箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

全出現の聖堂、聖シャーベルの祈りの家で
与えられたメッセージ


No.502  1995年11月2日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



リトル・ペブル:
 白い十字架が空のとても高い所にありますが、それは普通よりもずっと大きいです。聖ミカエルが剣を祭壇へ投げられました。そして、聖シャーベルの絵の隣に立っておられる聖バラキエルが、お持ちの白い十字架で私たち皆を祝福なさいました。白い十字架の横木のすぐ上に、横木の方を向いている二つの剣があります。私はその理由を知りません。それは非常に明るく輝いており、十字架から聖堂に向かって多くの光が発しています。多くの天使が白い十字架を取り囲んでいます。聖堂の中にも数多くの天使がいます。彼らは翼の先を重ね合わせることでとても大きなトンネルを形成し始めました。それは空の白い十字架まで伸びています。

 今、白い十字架からイエズスが来られるのが見えます。主は木の十字架に釘付けになっておられます。しかし生きておられます。天使たちは主が釘付けになっている十字架を持って、ゆっくりと天使たちのトンネルを通って主を運んで行きます。今、聖母の御姿が見えます。聖母も十字架上におられます! 私はこれまでこのような聖母を決して見たことがありません! 聖母は完全な服装をしておられ、主の場合と同じような仕方で十字架に釘付けにされておられます。ただ一つの違いは、聖母は十字架に固定されている小さな棚の上にお立ちになっているということです。今、主の左側に白い十字架を通って来られた教皇聖下の御姿を見ることができます。聖下も木の十字架上におられます。「しるし」が見えます。

 他にもたくさんの十字架が白い十字架を通って現れ始めました。まず最初に私は私自身を見ます。それは聖母の右に移動しました。次はソーンブッシュです。これは教皇聖下の左に移動しました。それらの下には多くの多くの他の霊魂がいて、木の十字架にかかっています。そして、とても奇妙なことに、これら全ての十字架は多色の虹を作り始めました − 互いに混じりあいながら。今、聖ペトロ大聖堂が見えます。それは十字架にかかっている全ての人々の下に浮かんでいます。御血がイエズスから聖母へと、そしてイエズスから教皇聖下へと流れていきます。そして聖母から − それは非常に特別なことですが − 御血は神秘的教会の全てのメンバーへ、十字架上の全ての霊魂へも流れていきます。

 聖ペトロ大聖堂のドームを突き抜けて、どこからともなく現れたふたつの大理石の大きな柱が見えます。それは上に押し上っています。ひとつは主に向けて上昇し、もう一つは聖母に向けて上昇しています。最初のものはもう一つの柱よりも大きいです。大理石には修道会の名前が刻まれています。全ての小さな十字架の下に、柱のように積み上げられた小さないくつものレンガが見えます。聖霊が突然、鳩の形でイエズスの聖心より御出現になりました。くちばしに金の糸を持っておられます。それを持って聖霊はイエズスの内を通り過ぎ、それから聖母、そして残りのメンバー全ての内を通り過ぎて、この霊魂たちに通された金の糸によって編み出された模様のようなものを作られます。起こっていることを適切に表現することは非常に困難です。糸は二つの柱に巻きつけられ、二つの柱は非常に明るく輝き始めました。

 この光景は今まったく消え去りました。そして聖センチミンタリウスが彼の絵の隣に立っておられます。彼は混乱しないようにと言われました。白い十字架が再び現れました。非常に明るく輝いています。聖ミカエルが白い十字架の後ろにおられます。彼の剣は祭壇の中にあります。聖センチミンタリウスと聖バラキエルも祭壇のうちに剣を置かれます。白い十字架から金の光に乗られて聖母が非常にすばやくおいでになるのが見えます。金の光の縁の周りは非常に明るい白です。それは「道」のようです。それは聖櫃へと向かっています。金と白の光の「道」です。

 聖母は右手に主の聖心をお持ちになって、数多くの天使と共に降りて来られます。聖心には茨の冠と、聖母の右手に握られているロザリオの一部が巻きつけられています。聖母は今、聖堂の中に入って来られました。非常に威厳に満ちた御様子です。しかし、泣いておられたかのように見えます。御目は今しがた泣いていた人の目のようにとても赤く見えるからです。今、小さな涙の滴が頬を流れ落ちるのが見えました。

 聖母は美しく、しかし珍しい冠を被っておられます。それは金でできており、先端部の全てには心臓の形があります。冠の上には美しい星があり、それはとても明るく輝いています。美しい金のチュニクを着ておられ、明るい青のベールをしておられます。そのベールは縁にそって美しい刺繍が施され、足元にまで達しています。今微笑んでおられます。そして聖母に従ってきた多くの多くの天使が聖母の周りに半円を形成します。聖母は今イエズスの聖心に接吻なさいました。また、御胸に汚れなき御心が見えます。聖母は十字架の印をなさいました。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


