箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

神秘的結婚に関する、リトル・ペブルと
M.L.ブロザード・ジュニア神父による、
特別な手紙
- 御血の祝日 -


No.314  1991年7月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済


親愛なる、はこ舟の聖母のミッションの信者の皆様へ

 お約束の通り、私は、全教会と善意の霊魂を仰天させている事態について、公けの声明をさせていただきます。それによって、すべての人びとが、神が私に要求したことは何であったか、また、なぜ、どうしてそれが聖書と教会の教えに基づいており、合法な行為でありうるかを真に理解してくださるでしょう。私は、この長い手紙を書くにあたり、聖シャーベル修道会出身で、私の霊的指導者であり、聴罪司祭であるブルザード(M.Broussard)神父に、助力を願いました。

 多くの霊魂たちの心のうちにある大きな疑問、それは、ある人とすでに結婚している人が、別の人と神秘的に結婚することは可能なのかということです。現在、私は、私の結婚の誓約に対する不義を非難されています。つまり、私は姦通の罪を犯し、ゆえに十戒に背いているというのです。私は、中傷や悪意のある言葉を投げつけられています。私の神秘的妻、私の家族と友人たちは、罪深い行為であるとして、一致して非難されています。これら非難のすべては、愛徳とキリスト教的な義務、さらには兄弟愛の名のもとになされているのです。私はまた、預言を成就させるために、私の妻や子供を殺そうとしていると非難されています。ほとんどの場合、誰も私に事実を尋ねることもなく、そして根拠もなく、神の御言葉が実現するまでの猶予も与えられずに、私に対するすべての行動がとられたのでした。裁きに次ぐ裁き!!

 ほんとうに親愛なる皆さん、注意深く私のいうことを聞いてください。天からのすべての真実のミッションと同じく、はこ舟の聖母のミソションは、成就した、あるいは成就しなかった預言に基づいているのではなく、真理とその実りの基礎の上に成り立っているのです。キリストは、その実りによって、預言者がわかるといいました。良い木が悪い実をつけ、悪い木が良い実をつけられるでしょうか? まさに、このキリストの御言葉が、聖人や神秘家、預言者をとおして、神の御旨を示すために、教会が何世紀にもわたって使ってきた手段なのです。今日、何百という自称預言者や幻視者がいる場合、教会もまた、神からのものか、そうでないかを判断するのに同じ基準を主張するのです。

 はこ舟の聖母のミッションの礎石は、主イエズス御自身と聖母なのです。御二人の言葉は、ただなされつつある預言の成就だけでなく、神の働きの実り、すなわち、改心と癒し、そして幻視者とそのミッションそのものの堅固さと不変性によって確証されているのです。それで、ある事態を判断する際には、すべてが神からのものに違いないということを証明する、しっかりとした根拠を思い出さねばなりません。

 例として、リトル・ぺブルの教皇権についての預言をとってみましょう。もし彼が重大な罪におちたならば、それは教皇権にどのように影響を及ぼすのでしょうか? 彼の信頼性に問題があるならば、どうやって教会を治めることができるのでしょうか? 聖母は、リトル・ぺブルのミッションにおいて、彼は決して過ちを犯さないといわれなかったのでしょうか? すると、人びとはいいます、聖ペトロも主を否んだが、教皇になったと。否むということは、姦通と同じことなのでしょうか? 一方はモラル(道徳)であり、もう一方は信仰です。リトル・ぺブルの教皇権は、世界中のほとんどの幻視者により確認されました。神秘的結婚についても、世界中の多くの幻視者により確認されています。 (神秘的結婚が真実でないとしたら、)それはリトル・ぺブルの真実性にかかわってくるだけでなく、さらにほとんどの幻視者の真実性にかかわってくることなのです。それは理屈に合いません。

 そこで、問題に入っていきますが、リトル・ぺブルの神秘的結婚とは真実なのでしょうか?

 親愛なる皆さん、すべてのことがいかに起こったのかを説明しましょう。

 1990年10月、私はドイツにいましたが、そこで私は、将来私の妻になるべッティーナに会いました。その時、私は再婚することになるとは知りませんでした。私は、アンという若く美しい妻と、六才、四才、二才、そして四ケ月の四人の子供たちとともに幸せな結婚生活を送っていたのです。旅行の時はいつもそうなのですが、私は何千という人びと、大変多くの若者に会いました。ドイツ滞在中、何日間か、私のミッションのために働いてくれる、ある家族に会いました。この家庭のなかに、べッティーナという若い女性がいました。ベッティーナは、感じの良い女性で、聖母のミッションを強く信じていました。私は、この家族と二、三時間過ごした後、そこを去りました。

 10月14日、私は、公認されたアルテティングと呼ばれる大きな出現地に行きました。私が御出現の教会に入ると、幼きイエズスを連れられた聖母が御出現になり、私に、心配することはない、彼女の神である息子、イエズスが、私と、私が出会ったあの若い女性べッティーナに、ある御計画をお持ちであると、私に告げられました。私は聖母に尋ねました。「どのような御計画ですか?」と。聖母は、私が後に知ることだろうということ以外は、おっしゃいませんでした。私は、このため非常に困惑しました。二、三日後、私は教皇に会うために、ローマに行きました。再び聖母はおいでになり、私に同じことを、しかも、さらに詳しくおっしゃりました。

 私は、今や、とても不安になり、この件に関して、ほかの幻視者と連絡をとりはじめました。これらの幻視者たちのうち二人は、聖痕を持つ幻視者で、教会に指導を受けています。一人は、今世紀の「カタリナ・エンメリック」と呼ばれています。私は、その幻視者たちに、私が幻視を受けたこと以外は、何もいいませんでした。すべての幻視者が、私が幻視を受けたことを確認したばかりでなく、聖母がおっしゃったことも、私に話しました。一週間後、私はドイツに戻り、数日をその家族と過ごしました。私は、ベッティーナと私自身のあいだに、引かれあうものが生じたことに気がつきましたが、まだ友人としてのものでした。

 その週のあいだに、聖母は、たびたび私のもとにおいでになり、天が私たちにある計画を持っていることを告げられました。1990年11月1日、教会にいると、私はとてもすばらしい幻視を受けました。私は、玉座におられる聖母と、とても大きい鳩の姿の聖霊を見ました。その鳩が私に近づくと、くちばしには二つの結婚指輪をくわえていました。その時、ベッティーナが、家族とともに私のそばにいました。私は、おどろき、不安になりました。ふたたび私は、その幻視者たちに電話しましたが、彼らも同じことをいいました。私は深い悩みに襲われ、すべてが確認されたものの、それが何を意味するのかわかりませんでした。私は、あれほど多くの幻視者を通して、神が確証させてくれたように、それがきっと、正しいとわかっていたものの、私は試みられているのだと考え、とても苦しみ、当惑しながらオーストラリアに戻りました。それから私は、14日間、聖霊の照らしを願って祈りました。

