箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

全御出現聖堂(ナウラ)で、
聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.598  2000年5月18日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】

リトル・ペブル
 聖ミカエルはロザリオの最後のあたりから、ここ聖堂の中の聖センチミンタリウスの御絵の右に立ち、その足は祭壇の基底部に触れており、頭は天井に届かんばかりです。私は聖ミカエルをこれほど間近に見るのは久しぶりです。彼は戦士として全身を鎧で固めており、片手には剣を握り、左手にはひとつの天秤を持っています。彼は祭壇の上にそれらを置きます。

 七位の小さな天使たちが祭壇の周りに跪いています − 彼らの頭は祭壇の上辺と同じ高さにあります − また、聖バラキエルもここにおり、いつものようにしるしを携えています。

 十字架は空の非常に深い所にあります、それはピンクを帯びた白色でそこから脈打つ光が発しています。その光は十字架とこことの間に、ある種の影を生じさせています。その影の上には、たくさんのバラの花びらがあり − それらは何マイルも続いています − とても美しく、様々な色をしており、くっきりとした形をしています。

 十字架の交差した部分が開き、強い光線が放たれ、それが聖櫃に対して放射されます。聖櫃の周りにはエネルギー、あるいはフォース・フィールド(力の場)が生じ、非常に輝かしい光がそこから反射されます。

 小さき天使たちはまだ跪いており、彼らは今頭を垂れます。聖ミカエルもまた、祭壇へと続く階段の一段目に、祈りのうちに跪いています。さらにたくさんの天使たちが十字架から出て来て、その翼の羽ばたきによって生じたそよ風でバラの花びらを巻き上げながら、私たちに向かってとても速く舞い降りてきます。空中に巻き上げられたバラの花びらは、まるで一つの嵐のようです。それはじつに素晴らしい。

 私たちの聖なる御母を先導している様々なタイプの天使たちがいます。聖母は小さな箱船にお乗りであり、天使たちがそれを運んでいるのです。それは若干、私が以前見たことのあるノアの箱船のように見えますが、それよりももっと小さなものです。聖母は箱船の上に浮いており、幼子イエズスを抱いているのですが、彼女の右手には小さな箱船がありません。祝されし御母の後方には、さらにたくさんの天使たちが見えます。本当に美しい眺めです。

 箱船はちょうど建物の前で停止します。聖母は今、聖堂に向かって、小さな光の雲に乗って滑るように進んで来られます。聖堂は入口のように開き、壁はまったく消えてしまいます。私たちの御母は、幼子イエズスを抱いたまま、十字架が壁に掛かっている所に、お立ちになられます。

 御母は、「箱船の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」です。御母の右手には十二のバラがあり、幼子イエズスの御手にはさらに十二のバラがあります。聖なる幼子は二歳くらいで、今日はクリーム色の美しいチューニックを召しておられます。その御頭には、とても小さな王冠を頂いており、私は彼の至聖なる聖心だけでなく、聖母の汚れなき御心をも見ることができます。その御母はファチマの冠を頂いており、それは私たちが知っている馴染みの冠です。

 御母は美しい微笑みをもって、聖ミカエルをご覧になられます。聖ミカエルは祭壇に対して頭を垂れ、それから再び頭をあげて、祈りに満ちて合わせていた両手を、御母に向かって差し伸べます。御母は彼に十二のバラを手渡されます。幼子イエズスは聖なる御母の御腕から束の間お離れになり、聖ミカエルの方へ移動して、彼の頭に接吻し、お持ちになられていた十二のバラをお与えになります。そしてまた、御母のもとへ御戻りになられます。


主と聖母
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


聖母
 私はあなたがたに挨拶致します、わが最愛の息子であるわが小さき「ホワイト・ロック」、わが司祭なる息子たち、そしてわが愛しいすべての子供たちよ。今日は聖にして母なる教会にとって、とても重要な日です。今日の私の称号は、黙示録の称号です。私が「教会の母」であり、「契約の櫃」であるゆえ、またわが汚れなき御心のうちに子供たちの救いの箱船があるゆえにです。

 私は、今や「聖霊の黄金時代」の夜明けが到来したゆえに − わが甘美なる子供たちは短い間にその意味を理解し喜ぶでしょう − あなたたちの神にして私の神、すなわち神聖なる息子イエズスを愛し仕える者たちが永遠のいのちを有し、今より短い間にパラダイスの園へ入る特権を得るだろうことを知る喜びのうちに、わが子供たちが自分の十字架を担い、互いの重荷を支え合うように励ますこと以外には、長く話すつもりはありません。

 あなたたちが今日、その誕生日を祝った、私たちの聖なる代理者のために祈りなさい。私は、わが母なる祝福を彼と、わが神聖なる息子イエズスの未来の代理者である、私たちの小さき「ホワイト・ロック」に送ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の声を聞く他の者たちがいます。これはやがて記録されるでしょう。私は、聖にして母なる公教会のために、あなたがたの祈りをわが神聖なる息子の玉座へ持っていきましょう。私はわが甘美なる子供たちすべてを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル
 御母は、二人の司祭に私たちを祝福するよう願われます。


二人の司祭
 ベネディカト ヴォス、 オムニポテンス デウス: パテル エト フィリウス エト スピリトゥス サンクトゥクス。 アメン。
(全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。)


リトル・ペブル
 幼子イエズスは聖母のもとを離れ、それぞれの霊魂を祝福し各々の心に何かを置くために、聖堂の至る所へ素早く移動されます。それは、ここにいる人たちだけでなく、私たちの主を愛するすべての人たちに対してです。私たちは今、ロザリオの残りの部分を続けることに致しましょう。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】