箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖シャーベル祈りの家にて与えられたメッセージ

No.360  1992年5月2日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】

要点
1. 二人の偉大な預言者、エノクとエリアが再び預言する時がまもなくやって来る。

2. これら二人の預言者の口から出る「神の言葉」に耳を傾けないのなら、この世は災いである。

3. 地上の教会を導くために選ばれた私の預言者、小さき「岩」の言葉に耳を傾けない、あなたたちは災いである。

4. まもなく懲罰の事を耳にしない日は1日もないまでに懲罰は増加するであろう。

5. すべてはとても近い。メッセージを読み返しなさい。そうすれば終わりが近いことか分かるであろう。



リトル・ペブル
 聖櫃の前に金色のホスチアがあり、6位の偉大な天使が主の前で跪いています。天使は皆、金色をしており、聖櫃の後ろに光の塔があります。光の塔の太さは聖母の御像と聖ヨゼフの御像の間にあるレンガの壁ほどの大きさで、竜巻のようであり、青い光と白い光に満ちていて、空の彼方まで達しています。光の後ろに鳩の形の聖霊が見えます。とても大きく、空を飛んでいるかのように羽を広げています。

 金色のホスチアは今、前面にある十字架の上にあります。ホスチアは空中に浮かんでいます。聖櫃の前を離れ、聖霊の方へ動いて行き、聖霊の中に消えてしまいました。鳩の形をしている聖霊の胸から7筋の光が人類の上に注いでいます。「7つの賜」です。

 この光、あるいはこの光のトンネルといってよいかも知れませんが、そこを通って二人の偉大な預言者、エノクとエリアがやって来ます。以前に何度もエノクとエリアを見ましたが、この光に乗って旅をしているようで、この光から出て聖櫃の方へ移動しています。エノクは聖櫃の右に、エリアは聖櫃の左に立ちました。二人ともとても年老いて見え、とても長いあごひげをたくわえています。二人ともイエズスの時代と同じ服装をしています。

 エノクは金の1本の杖を持っており、杖には文字が刻まれていますが、私はその言語を知りません。ヘブライ語かヘブライ語に近い言語のように見えます。エリアは1冊の本を持っています。エリアは本を私の方に示し、頁を見せています。ある頁には「アルファ」と、他の頁には「オメガ」と記されており、下には金の文字で「終わりがやって来た」と書かれています。聖霊は今、近づいて来られました。とても小さくなられ、聖櫃の上を舞っておられます。聖櫃の中からわれらの甘美なる主が出て来られました。

 主はとても小さな子供から成人へと成長し、聖霊は主の頭上に休んでおられます。主は白いガウンをお召しになり、とても大きな赤いマントを肩から掛けていらっしゃいます。憐れみの御絵のようないでたちです。主はそのように見え、主の御胸に聖心が見えます。二人の預言者も見えます。エノクとエリアは主と同じくらいの背丈です。エノクとエリアは主の横に跪き、マントに接吻しました。主は御手をエノクとエリアの頭に置かれました。聖霊の光が聖霊から出て主を通り、主の御手からエノクとエリアに入りました。主の口からではなく主の内から声が聞こえてきます。

聖主
 間もなくわが二人の預言者がもう一度預言する時がやってくる。

リトル・ペブル
 主は私に、聖櫃の後ろにある塔あるいはパイプのような形に見える光は、ガラバンダルで見られ、エノクとエリアはその光を通ってガラバンダルに現れるということを理解させて下さいました。今エノクとエリアが立ち上がります。多くの天使が回りを取り囲んでいます。

聖主
 わが子、愛のリトル・ペブルよ、わが聖心およびわが至聖なる御母の汚れなき御心の「岩」よ、お前を祝福しよう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが子よ、お前は目の前に旧約の二人の偉大な預言者、人類にわが言葉を宣言するために間もなく世に遣わす預言者を見ている。お前と共にいるために楽園の島からやって来た二人の偉大な預言者は、罪の内に失われていた人類を、天にましますわが御父のもとへと帰らせるために、彼らを悪から連れ戻すために、彼らをわが御父のもとへ連れて行くために、私がこの二人の預言者を与えたということを人類に教えるであろう。それゆえ、お前の所へ旧約の預言者を送るのは、わが意志なのである。

