箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに聖母から与えられたメッセージ
全御出現の聖堂

No.466  1995年1月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


要点:
■ 現在わが巡礼の教皇ヨハネ・パウロ2世は旅行中です。教皇の保護のため祈りなさい。教皇は不謬であり、教皇だけが不謬である点を十分理解しなさい。

■ 人類は自然界でも超自然界でも、引き続き多くの艱難を経験するでしょう。この艱難とは、あなたがたの生活の中に起きる艱難です。

■ 印は天にも地上にも地の中にも、海にも空にも惑星にもあります。またあなた方の目で見るもの感じるものの中にもあります。

■ 全世界のキリスト教徒を試すため、最も厳しい懲罰がくだされるでしょう。それは反キリストです。

■ ミサイルが飛んで多くの人が命を落とすでしょう。ミサイルの記述は旧訳聖書のエゼキエル書に出てきます。読んで理解しなさい。

■ 惑星がその位置を変え、地球に今まで以上の害をもたらすでしょう。科学者は事実の多くをひた隠しにしていますが、大きな変化が起きるでしょう。

■ この印が現れるのは、あなた(リトル・ペブル)が教会のために司祭に叙階される時です。



リトル・ペブル:

 大天使聖ミカエルが空高く十字架の右に立っています。今、聖堂の中で天まで並んでいる天使の間に、このところいろいろな動きがありました。白い十字架からは金色の美しい道が聖堂の方向に向かって聖堂の中まで続いています。十字架から続くこの道に沿っては、天使が小旗を垂らしたラッパを抱えて並んでいます。小旗はいずれも、われわれの時代を象徴するものです。十字架の上には大きな虹がかかっており、更にその上には剣を掲げた大天使がいます。

 十字架の向こうには、幼子イエズスを抱いた聖母が見えます。聖母は大勢の天使を従えて聖堂に通じる道を下りて来ます。聖母はペトロ2世の紋章、イエズスはヨハネ・パウロ2世の紋章をつけています。聖母は色彩華やかです。主も聖母も冠をつけでいますが、聖母の頭上には「神の母」という文字が見られます。聖母はイエズスと共に聖堂に入り、聖櫃の前に立ちます。イエズスは小さな杖を持ち、頭上の冠は教皇の被る小型で三重の王冠に似ています。イエズスは笑顔を見せ、手にする杖は、司教や羊飼いの持つ杖のように目立たないけれど、鍵の手に曲がっています。

 聖母は7連のロザリオを手にしていますが、これは以前見たことのある部族のロザリオです。聖母もイエズスと共に微笑みを浮かベ、あたりを見回しています。聖母とイエズスに従って来た天使も、お二方と同じ身なりです。聖母の冠は教会の尖塔によく似て、幾つもの塔がついています。それで教会のようにも見えます。聖母は微笑みながら人々をじっと見守っています。天使たちは聖母の前に出てきて、聖母の周りと祭壇の上に花を置きます。聖母は十字架のついたロザリオを手にしますが、まず御子に目を向け、その頭と十字架に口づけをします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:

 わが愛する息子よ、将来のわが子イエズスの地上の教会の代理人となる者よ、わが愛のリトル・ペブル、ヨハネ黙示録の白い小石よ、わが子なる司祭、リトル・バルトロメオ、そしてここに各国から集まった愛する子供たちよ、世界中の子供たち、私はここに「教会の母」として、皆に挨拶を送ります。私こそ世界各国の子供たちの母です。私は今日、わが子であると同時に神の子であるイエズスを伴って来ました。イエズスは常に私と共にあり、私もイエズスと共にあります。

 現在、巡礼の教皇ヨハネ・パウロ2世は、わが子供らにわが神なる御子の愛と憐れみを説くため旅行中です。教皇の保護のため、また子らが教皇の話に耳を傾けるよう、教会の子供たちは祈りを捧げてください。教皇は救い主であるイエズス・キリストの名のもとに話をするのであり、教皇のみが不謬だからです。この点をよく理解してください。人類が善を選ぶか悪を選ぶかを選択をできる年月は、わずかしか残っていませんが、教皇はその間、教会のために生涯を捧げ、神のためには全てを犠牲にするでしょう。わが子にとって教皇のため、未来の教皇のために祈ることは大切です。教会と世界を覆う闇を払い除け、その闇に打ち勝つためには、多くの祈りが必要だからです。

 今後、キリストの代理者は教会を正すのに何が必要かを、声を大にして説くでしょう。教会は闇に覆われているからです。だからこそ子供たちよ、母なる公教会の勝利が速やかに達成され、世界に浸透するように祈りなさい。神はその憐れみの聖心から地上を神の霊で満たし、子供たちを照らしてイエズスが救い主、生ける神の御子であり、いずれは大いなる力と栄光の中に再臨して、彼の遺産を受けるということを知らせたいと考えておられます。今こそ世は回心し、一つの信仰と一人の牧者となる時です。

