箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

天からの、そして天の僕リトル・ペブルからの最重要の指示
No.510  1996年3月2日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



神の民へ

(以下には初土曜日にイエズスから与えられた公のメッセージが含まれています。)

 親愛なる善き意思の霊魂、残れる教会の皆様、復活節にあたりご挨拶を申し上げます。

 ほとんどの方には隠してきたことですが、私は何年にもわたり、イエズスが体験されたゲッセマネの園の苦悩を味わっています。また、多くの霊魂が私と同じように、特に将来に関する神の計画と方法とを理解しようと努める同じ雲の下にあると信じてきました。

 今は詳しく述べるつもりはありませんが、私が神に、そして聖なる御母に尋ねた質問と、以下のページに述べられているイエズスからの公のメッセージとともに与えられた答えとをお読みになってください。そうすれば皆様の霊魂は自分自身から抜け出て、愛する御父である神への感謝のうちに上げられるので、皆様の霊魂は喜び、希望、堅忍によって満たされることを確信しています。

 皆様にとって聖なる復活祭でありますように。勇気を持ってください!

 皆様を祝福します。†

 リトル・ペブル




リトル・ペブルからイエズスとマリアヘの質問
1996年2月28日


 私の神である愛するイエズスヘ、最愛の甘美なる御母へ。無であり、小さな白い岩である忠実な息子として、まず第一に嘆願いたします。

 御母よ、あなただけが読むことのできる私の心の奥深くから書いています。あなたは私の心をよくご存じです。私が命にもまして、そしてその他の何ものにもましてあなたを愛していることを、あなたはよく理解しておられます。しかし、私の心は悩んでいます。私の霊魂は苦しんでいます。なぜなら、神は神であり、あらゆることに対して最もよいことをご存じであると言うしかない多くのことがあるからです。よくご存じのように、私はこのことを知っており、否定しません。これらの感情は私のものだけではなく、あなたをとても愛している霊魂の感情でもあります。私はどのように神の御計画と御旨を理解すべきなのでしょうか。他の人はどのように理解すべきでしょうか。

(a) この時の終わりまでにごく短い時しかないと天は言います。しかし、為されるべきことは多くあり、その実現可能性は1パーセントです。それ は信仰や信念や信頼の欠如ではなく、全面的な理解が欠けているためです。なぜなら、ある意味では、時がないように見えるからであり、別の意味では私たちには4年間ではなく50年が残されているように見えるからです。

(b) 現教皇がすべてを為すと天は言います。
 * 現教皇はご出現(複数)を認可
 * 現教皇は修道会(複数)を認可
 * 現教皇はロシアを奉献
 * 現教皇は教会内の邪悪なものすべてを公然と非難
 * 現教皇は司教を通して私を叙階
 * 現教皇は12使徒を宣言
 * 「仲介者」の教義を発表

 現教皇はさらに多くのことを為さるでしょう。しかし、大警告までにたっ た4年しかないと私たちは思っています。4年のうちに世界が灰になるの なら、これらのことを認可する意味は何なのでしょうか。何かが為され、あるいは話されるかどうかについて、誰が本気にするでしょうか。御母よ、私はあなたに反してこう言っているわけではありません。しかし、実際に、すべてが知っている通りになったとしても、それが何なのでしょう。何でもありません! それはどのみち遅すぎるからです。ですから、現教皇がすべてを認可し、その後に終わりが来ます。何が達成されるのでしょう。何もありません!

(C) それから修道会についてです。天は修道会が広まり、建てられることをお望みです。しかし、私たちには教会のどこからも何の援助もありません。しかし、私たちは修道会を建設しなければなりません。共同体は地上における唯一の力であるかのように天はおっしゃいます。しかし私たちには2人の司祭とわずか400人の会員がいるにすぎません。キリスト信者の教会という大海のなかではほんの一滴にもすぎません。教会に関しては、私たちは何者でもありません。そして教皇様は共同体を擁護しておられると言われていますが、聖シャーベル修道会、マリアの汚れなき御心修道会の名は口にされたことがないので、誰もそのことを知らないのです。

(d) 私たちには4年が残されており、たとえ教会が2年のうちに修道会を認可したとしてもそれが何になるでしょう。教会の大半は気にかけないでしょう。援助が来たとしても世界が灰になっているなら、私達はその援助を必要としないでしょう。

(e) 御母よ、全ての時代の教皇があなたの御指示に従っていたなら、この混乱はなかったでしょう。ですから私たちは認可を得ます。誰が信じようとするでしょう。それから、私たちは召命に従ってきており、これからも召命はあるでしょう。誰が彼らに教えるのでしょうか。司祭は二人だけです。カトリック教会に残された八億の人々は? 世と教会が灰になろうという時に、共同体について誰が教えようというのでしょう。

(f) たとえ4年間のうちに認可が与えられるとしても、誰があらゆる司祭と修道者にメッセージについて話してくれるでしょうか。私でしょうか、ブレ神父でしょうか、ブロサード神父でしょうか。誰が信じようとするでしょうか。今現在、何も信じていない司教にたどりつくまでに、私たちにはどれほどの時間があるのでしょうか。それは歯車を再創造するようなものです。

(g) 御母よ、教会の権威筋から一人の枢機卿の援助を得るであろうとあなたはおっしゃいました。すべてが灰になるのは2000年のうちでいつなのでしょうか。大警告後にすべてのことが変わり、世界が清められることはよく分かっています。どのメッセージも私達が教会からの支援を受けると言うのはなぜなのですか。私が読み、私自身が受けたすべてのメッセージによれば、支援は来ますが、支援のポイントは何なのでしょうか。なぜなら、戦争、教会の分裂、地上の破壊が同時に来るのですから、認可のポイントは何なのでしょうか。御母よ、あなたは私が話していることを御存じです。なぜなら、これらの預言と教皇認可が1985年にあったなら、あなたが依頼なさったすべてのことは達成されていたでしょう。そして神の人々は喜び、ミッションは百万倍にも成長し、幻視者と使徒のうちに分裂はなかったでしょう。

(h) さて、私たちにあるものは、以下のものです。
 * 教会内の分裂
 * 幻視者に対する分裂
 * 使徒間の分裂
 * 弟子間の分裂
 * 教会間の分裂
 * 迷っている世界
  このことから、私たちは何を手にしているでしょうか。強い信仰を持ち、希望に生き、しかし疲れ果て、私たち皆がするように「主よ、主よ、あなたをおいて、私たちはどこに行きましょう」と言う、あらゆることに幻滅している善い霊魂の小さな群です。

 ですから、元后よ、これが私と、多くの者が立っているところなのです。それは、神が示されたすべてを受け入れず、あるいは愛さないということではなく、希望のない状況に思えます。なぜなら、いったん教会の支援という喜びを受けるとき、来るべき勝利について私たちが知らないならば、すべては空しく見えるからです。

 御母よ、私は理解しようと懸命に努めています。どうか私を助けて下さい。私はひどく憤慨し、疲れ果てています。フラストレーションがとてもたまっています。たとえ何と言われようとも、心のすべてをもってあなたを愛しています。そして再度、あなたの「小さな無」として、「清らかな愛」の奴隷として、御母よ、あなたに私自身を捧げます。私の心を開くことを許してください。しかし心を開くことは私をひどく苦しませます。そして私にはある明快な回答が必要です。どうか私に回答を与えてくださらないでしょうか。

 苦しんでおられるあなたの息子、苦しんでおられるあなたの人々、私のようにとても傷ついている人々、そして私も、これらのことを明快に説明するあなたの声を聞く必要があります。私とあなたの子供達が希望を持ち、たとえ私たちに将来と聖なるニューエラがあり、楽しみにしている第2の来臨があったとしても、これらの特別な出来事には関係なく、私たちは今なお、時のうちに生きています。

 御母よ、たとえば、私的に教皇様に会うようにと天は7回私たちに依頼されました。謁見に成功したといっても、私たちは一度、教皇様と私的に話すことができただけです。その他の時は、あなたたちは私たちを遣わし、何も達成されません。これはブレ神父とその司祭たちにも起こっていることです。唯一の結果は従順であり、心は疲れ果て、希望はくじかれ、熱意は去ってしまいました。

 同じことがファティマで、他の黙想会で起こっています。しかし、あなたは私たちに信じるように、勇気と信仰と希望を持つように頼んでおられます。私たちはそのようにしています。しかし、時の終わりの主要な預言について何かが成就されるとの期待は全くありません。何も成就しないので、エネルギーは使い果たされ、霊感と喜びとは破壊されてしまいました。人々は一般に信仰を失いましたが、そのことを人々に責めるつもりはありません。ですから、これがあなたの友人、真にあなたを愛し、真に希望している友の状態なのです。もし教皇様が受け入れられたなら、少なくともある部分までは、司祭に受け入れさせたでしょう。しかし、そうはなりませんでした。

 御母よ、ブレ神父とブロサード神父には仲間があり、様々な都市に派遣されるでしょうと、あなたはおっしゃいました。なぜなのですか。なぜなら、権威筋が御出現と、司教の保護のもとの修道会の形成を受け入れるなら、両神父は修道会に留まるでしょう。そうではないのですか。

 とにかく御母よ、これが私の心に、そしてあなたの忠実な使徒、ブレ神父とブロサード神父、真にあなたを愛しているけれども当惑し混乱している、多くの霊魂の心にあることです。