 そうだ、わが子よ、これら偉大な預言者は、人類の理解力を超える力を持っており、このことは人類を驚かすであろう。子よ、私はお前にこのことを告げている。なぜならお前もまた、この二人の預言者と共に聖にして母なる教会の救いのために人類すべてを地上における御父の家のふところへ入れるために、多くのことを為すことになるからである。

 私は今日世界に向かって言おう。あなたたちに送った二人の預言者の口から出る神の言葉に耳を傾けないなら、あなたたちは災いである。地上における私の家を導くために選ばれたわが預言者、小さき「岩」の言葉を聞かないなら、あなたたちは災いである。全人類が警告を受けてきているのだから! 人類のためにわが二人の預言者を送る時が間もなくやって来る。

 世にあるわが子すべてに言おう。まどろみから目覚めよ。特に高い地位にいる者たちよ目覚めよ。人類にとって時はとても残り少ないからである。天にましますわが御父は、これまで語ってこられた御言葉を人類の上に実現するために、すべての正義の天使を配置された。わが聖なる母と私は、あなたたちが踏み込みつつある切迫した危険を警告することより他、何もできない。わが子よ、世界は暗闇の中へと深く沈んでいく。どこへいこうとするのかも気にかけず、わが霊からの神的光の真実を求めようとせず、生活を改めることなしに。目をしっかりと開き、だが心は盲目のままで、一目散に深淵へと飛び込んでいくのだ。

 私はお前たち、わが愛しい子供たちを愛している。だから、お前たちのもとへ二人の偉大な預言者、そして今地上を歩いている多くの預言者たちを送っているのだ。彼らの言葉を聞きなさい。彼らの言葉は霊と真実の私の言葉だからである。誰も私から隠れることはできない。子供たちよ、このことをよく知っていなさい。義務を避けてはいけない。お前たちの父と祖先が与えてくれた信仰を勇気を持って擁護し、使徒、旧約の預言者、そして聖にして母なる教会の教父たちによって伝えられた神聖なる真実を護りなさい。

 懲罰は世の上に降りかかって来ている。しかし間もなく懲罰のことを耳にしない日は一日もないまでに懲罰は増すであろう。わが子供たち、お前たちは歴史の最後の時を生きているのだ。このことを良く理解しなさい。今の時を完全に生きなさい。世のために生きてはならない。自分の永遠の救いのため、霊魂のために生きなさい。そして罪人を贖うため、霊魂を救うために、私とわが至聖なる母を助け、罪人を天の御国におられる御父のもとへ連れて行くのだ。

 子供たちよ、私はお前たちに私の至聖なる母と私の至聖なる聖心を与え、そして私と至聖なる母が特別にこの世紀、血の世紀、恩寵の世紀、憐れみの世紀に与えた憐れみの貴重な贈り物すべてをお前たちに与えた。わ御父の忍耐は終わりに近づいている。御父の正義は間もなく達成される。われらの言葉に耳を傾けないのなら人類は災いである!

 霊の世界での最初の徴罰は教会の上に降され、私の子供たちの多くは全世界で散らされるであろう。ちょうど私の磔刑の時に使徒たちが散らされたように、私の「神秘体」である教会も同じようになる。牧者は打たれるであろう! 良く聞きなさい、わが子供たちよ。悪魔が全世界で、霊魂の内部で、政府の内部で、権力の内部で、地上における私の教会の内部で一時的に勝利を収めても、最後の勝利は天と共にあるという、お前たちか持っている知識の内には希望がある。しかし、悪魔とその仲間は永遠の御父の正義の一撃で打たれ、地獄への道を歩んでいたすべての者は、まどろみと罪から目覚めるであろう。神の正義と憐れみは全世界で輝き、その後、地上におけるわが家、わが神秘体への大迫害の時がやって来るのである。