 1990年11月14日、ミサの際中に二度、主イエズスは、私のところにおいでになり、仰せになりました。「息子よ、あなたの妻アンは亡くなり、天国へ行くであろう。そして、あの若い女性ベッティーナが、あなたの新しい妻となるであろう」 これを聞いた途端、私はショックを受けました。私は自問しました、「なぜ? すぐに私は教皇になるのに、なぜ再婚する必要があるのか、子供たちはどうなるのか? なぜ再婚するのか、なせ別の妻をもらわなければならないのか?」 聖主は、私に答えられました。「それが神の御旨なのだ」 ミサが終わった後、聖主は私に、聖痕を受けた幻視者に連絡をとるように、そうすれば、聖主が語られたことを私に確信させてくれるだろうとおっしゃりました。彼女はそうしてくれましたし、私がそのことをいわれるずっと以前に、同じことをいわれていたといいました。その日から、今現在にいたるまで、神が御計画なさったことを知ったことで、深い悲しみにひたっています。ベッティーナは、あたかもずっと以前から私を愛してくれていたかのように、何のためらいもなく、結婚の申し込みを受け入れてくれました。

 12月、主イエズスと聖母は、私が、3月に、神秘的に、ベッティーナと結婚しなければならないとおっしゃりました。これは多くの幻視者たちに確認されました。それから聖母は、その幻視者たちに、アンが亡くなって天国に行く時を知らせました。このすべては、教会の偉大な神秘をともなって、おこなわれるはずでした。私は、それを理解できませんでしたが、神が私に要求なさったことを受け入れたのです。

 12月、主イエズスが、私とほかの幻視者たちに語られた秘密を、何人かの選ばれた霊魂たちに話すようにと私におっしゃりました。これらの霊魂たちのうちの二人は、聖シャーべル修道会の司祭でした。すべては、その出来事が終わるまで内密にされ、それからすべてが公けにされることになっていました。その出来事は起こりました。主イエズスと聖母は、1990年の10月からすべてのメッセージのなかで、公けに神秘的結婚についで話されましたが、私自身をのぞいては、誰も御二人のおっしゃることを理解しませんでした。神秘的結婚は、3月に、一人の司祭と、聖痕を受けた幻視者、そして家族の出席のもとにとりおこなわれました。

 4月にアンは天国に行くはずでしたが、それは延ばされ、今日に至っています。それがその日に起こらなかったために、一人の司祭が信仰を失い、リトル・ペブルを裏切りました。十字架の道が始まったのです。アンは気がついて、その司祭を通して、世界中の多くの人が、それを知ることとなりました。アンに起こった苦悩は、非常なものでしたが、二、三週間で、彼女は超自然的な洞察を受けて落ち着きを取り戻しました。アンは、キリストのための犠牲の霊魂、現代の殉教者となったのでした。ベッティーナも、信仰の犠牲者となったのです。家族や友人たちを含め、すべての人が背負わなければならなかった十字架と苦しみは、非常に大きく筆舌につくしがたいものです。アンがベッティーナとリトル・ぺブルの結婚を受け入れないことではなく、彼女が、聖母のミッションを信じていることを理解しなければなりません。

 しかしながら、今度においてもそうなのですが、たとえ延ばされるとしても、すべては文字どおり実現するであろうと、神は仰せになりました。すベてのことは延期されていますが、それは主イエズスが、人びとを試みることを望まれているからです。

 そこで問題が残っています。もし預言者が、神と教会の法に反することをするように要求されたとしたら、彼は悪をなすことになるのでしょうか? 彼は罪の状態にあるのでしょうか? 彼は要求されていることに従うベきなのでしょうか? その答えは単純です。

1.預言者は、まず第一に神に従わなくてはならない。たとえそれが神の法に反していようとも。

2.預言者は、聖書にもあるとおり、そうすることを要求された時には、罪を犯すのではない。

3.リトル・ぺブルのミッションの証明は、神の業の実りである。そのミッションの信頼性をみれば、それは容易にわかります。

 神の法と道徳の問題に関して、聖トマス・アクィナスから神の教会の教えを以下に載せました。これは、リトル・ペブルによってなされたことが、真理に対する従順の合法的な行為であり、決して道徳や自然法、あるいは超自然法に反するものではないこと、さらに、同じように非難されているほかの者たちにとってもそうであることを、皆さんに証明してくれるでしょう。

 それゆえに、神の親愛なる皆さん、皆さんがこの非常に重大な出来事に判断をくだそうとする前に、繰り返し祈ってください。そして、真理がリトル・ぺブルのミッションを治めているか、あるいは道徳が堕落したかについて、慎重に考えてください。覚えていていただきたいのは、とても苦しんでいる親愛なる霊魂たちが、この時、あらゆる面で瀬戸ぎわにあり、この劇的事件が最終的な結論に達するまで、関係者一同のため、そして神により栄光を帰するために、より多くの祈りが必要であるということです。

 杭は高く、たくさんの祈りが必要なのです。このすべての事態について、聖痕を受けた幻視者の一人に与えられたメッセージが、この文書に含まれています。

 そして最後に、次のことを理解していただかなければなりません。リトル・ぺブルが人生において、このような一歩を踏み出す以前に、それは非常に注意深く調べられ、幻視者たちや司祭たち、さらに一人の大司教を通して、天により確認されたのです。その大司教は、神がそのようなことをすることは可能であり、歴史上、そうしたことがあることを、リトル・ぺブルに確認しました。

 リトル・ぺブルは、性的欲求を満たすために、若い女性を求めたのだといわれています。しかしながら、もし、これがほんとうに悪魔の仕業だとすれば、リトル・ぺブルは、妻のアンには何もいわず、ひそかに新しい妻を、あるいは別の女性をもったでしょう。そのうえ、彼は、結婚しているにもかかわらず、別の女性と結婚するように要求された時、何が危うくなるのかを知っていたのです。彼は、自分の妻や子供たち、家族、友人、名誉、信用、そしてミッションを失ったでしょう。これらすべてを性的欲求のために。

 そこで、親愛なる皆さん、この手紙、メッセージ、そして教会の教えを読んだ後に、皆さん自身の結論を出してください。

 どうか、私と、私の家族、そしてベッティーナと、その家族のために祈ることを忘れないでください。私たちが将来におこなうすベてにおいて、今も、そして世々に神は称えられますように。そして、さらに神の無限の知恵が、真理を求めるすベての人にとって、輝く光でありますように。八割の人びと、プロモータのかたがたや幻視者たちが、このことを聞いた後でさえ、はこ舟の聖母のミッションにしっかりととどまっているごとを知って、慰められております。

 神の方法は、人間の方法とは異なるのです。

 神の祝福が、皆さんの上にありますように。

リトル・ペブル





(第二部)


神の方法は、人間の方法とは異なる。

 神の方法は、人間の方法とは異なります。神によって指名された預言者は、しばしば、神がその民に知らしめたいと望んだ神秘の、生ける印とされるのです。これは、旧約、新約聖書の主張するところです。

 リトル・ぺブルは、神によって指名された預言者です。彼に与えられたメッセージを信心深く、そして思慮深く読み、その上、御出現の全体をよく知ろうとする者は、誰でもこの事実を認めることができます。この手紙の目的は、リトル・ぺブルが置かれている特別な状況について話し、福音の道徳的要求に合致していることを示すことにあります。聖書は、神によって啓示され、聖伝は、聖霊によって導かれました。そして、教会の教権は、その御名によって教えを説くために、キリストによって定められた務めなのです。これらは聖なる源なのです。(1) 私は、読者のために、御自分で1991年7月1日付けの、神秘的結婚に関するリトル・ペブルの手紙を読むのをゆだねますが、そこには本質的な事実が述ベられています。

 私は、読者のために以下の疑問にお答えするつもりです。

  (a)リトル・ぺブルの神秘的結婚は、合法的な行為であるか?

