箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
ナウラの全出現聖堂


No.582  1999年4月2日(聖金曜日)

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


リトル・ペブル:
 白い十字架が空にあります。燃えるような鮮やかさです。空は明るい青色です。たくさんの天使が十字架を囲んでいます。十字架の右に聖ミカエルが立っています。彼は剣先を祭壇に向けています。彼は黒を着ています。十字架から来る光の光線が聖堂に向けて射し、扇のように散らばり、光の「道」を形成します。聖主がもやのようなものを抜けて、十字架を通って来られ、十字架の上におられます。天使たちはこの十字架を聖堂に向かって運んでいます。聖主の周囲に非常にたくさんの天使がいます。行列の次に聖母、そして聖主と彼の十字架像の間にいる聖人たちの何人かが見えます。皆さん黒の装いです。

 イエズスが聖堂に到着され、祭壇上の壁にある十字架像をお取りになります。生ける十字架である聖主は、その十字架上で生きておられます。しかし、少しお疲れの御様子です。聖主は御頭を上げ、優しく微笑み、あたりを見回されます。聖母と聖ヨハネと他の者が、聖主の御前に来ます。祭壇上にかなり広がって跪いています。天使たちもまた十字架の周りに浮いています。聖母と聖人たちのそばで、他の者が跪いています。聖ミカエルと聖バラキエルもまた、空の十字架のそばで跪いています。イエズスは十字架から右腕を延ばされます。そして、不思議なことに、御手に釘跡があります。


聖主:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私の親愛なる「小さきペトロ」、「小さき白い岩」、そして来たるわずかの時間に教会刷新の土台となる隅の親石よ、私はお前に挨拶する。私の司祭なる息子たち、ダビデの王家と私の甘美なる弟子たちに挨拶する。


短い期間にお前たちの生活に多くの出来事が起き、運命が変わるだろう。これは実に、人類にとって、私の地上の教会にとって、闇の時だからである。

 今日は特別な日であるだけでなく、お前たちは罪人たちのための私の受難の祝典を更新している。しかし、特別な日に私が集め、私の前にいるお前たちに、私はめいめい一人残らず、たくさんの並み外れた聖寵を授ける。短い期間にお前たちの生活に多くの出来事が起き、運命が変わるだろう。これは実に、人類にとって、私の地上の教会にとって、闇の時だからである。私の御父へ罪人たちを連れて来るために、人の子は、世の罪のために贖いとして、彼の神秘的体を通して上げられた。お前達には多くの印が与えられている。人間を変えようと望んでおられる永遠の御父に確信していなさい。私の御父の神的計画のふさわしい時に、印が与えられるのはこの理由のためである。

 もう一度、私はお前たち全てのために、私の命を捧げる。それはミサのいけにえを通して絶えず更新される。なぜなら世は贖いを必要としている。人間は、依然として真理の小道から離れ、迷っているからである。


私の「小さき白い岩」のミッションは、今この時代に世を取り巻いている大いなる闇を抜けて、私の羊を彼が導き、約束された地に入るという、彼の人生の次の段階に進んで行くだろう。

 私の「小さき白い岩」のミッションは、今この時代に世を取り巻いている大いなる闇を抜けて、私の羊を彼が導き、約束された地に入るという、彼の人生の次の段階に進んでいる。私の至聖なる御母と私は、私達の言葉を広めるために「小さき」霊魂を立てた。私の甘美なる子供たち、今はお前たちにとって反省する時である。私の御父の御旨に信頼し、私と共に共贖者、仲介者である私の親愛なる御母のために、聖にして母なる公教会を御父に任せなさい。

 お前たちのカルワリオは、今ここにある。私の体である教会とその頭は打たれ、羊は散らされた。まさにそれは今日も起きている。もし、彼らが私の御父から報いを受けようとするなら、全ての者は私の足跡に従わなければならない。お前たちの多くは今、待っている。私が私の「小さき岩」を通して、私自身を明らかにするのを待っている。祈りなさい、これはすぐに来る。しかし、全てにはふさわしい時がある。


私の至聖なる御母と聖ヨハネは、十字架の足下に私と共に留まった。苦しみ、心痛の大試練のさ中に、お前たち自身がどのように行動するかという手本である。

 私は私の子供たち全てを招き、この黙想をよく考えるために今日ここに集めた。私の御父に従うために、お前たちは呼ばれている。お前たちの生活に試練が来ても、お前達はくじけないだろう。私の至聖なる御母と聖ヨハネは、十字架の足下に私と共に留まった。苦しみ、心痛の大試練のさ中に、お前たち自身がどのように行動するかという手本である。苦しみがあっても平和で忍従していなさい。ちょうど私がお前達のために、私の御父に全てを捧げたように、私の御父の御旨に任せれば、御父がお前を愛していることを知って満足するだろう。

 私の教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。すぐに私は、彼のために来るだろう。世のために祈りなさい。世は不安定で、すぐにも大いなる暗闇に突入するだろう。私がペトロの上に建てた教会のために祈りなさい。この教会は真っ二つに裂けるだろう。甘美なる子供たち、心に心配がないように。公的出現は今終わるが、お前を「孤児」として残し、あるいは見棄てないために、私の母と私はお前と共に残る。今は祈りと反省の時である。お前たちの生活を考慮しなさい。甘美なる子供達、お前たちの生活の良い面を見なさい。もしお前が私の御父の御旨に本当に従うならわかるだろう。お前が自分の道を真っ直ぐにしていないなら、今が正す時である。

