箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

教師であるイエズスのリトル・ペブルへの教え

No.600  2000年6月27日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


 昨晩、ミサ後、イエズスは全て白い装いで、私にいろいろたくさんのことについて話すために来ました。イエズスはとても優しかったです。というのは、私は霊的にとても落ち込んでいたからです。でもイエズスは、常に私を元気づける方法を心得ています。

 イエズスは、私に「未来の出来事について、また、その預言的タイミングについても、心を悩ますな」と、おっしゃいました。イエズスは私に、いつもイエズスのために単純に生き、イエズスの上にのみ目を注ぎつづけるように、なぜなら、時そのものもまた、イエズスのものであるから、とおっしゃいました。イエズスは私に、その時にその瞬間を生きるように、ただ未来は、その時が来たら、未来自身が自分で配慮する、とおっしゃいました。イエズスは、将来に備えることはすばらしいが、私達は現在を、そしてこの時の瞬間を生きなければならないのだ、とおっしゃいました。

 私達の主は、彗星に関しては、時が来ればその出来事は実現しつくされる、この破砕物は、まもなく地球を直撃するだろう、そして人々の良心を呼び覚ますだろう、とおっしゃいました。イエズスは、私の気がかりをわかっています。でも人は、神の善良さ、神の憐れみ、神の愛、神の人類への関心のゆえに、神に信頼しなければなりません。

 人生でおこるすべてのことは、直接、間接に、神のお許しのもとに、私達の善のために起こるのです。それは今日のありさまでさえもです。それは神の御旨とは違いますが、私達の最終的な善のため、神によって許されて起こっているのです。

 イエズスは、命は、彗星の出来事とその他の来るであろう天罰の後にも続く、とおっしゃいました。イエズスは、教会のことと世界のことで私に預言なさった全てのことは実現するだろう、しかし、私とイエズスのすべての子らは、一日一日と各瞬間を生きなければならない、なぜなら、この貴重な瞬間において、霊魂は救われ、霊魂は完成され、清められるのだから、とおっしゃいました。

 しかし、すべての霊魂は、神がすべてをコントロールしていて、恐れるものは何もなく、ただ単純に神に信頼する、ということを知る必要があります。イエズスは、私が多くの関係筋から、まもなく擁護されるが、そのとき多くの天罰が世に降りかかるだろう、と私におっしゃいました。

 その夜遅くイエズスは再びおいでになり、天罰に関連して、父親と彼の息子の例え話を、私にして下さいました。イエズスは、親の立場にそれを例えたかったのです。私は、昨晩はそれを書き付けませんでしたが、今朝、思い出させてくれるよう私の守護の天使に頼みました。私が起きると同時に、私の天使が現れて思い出させました。

 イエズスは、子らを愛する親の行動は、永遠の御父が地上の子らを扱うのと同じであって、ただもっと愛深く永遠の御父はなさるのだ、とおっしゃいました。イエズスは説明なさいました。例えば、あなたが息子を持っていて、その息子がいたずらをする。父親は、最初は簡単に彼に注意する。そして、何度も何度もそれが繰り返される。息子は意に介さない。それで父親は息子を棒でおどす。初めは息子は反応するが、実際は頑固なやり方を押し通し、そのやり方をもって父親を軽蔑しさえする。まるで「とうちゃんは、そんなことするもんか」と信じているかのようである。そして父親の脅しを嘲ることさえ彼はする。ついにある日、父親はうんざりした。なぜなら息子が、たとえ脅してさえも、注意を気にかけないのを知ったからだ。それで父親は棒で息子を懲らしめ、息子は注意を受け入れる。いちばん傷つけられたのは息子か? 父親か? 角棒の角は、瞬間的に痛みを与えた。しかし本当の傷は父親が受けたのだ。なぜなら、彼は息子を罰することを望んでいなかったのだから。ひとたび息子がぶたれたら、その息子は父親に対して憤り始め、悪い父親で自分をちっとも愛していないと信じさえする。しかし時がたつにつれ、息子は成長し、尊厳のある、礼儀正しい、愛すべき息子になる。息子は、父親がちっとも悪くなく、真実に愛していたのだと悟る。なぜなら悪いことをしたのは息子の方であって、父親の純粋な愛からの懲らしめを必要としたのだから、と。

 同様に、永遠の御父はどう行い、子らを扱うか、イエズスは説明されました。彼は、彼の預言者、幻視者、そしてメッセンジャーを送り、彼の子らに何度も何度も繰り返し警告します。メッセンジャーたちが軽蔑され、嘲られ、笑われるまで。そして御父は、試練、病気、疫病、伝染病、および自然災害を送る。まだ子らは、その時、それらの不幸のために、神を呪い非難します。悟るかわりに、子らは自らの上にこれを招きました。そしてついに、永遠の御父は、聞こうとしない子らを十分待った後で、大きな懲らしめを送る以外方法がなくなります。そして、これらの悲しい出来事の後で、人類は再び、神に愛と感謝のうちに立ち戻るでしょう。

 しかし神は親と同様に、憎しみではなく、愛を通して懲らしめ、そして反抗的な子らが、彼らのおろかで弱いやり方から立ち返り、彼らを真実に愛する唯一のお方に聞き従うことを熱烈に望んでいるので、人間は、神が子らを懲らしめることで、どれほど傷つけられているか学び、理解しなければなりません。

 これが、イエズスがこの世の人に、愛深い御父について学び、理解してほしいレッスンでした。なぜなら神の、人に対する愛はきわめて大きく、ひとり子イエズス、「みことば」を彼らに送られたほどだからです。

神の僕
リトル・ペブル



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】