箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに聖母から与えられたメッセージ
カルメル山の聖母の祝日


No.601  2000年7月16日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル:

 ロザリオの祈りの最中に、聖ミカエルがあらわれ、聖バラキエルもまた見えます。どちらもわが主の時代のローマの軍人の服装です。でも黒で、金の飾りがついています。聖ミカエルは赤い剣を持ち、聖バラキエルは白い十字架を持っています。

 私には、ゆっくり回っている地球が見えます。その上に黒い十字架があり、……2倍以上高く白い十字架があります。美しい光の波がそこから流れます。聖堂に向かって流れてきて、とても大きく広い「道」を形作ります。見たところでは、現在、地球のほうへ指している太陽の爆発に似ています。……エネルギーの大爆発……そして、とても明るい光です。白い十字架の後方には、星々が見えています。

 聖母が赤ちゃんのイエズスと共に、白い十字架から出てきます。黒い服に、聖シャーベル修道会のものに似た茶色のスカプラリオをまとっています。でも、それには白い十字架はついていません。でも、赤ちゃんのイエズスは白い服です。イエズスは、聖母の左腕に座っています。そして金のロザリオを持っています。お二人とも、そても深刻な顔つきです。多くの天使が従っていますが、天使たちも黒い服で、皆、聖堂に向かって非常に速くすべってきます。

 聖母がここに着き、ちょうど聖櫃の真上に立つと、彼女がむしろ悲しそうなのがわかります。聖母は、赤ちゃんのイエズスと共に聖堂内のいろいろな人を見つめます。聖母は赤ちゃんのイエズスにキスします。イエズスはロザリオを聖母に渡し、お二人同時に十字架の印をします。聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。


聖母:
 あなたに挨拶します、私の黙示録の白い岩よ、私の司祭なる息子よ、ここ私の前に集った、そして全世界のすべての私の甘美な子らよ。私は今日、私達の子らにお願いするために来ました。多くの犠牲を捧げながら、絶え間ない祈りに堅忍してください。それは、もうすぐ全世界にあらわされる、これらの瞬間のためです。時は打ちました。私の甘美な子らよ。いと高き方の力で、この世界の良心が照らされるときです。

 私のいとしい息子よ、あなたは欺かれてはいません。今こそ、全ての男女が、生活と、神への献身について反省する時です。信仰において強くありなさい。勇気を持ちなさい。そして決して恐れてはいけません。なぜなら、神なる我が子イエズスと、あなたの天の母である私が、あなたと、私を求める人々と、いつも一緒にいるのですから! 各瞬間を、それが最後の瞬間のように生きなさい。


リトル・ペブル:
 聖母は左上に動き、地球を指差します。大きな三つの黒い十字架が見えます。一つはスヴァ(フィジーの首都)の北東に位置し、たぶんそこから1,000海里(訳注:1,850キロ。日本の南東方向約5,000キロ)ほどです。およその見積もりですが。もう一つの十字架は、フランスのピレネー山脈の近くで、リヨンの方に向かうところにあります。三つ目の黒い十字架は、合衆国のアイオワと思われるところに位置します。

 太陽系が私に示されています。その中に、大きな一つの星雲……雲と呼ぶべきものが形成されています。大きさは地球の3〜4倍です。地球に向かって動いています。その雲が、地球の最も外側の「防護」対流圏に入り始めると、電気的な充電が起こり始め、稲妻が地球の表面を打ち、大気の中にはね戻るのです。地球を取り巻く雲の層は、非常に速く動き、大きい台風のような嵐が存在するパターンになっています。そしてこれらの乱れが、きわめて凶暴なものであることは明白です。

 地球の上に「非常にすぐ」という文字が見えます。



聖母:
 すぐに、私の息子よ、全ての人が真実をしるでしょう! 祈りつづけなさい、私の甘美な子らよ。私は、神なる我が子とともに、あなたたちを祝福し強めるために来ているのです。聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は、彼女と共にやってきた全ての天使を、私に示されている地球のヴィジョンのところまで送っています。彼らは地球を取り囲みます。でも、彼らが何をしようとしているのかも、どんな天使なのかもわかりません。世界中の多くの地域に、今、非常に多数の小さな黒い十字架が見えます。それは広大な墓地に実際似ています。聖母はただうなずきます。私は他のあるものを示されたのですが、今はそれが何かは明かしません。

 聖母と我が主は、後ろに戻り、もう一度十字をきります。聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。

 赤ちゃんのイエズスは、この世界を祝福なさいました。お二人とも、白い十字架に向かって、後ろにすべりはじめました。私達は祈りを続けましょう。




↑ 2000年7月16日の御出現の間に、リトル・ペブルが見た、「ちりの雲」を描いた太陽系。(訳注:「ちりの雲」は地球に向かい、別の破片は土星へ向かっている)
[幻視したものを、できる限り描写したものです。比率は実際と違います。リトル・ペブルが見てスケッチしたものに基づいています。]



↑ 2000年7月16日の御出現の間に、リトル・ペブルが見た、スヴァ(フィジーの首都)の北東1,000海里(訳注:1,850キロ。日本の南東方向約5,000キロ)の太平洋を、破片が直撃する幻視。

[幻視したものを、できる限り描写したものです。比率は実際と違います。リトル・ペブルが見てスケッチしたものに基づいています。]



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】