  (b)我々の世代における預言者の役割は何か?

 これらの問いに対する答えは、ある種の正確さを要求するでしょう。真実を守り、さらにその上に、御出現とリトル・ぺブル自身の信用をおとしめるために、さまざまなグループから広まっている、ある種の誤った考えや中傷を封じるためには、区別が必要です。ドミニコ会士聖トマス・アクィナスの『神学大全』が、たいていの必要な神学上の正確さを提供してくれるでしょう。神の命令は、常に正当で合法的です。これは一見したところ自然法に反するような場合においても、あてはまります。聖トマスは、旧約聖書の預言者たちに与えられた、これらの異例な命令を説明しています。彼は問います。

★ 神は、すべてのことにおいて従われるベきであるか?
(第2部第104問第4項第2異論解答)

 聖トマスは「神が徳に反することを命じた時には、神に従うベきではない」という異論に答えています。彼はいいます。 「神は、徳に反するいかなることも命じることができない。なぜなら、徳や人間の意志や正しさは − たとえそれが通常の徳のあり方に反していたとしても − 神の意志に一致すること、神の命令に服従することにあるからです。それゆえに、アブラハムに与えられた、罪なき息子を殺すようにという命令は、正義に反するものではない。というのも、神は、生と死の創造主であるからである。さらにまた、神がユダヤ人に対して、エジブト人が所有するものを持ち去るようにと命じたことも、正義に反するのではない。というのは、すベてのものは、神のものであり、神が望む者に、それらを与えるからである。また、ホゼアは、姦通者を受け入れるようにと命じられたが、これも純潔に反するのではない。なぜなら、神自身が、人間の生殖の決定者であり、女性との正しい交りのあり方は、神の定めによるものだからである。かくして、神に従うこと、あるいは神に従おうとしたことによって、前述の人びとが罪を犯したというわけではないことは明白です」

 神の命令に従うことは、常に徳の行為なのです。聖トマスは、幾つかの箇所でこれら同じ旧約聖書の三つの出来事 − アブラハム、ホゼア、そしてエジプト人から金品を持ち去ったこと − について繰り返し語っています。いずれの時も、聖トマスは、すベての被造物におよぶ神の主権を、はっきりと見ています。第100問第8項第3異論解答(第2−2部)において、彼は問います。「十戒の掟は免除されうるか?」 さらに聖トマスは、エジプト人からの“盗み”の事件について解説しています、それは盗みではなかった。なせなら、それは“神の判決”であったから、と述ベています。また、アブラハムに関して、聖トマスはさらに説明しています。 「……彼は殺人に同意したのではない。なぜなら、神の命令によって、彼の息子が殺されるのは正当なことであったのである。神は、生と死の主である……また、もしある人が、神の権威による判決の執行者であるならば、神がそうでないことと同様に、その人も殺人者ではない」

 ホゼアについても、聖トマスはいっています。「……(彼は)姦淫、あるいは私通の罪を犯したのではない。というのは、彼は神の命令によって、自分の妻であった女を受け入れたのであり、神は、結婚制度の制定者であるからである」 それゆえに、聖トマスは言明しています。 「したがって、その結果、十戒の掟は、それらが内包している正義の本質に関しては不変であるが、個別的行為における適用の決定 − たとえば、これ、またはあれが殺人であるか、盗みであるか、姦通であるか、あるいはそうでないか − といった点に関しては、変化の余地があるのである……」

 神の命令によって、ある人が、通常は非合法的なある行動をとるように命じられた時、個々の場合に対して、神はみずからの法を留保したり、免除したりすることができるということが、すでに上述の引用文からおわかりいただけたと思います。このような出来事は、多くは稀で、人びと全体のために、神から特別なミッションを与えられた人びとにのみ要求されるのです。これは、上述の預言者たち、アブラハム、ホゼアにあてはまります。しかし、旧約聖書のすベての預言者たちが、神によって、神の民を教え、その行いを治めるために、別の意味を象徴するような、神秘的な行動をとることを命じられました。

 私たちはとくに、イザヤ、エレミア、エゼキエル……といった預言者たちについて考えてみるだけでよいでしょう。聖トマスは、これに関して預言の主な役割について説明しています。 「……預言は、神の真理の知識への道を示し、それを熟考することによって、私たちは信仰において教えられるばかりでなく、行動においても導かれるのです……それゆえに、神に選ばれた民の霊的な繁栄にとって、適切であるかどうかに応じて、人びとはいかなる時も、彼らがなすベきことに関して、神的に教授されたのであった」(第2−2部第174問第6項)

 人びとの行為を方向づけるという、これと同じ状祝において、聖トマスは、さらなる問題を問うことに論点を進めています。 「罪なき者を殺すことは、合法的であるか? 自然法は変更されうるものであるか?」そして「単なる情交は致命的な罪か?」 彼はふたたび、アブラハムとホゼア − この二人の預言者は、神からもっとも異例な命令を与えられた − に関する聖書の前例について言及するでしょう。まったく表面的には、これら神によって要求され、提示された行動は、非合法的でした。聖トマスは、神の命令は非合法的でななく、罪でもないと説明しています。アブラハムに関して(次のように言及しています)。 「神は生と死に対する支配権を有する。けだし、神の命令によって、罪人たちも正しい人びとも死ぬからである。したがって、神の命令によって、罪なき者を殺す人は、彼に執行を命じた神と同じく、罪を犯さない。むしろ、神の命令に服従する者として、神への畏れを示すものである」(第2−2部第64問第6項第1異論解答)

 神の要求に従うことは、常に理にかなっているのです。なぜなら、神の上智は、人間の判断を越えているからです。聖トマスは説明します。 「さて、人間の理性は、神の意志 − 第一の最高の規範 − によって支配される限りにおいて正しい。それゆえ、人が神の意志によって、神の命令に対する服従において行うことは、たとえそれが、一般的な理性の秩序に反するように思われても、理性に反するのではない。神の力によって奇跡的になされることが、通常の自然の成りゆきに反しているとしても、自然に反しないことと同様である。それゆえに、アブラハムは、罪なき息子を殺そうしたのであるが、彼は罪を犯したのではないのである。なぜなら、彼は神に従ったからである。その行為自体を考えてみると、一般の正しい人間の理性に反していたかのようであるが……。そして、ホゼアもまた、神の命令によって、姦通の罪を犯したのではないからである − (ここで聖アウグスティヌスを引用する) − もし神が、いかなる人びとのそれであれ、何か風俗や取り決めに反することを命じられる場合には、たとえこれまで、そこで一度も行われたことのないことでも、しなくてはならない − また、彼は次のように加えている − ちょうど人間社会の諸権力のなかで、強大な権力が弱小な権力の上位にあって、従えているように、神はすベての権力の上位にあって、それを従えているのである」(『告白』第3巻第8章)

 最後に聖トマスは、自然法が第一原理においてばかりでなく、第二原理に変化するのかを、注意深く区別しています。彼は説明します。 「……しかし、そういった戒めを尊守することを妨げている、いくつかの特別な原困による、ある特殊の稀に起こる場合において、変化するのである」(第2−2部第94問第5項)