 人類は今後、自然界でも超自然界でも幾多の艱難に遭遇するでしょう。子供たちの中には、艱難とは自然界の混乱だけだと考える人が多く、艱難の意味を理解していません。子供たちよ、それだけでなく、艱難と試しは家庭内や、善良な人々の分裂、神の家の中での分裂、権威の分裂、病気、精神の疾病など、自然界以外にも日常生活の中に起きるのです。

 人々の心を暗闇が襲い、子供たちも真理から遠ざかったため、世界各地に苦難が多くあります。人類は神を捨てたため、心や精神において分裂しています。子供たちも神が地上の教会を通じて与えた掟に従おうとせず、法と十戒が多く破られています。権威ある人も、その傲慢さから、わざわざ子供たちを誤って導き分裂させています。これらは艱難です、子らよ。そして、まだまだあるのです。

 印は、天にも地上にも地中にも、海にも山にも惑星にも、見るもの感じるものの中にもあります。世界がこのように混乱をきたしたのは、堕落した闇の天使であるルシフェルが、この世の中に混乱と反目、誤解をもたらしたからです。子供たちの心から罪の意識が失われたからです。

 今ある苦難は、既に預言者によって預言されています。全世界に罰が降されても、世界は艱難など全くなかったかのごとく続いていきます。また多くの人々は、このような艱難が以前からもあったものだと考えています。それは本当ですが、現在のような量の艱難が今までに襲ったことはありません。戦争、死、病気、偶発的でない事故などが、世界では毎日起こっています。神の御手が最大の力であなた方を打ちのめし、あなた方が痛悔して神の御前に跪いて赦しを請うまでに、今後どれ程の艱難と罰をあなたたちは望んでいるのですか。

 真理の道に従う霊魂はごく少数です。私が毎日世界中の多くの所に行きますが、心の「小さき」者だけが、私が与えた言葉に従っています。ですから「心の柔和で貧しき者が地を受継ぐ」というのは本当です。甘美なる子らよ、聖書に述べられたこの子供たちは、あなたたちのためです。あなたたち皆は、来るべき新しい時代に神が人類に与えると約束された全てを無償で相続するでしょう。ただし、人類が来たる新しい時代の喜びと平和を享受するためには、今ここで地上の楽しみを捨てる選択をしなければなりません。

 わが愛する子供たちよ、今やあなたたちには多くの犠牲が求められています。なぜなら来るべき時代に備えて、あなたたちを強くすることが必要だからです。あなたたちが今まで見てきたものは、来るべきものとは比較にならないのです。日本の都市を廃墟にした原子爆弾も、来るべき時代にあなたたちの見るもの、即ち現在の地球の崩壊に比べれば「小さな」ものです。愛するわが子よ、あなたたちはとても「小さい」ですから、私としてもこのように神の指示と警告を何度も繰り返すことは嬉しくありまぜん。けれども、これらの指示は傲慢で尊大な者たち、神の言葉を聞くことを望まない者のためなのです。

 愛するわが子らよ、預言が今までに何度も延ばされてきたことで心を乱してはなりません。神に感謝していなさい。なぜなら、このことは功徳を積み、強くなるための更なる時間をあなたたちに与えるからです。この世に厳しい懲罰が下される時に、全世界のキリスト教徒を試すために最も厳しい懲罰が下されます。その懲罰とは、反キリストです。彼は全ての力と強さを持って地上に解き放たれ、多くの者を真理から遠ざけます。多くの者が自分自身を売り渡し、彼らが真実と信じるものに従いますが、実際にはそれは虚偽なのです。

 そこで真理の兵士であるわが子供たちよ、私の神なる御子を通して与えられた使徒や多くの聖人の生涯を思って、一生懸命働きなさい。彼らが、まず第一に自分の霊魂を聖化し、第二に彼らがなすこと全てにおいて神に栄光を帰するために、日夜どのように骨を折ったかを考えなさい。そして、あなたたちも彼らと同じようにしなければなりません。あなた方は皆、神に栄光を帰する終末の聖人となるために、また今日救われるべき人々を救うために召されたからです。愛するわが子らよ、自分は脇に置き、あなたたち自身のことは考えず、むしろ、至高者の御旨を考えなさい。そして、罪と世のぬかるみにまみれてまだ眠っているあなたたちの兄弟姉妹のことを考えなさい。