 すべてはとても近づいている、わが子供たちよ。今宵私が語ったすべてのこと、至聖なる母と私とが何年にもわたって告げて来たすべてのことを重要視しなさい。わが子供たちよ、メッセージを再び読み返しなさい。そうすれば終わりか近いということが理解できるであろう。

 天において、地上において、多くのしるしが見られ、人類は終わりが来たことを知るであろう。至聖なる母が何年も前に出現された場所にも、全人類の母であることを人類に示すため、私の愛する母は再び出現されるであろう。だから注意していなさい。子供たちよ、お前たち自身を準備していなさい。怠けてはいけない。祈りの生活を増やしなさい。聖なることをするためにもっと時間を費やしなさい。無為に過ごしてはいけない。可愛い子供たちよ、時を無駄に費やさず、一瞬一瞬が自分の霊魂の聖化のため、御父の栄光のため、お前たちの助けを求めている多くの霊魂の救いのための恩寵と功徳を得るための時なのだと考えよ。

 ローマの教皇のために熱心に祈りなさい。教皇は今、彼の霊魂の霊的な殉教を耐え忍んでおり、それはまもなく彼の肉体的な殉教となるからである。そのことで教皇の命は教会のため、そしてわが至聖なる母の「汚れなき」御心の勝利のために棒げられるのだ。将来の教皇、愛のリトル・ペブルが強められるように祈りなさい。まもなくリトル・ペブルの肩には、私が大いなる力と栄光とともに、私のものを主張するため戻って来る時まで、教会の重荷が置かれるのだから。

 枢機卿、司教、司祭、修道者、全世界のすべての指導者のため、彼らか私の聖なる言葉に従うための「光」が与えられるよう祈りなさい。まもなくこれらは人類に与える最後のわが言葉となり、御父の正義の御手が来るからである。

 愛のわが「岩」、ここにいる私の子供たち、全世界の子供たちをわが「聖なる傷」と聖心、すなわち人類のための聖寵の泉から祝福しよう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子よ、まもなく母が来られる。もう少し待ちなさい。子供たちよ、次の2連を祈りなさい。人類の救いのために、メッセージをもたらすため全世界を旅しておられる母を待とう。

(ロザリオが続けられる。)


リトル・ペブル
 主はまだここにおられます。二人の預言者は主の左側聖ヨゼフの御像のある辺りへ移りました。イエズスは向きを変えられ、聖母がいつも来られる右側をご覧になっていらっしゃいます。イエズスは十字架の後ろにおられます。映画「十戒」で「火の塔」が出てきましたが、その火の塔は十字架の後ろに見えていました。しかし、ここではその火の塔はとても幅が広くて聖櫃の後ろにあるのです。色は青と白で竜巻か何かのように回転しています。

 さて聖母があらゆる色と大きさの無数の天使と共に、この光を降りて来られます。聖母が天使をつき従えて光の右側に降って来られる様子は本当に美しい。主は腕を広げ神の御母を歓迎していらっしゃいます。本当に美しい。聖母はバラを一輪持って来られました。金のバラです。今、聖母はそのバラを主にお渡しになられました。本当に美しい。祝されし母は、胸の御心のある辺りに接吻なさいました。主は聖なる母を抱かれ、頭に接吻なさいました。二人の預言者は跪き、膝で聖母の所へ歩いています。本当にとても謙遜なことです。

 聖母は絹の美しい白い上着をお召しになり、頭から足まで届く青いガウンを羽織っておられます。聖母は祭壇の上を歩いていらっしゃいます。本当に珍しいことです。見えるものすべてがとても小さいので描写するのがとても困難です。しかし霊の世界には長さ幅などの次元はありません。聖母は今日とても輝いて見えます。