 彼はそれから、その特例をも挙げています。 「したがって、神の命令によって、わずかの不正もなしに、罪人にも罪なき者にも、すベての人に死が与えられうるのである。同様にまた……神の命令による、いかなる女性との交わりも、姦通でもなければ密通でもない」(第2−2部第94問第5項第2異論解答)

 リトル・ペブルとベッティーナとの神秘的結婚の場合について考えるのであれば、神が預言者に下された命令 − リトル・ぺブルのベッティーナとの結婚 − についても、公平に扱わなくてはならないのです。以上にわたって述ベられているすべてのことから、神の命令に対する服従によって、リトル・ぺブルが、罪を犯したわけではないということが容易にわかります。

 リトル・ぺブルが、ベッティーナとの神秘的な結婚に踏み切ったのも、ただこの命令によるものなのです。この結婚は本物で,神の御旨によるものです。さらにこの神秘的結婚は、別の意味で、全教会にあてはまる象徴なのです。時がたつにつれて、その預言的な要素は、教会にとって明らかになるでしょう − 神御自身の御業と、その預言者を正当化することは、神に属することなのです。自然法や十戒が破られるようなことはありませんでした。上記で聖トマスが述ベた理由から、姦通もありませんでした。

 教会の天使的博士(聖トマス・アクィナス)は、さらに妻の複数性に関して説明しています。ここには、読者が、活動している神の知恵の一貫性を理解するのを助けてくれる、いくつかの重要な区別があります。聖トマスは、自然法に関連して、結婚の自然的姿について解説しています。

 彼は問います。「複数の妻を持つことは,自然法に反するか?」 彼の答えは、有益です。 「ところで、結婚の第一の目的は、子供を産み育てることである……このように、子孫は結婚の動機である……しかし、第二の目的は……結婚の美徳の一つである貞操を、夫婦が互い(配偶者)に対して守ることである」(第3部補遺第65問第1項) ゆえに、洗礼を受けた者どうしの結婚は、一つの秘跡になるのであり、したがってよい結婚なのです。

 彼は、複数の妻を持つことは、自然法に反しないと説明します。 「結婚の第一目的を考える場合、人が複数の妻を持つことは、不可能であるということに拘束されないのは明白なのである。それゆえ、妻の複数性が、自然法の第一原理に反するわけではないのである」(補遺第65問第1項第7異論解答) 聖トマスは、妻の複数性は自然法の第二の戒め − すなわち、配偶者どうしが互いに貞操を守ることに反すると述ベています。しかしながら、最高の法の与え主である神は、その御旨の命令により、それを免除することができるのです。聖トマスは、旧約聖書に言及していっています。 
「ところで、妻帯を一人に規定する法は、人によってではなく、神によって定められたものであり、また言葉や文章によって与えられるのではなく、自然法に属しているほかのことがらと同様に、心に刻まれたものなのである。したがって、この問題に対する免除は、ただ神によってのみ、内的インスピレーション(霊感)を通して与えられうるものであり、初め、聖なる太祖たちに与えられ、その例によって受け継がれたのである。
 前述の戒めが尊守される必要がなかったのは、神を礼拝するために育てられなければならない、子孫の繁栄を確保するためである。というのは、第一原理は、第二原理に先立って、心にとめておかなくてはならないのである。それゆえ、子孫の賜は、結婚の第一原理であることから、子孫の繁栄が必要とされた時には、第二原理に対して起こりえた支障を、しばらくのあいだ無視しなければならなかったのである……」(第3部補遺第65問第2項)

 リトル・ペブルとベッティーナの神秘的結婚は、第二の妻に関して自然法を破るものではありません。なぜなら、神の預言者であり、国際的に知られている御出現の公けの幻視者としての彼に、神が明確にそれをお命じになったからです。この世代の教会にとっての預言的な印をあらわすために、預言者に対して、結婚の貞節に関する結婚の第二原理の免除を、神はお許しになりました。これが、リトル・ぺブルとベッティーナの神秘的な結婚が、正当かつ合法的である唯一の理由です。神は、時がくれば明かされるであろう理由によって、それをお命じになりましたが、この神秘的結婚は、自然と恩寵の両方の秩序における、すベての原因と結果とを定めている御父の無限の上智において、神に予見されているのです。したがって、神が御自分の預言者を、自然法の第二の戒めの遵守から免じた時、それはすでに神の神聖な聖心のうちに知られており、それゆえに神の御摂理にかなっているのです。

 聖トマスは、もし神がそのように望むのであれば、創造された物事の秩序にとらわれずに働くことができると指摘しています。
 「自然の秩序は、だから、神によって諸々の事物に賦与されたものである以上、たとえ神がこの秩序を外れた仕方で、何ごとかを行うことがあるとしても、それは決して自然に反しているわけではない」
 「神は、諸々の事物に確実な秩序を賦与したが、ただしそこには、時としてはみずからが、何らかの理由に基づいて、別様の仕方で行うことのあるべきことを留保するということが行われている。だからとして、こうした秩序を外れた仕方で働くにおいても、神は決して変わるわけではない」(第1部第105問第6項第1・第3異論解答)



 さて、私は、この手紙を読まれているかたがたに示しました、第二の問題に取りかかりたいと思います。すなわち、私たちの世代の預言者の役割とは何であるか、ということです。さらに特別に、オーストラリアのナウラにおける御出現を通して神に指名された、預言者としてのリトル・ペブルの役割についてです。神学上の徳としての信仰の本質について、考える必要があります。神学上の徳について論ずることは、私の手紙の範囲を超えます。伝統的なカトリックの教えが、論拠となります。受胎告知の神秘と、聖母と聖ヨゼフヘ、それがもたらしたものについて考えてみましょう。

 私の意図するところを、ヨハネ・パウロ2世が、信仰箇条の上に多くの光を投じています。聖ヨゼフが置かれたジレンマを考えてみなさい。
 「このような状況のなかで『夫ヨゼフは、正しい人だったので、彼女を公けに辱めようとはせず、秘かに離別しようと決心した』(マテオ1章19節)のです。ヨゼフは、マリアの“驚嘆すべき”母性に対して、どんな態度をとるベきかわかりませんでした。もちろん彼は、心を乱すこの疑問に対して、何らかの解答を探していたのですが、それよりも彼自身にとって、難しい状祝から抜け出す道を探していたのです」(2)

 聖トマスは説明します、彼女が身ごもっていることがわかった時、挙式はされていなかったけれども、マリアと聖ヨゼフは、実際に結婚していたのでした。(注:ユダヤの習慣では、結婚後も一定期間別居することになっていた)
 「ところで、婚姻の形相は、確固とした分けることのできない愛情の絆を誓うのである……我々は、第一の完成について、次のようにいわなくてはならない。処女なる神の母とヨゼフの結婚は、疑いない真実であった。なぜなら、両者が結婚の絆に同意したからである……この理由により、天使は、マリアをヨゼフの妻と呼んだのであり、彼に向かっていうのである。『ためらわずにマリアを妻として迎えよ』 この言葉について、アウグスティヌスは(『結婚と肉欲』において) − 彼女は、婚約の最初の誓いから、彼の妻と呼ばれている − といっている」(第3部第29問第2項)