 愛するわが子らよ、あなたたちは大きな特権を与えられているのです。このことを疑ってはなりません。当たり前と考えてもなりません。世界の天によって選ばれた共同体に生活する者は特にそうです。あなたたちには多くの恵みが与えられていますが、これらを無駄にしてはなりません。もし、あなたたちかこの恵みを失えば、それは他の人に与えられます。わが神なる御子が聖書の中でこのことについて述べたように、徴税人も売春婦も、乞食でさえも、主と共に食事をするよう招かれるのです。このことを十分、心しておきなさい。

 全世界の子供たちの心から多くの不満が私には聞こえます。子供たちの心の中を覗いて見ると、彼らは自分の持っているものに気付いていないのです。私の共同休に生きる者がどんなに多くを持っているか、よく考えなさい。神があなたたち皆に与えた最大の賜は、聖体のうちに与えられた私の神なる御子イエズスです。何という特権を持っていることでしょう。世界中には乾いた何百万もの霊魂がいるのです。彼らはあなたたちのように、聖地に召されるのなら、命を捧げてもよいと思うでしょう。

 あなたたちの多くは私の声を聞き、私の言葉を証しする特権に恵まれています。この特権を当然と考えないでください。私の言葉はいずれ聞こえなくなります。神の前にくることもできず、貧困で病にかかり何の食物もない何百万もの、何百万もの、何百万もの霊魂のことを考えなさい。愛するわが子らよ、永遠なる聖父があなたたちに与え給うた恵みの豊さを考えなさい。あなたたちの宝をよく守りなさい。もしそれを守らなけれぱ、泥棒が来てそれをあなたから持ち去ってしまうでしょう。

 愛する子供たちよ、全世界の子供たちの多くが、超自然の偉大なる印を見て、慰められ、強められる日もそう遠いことではありません。というのも、試練や重荷や懲罰があまりにも圧倒的なので、霊魂は強くなるために超自然を必要とするからです。あなたたち全ては十字架の下に立ち、真理を証言するように呼ばれています。甘美なる子らよ、あなたたちを愛しています。私はあなたたちの母であり、教会と世界のことをとても気にしている母ですから。世界は人類か理解しているよりずっとずっと危険のうちにあるからです。

 ミサイルが飛び、多くの人が死ぬでしょう。旧約のエゼキエル書は、ミサイルについて語っています。それを読んで、数千年前の預言者でさえ、時の終りに何が人類の上に起こるのかを予見していたことを理解しなさい。惑星も移動して、地球に今まで以上の害をなすでしょう。愛するわが子らよ、科学者はあなたちに多くの隠し事をしています。太陽系や大気圏でいろいろな事が起きているので、彼らは地球の目前にある危険を知っています。いずれ科学者や法律家によってこのことが語られる時が来るでしょう。

 指導者のために祈りなさい。彼らの多くは悪の側のために働いているからです。これらの霊魂は神のためにも働いています。けれども、闇の中にいます。そうです、愛するわが甘美なる子らよ、母はあなたたちに今まで以上の犠牲と祈りと償いを望んでいます。教会の子供たちの中でも、ほんとうにわずかな者しかこれができないからです。だから、ほとんどの者が得られてこなかった理解を与えられている光の子供たちの上に、その重荷が置かれるのです。

 甘美なる子らよ、あなたの国オーストラリアにも西側諸国にも、気象だけでなく大きな変化が来るでしょう。ロシアの計画は変わっていません。共産主義の悪がまだ存在しています。無神論である共産主義はルシファーから来ており、ロシアの計画は今でも地球を征服することで、これは今行なわれつつあります。それは力づくの方法によるのではなく、「秘密結社」を通してなのです。

 甘美なる子らよ、地上の生活は善と悪、天国の天使と地獄の天使との間の戦いです。両者はあなたの霊魂を、神あるいは地獄のいずれかに持っていくべく、綱引きをしています。今は神の言葉に耳を傾け、それを実践する子らがほとんどいないので、多くの霊魂が地獄に行き、地獄は勝利しています。私は私の純粋なる心をあなたたちに与え、あなたたち全てを抱きしめます。あなたたちは私の子供です、あなたたちを愛しています。

リトル・ペブル:

 今、聖母は、その胸を道として開いています。汚れなき御心が見えます。汚れなき御心の中か見えます。そこには聖三位一体、天国の門があります! 聖三位一体は聖母と共に十字を切ります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:

 甘美なる子供たち、祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい。

リトル・ペブル:

 聖母は御自分が私に個人に話をする間に、人々には祈りを続けるように言われました。聖母と主は、人々が祝福して欲しいと望むもの全てに祝福を与えられました。ガンの犠牲者、特に腸ガン患者のためにバラの花を祝福し、また中絶された胎児のために机の上のロザリオを祝福しました。