 聖母はそれぞれ異なる色をしたバラで造られた冠を被っていらっしゃいます。天使がみな聖櫃の周りに集まって来ています。天使たちが戻って来ています。良く分かりませんが天使たちの列は1マイル程あるに違いありません。天使たちはみな異なる色のバラを持っており、それぞれのバラには名前が書かれています。その名前ははっきりと見えます。名前は異なる色で書かれており、天使はみな微笑んでいます。イエズスも微笑んでおられます。イエズスは私たちの方に向きを変えられました。聖母も共に向きを変えられました。

 イエズスは右手を聖母の肩に回されました。それはあたかも聖母を抱擁されるかのようです。とても愛らしい光景です。このような光景を見るのは、それほどしばしばではありません。聖母もまた微笑んでおられ、とても幸せなご様子です。聖主は聖母が差し上げたバラを左手に持っておられます。今イエズスはそのバラに接吻なさいました。そして祝されし母にお渡しになられます。聖母も同じようにそのバラに接吻なさいました。

聖主
 このバラは、われらの招きにとても忠実に応えてくれた司祭であるわが子のものである。わが子よ、勇気を出しなさい。小さき者の「救いのミッション」を破壊するために、地獄の全勢力がお前たちを滅ぼそうと望んだとしても、敵は成功しないのだ。私はお前にわが至聖なる御母、そして、お前の甘美なる姉妹である、わが聖心のテレジアを与えたてはないか。

 悪は自分たちが勝利を収められると信じているが、それは霊魂の浄化と聖化のために私が許しているだけなのだ。このようにして私は地上のわが子供たちを試し、信仰・希望・愛を最高度に引き出すのだ。わが子よ、まもなくお前も、そしてわが子供たぢも喜ぶであろう。わか祝されし母のため、まもなくこのミッションに一つの勝利か与えられるからである。愛する子、愛のリトル・ペブルにも喜ばしい一つの聖寵が与えられる。そして多くの者が恥じ入るであろう。

リトル・ペブル
 聖母は微笑んでおられます。鳩の形の聖霊は主の上に留っておられ、多くの恵みが聖霊から出て主を通り、祝されし母の御胸を通って私たち全員の上に、そして、ここからもっと向こうにまで注いでいます。聖母は再びイエズスの御胸に接吻なさいました。十字の印をなさいます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母
 私のいとしき子、愛すべき隅の親石よ、そして、ここにいる甘美なる子供たち、全世界にいる私の甘美なる子供たちに挨拶します。母の愛であなたを迎え、愛すべき子供たちが人類にとってこの過酷な「時」にあって、神であるわが子の御言葉を良く聞くよう願います。子供たちの多くの者が信仰を弱め、希望を失い、勇気を失い、神からとても遠く離れ去ってしまう忌わしい罪を犯して、成聖の恩恵から落ちていくのを見て、神であるわが子も、そして私ももう涙を抑えることができません。

 子供たちよ、地上には今日、死体のような霊魂、乾き上がってしまい、内に生命が無くて炭のように燃えてしまった霊魂が何百万とあるのです。それは彼らが利己的だから、罪深いから、神なしに、愛なしに生きているからです。わが子よ、私が呼んでいるのは、それはあなたなのですよ、「愛の珠」を取り、これらの霊魂を救いなさい。多くの多くの霊魂が地獄への道を歩んでおり、誰も彼らを救わないなら、しばらく後には地獄に落ちてしまうでしょう。まだ希望はあります。あなたたちの力ある取り次ぎによって、あなたの祈りによって、あなたの犠牲によって、神であるわが子へのあなたの奉献によって、まだ生命の輝きがあるのです。

 子供たちよ、いつかあなたたちが天国に到達し、あなたたちの努力によって、いかに多くの霊魂が救われたかを見る時、あなたたちの心に永遠に溢れる喜びはいかばかりでしょう。哀れな霊魂に示した愛と憐れみのすべての行為に対して、神であるわが子はあなたたちの必要の時にもっと多くの愛と憐れみを示して下さるでしょう。このために私は罪人を償うため、ルチフェルの手中から罪人を助け出すために世界にやって来ているのです。