 私はあなたの忠実な、しかし困惑し苦しんでいる息子、教会を勝利に導く将来の代理者として留まります。




ナウラの全出現聖堂でリトル・ペブルに与えられた幻視
1996年2月28日



リトル・ペブル:
 今日、ミサ後、聖母が来られました。明るいピンクのとても美しい装いで、頭上には明るい星がありました。星のうちには十字架につけられたイエズスがいらっしゃいました。聖母はクリスタルのピンクの珠でできた美しいロザリオをもっておられました。聖母は微笑み、私を祝福し、聖母を最も喜ばせる「聖体の清らかなる息子」と私に呼びかけられました。

 聖母は、私が書いたすべてのことを理解しているので、困惑しないようにとおっしゃいました。その後、聖母は血と水の涙を流して泣き始められました。その血と涙は聖母にあてた私の手紙の上に落ち、その涙から花が出てきてイエズスの聖心を形づくりました。多くの花々があります。百合、バラ、ライラック、デイジー、そして白と金の十字架もあります。

 聖母は微笑まれ、これは悲しみの涙ではなく、慰めの涙であるとおっしゃいました。聖母は私の心をとてもよくご存じですし、この手紙が様々な神秘家と幻視者、特にソーンブッシュから受ける回答とともに印刷されることを望んでいるともおっしゃいました。




全出現聖堂でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
1996年3月1日



リトル・ペブル:
 今日、聖母は茨の冠をかぶり、ここに来られました。聖母は悲しそうに見えました。聖母は私に挨拶され、神である聖母の御子からのこの冠を担っているとおっしゃいました。それは、私とソーンブッッシュが担っている冠の一部だからです(私とソーンブッシュはあたかも一つです)。聖母は微笑まれ、私を祝福し、おっしゃいました。


聖母:
 清らかなるホワイト・ロック、神の愛の天使よ、平和に留まりなさい。私はあなたの心を知っており、あなたの悲しみをよく理解しているからです。息子よ、あなたが神のことを理解していないことは分かっています。神は全てを知っておられ、為されたすべてのこと、神から要求されたすべてのことには理由があることをあなたたちは知っておくべきです。

 神がお求めになるあらゆることの背後にある最も重要な目的は、たとえ理解されないにしても、霊魂を救うことなのです。教会が認可するのは今か、過去にか、それとも将来かは問題ではありません。神の完全で聖なる御旨は成就されるからです。すべての目的は霊魂を救うことなのです。


リトル・ペブル:
 世界がこの件に関してて理解でき、霊魂が強められるように、イエズスは明日、私にお話しになると聖母はおっしゃいました。

 神も聖母も、私の心を、私がどれほど神と聖母を愛しているか、また私の従順をよくご存じなので、私の手紙に不快感を抱いてはおられないと聖母はおっしゃいました。天は、私が清らかな信仰、愛、憐れみの人なので、教会の光のかがり火として諸徳が私の霊魂のうちに輝いているので、私のことを「清らかなる真理の白き岩」「神の愛の天使」、そして「リトル・アブラハム」、最後の代理者と呼ばれるとおっしゃいました。

(……原文一部分消えている……)

 その後、聖母は私に茨の冠を手渡し、私の手にその冠を置いて、おっしゃいました。これはあなたのものですと。

 その冠の上に、クリスタルの小さな白いバラが見えました。白、赤、茶色の十字架がある茨もありました。その後、聖母は3フィートほどある茶色の十字架を取り、それを私のうちに置き、恐れることはないとおっしゃいました。私は十字架を担うけれども、死ぬことはないからと。イエズスが園で試みられたように悪魔が私を試みていること、すべては理解できるようになるから心配しなくてよいことを私は思い起こすべきですと。




1996年2月28日の質問に対して聖母の回答
1996年3月1日



聖母:
 尊い、真理の清らかな白い石、神の愛と信仰の天使よ、あなたをとても優しく愛している私の汚れなき御心から挨拶します。息子よ、心と霊魂を悩ませてはなりません。あなたの心深くにあるものを私はよく分かっています。そしてあなたと子どもたちの多くがこの苦悩の下で悩んでいることも知っています。

 私の心の息子よ、あなたの中には決して消えることのない清らかな愛の炎があるので、何にもましてあなたが神と天の母を愛していることを私は知っています。あなたは、母そして元后である私と、私の浄配聖ヨゼフ以外には誰も達しなかった高度の聖性に定められています。ですから、これから私があなたに話すことを注意深く聞きなさい。これはあなただけへの啓発なのではなく、神の国に定められているすべての霊魂への啓発であるからです。

 人の子、イエズス、救い主、全ての心の支配者なる「神の輝く右手の息子」リトル・ペトロよ、あなたが今経験していることは、神である私の息子イエズスがゲッセマネの園で体験なさった試練なのです。イエズスは、人としてご自分の死と働きとを空しいものと感じ、心と、霊魂と、精神の苦悶を苦しまれました。教会と権威はイエズスを拒みました。ですから、なぜ杯を飲み、十字架に釘づけられるまで苦しまねばならないのでしょうか。いとしい息子よ、あなたもこれと同じことを体験しているのです。そして多くの子供たちもです。あなた達は人間的かつ論理的な方法で理解しようとしているのです。

 リトル・アブラハムよ、神の道は人の道とは異なり、神のご計画のうちには何も空しいものはなく、失われるものもありません。ただ人が神の愛とあわれみを拒むときに霊魂が損失をするだけなのです。神にとって時は存在しません。すべてのことは神のうちですでに起こっているからです。

 偉大なる信仰の甘美なる「受難の花」よ、人がすることは、神の計画を受け入れることだけで、神の計画に対して質問することではないのです。多くの時が過ぎ去るまで、あるいは次の生に入るまで、人は決してその答えを理解することはないのですから。

 霊魂の価値を思い起こしなさい。霊魂の価値は測ることができません。神は霊魂を救うためならどんなことでもなさるでしょう。まさにこのためにこそ、時は神の全能の御手のうちにあるのです。しかし、この偉大な神秘を人が理解することは、未だ神の御旨ではありません。

 永遠の真理の甘美なる岩よ、混乱せず迷わないようにしなさい。特に、これから多くのことが起こり、ほんの数年のうちに過ぎ去っていくからです。すべては文字通り成就するでしょう。神、聖人、天使、汚れなき御心があなたと他の霊魂に示したことはすべて成就するでしょう。キリストの代理者に関して私たちが話したすべてのこと、キリストの代理者がしなければならないすべてのことは、私が何度も操り返してきたように、行われるでしょう。甘美なる子よ、何も失われることはありません。たとえ、時が残り少ないにしても、神は霊魂を救い、神の聖なる御名に栄光を与えるために、そのことをお使いになります。時は神のものであって、人のものではないことを心に留めておきなさい。

 そうです、甘美なる息子よ、霊魂たちは混乱しています。多くの分裂があり、全てにもはや正当な理由がないように見えます。しかし、いとしい息子よ、神にとっては、これは永遠に至る時の中のほんの一瞬にすぎないのです。そして人に受け入れられねばならないことは、そうなるでしょう。神が永遠にあざけられることはないからです。

 息子よ、認可が遅れていることを気にかけることはありません。神は、ご自分の知恵のうちに、一瞬にしてすべてを変えることがおできになるのです。しかし、神は人を自由に任せることをお選びになります。時が遅れたとしても、神は勝利され、真理の道に従うために印を必要としている教会の残りの者たちを救うために、認可がもたらされるでしょう。

 将来の司祭、使徒、神である私の息子の地上の家の最後の教皇である愛する息子よ、勇気を出しなさい。あなたと、そして心に抱かれている子供達を弱めるために、あなたの霊魂を攻撃する誘惑する者を脇へ置きなさい。聖なる代理者、ヨハネ・パウロ2世はあなたの苦境を知り、よく理解しています。

 天の母の御心は決してあなたを、そしてあなたの世話の下にある群れを見捨てません。神によって定められた時が来れば、代理者は腹蔵なく意見を述べ、あなた、リトル・ロックと、そして真理を生き、教えているすべての者を擁護するでしょう。そして、殉教までに代理者が為さなければならない全てのことが為されるのです。

 清らかで尊い御聖体の息子よ、もう一度、あなたを黙示録の天使と呼びます。あなたの心と霊魂を私に、清らかな愛の無原罪の母に上げなさい。そうすれば、私たちの岩に与えられたものと同じくびきの下で苦しむすべての人が私たちの岩に与えられるでしょう。平和に留まりなさい。信頼と信仰に固く踏み留まり、確信と堅忍をもって歩みなさい。天の母は、真理の兵士であるあなたたち一人ひとりを抱擁し、母の心に閉じこめます。

 尊い花よ、今、私の心をあなたと、尊い子供たちに開きました。ですから、あなたたちは今、信頼と希望のうちに前進します。たとえ、あなたが神である私の息子、イエズスの受難を生きているとしてもです。あなたたちを愛しています。あなたたちの小さな心に接吻します。祈りなさい。堅忍しなさい。平和に留まりなさい。

あなたたちを祝福します。† あなたたちの生ける母、希望のマリア。

リトル・ペブル




ナウラの全出現聖堂、聖シャーベルの祈りの家でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
1996年3月2日