 律法のもとでの彼女の刑は過酷です……彼女は石殺しにされなければなりませんでした。(申命記22章20節) これが、表面上あらわれたことがらです。聖ヨゼフにとって、控えめにいっても、理解するには深遠な神秘なのです! なぜなら、彼は、祝福された処女を非常に愛しておりましたし、とりわけ、彼は神を愛していたからでした。彼は、まさに聖書が大いに讃えているように、「正しい人」だったのです。神は祝された処女に、聖ヨゼフに彼女の秘密を打ち明けることをお許しになりませんでした。神の方法は、人間の方法とは異なるのです。聖霊がマリアの祈りにお応えになりました。 「黙っていなさい。あなたの夫にあなたの正しいことを示すのは、私に任せておきなさい」(『神と人なるキリストの詩』第1巻93項) 聖ヨゼフは、この試みに恐ろしいほど苦しみました。しかし、彼は偉大な信仰、偉大な慈愛と謙遜を持ち合わせた人だったのです。神は、貧しい者の叫びを聞かれ、主の天使を送られるのです。 「ダピドの子ヨゼフよ、ためらわずにマリアを妻として迎えよ。マリアは、聖霊によって身ごもっている。彼女は子を生むから、その子をイエズスと名付よ。なぜなら、彼は、罪から民を救うかただからである」(マテオ1章20−21節)

 彼は、主の天使が命じたように行いました。彼は、信仰に従いました。ヨハネ・パウロ2世は、説明します。 「神の御使いはヨゼフに、マリアの母性の神秘を伝えました」 そして彼に求められたことに対する信仰の従順について話されました。教皇は続けます。 「ヨゼフのしたことによって、マリアの信仰に、まったく特別な方法で結ばれたのだといえます。マリアが、御告げの時にすでに認めていたことを、ヨゼフは神から来る真理として認めたのです。公会議は、次のように教えています − 啓示する神に対しては、信仰の服従を示す必要がある。これによって人間は、啓示する神に対して知性と意志を完全に奉献し、神から与えられた啓示に対する自発的な同意によって、自由に自分自身をまったく神に委ねるのである − 信仰の本質そのものを示すこの一文は、ナザレトのヨゼフに完全にあてはまります」(3)

 神がリトル・ペブルに与えられた命令は、信仰における従順を要求するという点で、聖ヨゼフの信仰に似ています。ベッティーナとの神秘的結婚をとりまく神秘は、(ファチマで以前話された)マリアの汚れなき御心の勝利と、イエズスの再臨の準備における、この世代のための神の偉大な御計画の一部なのです。この神秘的な結婚は、当分のあいだは秘密のうちに隠されておくことを神が望まれた、多くの預言的な要素を持っています。

 しかしながら、その神秘的結婚の意義のさまざまの側面が、神によって世界中の信頼できる幻視者や神秘家に明かされてきています。これによって、神は御自分の御旨を確信させ、リトル・ぺブルとオーストラリアの御出現に対する御計画に従って、いろいろな幻視者たちを結びつけることで、彼の子供たちを教化なさるのです。神の命令に対するこの信仰の従順によって、リトル・ぺブルは、神に対する彼の信仰が無駄になることはない、ということを知っています。彼は、経験から神は決して自分を見捨てないこと、とくに、神が彼を特別なミッション……未来の教皇織を担った預言者として指名なさった御方であるならば、そうであることを知っています。

 リトル・ぺブルは、彼の人生をマリアの汚れなき御心を通して神に奉献しております。彼は、彼女にすベてを捧げております! 彼女は、彼女の小さな息子を教会の目から見て正しいとしてくださるでしょう。今、機会あるごとに、主と聖母は、神秘的結婚の「秘密」について語っておられます。以下が、リトル・ぺブルに与えられた公式のメッセージですが、読者のかたには、この啓示の深遠さを把握するのに役立つでしょう。

1990年11月3日  ほかの二人の幻視者とシンガポールで受けた。

1990年12月1日
 「来るベき偉大な結婚」について話される。「子よ、あなたが今晩、目撃したことは、教会に対する印なのだ……”わが甘美なる子よ、それは我が母があなたに与えた秘密もこれに似るであろう。多くの者が混乱するであろうが、これが神のやりかたなのだ……」

1990年12月31日
 「それゆえ、あなたは試練を受けるでしょうが、恐れてはなりません……」

1991年2月1日
 「偉大なる驚異……」

1991年2月13日
「私たちがあなたに語ったことは、すべて成就するでしょう……」

 結論として、私は読者の皆さんに、人は決して、幻視者や預言者として選ばれるのに価する者ではなかったということに気がついて欲しいのです。神は、神の目的のために、神が望む者を選ばねばならないのです。さらに、神は、その御旨を成し遂げるために必要な恵みを、彼の子供たちに与えねばなりません。差し迫って、これが神の子供たちに対する、神からの愛の業なのです。なおその上、これは神に対する信仰として、燃えるような愛への返答なのです。私たちの主御自身は、「さからいの印」でした(ルカ 2章34−35節)。それゆえに、すベての真のキリスト教徒ととくに − 神の預言者はそうなのです。私は、この手紙の読者の方がたに、祝された乙女と聖ヨゼフがそうであったように、神に信頼して祈っていただきたいのです。あなたがたの試練を通して、あなたがたを御覧になるのは愛 − 神への愛、隣人への愛なのです。

 私たちは、神の神秘を目のあたりにする子供のようにならねばなりません。もし私たちが、霊的に貧しいのなら、私たちは神の真理と愛に飢え渇くでしょう。申し上げたいことはもっとあるのですが、この手紙には納まり切れません。祈り、裁かず、沈黙することが、従うによい忠告です。今日、リトル・ぺブルに対するあまりにも多くの性急な判断、祈りの不足、そして恐ろしいほどの陰口、悪口、中傷があります。控えめにいっても、それは非キリスト教徒的です。神は、じきに彼の働きを正当化なさるでしょう。

 最後に、リトル・ぺブルの聴罪司祭として、私は、道徳的に正直な既婚のカトリックの平信徒としての、彼の尊厳と信用を守りたいと思います。

 彼は毎日のミサにあずかり、しばしば告解にやって来ます。彼は、私たちの聖シャーベル修道会の小さな共同体を、その単純な敬虔さによって教化します。私の意見では、彼は謙遜な人物で、贖罪の日にやって来る多くの巡礼者たちと同じく、私たちの共同体のメンバーのための時間を、いつも持ってくれます。彼は怠け者ではなく、むしろ、聖母のミッションのために熱心に働く者なのです。彼には、ここにも、世界中にもたくさんの友人がおります。彼は、みずからの過ちを隠そうとはしません。彼は、友人たちに忠実、決して許しを拒んだり、根みを抱くようなことはしません。

 彼は、毎日、幻視やローキューション(内的語らい)で主イエズスや聖母と会いますが、そこで、彼は、より重要なことがらについての指導を受けるのです。彼は、私たちの信仰の神秘が、教化するものでも、話すにふさわしいものでないならば、それについての多くの洞察や理解のすベてをもらしたりしません。彼は、人びとの注意を自分に集めるような、自分自身に関わることには触れずに、ここ何年間にわたって理解してきたことがらを実践しようとしているのです。

 彼は、細か過ぎたり、規則一点張りでもありません。彼は豊かな常識を持ち合わせており、問題解決にはあたっては、いつもまずこれに拠っております。彼は、裁きを要することがらについて、人を差別するようなことはしません。彼は、適切な健康管理や衛生は、必要だと強く信じています。彼は苦痛に対して、とくに事務所で過ごす一日の大半をさいて処理せねばならない問題によって引き起こされる、精神的な苦痛に対して、非常に忍耐強いです。なぜなら、この御出現は、海外で非常に強い支持者を持っているため、彼は電話をかけてきたり、手紙で彼とやりとりしている霊魂たちのカウンセリングに一生懸命なのです。