 グラント・ダフィーが今私たちと共にいます。以前、私たちと一緒にいたグラントが帰って来ました。グラントを最後に見てから随分たちます。明日は彼がパラダイスに行ってから11年目の記念日に当たります。グラントは白い服を着て聖母の隣に立っています。短い髭を伸ばしていますが、以前のように眼鏡はかけていません。グラントは微笑みを浮かベ、右手にメダイを持っていますが、それに何が書かれてあるか見えません。けれど何かとても特別なメダイであるように感じます。

 聖母はグラントに話をするように促しています。イエズスとマリア、グラントの御三方は十字を切ります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖なるグラント・ダフィー:

 私の親愛なる兄弟、「ゲッセマ二の岩」と呼ばれるリトル・ペブルよ、こんにちは。私の家族、そしてここ私の前の神の子供たちよ、こんにちは。私の「復活」の時は近い。聖なる天使は教会にとって偉大なこの出来事のために、道を整えるようあなたに指示を与えています。聖なる元后からは、このことについてあなたに希望と励ましを与えるように言付かっています。あなたは「その」印をあなたが教会のため、司祭として叙階される時に受けるでしょう。それからまもなく私は「復活」し、地上の子供たちの回心を説くため、あなたたちに加わるでしょう。

 神の聖地では、多くのことが起きるでしょう。それは神の御旨であり、この私は印となります。印は多くの人を真理に回心させるでしょう。私に信頼してきてくれた全ての兄弟姉妹に感謝します。私はあなたたちと同じ神の子ですが、あなたたちのために仲介することを許されました。愛する兄弟姉妹たちよ、大きな信仰をもって信じ続けてください。疑わないで、神の偉大なる愛と憐れみ、偉大なる御力のうちに。神にとっては不可能なことはないことを覚えておきなさい。全ての論理は脇に置いてください。あなたたちは新しい時代に入ろうとしているのです。そこではもう論理はありません。神の御旨だけが完全なのです。

 理解できるように祈ってください、兄弟姉妹たち。天の元后に祈りなさい。あなたたちの心か照らされるように。人の方法とは全く違う神の方法の理解を広げられるように。あなたたちが見たように、私は癒されましたが、あなたたちの理解のようではありません。私は今パラダイスにおり、完全で幸福で、いつも平和です。バラダイスにいる者全ては、天国や煉獄にいる者と同じく、神の御旨のために生きています。神の御旨は完全です。神の完全な御旨を理解するために、諸聖人の言葉を度々読みなさい。そうすれば借しまずに全てを達成し、全てをなすことができるでしょう。そして、あなたたちは非論理性や人間的理解にもかかわらず、全てを行なう力と恵みを受けるでしょう。

 私の兄弟姉妹たちよ、私は皆さんの大部分は知りませんが、あなたたち全てのことを愛しています。私は皆さんの聖なる守護の天使の取次で皆さんのもとに来て、皆さんが神の完全なる御旨に従うことがてきるように助けます。そして、私のお父さん、お母さん、私の兄弟姉妹たち、私はあなたたちと共にいることを知ってください。私は神の平安のうちに、神の清き聖なる御母を通して皆さんを祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 汚れなき御心の小さき「岩」である兄弟ウィリアム、このメダイは永遠の聖父からの秘密です。それはパラダイスに関する秘密です。これをあなたに渡しますが、後にその秘密を聖なる天使たちが明らかにしてくれるでしょう。皆に接吻を送ります。あなたの小さき兄弟グラント。

リトル・ペブル:

 グラントは微笑み、ジェームズとフランシスの所に歩みよって、二人の頭に手を置いて、聖母の所へ戻りました。彼はいなくなりました。

聖母:

 わが甘美なる子供たちよ、勇気を持ち、聖霊を通してわが神なる御子イエズスの平安のうちに前進しなさい。

リトル・ペブル:

 幼きイエズスは聖母の手を離れ、右手で神の精を送っています。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 幼きイエズスは祭壇に行かれ、全ての花を拾い始めています。とても可愛い。彼は二歳位です。彼は花を一つ残らず拾いあげ、幼い手に持っています。彼は花を聖母に見せ、聖母も微笑んでいます。今、幼きイエズスはとても素早く聖堂中に花を配っています。聖母は微笑みを浮かベ、天使に合図を送って帰ろうとしています。聖母は天使だけとともに十字架の方へ動きます。イエズスは素早く聖母の後を追います。二人は十字を切ります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 幼きイエズスは急いで戻って来てブロウサード神父様の額に接吻をし、抱きつきます。彼は最後の祝福を与えるように神父様の耳に囁きます。
(司祭は祝福を与える……)

(聖歌「オー・サンクティシマ」が歌われる)



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】