リトル・ペブル:
 しばらく前から白い十字架が現れていました。聖バラキエルが、いつものように3度、十字のしるしをしました。聖ミカエルは十字架の右に立っています。とても大きいです。聖ミカエルは剣を祭壇の中に置きました。白い十字架の背後に、とても大きな雲のように見えるものがあります。それは巨大な雷雨で、いまにも轟きだしそうです。雷雨は空全体にゆっくりと広がっています。聖バラキエルの隣に聖サクラメッスギュスが見えます。聖メノロウティスと聖センティミンタリウス、そして他のとても美しい天使が見えます。その天使は今日見たのですが、とても背が高いです。6つの翼を持ち、頭の回りに多くの星があって、その上を十字架が浮遊しています。この天使が誰なのか分かりませんが、今日初めて見ました。とても大きな天使で、微笑み、聖メノロウティスと聖サクラメッスギュスの間に立っています。

 今、白い十字架が開いていきます。ベールの向こう、生命の他の面の彼方を見ているようです。戸口は今、開いています。2つのとても大きなドアがあり、その中に十字架があります。さて聖櫃に向かって下る光の階段が形成され始めました。とても美しい光がこの道から発しています。光は広がり、さらに美しい光を形成しているように見えます。白い十字架の上空にしるしが見えます。白い十字架から、戸口を通って、多くの天使が来るのが見えます。その天使たちはロープのような長いリボンを持ち、2列を組んでいます。天使たちは歌っています。

 白い十字架を通って、純金製の美しい馬車が来るのが見えます。聖主イエズスは馬車に立ち、天使たちが馬車を引っ張っています。美しい翼を持つ、純白の美しい白馬もいます。白馬は馬車の前にいて、主を私たちの方へお連れするように見えます。イエズスの後ろに、さらに多くの多くの天使、とても美しい天使が見えます。この大半の天使が4つの翼を持っています。どの階級なのか分かりませんが、天使たちはとても美しい。どの天使も頭上に茨の冠が浮いています。茨の冠はそれぞれ異なる色をしており、あるものは赤あるものは茶色、白、金、緑です。

 聖主は今、近づかれ、白馬は飛び去ります。白馬は、聖主が立っておられたコーチ(大型4輪馬車)から離れたように見えます。コーチはとても美しい色、リボン、花で飾られています。さらに多くの天使が白い十字架から出てきて、聖主のコーチを取り囲むように何列もの列を組み、聖主が滑り降りてこられるのに備えて半円形を形成しています。主に礼をするように、天使たちは体をかがめています。翼を交差させ、他の天使の翼に自分の翼を重ねて、聖主がその上を歩けるように道を形成しています。とても美しい。

 イエズスはとても堂々としておられます。3つの先端のある冠をかぶり、どの先端にも十字架があります。先端の間には百合の花、フランスの君主の象徴があります。イエズスは微笑んでおられます。とても美しいです。たった今気付いたのですが、聖主が頭を下げられたところ、その冠の中に茨の冠があり、私のものととてもよく似た、この茨の冠の茨の上に小さな白いバラがあります。イエズスは微笑まれ、うなずいておられます。イエズスは天使の翼の上を歩んでおられます。天使の翼は綿毛で覆われているように見えます。聖ミカエルの翼に触ったときと同じ感触です。小さなアヒルの綿毛のようです。とても美しい。

 聖主は今、聖櫃の方に来られ、先ほど記述した、この美しい天使の額には名前が書かれています。その名前は数週間前に聖主が私の額に書いたものと同じです。その名はギリシャ語で書かれており、その天使はキリストの代理者の天使であると聖主はおっしゃいます。私が代理者になるとき、その天使は私の天使となります。

 イエズスは今、天使の翼から聖堂内のここの聖櫃の上へと歩まれます。主の御頭は御像の連なりの最後尾、それよりも若干高いところにあります。ご覧になっておられます。イエズス様の青い御目の奥深くまで見ることができます。イエズスの御目は海のように、いや海というよりも空のように、青く、とても美しい。とても美しいです。

 聖主は腕を広げられます。実に美しい。御傷のとても深いところまで見えます。足の御傷もです。しかし白い光が聖櫃の上に立っており、それは綿毛の星のようです。聖主の両足の間、御足の回り一帯に小さなバラが成長しています。主の足の回りの小さなバラの格子のようです。とても美しい。様々な色のバラ、とても小さなバラがあります。

 聖主の右手に突然、ロザリオが現れました。赤い珠のロザリオです。微笑まれ、おっしゃいます。「貴き御血のロザリオである」と。そのロザリオはとても美しいです。珠は単に何等かの物質でできているというのではなく、血そのもののように見えます。説明するのはとても困難です。しかし、どのように説明したらよいのか分かりませんが、実際に血の珠のようなのです。

 聖主の右手から御血が珠の中に入っていくのが見えます。聖主は今、この珠を聖なる天使に手渡されます。その天使は跪き、このすべての珠に優しく接吻します。すべての天使が跪きます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


聖主:
 愛する息子、受難の花、真理の岩、リトル・ペトロよ、あなたに挨拶する。リトル・バルトロメオ、忠実な使徒よ、あなたに挨拶する。ここにいる全ての甘美なる弟子、クイーン、来たるべき新しい世代の未来のクイーン、愛するプリンセス、バロネスたちに挨拶する。恵みの霊魂、ここ私の前に集まった、そして世界中にいる全てのいとしい子供たちに挨拶する。

 今日私はとりわけ愛する息子、甘美なる「神的愛の天使」と天は彼を呼ぶ未来の教皇のために来た。過去何日かの間、至聖なる御母は、あなたと世界中の甘美なる子らの多くの心を悩ませてきた幾つもの重要な問題についてあなたを指導してきた。愛する息子よ。私はあなたの心のうちにある苦悶をよく理解している、愛する息子よ、神の御旨と完全性を理解することがいかに難しいことであるか私はよく知っている。人間は、神がどのようにして多くの教えを世にもたらしているのかを理解しようとしているが、なお彼らの神を理解してはいない。愛する息子よ、そして愛する子らよ。あなたがたは、人間である。あなたがたが「ベール」を乗り越えたときに初めて、神をそのありのままの姿と叡智において完全に理解するようになるだろう。


神は全てを越えている! 神にとって時間は存在しない! それゆえ、預言的な言葉が与えられた時、神においては時間というものは存在しない。千年は一日でありうるし、一日は千年でありうる。

 至聖なる御母があなたに説明したように − そしてこの説明をあなたは全ての子らと共有するであろう、彼らを慰めるために − 神は全てを越えており、神の道は全く人の道とは違う。神にとって時間は存在しないのだ、甘美なる子らよ、それゆえ預言的な言葉が与えられた時、神においては時間というものは存在しない − 千年は一日でありうるし、一日は千年でありうる。私はたとえ話しであなたがたに話しているのではない、甘美なる子らよ、むしろ神にとって重要な全ては霊魂の救いなのだということを理解するのを助けるために話すのである。それゆえ神が啓示する全ては、それが過去においてのものであれ、現在においてであれ、未来においてであれ、霊魂の救いのために益となるように霊魂を教化するためのものである。

 神の計画は完全である、甘美なる子らよ、あなたがたはしかるべき時が来るまではそれを理解しないだろう。それゆえ神の現存の前で常に従順であり続けなさい。そして、理解できないし、できないであろうことは単純に受け入れなさい。なぜなら、神は論理的ではないからだ、甘美なる子らよ。いかなる法も神を拘束しない。法は人間のために作られたものである。存在する全ての法は、それが感覚を統治するものであれ、心を統治するものであれ、生活を統治するものであれ、聖性を統治するものであれ、世界あるいは宇宙、あるいは霊的世界を統治するものであれ、これら全ての法は人間の利益のためのものである!


磔刑は、私が地上を歩いていた間に説いたこと全てに対する全面的な矛盾であった。そして、子らにとって全ては闇に見えた。しかし、私が死者の中から復活し、わが霊が皆の上に下った時、全ては明らかになったのである。

 甘美なる子らよ、人間としてこれらのことは理解することが困難であるということを私は知っている。それはまた、使徒たち、弟子達にとっても困難であったのだ、私が人類のために十字架に釘付けにされようとして前進していたときに。甘美なる子らよ、磔刑は、私が地上を歩いていた間に説いたこと全てに対する全面的な矛盾であった。そして、使徒たち、弟子たち、子らにとって全ては闇に見えた。しかし、私が死者の中から復活し、わが霊が皆の上に下った時、全ては明らかになった。そして、子らは喜び、神の完全な御旨と御計画を理解するために照らされたのである。それゆえ、甘美なる子らよ、愛する息子よ、心を煩わせるな。時とともに理解するだろう、わが愛とわが子らへの無限の憐れみによって、私と御母が人類に告げてきた全てのことは成し遂げられるであろう。わが復活が、御父の御計画を成就したのとちょうど同じように。

 私たちが天から与えた全ての指示は神的な目的をもっている、甘美なる子らよ。あなたがたがなすべきことはその目的を理解することではなく、信仰を持ち、それを受け入れることである。そして、あなたがたが信頼の道を歩み続ける限り、信じ堅忍し続けるために必要な全ての力を受け取るだろう。そして御父はあなたがたの心を照らすために私たちの霊をあなたがたに下すであろう。全てのことはその適切な時と場所とを持っているのだ、愛する子らよ。たとえ全てが失われたように見えようとも、まさしくその瞬間において、全ては勝ち取られ見出されるからだ!