 彼は、毎日、私的な幻視者、公けの幻視者、神秘家、特別に恩寵を受けた霊魂と連絡を取っています。彼は、世界中の現在の御出現地ほとんどについて、まったく巧みに情報を得ています。神は、彼に、心の忍耐と平和を失うことなく、複雑な人間的な問題を、すベてを同時に処理する能カを与えられています。神はまた、御自分がお望みの時に、彼が霊魂を読むことができるという賜も与えられました。彼はまた、神の望みに応じて、癒す賜を持っています。彼は、助言を求めている、ほかの人たちの超自然的な経験に関する識別力という賜物を持っています。なぜなら、神が望まれる時、彼が知る必要があることを天使が彼に話してくれるのです。

 彼は、不平も反感もなく、ほかの人たちのために苦しみます。私たちの主は、神の目的のために必要とされる時、彼が主の御受難のある側面で苦しむことをお許しになります。彼は、驚くほどの真の愛を、霊魂たちのために持っており、私の考えでは、彼はマリアの汚れなき御心の愛のなにがしかを、彼がいろいろな問題で精神的に助けている人びとのために、とりなしをしています。

 次の最後の一文をもって締めくくりといたします。

 1990年12月14日付、十字架の聖ヨハネに関する、ヨハネ・パウロ2世の使徒的書簡を読んで、私は、その文書のある一節が、神の預言者としてのリトル・ぺブルにかなりあてはまると思わざるをえませんでした。私は、この考えを読者の皆さんにゆだねようと思います。十字架の聖ヨハネもまた、自分を愛してくれるはずであった、まさにその人びとから、非情な苦しみを受けた聖なる人でした。教皇ヨハネ・パウロ2世は、正当にも聖人の信仰の深さを讃えています。
 「十字架の聖ヨハネは、神の熱愛者です。彼は、神と親しく交わり、いつも神と話し合っていました。彼は、心と口に神を持っていたのです。神こそ、自分の真実の宝、自分の真実の世界でした。彼は、神の神秘(奥義)を宣言し、賛美するより先に、神の証人です。これのために、彼は情熱を込めて、並ならぬ説得カをもって、神のことについて話していたのです。なぜなら、彼が肉眼で見ているかのように、人びとは聞いたことを深く考えました。すなわち、彼は、あたかも自分の肉体の目で見たかのように、神と信仰の神秘について語っていたからです。信抑の賜によって、神秘の内容は、信仰者にとって、生きた現実の世界を形づくります。証人は、預言者と使徒たちに習って、見たこと、聞いたこと、観想したことを告げるのです」(1ヨハネ1章2節)(4)

 よく祈り、黙想した後も、この神秘が明らかになりつつあると、受けとめ難く思うのでしたら、どうか私たちのために祈ってください。聖母のミッションを攻撃しないでください。これは不当なことになるでしょう。裁きは、神にまかせなさい。

 リトル・ぺブルからの、この一連の手紙を読まれたかたすベてに、神の祝福がありますように。聖母が皆さんを、その汚れなき御心にやさしく抱いてくださいますように。

キリストにおいて敬具

M.L.ブロザード・ジュニア神父
Rev.Malcolm L.Broussard,Jr.



脚注
(1)第二バチカン公会議『神の啓示に関する教義憲章』10
(2)使徒的勧告『あがない主の保護者聖ヨゼフ(救い主の守護者聖ヨゼフ)』3
(3)同書 4
(4)使徒的書簡『信仰の教師』8






(第三部)

ここでは、この再結婚に関するメッセージと、フランツ・クライナー氏による擁護の手紙を扱います。


 現代のカタリナ・エンメリックとして知られる、聖痕を受けた幻視者に与えられたメッセージ。聖母によって、リトル・ぺブルに関して与えられたものであり、ある司祭に向けられたものです。

聖母:
 それは真実なのです − 聖なるカタリナ・エンメリックは、刷新された世界の新しい教皇を見ました。彼女が述ベた、新しい教皇は、まさにリトル・ペブルのような人物です。小柄な人で、燃えるような輝く目、子供のように信頼と幸せに満ちた目をしていた、と書かれています。彼は、小さな石として知られるようになるでしょう。なぜなら、彼が有名でもなく、つまらない者であることから、人びとは、彼を足蹴にするからです。

 しかし、それほどに無視された石が、新しい教会の石となる時、彼の時代が来るでしょう。人びとがあえて拒否した彼の時代が。しかし、彼を信じているといった人たちのなかの者でさえ、彼に反対を唱えるようになり、しかも公然と、多くの害を与えるようになるでしょう。彼らは、自分たちが一つの誤りを信じ込んでいたことを、あまりにも後になってから悟るでしょう。しかし、その時ではもう手遅れなのです。あなたがたは、カタリナ・エンメリックヘのこれらの幻視を読めば、信じている人びとでさえ、どれほど彼を信じることができるか、信じることができないか、そしてどれほど彼を公然と拒否するのか、その限界を知るのです。また、どれほど彼らは攻めたて、悪口をあびせかけるかをも。最悪なのは司祭で、とくによき司祭ですら、新しい教皇を拒否し、それによって、彼らは神の望みを拒否するのです。神は、新しく刷新された教会を、神学者の上にではなく、ごくありふれた人びとの上に建てることをお決めになりました。

 すベてのことが、象徴的な性格を帯びています。新しい教会のいただきに座すであろう、教皇の結婚の場合が、そうです。神は、彼がしていることを正確に御存じです。この人は、ふさわしいか、ふさわしくないか、などと判断することは、無駄なことなのです。教皇職への評決を無効にするため、無情な人びとが、引き合いに出す事情といったものは、すなわち彼の家族であったり、彼は叙階されていないとかいったことなのですが、神にとって、それは重大なことではありません。なぜなら、神は、変更させることができますが、その必要はないのです。ただ思慮に欠けた不信仰の人びとのみ、変わる必要があります。

 それで、あれこれと思い煩わずに、ただ信じて、信仰をもって、あなたがたの道を進むのがより良いのです。それが、あなたがた自身の霊魂にとって、より良いのです。最後には、すベてのことが明らかにされ、この暗黒の時代においても、神に信頼をもって、いまだなお信ずるものたちが救われるでしょう。そして主は、仰せになるでしょう。 「あなたの信仰が、あなたを救った」

 よく知られた聖なる人というのは、いつの時代にもいて、たくさんの支持者を持っていました。彼らは、その人たちは聖であるが、誤った道を歩んでいると思っていました。

 ミサの途中で、司祭が、ある人を名前を挙げて非難する時に備えなさい。もし、その司祭が非難の後に、御聖体を拝領するようならば、彼に気をつけなさい。彼は、食ベ遇ぎ飲み過ぎで、有罪判決を受けるでしょう。もし、彼がまに合ううちに偽りに気がついて、中傷したことが罪ではないことを確信するならば、彼は許され、それまで通り人びとの司牧をすることができるのです。しかも、もし彼が公けに、とくに大きな集まりのなかで、また宗教新聞で、みずからの非を認めないならば、彼は、減びる可能性があります。どうか手遅れになる前に、これら司祭のために祈ってください。あなたがたの母マリアが、あなたがたを祝福します。




