから彼にリトルグレインが従っているのが見えました。(私はその砂時計の最後に落ちる砂粒が見えました。そこには顔が映っていて、リトルグレインの顔でした) マリア様は私に話しにこられました。


聖母:
 安らかでいなさい、子よ。今日、私はあなたに挨拶します。私は、私の全ての子らに挨拶します! 今日という日は記憶すべき日となりました。それは世界中で起こる多くの出来事の始まりの日 − 世界中で荒れ狂う戦争の始まりの日、そして人類ににふりかかる大きな天災の始まりの日としてです。おお! どんな悲しみがあなたたちにふりかかることでしょう。どんな悲惨があなたたちの生活、あなた達の全存在、あなたたちの生命、家庭、家族に入り込むことでしょう。あなたたちの立っている、まさに基礎そのものが揺れるでしょう。そしてあなた達が知っていると知覚している全てをこなごなにするでしょう。良い土地の上でだけ、あなたたちは確固としてとどまり、、強くあり続けるでしょう。そして、この良い土地はどこにあるのでしょう? 神のしるしを帯びたカタコンブです。(訳注:過ぎ越しの小羊の血を塗られたヘブライ人の家、転じて共同体および祈りの家) それがちょうどモーゼの時にそうだったように、というのは、あなた達はモーゼが神の御名によってこの地球を彼自身の手で打ち、大災害が人類にふりかかった時を生きているからなのですが、そのように今も神のしるしを帯びたカタコンブがそれです。しかし子らよ、今はその古えの日々よりもはるかに悪いのです。

 慈悲のあるところに光があります。− 私の言うことがわかるでしょう。あなたたちの唯一の武器は祈りです。ぐずぐずしてはいけません。私の子らよ、今はそんな時ではありません。毎日、用心深く暮らしなさい。預言されたように大警告は目前です。そして人類の上に下るこの大洪水は、あなたたち全てを善と悪の最後の戦いの最中におくことでしょう。神のためになす必要があることは、とてもたくさんあります。子らよ、あなたたち神の声が心にささやくのを聞いている者たちよ。

 私の「神の愛のリトル・ペブル」、私の戦士のなかの戦士、指導者のなかの指導者、神の軍隊の司令長官よ。あなたが最も偉大な勝利へと私の子らを導くのは、真理の剣を用いてなのです。聖なる新しい時代へと私の子らを導くために神がずっと計画してきた将来に、あなたが耐えることを可能にするために、私の息子よ、非常に多くの事があなたにとって変わろうとしています。それまであなたは休んではいけません。「忠実と真理」という旗のもと、あなたに従っていくであろう強い戦士がたくさんあなた与えられるでしょう。あなたを強めるために、多くの恩寵と祝福があなたに与えられるでしょう。

 私のリトル・ローズリリー、あなたに感謝します。あなたと私の恵まれた子供たちを私は祝福しましょう†。私は特に、私の幼いものたちを祝福します。彼らは当座のこと以外は何ひとつ心配しないで、私の尊い共同体内で本当にしあわせそうに遊んでいます。そんな罪なきものたちをお使いになるのは、神にとって何とたやすいことでしょう。このようにしていなさい、私の子らよ †。強くありなさいローズリリー、強くありなさい †。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】