 甘美なる子供たち、初期のキリスト教徒が生きたように、真理に生きなさい。謙遜と愛徳によってお前は全てを成し遂げられるだろう。私を見なさい、お前たちのために突き刺された救い主を。私はお前を回復させて強めよう。今日の私の言葉は易しい。なぜならお前たちは心が単純だから。これらの心は私の霊のために開いている。実際お前は私の遺産である。勇気を出し、前進しなさい。お前たちの心の内にある祈りと共に、お前たちの日々の十字架を取り上げなさい。

 そして、お前、私の親愛なる息子、私の神的愛の「リトル・ペブル」、お前の内に残る私の体の受難によって、私の十字架を運び続けなさい。全ては短期間に過ぎ去るだろう。私の霊の接吻をお前に送る。私の羊を導くために、お前と共に留まる。私はお前たちを祝福する。私の息子、そして世界中から集まっている全ての私の甘美なる子供たちに、聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖主の御血が祭壇の上に落ちています。天使たちはすぐに来て聖主の御傷からの御血を小さなカップで受けています。聖主は非常に痛そうです。しかし、御唇の微笑みは優しいままです。天使たちは銀のごく小さいカップで取り始めます。ミニチュアのカリスのようです。霊魂たちは聖主と共にそのカップで飲んでいます。

 私はまだ受難の時ではないと知っています。なぜなら、印がまだ与えられていないからです。私たちは神の両手の内に留まります。私は聖主が述べられた印を既に知っています。いつかそれが目に見えたら、私はその指示に従います。聖母は私の方に向きを変えられ、霊魂の利益のためにとても大切なので、黙想を続けなさいと言われます。彼女は、私は何事も心配していません、ただ、祈り、待ちなさいと言われます。私たちはロザリオの二環目を終えます。

(ロザリオが捧げられた後、三人の司祭から祝福を受ける)

 十二枚の黒いバラが聖櫃の近くの祭壇上に置かれています。各バラには名前があり、花びらの間に金の十字架があります。聖母が昨夜それを説明されました。この聖堂内の花々と聖体安置の聖堂には、聖主の尊き御血から特別な祝福があります。それらには非常に特別な意味が与えられています。聖母は、イエズスの御受難を熟考することを望まれています。マティジャ・ミハジは今後、啓示を受けることが明かされました。

 聖母は、彼女の黒いマンティラを広げられます。何か大きなケープのようです。その片側の下に十二のちっちやな心臓が見えます。それらの各々の上に花のシンボルがあります。別の方に十二使徒に関係する十二の紋章が見えます。今マンティラは聖母を再び包みました。彼女はイエズスを悲しそうに見て、懇願を続けられます。聖主の御足下に聖ペトロのドームが見えます。教皇です。祈っています。剣のような物がドームに突き刺さっています。聖ペトロのドームの周りは火事です。

 天使たちは後方の白い十字架の方ヘ、聖主をゆっくりとお連れします。聖母と聖ヨゼフと全ての他の聖人も続きます。十字架に向かって、上へ滑っています。聖ミカエルは立っていて、彼の巨大な白い翼を広げています。それによって全ての者を守っているようです。大勢の天使が残っています。彼らは前面に金色の十字架がある黒いチュニクを着ています。各十字架の中央には霊魂の名前が書かれています。恐らくこれらは色々な名前に関係した非常に特別な目的を持った天使たちでしょう。しかし私は、彼らが誰だか正確なことは知りません。彼らが関係しているのは歌隊でしょうか。言えることは、彼らは償いをする歌隊の力天使から来ているのでしょう。

 イエズスと聖母は白い十字架を通って移動し、見えなくなりました。聖ミカエルを除いて全ての天使も見えなくなります。私たちは聖ミカエルの祈りを唱えてから終わりにします。


三人の司祭たち:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。




1999年4月2日
ナウラの全出現聖堂でウォーリイ・ボルマンに与えられた幻視

(聖金曜日の典礼の間の、嘆願の祈りの間に特別に与えられた)



 主祷文が始まって二位の祭壇の天使が起立しています。聖堂の各角へ移動しました。振り向き、お互いに向き合っています。彼らは、両手をカップのようにして、そこへ祭壇の上方の十字架とつながっている虹が来ます。突然、虹の上方に、金で彫られた玉座に座っておられる永遠の御父が真っ白なお召し物で現れます。その時、祭壇と床の虹の先端から延びている壁の十字架に至る虹が消えました。十字架の上端と虹の先端の間から、白い鳩の御姿の聖霊が現れました。

 最初の祈願が唱えられ、永遠の御父は御肩とぴったりの所まで御手を挙げられ、両掌から二つのとても柔らかい明るく白い光線が来ます。この二つの光線は聖霊に集中し、一つの光線が十字架に変容して現れ、美しい十字架になります。

 その白い十字架は嘆願毎に脈打つように見え、アーメン毎の賛歌で輝きが増します。私はその事実に気を取られました。聖所の床が開き、白い十字架の端は中央が開いています。私は、その開いている所は、煉獄から天国への入口であると言われました。その脈打っている十字架は、今日、彼らのために捧げられた祈りによって、この天国への入口を使うことを、たくさんの霊魂が許されたことを表しています。私に与えられる数え切れない霊魂は400万です。そして、巡礼者たちによって彼らに特別な祈りが捧げられました。各アーメン毎の明るさの意味は、この償いの日に捧げた祈りの努力のための、永遠の御父による祝福でした。全てが徐々に消え、終わります。アーメン。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】