 しかし、子供たちよ、あなたたちの助けがなければ、私ば霊魂を救うことができません。それは永遠の御父が私とあなたたちとに置かれた条件だからです。さあ子供たちよ、あなたたちは各々の霊魂が神の御前で持っている恐ろしいまでの責任について理解できるでしょう。今宵、愛する子供であるあなたたちすべてに、私の「汚れなき」御心からバラを持つ天使を連れてきました。あなたたちに与えるバラの花びら一枚一枚が、あなたたちが祈り求める霊魂を救うでしょう。

 枢機卿と司教の回心のために、この聖堂内のバラを祝福します。これらは私の「汚れなき」御心からの「聖寵の準秘蹟」となるでしょう。これらの霊魂は神の御憐れみを最も必要としているからです。祈りなさい、子供たちよ、もう一度祈りなさい.全世界の聖櫃の中に隠れておられる神である私の息子に、あたかもこの時かあなたたちの最後の「時」であるかのように仕えなさい。多くの者にとってはこの時が最後の時になるでしょう。

 子供たちよ、あなたたちを愛しています。わが「汚れなき」御心をもって、また贖い主であり神である、わが子イエズス・キリストの「至聖なる聖心」をもってあなたたちを祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル
 祝されし母は今、私たちの方ヘ、とても近くブロウサード神父の方へ滑るようにして来られます。聖母はマントを取られ、それを神父様の肩に掛けておられます。そしてバラの冠も外され、神父様の頭に置かれます。聖母は神父様の額に接吻なさいました。

聖母
 子よ、あなたを愛しています。あなたは私の愛する息子、わが「汚れなき」御心にとても愛されています。勇気を出し私に従いなさい。私たちが神であるわが子に従い、仕えているように。子よ、このマントは常にあなたの周りにあります。あなたはわが息子だからです。

リトル・ペブル
 聖母はマントをお取りになり、主に戻されました。もう一度イエズスに接吻なさり、私たち皆の上に十字の印をなさいます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さて聖母は光の中へ戻られます。主も戻って行かれます。とても素墳らしい。天使たちがイエズスとマリアに従っています。二人の預言者は消えてしまいました。聖霊もいってしまわれ、天使だけが祭壇の周りに留っています。次に何が起きるか分かりませんが祈りを続けましょう。

(祈りが続けられる。)




ケネディ大統領の最後の聖体拝領

 1963年11月21日の夕方、アメリカ合衆国のある女子修道院で電話のベルが鳴った。電話を取ると男性が「そちらの聖堂では早朝のミサがありますか。また、男性の信者がミサに与ることが出来ますか」と尋ねた。電話に出た修道女は、「どちらも大丈夫だし、修道者でなくても歓迎します。」と答えた。

 次の日の朝、ドアのベルが鳴った。修道女が行き戸を開けた。修道女は、とても驚いた。なぜなら修道女の前にはジョン・ケネディが立っていたからである。修道女は大統領にどの席を望まれるか、そして聖体拝領する意向なのかを尋ねた。

「かしこまったことはしないでください」と大統領は答えた。「シスター方はご自分たちの席のままでいてください。私は聖堂の後ろの方でミサに与り、皆さんの後で聖体を拝領します。」

 ミサの後、修道女たちは大統領を朝食へ招いた。朝食をとっている時、大統領は修道女たちに次のように話した。「国内を旅行している時、ほんの僅かの女子修道院でしたが、ミサに与ったことかある。ここだけの秘密だが、そこでのミサには報道関係者も、好奇心に満ちたまなざしも、ファンファーレもなく、それらが与える以上のものを与えてくれました。」 朝食が終ると大統領は修道院長に熱い感謝の言葉を述べ「仕事のための長い一日」のために去って行った。

 この日が最後の日であった。そして、その日は短かった。数時間後、心優しき彼はダラスで撃たれたのであった。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】