箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

日本滞在中にリトル・ペブルに
与えられたメッセージ

No.269  1987年2月7日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】

1987年2月7日(初土曜日)
II 聖母からのメッセージ(東京)



(ロザリオの第3玄義を終えてのち)……

リトル・ペブル: 

 天使たちは、すでに聖なるロザリオの始まってから、ずっとここにおられ聖母マリアが通られる道を準備しています。今、6位の天使たちが、天上の白い部分と壁の近くにおられます。

 空の大変高いところから、大変大きな光が来ています。私は、ある一位の大きな天使が、たいへん背が高いのが見えます。天使は光で道を照しています。天使は手に十字架像を持って、前進します。他の六位の天使らは、三位は右に、三位は左に整列し、道を開けます。例の大きな天使は左へ行き、ひざまづき、十字架像を持っています。その十字架は3フィートぐらいの大きさです。今、天使らは全てひざまづきます。私は今は、たいへん美しい輝かしい光が見えます。聖母はたいへん遠くから私たちにゆっくりと近づかれるのを私は見ることができます。

 聖母は美しい雲の上に立っておられ、歩かずにすべるように乗ってこられます。聖母は、天井にたいへん近くに近づいています。聖母はいままで見たことのないような異なった衣をお召しです。しかし、それはたいへん美しいものです。

 聖母は青いタイト・マントを肩からはおり、大変長いマントを頭からかぶられています。聖母はリボンのついた黄色のガウンをきておられます。日本人によく見られたような、美しいリボン(帯)を前につけておられる。聖母は長い深い袖をお召しで、それは青でガウンは黄色です。それは大変絵のようで美しい。

 今、聖母は私たち皆を見回わしています。聖母はほほえまれており、右手には美しい真珠のロザリオの珠をお持ちです。聖母は頭をかがめ、今私たちを見ておられます。聖母はロザリオの珠をつかみつつ、十字架を唇に置かれます。


聖母:

 私は、私の甘美な子供であるあなた、愛のリトル・ペブルを祝福し、ここに出席している私の甘美な子供たち、私の愛する日本の子らを祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、ア‐メン。私は、私の汚れなき御心と御子の聖心から日本の人々にあいさつを送ります。

 私の愛する忠実な僕たちよ、私の言葉をあなた方の国中に広め続けなさい。あなた方はこの国にとって、御子イエズスのたいまつを運ぶ者であるということを忘れないで下さい。まだ多くの人々が御子イエズスの信仰に改心しなければなりません。

 あなた方、この仕事のために選ばれた私の子供たちよ、私はあなた方を私の汚れなき御心において抱擁し、私があなたがたを母親として愛しています。

 この社会において、キリスト者としてしっかりと立ち上がり、そしてキリスト者として数えられることを恐れないで下さい。なぜなら、あなた方の光は全ての人々のために、御子キリスト・イエズスはいと高き主、全能の天主である、と見えるように輝かさねばならないからです。

 私はこの国の人々を、力と勇気を与えるために、希望と慰めを与えるために祝福します。恐れないで。私は常にあなた方と共に、最後の時までさえも、あなた方を保護するためにいるからです。願わくは御子から来るこの祝福が、求められた聖籠をあなた方に与えるために。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。ア−メン。

 私は、私の司祭の息子たちにあいさつします。私の汚れなき御心に真に奉献された息子よ、常に御聖体のうちにまします御子イエズスを保護しなさい。そして強くありなさい。なぜなら、わたしの子らよ、あなた方もまた来たるべき試練と苦悩の日々に、大いに迫害されるでしょうから。なぜなら、あなた方は真理の印、勝利の印、すなわち十字架に釘づけられた主イエズスであるからです。あなた方はいつでも永久に、わたしの汚れなき御心においてあると確信しなさい。私は必要とされる力と、勇気とをあなた方に与えるために、御子イエズスの聖名において祝福します。聖父と聖子と聖霊との聖名によりてアーメン。

 日本の私の愛する子供らよ、今、まだあなた方に時のある間に、天主に立り帰りなさい。この国に関して預言されてきた通り、この国の多くの島々は海中に沈むでしょう。あなた方は恐れる必要はありません。信じる人々は多くの天罰から保護され、救われるのです。その天罰は、この国の多くの子らが御子を拒杏してきたため、また【将来】多くの子らは御子を贖い主、世の救い主として受け入れないために、この国のために計画されているのです。そのためにこそ永遠の御父は、この国土を打つでしょう。