聖母:
 あなたに挨拶します、大切な息子、神的愛の「リトル・ペブル」、「リトル・ペトロ」、神なる息子の地上の家の未来の教皇よ。また、あなたがたに挨拶します、「リトル・バルトロメオ」、「リトル・ヨハネ」、小さき娘ノラ、「リトル・グレイン」、ここに私の前に集まった全ての美しき「花」。甘美なる子らよ、そして世界中にいる全ての子供たちよ、あなたたちに挨拶を送ります。私は神なる息子イエズスの聖心を通じて皆に挨拶します。

 このタベ、私は「リトル・ペブル」に深遠な意味のある光景を見せました。教会は十字架につけられているからです。小さき息子がこのタベ描写したことは、子らよ、あなたがたが今直面しようとしている時代についての一つの示唆を与えるものです。地上の神秘的教会は、その「カルワリオ」を通過するでしょう。私の神なる息子と共に教会のために重い十字架を担っている全ての子らは、教会と世に対する目に見える印となるでしょう。それは、数多くの印が人類に与えられる時が迫っているからです。最初に警告として。第二に慰めとして。第三に罪人の回心のために、信仰に対する艱難のこの長い年月の間に離れ迷ってしまった多くの者たちを群れへと連れ戻すためです。

 私の神なる息子は、数多くの印が、今、神の御言葉を告白する者たちを通して彼らの肉体と霊魂に与えられることをお望みです。とりわけ、聖にして母なる教会の子ら何名かの目に見える聖痕によってです。子らにとって、なぜ神なる息子が子らの霊魂の内に受難を再び生きつつあるのかを理解することは重要です。それは人類が弱くなってしまったからです。彼らは信じないでしょう、見ない限りは。そして、いくらかの者は見ても信じないでしょう! 神なる息子が地上を歩かれた時そうだったように、今度もまたそうなるでしょう。キリストは、彼の栄光のため、罪人の救いのために捧げられた霊魂の内に、地上を歩いておられるのです。

 甘美なる子らよ、信仰へと立ち帰らせ、あるいは強める印のみならず、印と共に十字架がもたらされる時代へと入りつつあります。この十字架は世の子らのために自らを捧げる霊魂だけのためのものではありません。むしろ、弱くなっている者のため、神を否定している者のためです。神は他の御怒りの印をお示しになるでしょう。それは、神が大いなる印や不思議を与えられるとき、弱い者や悪い者を回心に導くために懲罰がそれに伴うからです。それゆえ甘美なる子らよ、今宵告げることをよく考えなさい。

 あなたがたのうちの多くは堅忍のうちに待ち続けてきました。神が約束されたいろいろなしるしを通して、神が自らを人類にお示しになるのを待ち続けてきました。あなたがたの祈りは聞き入れられています。けれども祈りなさい、甘美なる子らよ、多くの心が、とりわけ権威ある地位についている聖にして母なる教会の多くの者たちの心が開かれるように。彼らが古のファリサイ人や最高法院のようにならないように。主の来臨前の人々が決して見たことがなかったような奇跡や印、不思議を主がもたらしたにもかかわらず、キリストを断罪した権威ある地位の者のようにならないように。教会に神の言葉を聞かせ、彼らの心をそれに開かせなさい。そして、人類が信仰の弱さによって盲目であり続けないように過去の出来事から学びなさい。今はまた、私の娘ソーンブッシュにとって非常に重要な時期でもあります。彼女は今「受難の眠り」に入っています。しばらくその状態に留まるでしょう。教会を助けるため、キリストの代理者を助けるため、愛のリトル・ペブルを助けるため、二つの修道会を助けるためです。それゆえ彼女のために祈ってください、甘美なる子らよ。また、この十字架と受難を共にしている愛のリトル・ペブルのためにも祈りなさい。そして非常にまもなく、教化と聖化のためにあなたがたはこのことの証人となるでしょう。私たちが呼んだ者たちは他にも数多くいます。彼らは生涯を、自己の全てを罪人のためのいけにえとして捧げています。彼らのために祈りなさい!

 甘美なる子らよ。まもなく教会暦においてイエズスが「お生まれになる」時に入ろうとしています。降誕節についてよく考えなさい。わが神なる息子が世の中にお生まれになった神秘について考えなさい。なぜイエズスが人類のために地上に来られたのかについて黙想するために時を費やしなさい。甘美なる子らよ、イエズスの誕生、この偉大なる祭日が生活において近づきつつある時に、時間を怠惰に過ごしてはなりません。多くの者が救い主の誕生の真の意味を忘れて、この祭日を世俗的な性質の祝いとして祝っています。わが神なる息子の死と復活の祝いについても同様です。

 今や平和が支配していると世は信じています。全ては平穏であるように見えます。世界や各国の指導者によって多くの条約が締結されてきているからです。しかし人類は、短い時間の間にこの世俗的な平和は憎しみへ、死へ、そして数多くの霊魂の破壊へと消滅していくということをほとんど理解していません!