 御母と私は群れを決して見捨てない。私たちはあなたを決して見捨てない。愛する息子よ、御母が告げたように、あなたは予定されており、私が王国の健を与えたのはあなたであるからだ、ちょうど聖ペトロに対してそうしたように。私はあなたに私とともに飲む杯を与える。あなたは既に、このことを知っている、愛する息子よ。あなたはそれを最後の一滴まで飲みほさなければならない。あなたは堅忍するだろう。私はわが言葉を与えたからである。私はあなたのうちに生きているのだから。愛する息子よ、時が来れば、世はそのことを知るだろう。あなたはわが群れを闇から光へと導くからである。それゆえ、平安でありなさい。


私は愛の父ではないのか? 私はあなたがたに私自身を与えなかったか? 私はあなたがたを忘れたことがあったか? 全ての瞬間を、それが最期であるかのように生きなさい。もし私があなたがたの霊魂を迎えに来るとしたら、私と共に楽園に来るだろうか?

 人生の答えを求めている全ての子らへ向けて言う。私によく聞き従いなさい。もう何年もの間、私は世界中で説教してきた。真福八端を生きなさい、甘美なる子らよ。聖徳のうちに生きなさい。この地上の報いを求めず、楽園と御父の栄光を求めて。私は愛の父ではないのか? 私はあなたがたに私自身を与えなかったか? 私はあなたがたを忘れたことがあったか? 全ての瞬間を、それが最期であるかのように生きなさい。これらの言葉をよく考えなさい、愛する子らよ。それらは何を真に意味するのか? 人生を完全に生きるとはどういうことか? もし私があなたがたの霊魂を迎えに来るとしたら、私と共に楽園に来るだろうか? あなたがたはそこに答えを持っている、愛する子らよ。

 私はみなに場所を用意している。私は皆のために死んだのだから! わが王国には場所がある。御父によって創造されたあなたがた各人のための栄光に満ちた場所が。そして、私は約束した。わが言葉に忠実であり続けるならば、全てはあなたがたに与えられるであろう。私はあなたがたを完徳の生活へと呼んだ。私はこう言わなかったか、「天の御父が完全であるように、完全な者であれ」と? 確かにあなたがたは罪人であるが、しかしそれでも、完全になるように呼ばれているのだ。それゆえ毎日、天にまします御父へ栄光をもたらすように、生活を完全に生きなさい。善き業のうちに霊魂を聖化しなさい。


私はあなたがたをこの共同体の生活へと呼んだ。霊魂を聖化し、他の霊魂たちを教化し、彼らが私のもとに来るようになるように、そして、来たるべき聖なるニューエラの王国へ向けてあなたがたを準備するために。

 私は今あなたがたを共同体の生活へと呼んだ。それはなぜか、あなたがたは考えてみたか、甘美なる子らよ? 私はあなたがたの肉体を救うために、あなたがたを呼んだのか? 私はあなたがたが世から逃避するために、この世から呼び出したのか? 違う、甘美なる子らよ! 私はあなたがたの霊魂を聖化するために、他の霊魂たちを教化するために、そして彼らが私のもとに来るようになるために、そして堅忍し、わが言葉に忠実であり続ける子らのために用意されている来たるべき聖なるニューエラの王国へ向けてあなたがたを準備するために、この生活へ − 共同体の生活へ呼んだのだ。

 今共同体で生活している霊魂は、あまりにも数少ないと感じるかもしれない。それはその通りである。しかし甘美なる子らよ、あなたがたは理解することも悟ることもできないかもしれないが、時が来れば共同体生活は教会全体と全地上を包み込むであろう。聖なるニューエラにおいてはそのようになり、その完全さにおいてもそうなる。将来について思い煩ってはならない。神の怒りについて思い煩ってはならない。「時の終わり」や預言されている全てのことについて思い煩ってはならない。なぜなら、このことは必ず来ることだからだ。わが御言葉は文字通り成就されなければならない。もしそうでないとしたら、わが言葉は神の言葉ではないことになる。私は救いを約束した。私は希望と喜びと平和を約束した。それゆえ、わが言葉を聞きなさい。


罪人の救いに関することで無駄なものは何もないのだ、甘美な子らよ。全ては神的な時計のうちにその時を持っており、それは天の御父だけが御存じである。それゆえ落胆してはならない。

 甘美なる息子たち、娘たちよ、時々全て希望がないようにあなたがたが感じるということを私は知っている。けれども私は言う。勇気を失ってはならない。命があるところには常に希望もある。人間的な言葉で言えば、「時の終わり」がやってきたということを考えるということさえも、人間にとって全てはばかげたことであるように見えるだろう。それでも神は人間が神に従うことを求められるのであり、人間が何度も世界を建て直すことを求められるのである。わが御母、わが潔き御母は、このことを小さき息子「小さき岩」によく説明した。そしてあなたがたはまもなくそのことについて知るだろう!

 罪人の救いに関することで無駄なものは何もないのだ、甘美なる子らよ。全ては神的な時計のうちにその時を持っており、それは天の御父だけが御存じである。それゆえ、信頼と希望のうちに心を挙げなさい。落胆してはならない。私、神の子でさえもゲッセマネの園で大いなる試煉を通過しなければならなかったのだ。その理由は、甘美なる子らよ、あなたがたに道を示すため、そして、あなたがたに人間の弱さを示すためであった。常に希望はある。天におられるわが御父によって誰も希望を失うことはできない。ただあなたがた自身が失望の誘惑に屈してしまわないかぎり。そしてなお、わが御父は御手をあなたがたに差し伸べられる。だから思い煩うな、私が約束した全てのことは成就する。


わが子らは喜ぶであろう。私の復活に使徒たちが喜んだように。真理が知られる時、あなたがた全てに「復活」があるであろう。そして、あなたがたの喜びはわが再臨まで共に残るであろう。

 ここにいる、世界中にいる全ての子らは喜ぶであろう。私の復活に使徒たちが喜んだように。あなたがた全てに「復活」がある − 世の終わりにではなく、非常に近いうちに真理が全ての心に知られる時に。あなたがたは喜ぶであろう。そして、喜びは再臨まで共に残るであろう。このことを私は厳かに約束する。それゆえ今十字架を取りなさい、甘美なる子らよ。私に従いなさい。神秘体 − 教会 − のために私が与えているこの十字架によって多くの霊魂が救われるであろう。

 あなたに言う、大切な「岩」よ。あなたは今非常に深遠な仕方でわが受難を生きている。そして、短いうちにこれは深まるであろう。私があなたを遣わしたのだということを皆が信じるようになるために。御父が私を遣わされたように、私はあなたを、そして、あなたのような人々を世界中に遣わす。散らされた羊たちを集めるために。多くの印が人間に与えられるであろう。そして「正義の太陽」とは誰かを知るようになるだろう。御母と私は、このことについて、神秘的なバラ「ソーンブッシュ」にも話すであろう。

 いったんこの指示が与えられたら、あなたはそれをあなたに啓示された全てと共に公表しなければならない、愛する息子よ。私は後に、至聖なる御母を通して、なされるべきことについてあなたに指導するだろう。ここ数日間に与えられた全ての言葉は、残りの教会、カルワリオを経験しなければならない教会のわが子らを強めるであろう。あなたがたは皆わが愛のいけにえである!


リトル・ペブル:
 今、珠を持っておられた天使がカリスを受け取り、カリスの中にも珠を置かれました。今、主の脇腹に − 主の右脇に − 御胸の傷を見ることができます。それはとても大きいです。主は美しい白の服を御召しです。今、血痕が主の脇腹から服へと現れてきました。今、天使はカリスを主の脇腹の下に置き、御血はカリスの中に滴っています。それは主の脇腹から出て非常に明るく輝いています。そして、私の中にある聖なる物は非常に明るく輝き始めました。それはまるで私の中に竜巻が起こっているかのようです。私はその意味を知りません。

 今、聖なる物は私の中から出て主の中に入りました。そして尊き御血が聖なる物を、これらの珠の形に包みました。今、聖なる物は私の中に戻ってきました。私はよく分かりません。主はただ微笑んでおられます。そして今、御血はカリスの中に滴るのを止めました。イエズスは今カリスを取られ、御血をご覧になり、カリスの上に祈られ、天を見上げられます。

 聖母が雲を通って、そして白い十字架を通って非常に素早く来られるのが見えます。聖母は美しい白の御召し物で赤いマンティラをつけておられます。聖母は今入って来られ、主の足下に跪かれます。祭壇の上、天使の隣です。聖母はイエズスを見上げられ、イエズスの足下まで頭を下げられ、御足にとても優しく接吻なさいます。そして再び主を見上げられます。今、横から汚れなき御心を見ることができます。主のいとも麗しき聖心も見ることができます。

 イエズスはとても優しく御母をご覧になっています。主は聖母にカリスを渡されました。聖母は何滴か血の涙を流され、これらもカリスの中に入りました。聖母は既に立っておられる主と共にお立ちになり、お二人は私の方へ滑るように近づいて来られます − とても近くに − お二人は私にカリスを示されました。カリスの中に私は − 金の文字で尊き御血の上に浮いている − 「リトル・ペトロ」の名前の文字を見ることができます。イエズスとマリアは私に、この杯を受けるかどうかお尋ねになりました。「はい、愛するイエズス様、マリア様、お望みのままに。」イエズスとアリアは微笑まれました。


聖主:
 このカリスによりて愛する息子よ、多くの心が神の完全な御旨を理解するために開かれるであろう。このことに関しては、まもなくあなたが治めることになる私たちの群れの利益のために、あなたに多くのことが啓示されるであろう。


リトル・ペブル:
 イエズスとマリアはマンティラあるいはケープを私の上に置かれ、私は全くお二人の中に引き入れられてしまったように感じます。イエズスとマリアの上に漂っておられる鳩のお姿の聖霊と永遠の御父をも見ることができます。私たちの間に巨大な十字架が − 茶色の十字架が − 成長しつつあるのが見えます。茶色の十字架の中に白い十字架が見えます。永遠の御父はこの十字架を持ち上げられました。今、永遠の御父と聖霊は行ってしまわれました。イエズスとマリアは元の場所に戻られました。