 しかし、信じる人々は救われます。甘美な光の子らよ、まじめに、熱心に祈りなさい。そうしてこの希望のメッセージをこの国の子らに伝えなさい。そうすれば、この国の全て【の人々】は、楽園の御国において永遠の御父と共に交わるでしょう。

 甘美な日本の子らよ、私はあなた方を全て祝福します。私があなた方の母であることを知りなさい。なぜなら私は全ての国民の母、あわれみの母だからです。御子イエズスから来るこの祝福が、光と愛をもたらしますように。聖父と聖子と聖霊との聖名によりて。ア一メン。

 イエズス・キリストの平和が、あなた方全てと、ともにあるように。さあ、私の甘美な子らよ、ロザリオの祈りを続けなさい。私はあなた方と共に祈りましょう。私はこの祈りを御子のところへ持っていきましょう。それは御子があなた方の上に祝福して下さるためです。……

   ロザリオの第四玄義が始まる。……



1987年2月7日 日本(東京)
聖シャーベル祈りの家で聖母によってリトル・ペブルに与えられたメッセージ


リトル・ベブル:

 イエズスは数分前にここに来られました。聖主は、すぐそこ、およそ1メートルほどのところに立たれています。私は、み主が私のためにこれらのロザリオに接吻してくださるかたずねました。時のため、特が短いためにみなさんには見えませんが、天使たちは私の手よりロザリオを取り聖主の前におきました。みなさんには見えません。聖母はまだ来られていません。今、聖主の右側には聖ヨゼフがおられ、左側にも聖シャーベルがおられます。聖主は、聖母は大変忙しいので後に来られると言われました。

聖主:

 我が子、私の愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいる私の甘美な子らと平和の家の代表者なる子らよ、私はおまえたちを祝福する。平和の聖人、私たちの愛する聖シャーベルを通して、私の聖心の平和〔があるように〕。

リトル・ペブル:

 聖シャーベルは今ほほえんでおられる。

聖主:

 私の愛する子らよ、天の聖人たちと一致して祈るために、そして更に、汚れなき我が母マリアと一致して祈るために集まってくれたことに感謝している。今夜全世界で唱えられるこの祈りは、無数の霊魂たちを救った。いつか、おまえたちが天国に達した時、おまえたちは自分の祈りを通して、何千もの霊魂を救ったということを知るだろう。また自分の祈りを通して、より大いなる天罰が和らげられたということもだ。もしおまえたちが世界中でこれらの聖シャーベルの祈りの家を通じて〔祈り〕続けるなら、多くの大天罰は更に和らげられるだろう。それで私は日本にいる私の子らと世界中の子らに、祈りにおいて一致し続けるようにと励ます。なぜなら、私の聖母のこの祈り、すなわち聖なるロザリオをもって、勝利は天のものとなるのだからだ。この地上の子らにとって、時はたいへん短いものでしかない。それで永遠の御父と私のいとも聖なる母、汚れなきマリアにつかえることで、時をうまく使いなさい。行って病気の人と貧しい人をさがしなさい。特に病んだ霊魂を持っている人々を。自分の国、自分の家族、そして世界中の兄弟姉妹のところに接して、永遠の御父が人類に与えられた愛とあわれみの福音を彼らに教えなさい。

 しばしば聖なるロザリオを唱えなさい。この祈りは三位一体の天主のみ前で、大変強力だからだ。光のうちにしっかりと立ち、おまえたちの主にして天主なる私がおまえたちを保護し、全ての悪より守るということを知りなさい。私は甘美なる子ら、おまえたち全てを、お前たちを愛している至聖なる聖心から祝福する。お前たちは全員、私の聖心に十字架の印と共に、すなわち、あながいと救いの印と共に書き込まれている。私は日本の子ら、韓国(朝鮮)の子ら、中国、台湾、私をまだ知らないこの地域の全ての子らを祝福する。お前たちが、私が天主の子であると信じていようといまいと、お前たちはみな私の子供である。私はお前たちをみな同じように愛している。私は、今お前たちを永遠の御父と光の霊から祝福する。御父と御子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 私の光の小さな息子よ、前進し続けなさい。お前は私の岩であり、私の子よ、お前を通して多くの霊魂たちは信仰にたち戻るだろう。私は羊らを一つの群れのもの、一人の牧者のもとに集めるために、世界中にお前をつかわした。恐れないように。私がお前の盾であり、お前を導く光であるから。

リトル・ペブル:

 今、遠くから聖母マリア様が来られるのが見えます。聖母は無数の天使らをひきつれて、光の球につつまれて来られます。聖シャーベルが聖主のとなりに立たれ、イエズスとマリアとのまわりは全て多くの聖人たち、聖シャーベルの家の諸聖人方がおられるのが見えます。無数の、何千もの聖人がたがおられる。みんな大変幸福そうに見えます。そして彼らのうしろには無数の天使らがみえます。更に聖ミカエルが空を真直ぐに横切って翼を伸ばしておられるのも見えます。聖ミカエルは地球自身程の大きさです。非常に巨大で巨大な剣を持っておられる。今、聖ラファエル、その隣りに聖ガブリエルも見えます。すばらしい。

聖母:

 私の子よ、ご覧なさい。地上の私の子らを守る天の全ての聖人達と天使達です。

リトル・ペブル:

 今、聖母はすこし前に進まれます。聖母は今回は白を召されています。腰のまわりには、ルルドの聖母の象徴である青い帯をしておられます。聖母はロザリオを、十字架像を手にとられ、十字架に接吻されます。

聖母:

 私の甘美な子と私の甘美な子らよ、私は御父と御子と聖霊との御名によりてあなた方を祝福します。アーメン。

 今晩の私の言葉は非常に短いものです。私は今、私と私の御子が世界に、「人類にとって時は短いこと、そして私たちの全ての子らに一つの家族として一致するように、祈りと犠性において一致し、自分たちの罪の償いをするようにお願いするメッセージ」を与えるために現われる多くの出現地に行かねばならないからです。

 甘美な子らよ、お願いです。天の私たちはあなた方を愛しており、私たちは誰一人として永遠の破滅へと失われることを望んでおらず、かえって私たちは、全ての子らが救われるように望んでいるのです。それは、全ての子らが、彼らのために時の始めより、備えられている天国の楽園に来て、私たちと共に生きるためです。私の愛する子よ、今朝、そして今日の午後に告げた通り、あなたは今、夜の間、私と共に世界中の多くの場所に旅しなければなりません。私の子とここ御子イエズスの御前にいる私の甘美な子供たちよ、私はあなた方皆を祝福します。御子の平和があなた方全ての上に、永遠の御父において聖霊の愛とともにふりそそがれますように。聖父と聖子と聖霊との御名によりて,アーメン。

リトル・ペブル:

 聖母が十字架の印をしているように、聖主もそうなさいました。聖主の右うしろに、空のかなた上に、純白の玉座に座しておられる永遠の御父がましまし、御父も十字架の印をされました。聖霊は御父と御子との間を舞い、その聖霊から一つの輝かしい白い十字架があらわれ、全ての光線が私たちみなにふりかかりました。

 聖ヨゼフと聖シャーベルは、今、祈りを続けるようにと私たちに指示されています。二人はしばらくの間だけですが、おとどまりになります。その間イエズスとマリアは別の聖シャーベルの家々ヘと行かねばなりません。おやすみなさい、イエズス様、マリア様。

 イエズスとマリアは自分たちが次の祈りの家に行く前に、全ての嘆願を今、永遠の御父へと持っていくと、丁度言われたところです。みなさんの祈りをどうぞ続けて下さい。



1987年2月8日午後  日本(静岡)

リトル・ペブル:

 七位の大天使たちはそこにずっと立っておられ、一つのたいへん美しい白い十字架も立っています。その十字架は空の非常に高いところにあります。非常に美しい白い十字架です。今、イエズスとマリアはここ、ちょうど天井の上に立っておられ、イエズスは紫のガウン、しばらく私が見ていなかったガウンを召されておられ、聖母も紫のマントをはおられ、黄色の服を召されて、腰には紫の帯をしめておられます。イエズスは私にある一つの風景と、富士山の風景とを見せて下さっています。

聖主:

 わが愛する子よ、ご覧。

リトル・ペブル:

 〔富士〕山の上に非常に輝いている白い十字架が見えます。

聖主:

 私の愛する子よ、日本の人々の救いのために、私がこの国を罰する前に、私は彼らがこの雄大な山の上に、この輝く白い十字架を見ることを許そう。日本の人々が改心し痛悔するために十字架が輝いて一週間後に、この雄大な山は崩壊し、それと共に、いく百万人もの生命を奪うだろう。私に属している子らは、その時が来るとき、この地域から逃げるように、私の聖なる天使らに忠告されるだろう。私はこれを私の愛する子らに対しては警告の印として、また私が天主の子であると信じない人々に対しては警告として与える。そして自らの衣を汚し清く保たなかったカトリック信者と他のキリスト信者たちに対する警告として。