 私が告げることを良く考えなさい、甘美なる子らよ。神の印が生活にもたらされれば、怒れる神の印も共にもたらされるのです。まもなく神なる息子や私、そして聖人や天使の涙を流す数多くの像のことを耳にするでしょう。悲しみの涙、いけにえの血、希望の油を流す像のことです。そうなったら甘美なる子らよ、艱難があなたがたと教会に降りかかることを知りなさい! ペトロに忠実であり続けなさい。キリストの代理者から離れてはなりません。教会のうちに、私の神なる息子の地上の家に堅く留まり続けなさい。神なる息子の地上の家の指導者である司教、枢機卿が話すことは用心して聞きなさい。識別し、賢明でありなさい。真理の言葉に忠実でありなさい。なぜなら、ローマから来るもの、司教、枢機卿から来るもの全てがヨハネ・パウロ2世から来ているわけではないからです。

 それゆえ注意しなさい。よく聞きなさい。時の中の時は既にあなたがたの上にあります。甘美なる子らよ、信仰を学ばなければなりません。信仰を守るためには信仰を知らなければならないからです。甘美なる子らよ、キリストの代理者は、これまで薄められ取り除かれてきた多くの教えを明確にするために全教会に向けて話すことを望んでいます。聖なる教皇は教父たちの信仰を再確認するでしょう。それゆえよく聞きなさい。真の従順とは何かを学びなさい。真理に従うか誤謬に陥るかはこの従順いかんによります。

 教会が感染している多くの異端は偽りの従順によってもたらされたのです。そのことから学びなさい。たとえ時間は今非常に素早く進みつつあるとしても、あなたがたは時間を持っています。聖書には次のように言われています。「キリストは人類のために時を縮められる。さもなければ誰が救われるであろう?」 メッセージを再読しなさい、甘美なる子らよ。これに時間を費やすことは今非常に重要です。自分自身の望みや必要、自分自身の楽しみを追い求める時間を減らしなさい。信仰を知り、信仰のうちに堅忍と剛毅の聖寵を求めて祈ることに時間を使いなさい。私たちが多くの多くの聖人を与えてきたのはこのためです。この聖人たちはあなたがたと同じく生きていました。しかし彼らは「御言葉」に真に従ったがゆえに聖人となったのです。わが神なる息子の聖心、そして私の御心は、常に避難所、力となるでしょう。私たちの聖心は分離しえないからです。


リトル・ペブル:
 聖母の御心が御胸から離れてイエズスの聖心へと移動するのが見えます。それらは一つになりました。聖霊が二つの聖心の上におられます。


聖母:
 勇気を持ちなさい、甘美なる子らよ。恐れないでください。天が約束したように、主を愛し仕えようとする全ての者には多くの素晴らしい賜が用意されているからです。来年に向けてよく準備しなさい。それは本当に艱難の年となります。祈ることを決して止めてはなりません。できれば祈りを増やしなさい。あなたがたはまだ祈りの力を悟っていません、甘美なる子らよ。求めなさい、そうすれば与えられるでしょう。尋ねなさい、そうすれば見出すでしょう。わが神なる息子の聖心の戸を叩きなさい、そうすれば戸は開かれるでしょう。そして心は聖寵、知識、愛で満たされるでしょう。聖なる教皇のために祈りなさい、甘美なる子らよ。彼の道は刻々ますます困難になりつつあります。彼の終わりは非常に近いのです。しかし彼は、私たちが彼を天国へ連れて行く前に多くのことを成し遂げなければならないのです。

 甘美なる子、ノラよ、あなたがわが神なる息子の家「オリーブの園」に来たことを嬉しく思います。あなたがた今養われつつあるのは神なる息子によってです。甘美なる子よ、あなたの心が重いことを知っています。しかし、思い煩ってはなりません。私たちが神の神聖なる御計画について学ばせるため、あなたを強めるためにここへ遣わしたからです。

 わが娘よ、本当にあなたに言います。あなたのミッションはまだ完全には始まっていません。聖ペトロと共に、心と歩みにおいて、「真理の水」の上に「信仰の行い」をしなさい。そうすれば故郷にある「リトル・ナザレト」に戻るとき、特別な光が心に与えられるでしょう。