聖主:
 今、私たちはあなたを祝福する、愛する息子、私たちの汚れなき聖心にとりて大切な者よ。父と子と聖霊との御名によりて。そして世界中にいるわが子らの全てに、全ての恵みの仲介者である至聖なる御母を通して、私は三位一体の神からの強力な祝福を贈る。父と子と聖霊との御名によりて。


わが受難について、そしてあらゆることにおいて私と一致している聖母の受難についてしばしば黙想しなさい。御母と私は、御父において、そして聖霊において一つだからである。私たちは彼女の中に住む、彼女が私たちの中に住まうように。

 聖なるロザリオを祈ることを覚えておきなさい、愛する子らよ。そしてなおいっそう、この四旬節の時の間に秘蹟を受けることを覚えておきなさい。わが受難について、そしてあらゆることにおいて私と一致していたし、今も一致している聖母の受難についてしばしば黙想しなさい。御母と私は、わが御父において、そして聖霊において一つだからである。私たちは彼女の中に住む、彼女が私たちの中に住まうように。それゆえ、愛する子らよ、あなたがたの弱さについて、どのようにして自分を完全な者とし、神の真理の道に従うことができるかについて黙想し、よく考えなさい。あなたがたは私に従うように呼ばれている。皆、聖性に呼ばれている。聖性は、甘美なる子らよ、誰の手にも届かないものではない。地上のあらゆる男、女、子供は、聖性に到達することができるのだ。お互いのために祈りなさい。互いに仕え合いなさい。わが言葉に忠実でありなさい。代理者ヨハネ・パウロのために祈りなさい。彼もまた私の受難を担っている。「リトル・ペトロ」のために、そしてわが名を証しするように呼ばれている全ての者のために祈りなさい。彼らの多くがあなたがたのためにわが受難を苦しんでいる。聖にして母なる教会のために祈りなさい。御父と私が霊において一つであるように、教会が私において一つであるように。

 今宵、私はまだ神の怒りについて話していない。むしろ神の憐れみについて話した。それゆえ憐れみを求めなさい。赦しを求めなさい。救いの時は今である。今がその時である。懲罰は速やかに訪れるだろう。甘美なる子らよ。祈り堅忍しなさい。私はあなたがたを愛している、愛する子らよ、私はあなたがたに至聖なる聖心を差し出す。この聖心を避難所としなさい。私はあなたがたを見棄てない。平安であり続けなさい。私があなたがたを愛しているということを知りなさい。

 御母がこれから小さき息子に個人的に話す。私は私を待っている他の子らの所へ行く。あなたがたをわが受難のうちに抱擁する。愛する子らよ、皆を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。平安があるように。


リトル・ペブル:
 今イエズスは聖母の方を向かれ、聖母のいとも清き御心に接吻なさいました。そして今、ゆっくりと空の白い十字架の方へと動いて行かれます。主を乗せていた乗り物は行ってしまったからです。今イエズスは手を振ります。手を振られるのをこれまで見たことがありません。イエズスは微笑まれます。

 たった今、私は主が冠を聖櫃に残して行かれたことに気づきました。これまで気づきませんでした。茨の冠も中にあります。イエズスは白い十字架を通って行ってしまわれました。聖母は今、更に近づいて来られ、聖櫃の上にお立ちになりました。聖母は皆にしばらく祈りを続けるようにおっしゃいました。

 聖母は微笑んでおられます。先ほどと同じく聖櫃の上に立っておられます。そこには茨と共に冠があります − 主の冠と共に。聖母は周囲をご覧になりました。聖母は私に幾つかの指示をお与えになりました。聖母は今美しいロザリオを取り出されました。それは以前に見た尊き御血のロザリオにとてもよく似ています。そして、十字架像に接吻なさいました。


聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。大切な息子、汚れなき御心の真理の「永遠の岩」、ここに私の前に集まった、そして世界中にいる全ての甘美なる子供たちよ。私は今宵、わが神なる息子の御言葉に付け加えるつもりはありません。私は、イエズスがお話しになった主題について多くのことを既に話したからです。

 小さき「白き岩」は、彼の心の内にある全てを、すべての子らに説明するでしょう。私が天の母として心の内に持っていることを、来たるべきこと、各々の霊魂に期待されていることについて、世界中の子らがよく理解することができるようにです。

 甘美なる子らよ、多くの者が幻滅し、堅忍することは難しいと考えていることを知っています。それは、あなたがたが今は人間には理解できないことを理解しようとしているためです。それは今ではなく、来たるべき時に理解されるでしょう。今のところは信仰のうちに歩むように求めます。ちょうど「リトル・ペトロ」、「愛のリトル・ペブル」がそのように歩む模範を示しているように。


リトル・ペブルに委ねられたミッションが堅忍してきたのは、リトル・ペブルのこの大いなる信仰によってなのです。彼は、わが神なる息子イエズスを除いては、どのような人よりも迫害されていますが、彼は勝利するでしょう。

 私たちが「リトル・ペトロ」をニューエラの「リトル・アブラハム」と呼ぶのは偶然ではありません。アブラハムは信仰の子でした。「リトル・ペトロ」も同様です。あなたがたは彼の模範に従わなければなりません。彼に委ねられたミッションが堅忍し、正義の道を前進して来たのは、この小さき霊魂の大いなる信仰によってなのです。彼は、わが神なる息子イエズスを除いては、どのような人よりも迫害されていますが、勝利するでしょう。なぜでしょうか? なぜなら、彼は真理のために「終末の時」のための戦士として立ち上がるからです。真理のために立ち上がる全ての子らは、汚れなき御心によって勝利するでしょう。

 日々を数えてはなりません、甘美なる子らよ。神なる息子が仰せられたように、神にとっては時間は存在しないからです。しかし、神は印を与えられます。神はあなたがたが歩まねばならない道を与えられます。あなたがたは心の中で何が正しいことかを知っています。世のために真理を否定してはなりません。あるいは友人のため、体面を保つために真理を否定してはなりません。そうではなく、堅忍しなさい。私が「小さき岩」に約束したこと、私が皆に約束したこと、神なる息子が世界中で啓示してこられた全てのことは、神によって定められたしかるべき時に成就されるでしょう。なすべきことを知るためには十分な時間と十分な印があるでしょう。勝利はあなたがたのものとなるでしょう。喜びは霊魂に満ち溢れるでしょう。

 愛する息子たち、娘たちよ、うなだれていてはなりません。あなたがたには喜ぶべき数多くのことがあります。喜びなさい。神はあなたがたを真理を証しするためにお呼びになったのです。あなたがたは、わが神なる息子が地上を歩いたときを過ごした霊魂たちのように、数少ない者たちの間に数えられているのだということを喜びなさい。使徒たち、弟子達、神の子らは試練を経験しなければなりませんでした、ちょうどあなたがたが今そうであるように。けれども彼らにとってそれは短い間でした。あなたがたにとって、それはずっと長くなっています。なぜだと思いますか、愛する子供たち。それは、あなたがたへの報いがずっと大きいからです。あなたがたは「終末の時」の真理の戦士だからです。神があなたがたをこの時代に生きるように選ばれたのです。あなたがたは諸天において星のように光り輝かなければならないからです。そして、地に漂う地獄の悪臭によって地を覆っている闇を、あなたがたの霊魂の輝きによって追い払わなければならないからです。


喜びなさい、あなたがたは何百万もの霊魂の中から選ばれたのです。これらの聖寵を脇へ投げやってはなりません。十字架を取り、最後までわが神なる息子イエズスに従いなさい − 命を捧げるまで。

 ですから喜びなさい。あなたがたは何百万もの霊魂の中から選ばれたからです。これらの聖寵を脇へ投げやってはなりません。十字架を取り、最後までわが神なる息子イエズスに従いなさい − イエズスのために命を捧げるまで。祈りのうちに目覚めていなさい。言い訳をせずに祈りなさい。犠牲を捧げ、償いをしなさい。真理の戦士となりなさい。今、この地上にある各々の霊魂は、過去の世代の聖人たちに似た者となるように呼ばれています。数多くの聖人が地上に遣わされて来たのはこのためです。彼らの精神があなたがたの霊魂に留まり、永遠なる御方、神に栄光を帰し、多くの霊魂たちが救われるために、彼らのような者となるためです。


あなたがたの多くは印を待っています。印はもたらされるでしょう。けれども、むしろ真理の印を生きなさい。神があなたがたに対して忍耐強くあられるように、忍耐強くありなさい。非常に短い時間のうちに全ては成就されるからです。

 時は短いのです、愛する子らよ。これは本当のことです。私が時が短いというとき、そこには何も不可解なことはありません。あなたがたの多くは、愛する者たちにあなたがたがやっていることが真に神からのものであるということを納得させることができるように印を待っています。この印はもたらされるでしょう。けれども、むしろ真理の印を生きなさい。神があなたがたに対して忍耐強くあられるように、忍耐強くありなさい。時は神に委ねなさい。神の御旨に従って、非常に短い時間のうちに全ては成就されるからです。

 それゆえ、生活において、三位一体の神の御計画について欲求不満を起こすことにエネルギーを浪費してはなりません。そうではなく聖性のため、愛する人々の聖性のために働きなさい。あなたがた自身が望んでいるように、彼ら皆が神の御国を受け継ぐことができるように。懸命に働きなさい。全てを犠牲にしなさい。神が期待なさること全てが成就されるように。浪費する時間はありません、甘美なる子らよ。怠けていてはなりません。神の栄光と罪人の救いのために懸命に働きなさい。