 私の愛するリトル・ペブルと、ここにいる私の甘美な子ら、そして日本の子らよ、私は,十字架の救いの力よりお前たちを祝福する。御父と御子と聖霊との御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:

 今、光景は変わり、イエズスとマリアのお二人は、まだそこに立っておられます。聖母マリアは少し近づいて来られます。聖母はまだ同じ、紫のガウンを召されておられます。聖母マリアの隣には教皇ヨハネ・パウロ2世が見えます。私は教皇様の両肩に非常に重い十字架が〔かかっているのが〕見えます。教皇様はひどく泣いておられる。聖母マリアは言われます。

聖母:

 私の愛する子と私の甘美な子らよ、間もなく私たちの代埋者[教皇]の両肩に置かれる十字架を見なさい。なぜなら、教皇は子らを聖とするために、教会を潔めるために重い十字架を担わねばならないからです。私の子よ、このために私はこの紫色を着ているのです。それは聖にして母なる公教会と、私たちの聖なる代理者〔教皇〕とにとって、カルワリオの受難に関連します。世界中の全ての私たちの子らに力を与えるために、これをあなたに今、日本にいる間に啓示するのには理由があります。

 私の子よ、いつか、なぜ私がこのメッセージをあなたに、ここで与えたかを説明します。どうか私たちの聖なる代理者、教皇ヨハネ・パウロII世のために祈って下さい。私の愛する子らよ、間もなく来ることになる危機の時に、聖にして母なる公教会のために祈って下さい。世界のために祈りなさい。間もなく人類のうえに、大いなる苦しみがあるでしょう。何故なら人類は御子イエズスと私、汚れなきマリアとが彼らにつまり、この罪深い世に与えたメッセージを聞こうとしないからです。しかしながら、信じる子らにとって、あなた方は恐れることは何もありません。天の私たちがあなた方を愛しているから、また私たちが全ての危険と、全ての苦難に際してあなた方を保護するからです。

 聖なる天使たちをしはしば呼びなさい。彼らはあなた方の祈りを待っているからです。多くの天使たちはあなた方がこの地上に今、何億といる悪いものどもと戦うのを助けるために、あなた方のそれぞれ一人一人に割り当てられています。

 私の子、私の岩よ、私の祝福があなたのうえにそそがれますように。あなたはすぐに世界中私たちの子らを、教会の最も暗い時代において導かねばならないからです。私はあなたの愛する友人を全て、そしてここにいる愛する人々を、またこの国の全ての子らと、世界の子らを全て祝福します。私の甘美な子らよ、天の母である私はあなた方を私の汚れなき御心で抱擁していると知って下さい。御子と私は今、あなた方を祝福します。主を愛し、主に仕えるために平和のうちに行きなさい。御父と御子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 私の愛する子らよ、あなた方の聖なる代埋者教皇ヨハネ・パウロ2世のために、もう一連〔ロザリオを〕唱えなさい。



1987年2月9日 日本(京都)

リトル・ペブル:

 空のとても高いところに、非常に美しい、光輝く十字架が見えます。その十字架から、光が大きく出ているからです。今、その十字架から流れてきているのは、まぶしい光線の束です。この光の上に、たくさんの聖人方が見えます。どうも日本の殉教者のようだとおもいます。

 その聖人達は空中、約6メートルぐらいのところに立っておられるのです。今、聖母様を待っております。聖母様は遠くからやってこられ、美しい雲に乗って、こちらまでいらっしゃいます。聖母様のお召物はまっしろで、頭から肩にかけて美しい水色のマントをはおっておられます。御胸の前に、きれいなちょう結びにしてある帯をしておられます。日本の伝統である帯に似ています。日本人は、ふつううしろで帯を結んでいますが、聖母様のは、その結び目が前にきています。とても美しいピンク色の帯です。

 聖母様は右手に美しいロザリオをお持ちです。ロザリオはまっ白な真珠で、十字架は金色です。聖母様はこのホールの中のご自分のまわりを見まわしておられ、ほほえんでおられます。ほほえみながらスタインバック神父様の方を見ておられます。それから又シスター方の方にも目を向けておられますが、それはご自分の愛と感謝のしるしを示していらっしゃるのです。今、聖母様の右側に来られたのは聖ヨゼフです。聖ヨゼフは幼きイエズス様を抱いておられます。幼きイエズス様は手に茶色のスカプラリオを持っておられます。聖母様はロザリオの十字架上のイエズス様に接吻なさって、こうおっしゃいます。

聖母様:

 我が子よ、そして子どもたちよ。あなたがたを祝福いたしましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 かわいい日本の子どもたちよ、あなたがたにあいさつを贈ります。私はきょう『あわれみの母』、『希望と救いの母』として参りました。私は羊たちを、一つの群れに集めるために来たのです。それは息子イエズスの唯一の、まことの教会、つまり聖なる使徒継承のローマ・カトリック教会のことです。この国の全ての子どもたちを祝福し、勇気づけましょう。イエズスの教え、つまりイエズスの使徒たちであった教父たちの継承に、忠実でありなさい。

 愛する子どもたちよ、きょう私は我が使いである愛のリトル・ペブルをあなたがたのところへ大使としてつかわしております。彼のことばをよく聴きなさい。彼は私のことばを語り、そのことばは永遠の御父より来ているからです。

 かわいい日本の子どもたちよ、天にいる私達は、あなたがたを愛しておりますよ。一人として失われることのないようにと否、それどころかこの国の全ての子どもたちが救われるようにと望んでいるのです。しかし天にいる私達は、この国でも、また世界の他の国においても、ほんの少数の者だけが救われることを知っているのです。それは、世の子どもたちが私達のつかわしている幻視者や預言者達の声に、耳を傾けないからです。

 かわいい子どもたちよ、悔い改めなさい。まだ時間のあるうちに、息子イエズス・キリストヘ改心しなさい。全世界での私のメッセージは常に同じです。それは希望と愛と、あわれみのメッセージなのです。

 私は平和の君である幼きイエズスと共に参りました。又聖なる浄配聖ヨゼフとも、一緒に参りました。それは、天にいる私達があなたがたのことを心にかけ、愛しているということを示すためです。

 地上にいる子どもたちにとって今の時代は、最も難しい時であるということを、私達はよくわかっております。特に天がつかわしている預言者たちをつうじて、私や息子イエズスが伝えているメッセージを信じている者にとっては、大変困難なのです。しかし、何も恐れることはないということを信じていなさい。世界にふりかかる苦難の時には、天の私達が、あなたがたを護り導くからです。私達が全世界で伝えているメッセージとは、どうしても信じないであろう者達のために、又、今、信じていない者のためであり、特に聖なるカトリック教会の聖職者たち、つまり司牧者たる司教団と司祭達に向けられているのです。多くの司牧者たちはまちがって導かれ、また信者たちを追い散らしております。

 私たちの子どもたちをまちがった道に導いてきているような司牧者の上に災あれ! 特にこの国の高位聖職者(司教様)たちへ向かって言っておきます。地上におけるキリストの代理者、ヨハネ・パウロ2世教皇様をとおして語られる、永遠の御父とイエズス・キリストと聖霊に従いなさい。教皇様に必ず従わなければなりません!


 愛する日本の子どもたちよ、きょう私がこの国で与える警告は、この国における最後の警告のうちの一つです。もし、あなたがたが永遠の御父からの指令に耳を傾けず、今のままかたくなでいるならば、この国は世界中の他の国々と同じようにつぶされて罰せられるのです。

 しかし、私のことばを信じる者たちよ、恐れることはありません。私と息子イエズスが護ってあげますから。日本全国の子どもたちを祝福いたします。特に世界中のご出現地を信じる子どもたちには、勇気を与えるために祝福いたします。私は日本の司教団と、すべての司祭達や修道者たちをも、私が彼らを愛していることを伝えるために、祝福いたします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 息子よ、あなたへのことばです。我が愛する司祭である息子レオよ、あなたにわかっていただきたいのです。あなたは永遠に我が汚れなき御心の中におりますよ。あなたは息子イエズスを喜ばせてくれているのですから。続けて私のことばを全世界に広めてください。あなたの愛の働きを続けてくださいね。そうすれば大勢の霊魂がすくわれるのですから。あなたを我が汚れなき御心で抱きしめます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子どもたちよ感謝いたします。お祈りを続けてください。あなたがたの兄弟,姉妹のために祈ってください。彼らを信仰に導いてください。日本の子どもたちが、人類の贖い主なるイエズスの光を見い出すのは、あなたがた信者の模範をとおしてなのですから。

 私はあなたがたを大変愛しておりますよ。そして我が汚れなき御心で、皆一人一人を抱きしめます。我が神なる息子イエズスの平和が、いつもあなたがたと共に留りますように。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 愛する子らよ、ロザリオの祈りを続けてくだざい。そうすれば、その祈りを、日本の子どもたちの救霊のために、私が永遠の御父へともっていきますから。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】