 1991年6月4日、聖痕を受けたドイツの幻視者に与えられた聖母のメッセージに続き、リトル・ぺブルとベッティーナの再婚に関して、人びとから寄せられた多くの疑問に解答するための、フランツ・クライナー氏による公式の手紙。


 神の律法の問題に関して、たくさんの手紙や電話で、多くの質問を受けました。主な質間は、「神の律法は破られているのか?」ということです。これは明確に、ありませんといえます。なぜなら、神は、ある理由で、たった一つの理由でも、彼の律法を一時休止することができ、従ってリトル・ぺブルの最初の妻との結婚は、一時休止となりうるのです。

 次の質問……このことが神の御旨によるものか、リトル・ぺブルの意志によるものかということですが、リトル・ぺブルの身近にいると、ドイツ語圏の共同体における聖母の御業に対して負う、彼の責任がとてもよくわかるのです。私たちは、この問題について、再三自問しました。なぜなら、私たちの聖シャーベルの析りの家は、この問題について苦しむことになっていたからでした。私たちの結論は、以下の通りです。もちろん、皆さんが再考察なさるのは、皆さんの自由です。

 神は、律法を変えることができるか? 答えは「できる」です。さもなければ、それは神の律法ではないでしょう。神は、自然と世界の上に立つ主なのです。「なぜ」という問いは答えられないでしょう。もし神が、御自分の律法を一時休止することをお許しにならないのなら、教会には、いかなる肉体と霊魂の奇跡もなかったでしょう。私たちが、明らかに神の御旨である印を見る時、信仰者として、ただ「はい」といい、主に感謝するのみなのです。神の御計画をたずねたり、批評したり、全知全能の神からの説明を求めたりするのは、私たちの役目ではないのです。

 リトル・ぺブルの場合、神が、第六戒を一時休止となさったのでしょうか。それとも、一幻視者が若い妻を望んだのに過ぎないのでしょうか。この点に関して、神は、リトル・ぺブルの最初の結婚を一時休止となさったのであり、掟をそうなさったのではありません。

 私たちは、このことを、リトル・ぺブルに与えられた多くの示現と、ほかの幻視者に与えられたメッセージによってわかりますが、それらは、聖母マリアと御父が証拠としてお与えになったのでした。リトル・ぺブルに何が起こりつつあるかを、できるだけ早く話すようにといわれた、二、三人の祝福された幻視者がいました。いっておかなければならないのは次のことです。

 すなわち、リトル・ぺブルが、自分の第一の結婚生活は柊わり、第二の結婚生活に入らねばならないであろうという知らせを聞いた時、彼の多くの敵が考えているように、彼は大喜びしたわけではなかったのです。オーストラリアの幻視者には、とても愛している四人のかわいい子供がおり、また、彼の生涯の仕事で、危険にさらすことを望まない使徒織があるのです。

 この第二の結婚に関するメッセージが知られるようになった時、多くの信心深い人たちが、私たちに背を向け、多くの人たちが、未来の教皇は、今日の多数の人間と同じように、セックスのことだけを考えており、神の掟についてはもはや無関心であり、教会の敵と同類だと信じているのではないかと、私たちは心配しました。聖シャーベルの祈りの家の美しい祈りの鎖さえ、ばらばらになりそうでした。思うに、重婚は、預言された十字架であり、今日まで過失のなかった幻視者に破滅をもたらし、彼や、彼の支持者すベてに信じられないほどの侮辱をもたらしたでしょう。彼の支持者たちは、彼をもはや知ろうともせず、リトル・ぺブルは、悪魔の罠におちたと思ったのでしょう。

 しかし、その十字架と犠牲と試練は、神からのみ来ることができるのです。その衝撃と屈辱を堪え忍ばねばならないことで、神は、ほんとうに信仰深い者をお知りになるのです。もし、リトル・ペブルがほんとうにセックス狂いか、偽善者ならば、彼は誰にも知られずに、大都市ごとに女性を囲えたでしょう。私たちはともに、リトル・ぺブルが完全に十戒に従っていることを知っております。彼は、彼がほかの何にもまして愛している天の御母のために、屈辱と犠牲の模範となっています。

 もし、リトル・ぺブルが、それが神の御旨だとほんとうに信じていないならば、彼をおとしめている情報が、神の業を危うくしているとは本気で信じられないでしょう。神の御旨は、ほんとうに幻視者に対する試みと屈辱だけなのでしょうか? 私たちは、これについてとくに自問しました。なせなら、とくに私たちは、黙示録的な時の終わりに生きており、私たちの幻視者が、最後の教皇として、迷った羊たちをすベて連れ戻すであろうからです。神は、リトル・ぺブルの従順を試みるためなら、第二の結婚をお命じになる必要はありませんが、しかし、この出来事を通して、新しい教会の印と、宣告された時の終わりがやって来るのです。

 私たちには、説明する権利がないと感じていましたので、5月13日には公式に述ベませんでしたが、この象徴的な重婚は、教会と関係した意味を持っています。二つの結婚の印は、聖母が述ベられたように、非常に重要な意味を持っています − リトル・ぺブルの最初の結婚は、ヨハネ・パウロ2世と破滅に瀕している教会のかたどりなのです。リトル・ぺブルの第二の結婚は、刷新された世界に立てられるであろう新しい教会のかたどりなのです。死のトンネルをくぐり抜け、健康で善良な新しい世界にやって来る若人の魂のように、それが、刷新された世界で、いかに新しい教会が発展するかということなのです。神が選んだ新しい教皇は、刷新された健全な教会を統治するでしょう。神は、象徴で表すことを愛されています。信ずる者たちは、小さな石が選ばれた者だとわかるのです。

 メーソンや分派主義者をまだ信じている者は、真実に反抗し続け、彼らは、神と刷新された世界の未来の教皇に敵対するのです。主イエズスは、使徒たちに仰せになりました。「あなたたちはどうか、あなたたちも行ってしまいたいのか?」 このことは、再び起こるでしょう。そして、それが、神が未来を示された理由であり、それによって誰もが決心できるのです。真理を信じない者は、僧しみと軽蔑のこもったいい方をすベきではありませんでした。そのことが、彼らに永遠の命を失わせることもありえます。このすベでのことの審判者は、「我が道は汝の道にあらず、我が思いは汝の思いにはあらず。」といわれる永遠の御父のみです。

 新しい教会は、反キリストを打ち負かし、リトル・ぺブルをその頭とし、古い教会から出て来るのです。それは、古い法から使徒たちが出たようにです。これが、新しい教会が設立され、教会の戦士たちが反キリストとの戦いに従事するまで、古い教会が存続する理由です。これらの結婚の両女性は、教会に取って特別な印なのです。第二の結婚は、最初の妻がまだ生きているうちに、執り行われなければなりませんでした。神が、彼女を御自分のもとに召される時、この結婚は天において終わるのです。