 今日、この夕べ、あなたがたを三位一体の神からの多くの聖寵によって、汚れなき御心を通して祝福します。第一に、堅忍するように、第二に、神が与えられることに満足し、それを感謝するように。第三に、生活が平和であるように − 自分自身について平和であり、兄弟姉妹とも平和であるように − 天にまします御父にして私の御父に栄光を帰するために、生きなければならない諸徳によって皆が実を結ぶように。皆を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。平安がありますように。


リトル・ペブル:
 聖母は今「リトル・バルトロメオ」の方をご覧になり、うなずかれました。聖母は今、神父様に私たちのために祝福をすることをお望みです。


ブロサード神父:
(ラテン語) 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は今この美しい冠を天使からお取りになり、それを私にくださいました。それはまた中に茨の冠があります。これは「リトル・ペトロ」の冠であると、最後の教皇の冠であると説明なさいました。この冠の中には、24の王国のための24の鍵があると説明なさいました。


聖母:
 あなたを祝福します、愛する息子、未来の教皇よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は白い十字架へと向けてゆっくりと後退して行かれます。そしてここにいる天使たちと共に、もう一度私たちを祝福なさいます。


聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は先ほど、聖堂にあるバラについて説明なさいました。それはイエズスと聖母によって祝福されており、尊き御血の滴がこれらのバラの中に流れ込みました。そのバラは、性的に虐待された女性や子供のためのものです。このバラの花びらによって、これらの女性や女の子たちは癒されると聖母はおっしゃいました。それは非常に特別な聖母からの贈り物です。

 聖母は今なお十字架に向けて移動しておられます。微笑んでおられます。たくさん投げキスをなさいます。それはとても美しい。投げキスをなさると、小さなキスは小さな赤いハートに変わり、私たちに向けて鼓動し続けます。聖母は祈りを続けるようにおっしゃいました。




1996年2月28日、ソーンプッシュを通して、リトル・ペブルからのイエズスとマリアヘの質問


ソーンブッシュ:
 主はミサの間ずっとここにおられました。祭壇に立っておられました。私は主を通して聖体が見えました。私はすべての御傷を、これまでにもましてもっと深く内的に感じることができました。とりわけ茨の冠を。私は絶えずこれを捧げました。私はやって来た「リトル・ペブル」が苦しんでいるのを見ました。

 聖母は「われらが聖母、平和の元后」として御出現になりました。私は印を求め、それは与えられました。聖母の御頭の上には12の星がありました。御頭のベールには12の金のバラがついていました。それらは、きらきらと輝いています。聖母は木の数珠でできた15連のロザリオを持っておられます。

 聖霊が汚れなき御心から気高い白い鳩のお姿で飛び出して来られました。そして直ちに燃える炎の白い「球」へと変容され、聖なるミサを捧げておられるブレ神父様の頭上に留まられました。聖母は常に跪いて、主に向かってとても深く平伏しておられました。お二人の聖心は光で満たされ、お二人はこの光によって繋がっていました。

 ミサの終わりの最後の祝福の時、聖三位一体がブレ神父様を通して私たちを祝福なさいました。聖母がその直後に私たちを祝福なさいました。私は、聖体拝領で主を受けて後、感謝の祈りを祈りました。それからお二人は近づいて来られ、バラの花瓶のすぐ上にお立ちになりました。主はおっしゃいました。


聖主:
 わが至聖なる御母マリアの汚れなき御心を通して、私はあなたに挨拶する。真理を知ることを求めるわが「白き岩」よ。私は全ての子らに挨拶する。

 私が話したように、過去や現在の出来事、とりわけ未来に起こるべき出来事に関する数多くの質問をするために、あなたが率先して行動を起こしたことに私たちは喜んでいる。私は全ての被造物の心をよく知っている、小さき息子よ。よく聞きなさい! あなたの嘆願は私たちの分かたれない一致した聖心に届いたからである。

 これら全ての質問には速やかに回答が与えられるだろう。子供たちよ、私の限りなきあわれみを通して説明しよう。あなたがたは黙示録の時代が今であることを本当に自覚する必要がある。あなたがたは「時の終わり」の真ん中、中心と呼ばれる時に住んでいるのだ。子供たちはこの時期、非常に注意深くあらねばならない。というのは預言がまだ起こっていないので、サタンが未来に絶望するよう誘惑している時だからである。子供たちよ、この誘惑から固く身を護らねばならない。それは多くの人々に、とことんやり抜こうとする意欲を持てなくなるように勇気をくじき、神を恨むに至らせるからである。

 旧約の時代、天の御父がモーゼを遣わして、選ばれた人々をエジプト人から自由の身にさせようとされたことを思い起こしなさい。エジプト人は彼らをファラオの奴隷、単なる動物、何の助けにもならぬ無価値なものとしてしまったのだ。「白き岩」よ、あなたは再び同じことを目撃している。ただ、今回、わが民はサタンに支配されている世の精神の奴隷となっているのだ。ちょうどイスラエルの人々が絶え間なく不平を申し立てていたように、今の世代も同じようにしており、恩知らずになっている。しかし、私たちの限りなき愛、慈しみ、あわれみはこの世代を顧みている。けれど正義もまた存在する。

 われわれはこの弱き世代を見棄てたのではない。それはまったく反対である。この世代の大部分が神を見棄てたのだ。彼らは、この世は自らの必要と欲望を満足させるものと思っているが、小さきさ迷える子らは、この世は過ぎ去り、消えていく一時の蜃気楼にしかすぎないことを精神と心に留めておかなければならない。わが肉身と霊魂はこの世代のためにいかに苦しんできたことであろうか。にもかかわらず、彼らはこの世代と全世代を救うよう天の御父が思し召された無限の神的あわれみの出来事を忘れてしまった。

 小さき「白い岩」、未来の代理者よ、子供たちはもう十分に苦しんできたと思っているが、それは神の善性に対して犯されてきた多くの罪を償うために被る未来の苦難とは比べるべくもない。

 モーゼが選ばれた民イスラエル人をエジプトから導いた時、多くの障害があったが、忍耐と真の信仰をもって、それぞれの障害は克服された。彼らは自由になった。モーゼは「約束の地」と呼ばれる所に長い旅を経て人々を導いて行った。けれども、多くの人が不平を言い、彼らの間だけでなくモーゼに対しても意地悪くなっていった。それゆえ多くの者が約束の地に入ることを許されず、非常に多くの人々がその前に死んだ。数え切れない試みと困難を通して、選ばれた民は許された全てを望んだ多くのものを受け取ったのだ。

 非常に重要であり重大な誤りはこうである。すなわち、選ばれた民は選ばれたがゆえに何の努力も困難もなく、自らの霊魂の聖化も必要とせずに「約束の地」を与えられるものと信じたのだ。そうではない。この世代の選ばれた者もそうではないのと同じように。聖なる代理者ヨハネ・パウロ2世は、この世代をわが再臨、約束の地である聖なるニューエラに向けて導いており、彼の後には「ペトロ2世」未来の代理者となる。私は約束する、小さき息子よ、この旅は容易なものではない。召された者すべては聖人となるよう召されたのだから、彼らの生活に私たちの聖徳を適用することによって、自らの霊魂を聖化しなければならない。

 多くの預言がまだやって来ていないが、それは子供たちが時を誤って解釈したからである。天の御父は預言についての時が説明されることは望んでおられない。小さき息子、小さき「白い岩」、小さき「アブラハム」よ、勇気を持ちなさい。全ての預言はモーゼとアブラハムに起こったようにやって来る。しかし、モーゼと違ってあなたは選ばれた群れと共に新しい聖なる時代に入らなければならない。選ばれた「白き岩」よ、それは真の信仰を問われることである。私が戻って来る時、私は真の信仰をどのくらい見出せるだろうか?

 しかし、信仰の欠如、理解の全面的な欠如がなかったなら、教会はこれほど病んでしまうことはなかっただろう。真の信仰は人間的理解と論理的理解を常に支配するからだ。わが子よ、大警告や全ての困難、やって来る天罰について心配することはない。与えられた時間の中でそれを知るだろう。小さき子供たちが前もって日付を知ること、いかにして、どこで、いつ、なぜと問うことは道理に合わない。小さき子供達にとって今は、聖母の聖なる真理の「武器」を大いなる愛と信心をもって祈る時である。今は、自らの霊魂を聖化し、小さな十字架を受け入れ、徳ある者となる時である。今は天の選んだ全ての共同体が、私の至聖なる母のマンティラの下に形作られる時である。

 子らは忍耐し、未来の出来事に備えることができるように、旧約で起こったことを省みるべきである。霊魂の救いと神の光栄のために全てが成就した時、全て与えられたことは無駄ではない。小さき岩よ、神の計画は誤りなく完全であり、各事件の時は神の全能の御旨によるものと覚えておきなさい。

 行為によって人間を動かすのは、人間の自由意志であることに気づいておく必要がある。各行為はそれに続く次の行為に向けて結果を生みだすからである。そうしてドミノ効果が生じる。これは肯定的にしろ否定的にしろ全ての行動に起こる。これが決心を軽々しくすべきでない理由だ。これは一つの秘密である。「小さき岩」よ、私たちが語ってきたように、真の教会権威から助けが来るであろう。真の忍耐を固めておきなさい。