 私のマントであなたとイギリスの全ての子ら、そして世界中の全ての子らを包みます。そして、神なる息子イエズスと共に、あなたを祝福します、わが娘よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私はここにいる、そして世界中にいる皆を祝福します − わが神なる息子の聖心を通して聖心によって − そして私たちのうちに住まわれる聖霊の力によって。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。(ラテン語で)


リトル・ペブル:
 聖母は微笑み、二つみ心を差し出されてそこにお立ちになっておられます。そして、これらのみ心から私たち皆に向けて莫大な光が発しています。

 聖母は御腕を広げられました。聖母の左袖のところに数多くの小さな赤い心があるのに気づきました。それらには小さな十字架がついています。たった今私の守護の天使は、彼らは犠牲の霊魂だと言われました。それはとても美しく見えます。それは聖母が今とても嬉しそうに微笑んでいらっしゃるからばかりではありません。

 天から聖堂の中に落ちて来るバラが見えます。その香りを極めてはっきりと嗅ぐことすらできます。それは非常にたくさんあります。聖なる天使たちがそれを投げているのだと思います。あたり一面がバラで満ちています。美しい眺めです! 聖母の御足の下には聖ベルナデッタの柩に似たガラスの柩があります。しかし、この柩の中には「ソーンブッシュ」がおり、彼女はとても聖ベルナデッタに似ています。彼女は眠っているのでとても平和そうに見えます。柩の中にはバラを含む数多くの種類の花があります。「ソーンブッシュ」は眠ってはいますが、今微笑んでいます。どのようにかは聞かないでください。聖母も「ソーンブッシュ」の上に十字架の印をなさりながら微笑み続けておられます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 「ソーンブッシュ」と柩は今消え去りました。聖母が誰か他の人を通じてお話しになることを望まれるかどうかを知るために待つことにします。しばらく黙っていましょう。

 聖母の光は非常に力強く聖堂全体を満たしています。聖母は他の幻視者たちに内的にお話しになるつもりであるとおっしゃいました。今私に個人的にお話しになります。祈りを続けましょう。私は聖母に、この机の上の全ての品々を祝福してくださるようにお願いします。

(祈りが続けられる)

 聖母は私に多くの事柄についてお話しになりました。私は今夜はどのような称号のもとに来られたのですかと聖母にお尋ねしました。聖母は「バラの王国におけるバラの元后」として来られたとおっしゃいました。この王国は私の知るところでは天の新しいエルサレムにある王国で、そこにある数多くの王国のうちの一つです。

 聖母はお持ちになっていたロザリオをお取りになり、ノラの方向へ行かれ、ロザリオを彼女に掛けられました。そして再び全てのバラを祝福なさいました。新しく生まれる子らのために、彼らが世の「光」となるように、彼女らに非常に「顕著な」聖寵が与えられました。それは特別な祝福です。聖母と主は二つのみ心を通してロザリオを祝福なさいました。ここにある全ての品々はイエズスとマリア両方の祝福を受けました。聖母はまたブロウサード神父様の十字架をお求めになり − それには既に数多くの聖寵が与えられていますが − それに識別の特別な聖寵を授けられました。聖ミカエルもそれを祝福なさいました。加えて、聖センチミンタリウス、聖サクラメッサギュス、聖ベネディクトが一瞬の間に、その十字架を祝福するためにその中に飛び込みました。彼らがぱっと現れてばっと消えるその様子が私は好きです。

 聖母は私に二つのみ心をくださり、それらを私の霊魂の内に置かれました。私は聖遺物を持っています。恐らくそれは適切な言い方ではないでしょう。それは本物の物質的な聖霊の羽で、聖母がおよそ二年前に私にくださったものです。私がヨーロッパに行った時、初めてそれは私に物質的に与えられました。聖母はそれについて何度かソーンブッシュに話されました。「ヘッジローズ」にもです。これは鳩の姿の聖霊の本当の一部分なのです。私はそれを銀のロケットに入れて持っています。いつかそれを皆さんにお見せしましょう。私はそれを聖母に捧げ返しました。聖霊は二つのみ心から出て来られてロケットの上にお立ちになりました。

 聖母は神父様にうなずかれて、最後の祝福をするようにお望みになりました。全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆の上にあるように。アーメン。(ラテン語で)


聖母:
 祝福を皆に、わが神なる息子イエズスによって贈ります。とりわけ使徒、弟子、未来のクイーン、プリンセス、バロネスたち、全ての真理の戦士たちに、聖心の修道会に、聖シャーベル修道会に、汚れなき御心の修道会に贈ります。そして、この祝福を全ての新しい創設に贈ります。皆を堅忍のうちに強めるために。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 甘美なる子らよ、祈りを続けなさい、それらは今本当に人類のために必要とされています。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】