 平信徒として、リトル・ぺブルが背負わねばならない重い十字架は、信じられないほど大きいのです。アンナ・カタリナ・エンメリックが、1820年10月4日の幻視で、その十字架を見ています。彼女はいっています。「夕ベ、私は教皇を幻視しました。私は、教会を支えている聖フランシスコと、顔だちがユダヤ人のようである、小さな男の人の両肩に重くのしかかっているサン・ピエトロ大聖堂を見ました。それは非常に危うそうに見えました。聖母マリアが、その教会の北面にお立ちになり、彼女のマントは、教会の上に広げられました。その小さな男の人は、体をもうほとんど二つ折りにしていました。まさに倒れるかのようでした……」

 もし神の試みが特別な印ならば、私たちは謙虚に感謝せねばなりません。私たちは、1991年3月19日の結婚式以来、私たちの聖シャーベルの祈りの家にあるローザ・ミスティカの御像から漂う芳香と、天の母からの彼女の子供たちへの祝福に対し、主イエズスと聖母マリアに感謝いたします。これが、皆さんの質問に対する答えです。私たちは、皆さんがさらに私たちの霊魂のために祈ってくださることを希望します。


 この手紙で引用したメッセージは、1991年5月15日、聖痕を受けた神秘家へッジローズによるものです。

1991年6月19日 聖母からドイツの聖痕を受けた幻視者へのメッセージ

聖母:
 リトル・ぺブルの状況については、たまたま彼が新しい教会にとって選ばれた者なので、これは誰もが考えている以上に重要なのです。それが、神が、何度も何度も彼を試している理由なのです。しかも、醜聞を引き起こしたのは彼ではなく、主御自身なのです。それで、リトル‘ペブルを中傷し、嘲笑する者たち、彼を姦通者や殺人者とさえいう者たちは、主を同じようにそう呼んでいるのです。思い出しなさい。主イエズスも、御自分が犯したわけではない罪のために、十字架にかけられました。

 しかし、リトル・ぺブルは、善人と悪人を選り分けるために十字架の道を進むでしょう。主御自身、リトル・ペブルと彼の若い妻との神秘的結婚に御出席されたからといって、幻視者のある者たちでさえ、彼らの信仰を守ることができなくなるでしょう。その結婚に関するすベての中傷はまた、神御自身に反するものとなるでしょう。神いわく「裁いてはならない、そうすれば、あなたがたは裁かれることはない」結果として、神の裁きは、彼ら自身による裁きなのです。私たちは、神が、誰をも強制なさらないことに感謝すベきてないのでしょうか? 圧迫を持って行われることは、どんなこともサタンからのものです。

 使徒たちが、主イエズスを信じられなくなってきた時、主は、彼らにいいました。 「あなたたちも行ってしまいたいのか?」 それは、主イエズスが、今日行っていることなのです。「私か選んだのである。リトル・ぺブルは、我が道具である」。そして、彼は、同じことをいうでしょう。「あなたたちも行ってしまいたいのか?」。そして続けます。ユダにむかって、主イエズスは、いわれます。「お前のなすベきことを早くせよ」

 今、私たちは、雑草を抜いて焼く時なのです。そうすれば、よい植物は大きく強く育ち、実をつけることができるのです。神は、天と地の主なのです。彼は、なにゆえ、このことをなさり、ほかのことをなさらないのかを説明する必要はないのです。なぜなら、彼が、法なのですから。

 聖書で、皆が知っているように、子供を産むことができなかった婦人(エリザベト)が、突然身ごもりました。そうすると、神が、なにゆえ、結婚の相手と別れさせ、結婚を終わりにさせえないでしょうか? 起こっていることをほんとうに信ずる者だけが、それは神がなさっていることだということを知るのです。古い律法に沿うということは、信仰されているのではありません。それはあまりに理解しやすいからです。むしろ信仰は、信じられないように思われることを信じ、それに従うことなのです。これが、リトル・ぺブルの行動が、真に信仰深い者を見出す最良の方法である理由です。

 この試練には、多くの時間は残されていません、というのも、誰もが理解できるように、神御自身がこの出来事を、世界にお示しになさるからです。しかし、その時には、あなたたちの信仰を表すには遅すぎるのです。なぜなら、あなたたちは、ほんとうの信仰者でないということがわかるからです。

 ですから、あなたたちを見守る母として、あなたたちにお願いしたいのです。あなたたちの主からの,忠告に従いなさい。そうすれば、あなたたちは、あなたたちの不信のために、自分を裁くことがないでしょう。

私は、あなたたち皆を祝福します。

あなたたちの母マリア




 前述の祝福された処女マリアによって、リトル・ぺブルの混乱、つまり人びとが彼を姦通者だとか、憑依されているとか、愚かなことをしたとか、オーストラリアの愛する御母のミソションを破壊したと責めたてた、そのかんの背景がわかったと思います。誤解を解くために、またさらなる中傷を防ぐために、同時に以下の声明をつけます。

 神である御父と、聖母は、リトル・ペブルとほかの幻視者にずっと以前に、リトル・ペブルの妻は亡くなるはずで、彼の現在の結婚は中断し、新しい結婚が、1991年3月19日に行われるであろうと、おっしゃいました。来たるベき二、三年は、神秘だとしても、これは新しい教会のための印なのです。

 リトル・ぺブルの古い結婚、新しい結婚は、古い教会(ヨハネ・パウロ2世のもとでの)の印として、そして新しい教会(リトル・ぺブルのもとでの)の印として、永遠の御父の御旨に従っているのです。神と新しい教会の契約は、古い教会が(象徴としての最初の妻)まだ存続している時に、執り行われるベきでした。

 リトル・ぺブルは、神の御旨に従って、新しい結婚に踏み切りましたが、それは、聖母のご指示によるもので、神の御名のもと、神の権威のもとに成り立ちました。私たちは、その結婚式の証人です。主イエズスは、聖母と聖ヨゼフの立ち合いのもと、この結婚を祝福なさいました。

 もちろん、この結婚にともなって、明らかにされねばならない神の御旨への深い信仰の試練の道があります。教会法によると、合法的な結婚は、パートナーの一方が亡くなるまで、合法的な結婚であり続けるのです。熟考した上で、神の律法を破ったことに反したこと、つまり、最初の妻とまだ結婚しているうちに、別の女性と結婚したことは、リトル・ペブルの上におかれたもっとも重い十字架であり、彼と、リトル・ぺブルのミッションを信じている者たちにとって、最大の屈辱となるでしょう。神は、アブラハムに求められた以上に厳しい犠牲を求められており、永遠の御父の御旨に従った結果、この第二の結婚のために、幻視者は、彼の仕事の信用と名声を危険にさらすことでしょう。

 永遠の御父は、すでにリトル・ぺブルの最初の妻(アン)を、天国に召される準備をなさっています。彼女は、みずから進んで、神なる御父に「はい」といいました。そして聖母のミッションを手助けする約束をしました。彼女は忠実であり、祈るでしょう。

 リトル・ぺブルの新しい妻(ベッティーナ)は、(ある人びとが偽っているような)売春婦ではありません。彼女は純真な女性で、リトル・ぺブルの四人の子供たちの面倒を見るでしょう。彼女は、聖母と永遠の御父によって、ほかの多くの女性から選ばれたのです。

 このことすベては、多くの人びとに衝撃を与え、リトル・ぺブルの真の意図を疑わしくさせるに違いありません。しかし、皆さんは信じなくてはなりません。そして神のご意志を試みたり、挑んだりしてはなりません。祈り続け、この試練を通して、聖母の御言葉に信頼しましょう。私たちは強くなりましょう。

(以上、ドイツ語からの翻訳)




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】