 御母の御出現地や代理者ヨハネ・パウロ2世が非常に強く信じている啓示に関して分裂が起きるだろう。既に教会の位階の中で多くの司祭がこの点に関して教皇に反対し、至聖なる母についても多くのことで反対する決心をしてきている。多くの選ばれた司祭が修道会の選ばれた共同体に入るであろう。多くの者が選ばれた共同体を設立し、入るようにとても強く霊感を受けている。これはもう始まっている。この召し出しはあまりにも明らかではっきりしているので、否定しえない。私は更に神秘家、幻視者、ボイスボックス、特権の霊魂を立てよう。希望の印として、天の声は地上の隅々まで聞こえるであろう。

 教会内の分裂、幻視者に反対する分裂、使徒や弟子の間での分裂、各教会間の分裂、そして世界が幻滅感を持つに至ったのは、すべて不従順のためである。「小さきペトロ」よ、思い起こしなさい。私は私の者を知っており、私の者は私を知っている。あなたや子供たちは真の信仰の水の上を歩くよう呼ばれており、そうすることで私と私の至聖なる母の現存を、慰め、導きとして知るであろう。

 「白き岩」よ、あなたは、もしも選ばれた司祭である「小さきバルトロメオ」や「小さきヨハネ」が裁治権を持っていたなら、共同体は今日のようには存在していなかったという事実にほんとうに着目する必要がある。なぜなら、彼らの尊敬すべき司教は信ずることを拒絶している。司教たちは選ばれた共同体がなぜ必要なのか理解していない。司教は彼らを競争相手と見なしている。しかし小さき息子よ、この障害も真の信仰を通して克服されるであろう。私の選んだ司祭たちは人間の論理的理解ではなく、神の声に真に従ってきている。

 勝利は御母の汚れなき御心を通してやって来る。それゆえ、真実で正しいことすべてに耳を傾け続けなさい。そうすれば、あなたがたは時が来たら、司祭である息子達と共に、選ばれた人々、選民を、聖性の道を通って、約束された土地、新しい聖なる時代へ導いてゆくことができるだろう。あなたがた全ては至聖なる母の真実の信仰の兵士だからである。

 恐れるな、神の愛する子供たちよ、わが御名と至聖なる母の御名のうちに前進しなさい。真の信仰の証しを通して堅忍しなさい。報酬は100倍なのだから。私は小さき息子、わかたれることなき一致した聖心の「白き岩」を祝福する、また祝された御母の汚れなき御心を通して小さき子供たちを祝福する†。全ての国の王、あわれみある愛する正義の救い主として。




1996年2月28日、リトル・ペブルの質問に対して、オーストラリアの幻視者「聖ミカエルの騎士」を通しての聖母の御返答


聖母:
 「小さき岩」、愛の「リトル・ペブル」よ、知っての通り、神の御旨は小さき子供たちが理解するための御旨ではありません。あなたがたの地上での貴重な時間は、天においては何の影響もありません。子供達よ、祈りによって1年は4年にもなり得るのです。天の御父は全ての子供たちを救いたいとお望みなので、そうするために時間が必要ならば、それは全ての者に与えられるでしょう。御父は御自分の子ら全てが天国に、神の光に来ることを望んでおられます。それも片手に一杯だけでなく。ですから心を騒がせないようにしなさい。時は何の意味もないのです。わが子よ、教皇は全てを承認されます。彼は出現を承認し、ロシアを奉献し、12使徒を宣言します。またそれ以上のことをします。しかし、子供よ、心を乱さないように。信じない人は永遠の光栄に来ないのです。それが全ての心が望んでいる本当の意味です。

 私たちは皆を、全ての子供を呼んでいます。最後の時が来る時までに達成したいことは、多くの多くの真の霊魂が救われることで、これこそ私たちが望んでいることなのです。子よ、どうか心を乱さないように。今年は早くから本当に困難な時になることは預言されていますが、天は打ち勝ちます。子よ、神の真実をもって前進しなさい。

 子よ、この後、愛する子ヨハネ・パウロ2世が共同体を承認した時、世界は灰になります。そうです、子よ、この局面で私たちは真の霊魂を持っており、更に多くの多くの霊魂が神の呼びかけに応じてやってくるでしょう。わが子ノアのように。全てが再建されます。だから全ての共同体に自給自足を願っています。それはこの人々が生き残るからです。子供たちよ、多くの心の傷があるでしょう。しかし、これが神の道なのです。成功した子供たちにとっては、これが真の「はい」であり、私たちが願っていたことです。地球の大いなる破壊のあと、多くの真の霊魂が見出されるでしょう。これは天の御父を御喜ばせします。子よ、心を騒がせないように。

 子よ、既に話したように、多くの子供たちがあなたを通して司祭になります。彼らは天使を通して天より教えられます。子よ、これが真理の言葉です。彼らは真の信仰を擁護するために、神的知識と知恵を授けられます。本当の「はい」をもって神に従う人は、常に悪しき者に勝利します。子よ、ですから心配しないように。今日従っている多くの多くの人々、そして、これからやって来る更に多くの人々が司祭になり、この人々を通して神の真理が語られます。

 子よ、大警告の後、多くのことが変化します。あなたもよく知っている通りです。世界は清められます。この時期、共同体の大いなる発展があります。このとき、全ての弟子、使徒、全ての子供たち − 幻視者、特権の霊魂、全ての司祭、多くの子供たちがこれらの人々についていきます。これが神のなさり方です。子よ、この時期、地上に破滅がもたらされた時に、子供たちにとって一つだけ安全な場所があります。これを彼らは知っています。それは全ての子供たちの行く所です。

 子よ、小さき子よ、元気を出しなさい。これは愛のリトル・ペブル、「小さき岩」にとって困難なことは分かっています。しかし子よ、あなたも知っているように、私の神なる息子が十字架を運ばれたように、あなたも世のため十字架を担っているのです。子よ、全ての子供たちの間の全ての分裂は、あなたが担わなければならない更なる負担ですが、これもあなたが担っている非常に重い十字架なのです。

 この幻滅している世界も邪悪な者の仕業です。子よ、心騒がせないように。主が、あなたの神は全てご存じなのです。この良き霊魂の一団を通して、強い信仰をもって彼らは希望に生きており、その希望は永遠の光栄ですが、これを私の汚れなき御心より受けるでしょう。善は勝利します。

 子よ、あなたは私たちが要請したので、教皇に個人的に会おうとしました。たとえそれが成功しなかったとしても、多くの収穫がありました。私の多くの子供たちがそうしたときのようにです。永遠の光栄に達するには従順、あなたの聖なる母、私への従順が求められます。あなたは理解しなければなりません。この努力で従順だけでなしに、多くのことが成し遂げられました。子よ、心配してはいけません。知っての通り、神の御業は本当に非凡です。多くの多くのことが私の真の小さき人々によって成し遂げられました。真の信仰によって愛する聖母のために。

 わが子よ、現時点では、私の小さき子ヨハネ・パウロが多くの多くのことを受け入れるのは難しいことです。邪悪な者が司祭たちの上に暗い影を投げかけています。この局面では、多くの悪霊が教会を支配しています。私の聖なる子、教皇はあなたと同じように天が導いています。心配しないように。ちょうど良い時に、全てが受け入れられ、天が勝利します。

 そうです。子よ、ブレ神父、ブロウサード神父はあなたの天的修道会に留まるでしょう。これらの修道会は母なる教会を再建する修道会なのです。これらの修道会は新しい時代の道です。これら修道会を通して天の門が開かれるのです。「愛のリトル・ペブル」「小さき岩」を通して教会は再建されるでしょう。あなたを祝福します†。心に平和を保ちなさい。私の小さき代理者よ、元気を出しなさい。全ては主である天の御父の御手のうちにあります。御父は勝利されます。

あなたの愛する母、マリア




1996年2月28日のリトル・ペブルの質問に対する、カナダの幻視者「サン・フラワー」を通しての聖母の御返答
1996年2月29日


サン・フラワー:
 明るい光です。この光を通して聖ミカエル、聖ラファエル、聖ガブリエルが出て来られました。彼らは右手に黄金の剣を持っておられます。彼らは剣を空中に挙げられました。剣の先端から非常に巨大な白い十字架が出てきました。私は天高く挙げられながら印を求め、与えられました。それは三位の大天使のまわりに飾られていました。十字架の下に扉が現れ、主イエズスと聖母が出て来られました。彼らの頭の上には美しい白い鳩がおられます。金で飾られた正装をしておられます。彼らが十字架から滑り出て来られると、私は多くの聖人たちが三大天使の背後に到着してお立ちになるのを見ました。イエズス、マリアが前に出られます。私を祝福してくださいます。私はリトル・ペブルからの手紙を持っていることを申し上げました。私は手紙を聖母にお渡ししましたが、聖母とイエズスは近くに来られ、手紙を読んでおられるようでした。

 聖母はダイアモンドの輝きを持つ涙を流されました。主は悲しそうな様子でした。今、鳩は永遠の御父に変わられ、非常に厳しい御様子です。彼らは悲しみのうちにわれわれと一致しておられます。私の心は重く、破れそうに感じられます。

サン・フラワーはリトル・ペブルの代わりに話します。「イエズス、マリア、御父よ、私は神の御旨を理解したいと願っていますが、どうしたら理解できるのでしょうか?」

(御父は聖母に合図され、聖母が前に出られました)


聖母:
 わが子よ、私と息子はあなたの希望を失った心、悲しみがよく分かります。私は再びあなたがたが論理的に、また人間的に理解はできないのだということを強調します。質問を通して霊感を通して明らかにされること全てを信頼しなければなりません。疑問が出てくるとき、邪悪な者にすきを作り、あなたの弱さのうちに彼らが入り、働くことを許すことになります。世界中に勢力をふるう悪霊の侵入に対し、その盾としてロザリオを使わなければなりません。


サン・フラワー:
(リトル・ペブルのために)後4年が残された時、この承認は何なのでしょうか。世界が灰になるのに? 誰がこの承認を気にかけるのでしょうか? それで教皇が全てを認められ終わりが来る。一体何が得られたのでしょうか?
何も?


聖母:
 愛の小さき岩よ、一人の霊魂でも救われたとしたら、それは何もならなかったと言えるでしょうか? 多くの子供たちに争いがあるので、聖トマスのように見たり聞いたりしなければならない多くの子供達にとっては、終わりの前に代理者の承認が多くの者を救います。あなたが以前から何年にも渡って聞いてきたことが起こります。承認は多くの者にとって重要です。それは戦っている霊魂が滅びないで救われるため、遅すぎるということはありません。


サン・フラワー:
(リトル・ペブルのために)教皇様は共同体を擁護したということですが、聖シャーベル修道会や汚れなき修道会の名には触れていないのですか。


聖母:
 甘美なる小さき岩よ、代理者は共同体について背後でたくさんのことを行いました。時が来れば明らかにされるでしょう。子よ、あなたは「神は神」と言いますが、これを問うのは疑うことです。疑いがあると邪悪な者が入り込み、操作する余地を作ってしまいます。私たちは常に一致して、彼が近寄るのを許してはなりません。わが子よ、あなたは耳を傾ける者に一致とロザリオを祈ることを指導しなければなりません。それは疑い、心配、誤解に対する唯一の盾なのです。子よ、信頼しなさい。ただ祈りによってのみ全てが理解され、真の霊感を受けられます。あなたは全ての疑い、誤った信頼をぬぐい去らなければなりません。時が残されているので、疑いを含んだ疑問にとらわれなければ、人は多くのことができるのです。


サン・フラワー:
 私はもう一度印を求め、印が与えられました。(リトル・ペブルのために)4年が残されていますが、たとえ教会が2年の内に修道会を認可するとしても、何ができるのですか? ほとんどの教会が注意も払わないし、援助が来たとしても、世界が灰になっていたのでは、それはもう必要でなくなってしまいます。(私が聖母を見ると激しく泣いておられました)


聖母:
 かわいい子よ、教会の少しの者でも私の子供たちを共同体へと連れて行けるし、そうするということをあなたは知っていますね。どれほど終りに近づいたとしても、誰もが助けを必要としています。一人だけではこれはできないのです。この理由で、私は子供たちが、天の私たちを通して、ロザリオの祈りを通して力を得るように願っているのです。


サン・フラワー:
(リトル・ペプルのために)お母様、全ての時代の教皇様があなたの指示に従っていたら、こんなごたごたはなかったでしょう。われわれが認可されるというのを誰が信じるでしょうか?


聖母:
 子よ、あなたが代々の代理者が耳を傾けていたらというのはその通りですが、同じことは私の代々の子供たちにも言えます。もし彼らが聞いていてくれていたら、多分完全な世界となっていたでしょう。人間本性の存在はそのままですが、全ての者に自由意志を保障しているのが天の法なので、天はその範囲で対処しなければなりません。認可は疑っている全ての子供たちと真の信仰を持たない大部分の者が求めてきました。真の信仰に踏み出して生き残る前に、この認可を聞き、見る必要のある人がたくさんいます。

 代理者は1985年に全てを行うべきだったのですが、その当時、子供たちは準備できていなかったので、物事は変化しなかったでしょう。今でさえ、子供たちは信仰に踏み出す用意がありません。その日その時、一致、愛、祈りに踏み出そうとする準備ができていないのです。全ての分裂に関しては、これは人間の介入で起こったことで、今後も起こり続けるでしょう。


サン・フラワー:
(リトル・ペブルのために)ここからわれわれは何を持っているのでしょうか? 強い信仰と希望に生きる一握りの人々、しかし彼らは疲れ、消耗し、全てに幻滅を感じています。彼らはわれわれと同じく「主よ、主よ、あなたをおいてどこに行きましょう。あなたは永遠の生命の言葉を持っておられます、あなたを置いて誰についていくというのでしょうか」と申します。


聖母:
 かわいい子よ、数少ない者から多くがやって来ます。あなたの模範を見て数少ない者から多くの者が、信仰、愛、一致をいかに進めるかを見せたことにより学ぶのです。「あなたをおいてどこに行きましょう」については、あなたは自分の質問に自分で答えています、わが子よ。


サン・フラワー:
(リトル・ベブルのために)お母様、私たちは召し出されてきました。彼らもやって来るでしょう。誰が彼らに教えるのでしょうか? 勇気のある二人の司祭でしょうか? カトリック教会の何万の人々なのでしょうか? 誰が共同体について教えるのでしょうか?


聖母:
 子よ、あなたは同じことについて多くの質問をしています。数少ない者から多くの者がやって来ます。今は信仰の歴史を弟子達に教える時期なのです。わが子イエズスが宣教を開始した時、最初の弟子になさったように。イエズスは短い3年間に多くのことをされました。多くの人に接しました。使徒の何人かは若い時から信仰の素晴らしい土台を持っていました。あなたは司祭を通して私たちが持っているもの、受け取るものを祈りにより教えなければなりません。更に司祭がやって来るでしょう。


サン・フラワー:
(リトル・ペブルのために)私は再度あなたに小さく何者でもない「純愛の僕」である私をお捧げ致します。私が心を開いたことをお許しください。しかし、これは私を苦しめますので、はっきりした御返答を必要としています。そうしていただければ幸いです。


聖母:
 わが子よ、わが子よ、あなたは常に胸のうちを明かさねばなりません。なぜなら、私が愛していることを知らければならないからです。あなたは真理と光明の「愛の小さき岩」です。あなたの求めている多くの返答は、一つの返答なのです。それは全ての子供たちが愛と祈りの内に一致することなのです。私はあなたの苦しみを知っています。あなたは今、わが子イエズスが受難の間、園の中で時を過ごしていったのと同じ絶望を味わっているのです。あなたは人間性の故に動かされているのです。私の大事な子よ、あなたに頼みたいことはたくさんあります。私たちはこれを軽く頼むのではありません。あなたはこれらの疑問と「何が要点なのか」という誤りを取り除かなければなりません。あなたの一致と愛、ぐらつかない信仰によって、全ての子供たちが神の道に従って行くでしょう。あなたの知っているように、あなたは神のなさり方を知りません。再度、私はあなたに心安らかになることを望みます。あなたの祈りと霊感によって、求めている天の答えを見出すでしょう。


サン・フラワー:
(リトル・ペブルのために)お母様、天はわれわれに教皇様と謁見できるよう望まれ、指示に従いましたが、成功しませんでした。われわれは何を得たのでしょうか?


聖母:
 私の大事な子よ、あなたが得たことは、教皇様が肉体的にあなたの存在に注意を払ったことにあり、ローマではあなたが(教会から)離れてしまうのではないことを知ったことにあります。ローマが自分たちにとって、共同体について知ることが必要なことを知ったことを信じなさい。あなたはこのことを受け入れるべきです。子よ、このことを揺るぎなく示すべきです。わが子らに報いがくるからです。信頼しなさい。


サン・フラワー:
 (リトル・ペブルのために)あなたはブレ神父やブロウサード神父にはスタッフがあると言われ、彼らは都市に行くのが望ましいと言われましたが、なぜですか? もし教会の権威が御出現を認め、修道会の基礎を認めたら彼らは修道会に残れるのでしょうか?


聖母:
 子よ、私の司祭に抜群の才能があるということは、単に彼らの仲間の司祭から拒絶される恐れなしに移動できることを意味しているだけです。この方法で彼らは共同体にもっと近づくことができるのです。彼らは修道会に留まります。


サン・フラワー:
 (リトル・ペプルのために)お母様、ともかくこれは私の心、忠実な使徒ブレ神父、ブロウサード神父、あなたを愛している多くの、しかし混乱している人々の心のことなのです。私はあなたの忠実な、しかし、混乱し、困っている息子、教会を勝利に導く未来の教皇として留まります。


聖母:
 終末における真の代理者よ、私の心はあなたが全ての光の子の混乱、困惑を担うことで重いのです。あなたの質問の全てを真に明らかにすることは、人間的手段ではできません。私たち天は再度あなたの忍耐、信仰の強化を願います。信頼しなさい。天の私たちは失敗させはしません。私は共同体と全世界の子供たちを祝福します。私たちはあなたがたが私たちと共に住むことを許すなら、皆を分かたれることのない私たちの心の中に置きます。平和でいなさい。あなたがたは多く愛されているのです。


サン・フラワー:
 聖母とイエズスは移動され、永遠の御父はその背後にお立ちになりました。聖母はとても青ざめた御顔色で、手を挙げて十字を切られ、イエズスも御父も同じようにされました。彼らは同時に私たちを祝福なさいました。

 永遠の御父は再び白い鳩になられ、聖母とイエズスの頭上を舞っておられます。イエズスは聖母の御手を優しくお取りになり、共に十字架の所へ昇って行かれ、十字架の内部へ滑るように入って行かれました。三位の大天使は前進され、剣を降ろされました。聖ミカエルは轟くような声で皆を祝福されました。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。彼らは昇って行かれました。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】