箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルの事務所で与えられたメッセージ

No.238  1988年8月9日 午後3時

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル: 
 (言葉が聞き取れない……)聖主はここ、その十字架の上にかかっておられます。聖べネディクトと聖シャーベルと聖ドミニコが御一緒です。お祈りの始まりからここにおられました。時々妙な感じがしたのですが、それは聖なる方々がここにおられることがわかるという感じです。

 聖主は十字架上で血を流しておられます。しかし御血は地面には滴っておらず、空中の真ん中で止まっております。私達の上には滴っていないで、消えて行くのです。

(ロザリオの一連が唱えられる。)

 聖主は − 私達が「至聖なるイエズスの聖心、我等を憐れみ給え」と唱える毎に、聖心が聖胸から出てきて、赤味をおびた光の波が一度にどっと流れて来ます。主に祈りが棒げられる度に私達の上から降り注ぐ波のように流れるのです。三人の聖人はかなり近づいて来られ、ちょうど聖主の真後ろに立っておられます。私に三人の御顔が見えるように、少し高い所に立たれました。イエズス様はとても背が高く、180cmはゆうにあるでしょうか − 187cmほどでいらっしゃいます。本当にとても背の高い方です。聖主が腕を上げられました。


聖主:
 我が子、愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいるかわいい子供達よ。あなた達を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の子よ、わたしがこのような時刻にここに来たことで、あなたば少し驚いたであろう。わたしが、愛する(三人の)息子達と一緒に来たのは、あなたと仲間の働き手達を励ますためである。全世界の大勢の霊魂の救いのために御父に対する、あなた達の愛の仕事を続けなさい。

 御父がその最愛の娘であり、わたしの母である汚れなき聖マリアを通して、あなた達皆にお授けになったこの仕事は、大いなる尊厳があるのだ。あなた達は人間の救いに携わっていることを常に覚えておきなさい。一人一人は、永遠の御父がお造りになった祝福された霊魂である。あなた達が書く一つ一つの考えや言葉は、心からの思いでなけれぱならない。何故ならそのような言葉は、わたし達の聖心から霊魂を取り去ろうとして、人を欺くために世界中を徘徊している悪魔の爪からそれらの霊魂を解放するために、わたし達が贈ったものだからである。

 聖シャーベル修道会において成された仕事は、我が至聖なる聖心を大いに喜ばせてくれた。聖シャーベル修道会の全会員、特に聖にして母なる公教会のためにこの修道会を紹介する仕事を成し続けるための著作活動に携わっている会員を励ましたいと思っている。かわいい子らよ、まだ書き記さねばならないことは数多いが、今まで記されてきたものについては、わたしの聖心にかなっている。まだこの仕事には、変えるべきところが幾つがあるが、公教会と世界の救いのために、神の聖寵を通して与えられた、この仕事において書き記さねばならないことについては、多くの祈りが捧げられた後、わたしがわたしの霊をもって霊感を与えよう。あなた達の善いしごとを続けなさい。だが、自分の行う仕事のために、いつもたくさん祈る必要がある。祈りのない仕事など大いに功徳を失うからだ。それ故、公教会に対して我々が望んでいる教会の進展のために必要な聖寵を受けるには、祈りが非常に重要なのである。愛する我が子よ、そして子供達よ、天の我々は、あなた達を愛しているということをわかって欲しいと思う。我々が沈黙していることで、あなた達を見捨てたわけでも忘れてしまったわけてもないからだ。我々は、あなた達の熟望を待ち、祈りを待ち、神を喜ばせるための望みをいつも待っているのである。あなた達の家族、愛する者達、そして聖シャーベル修道会に委託されているミッションと、わたし及び我が母の汚れなき御心を崇めて現在作られているすべての共同体を祝福しよう。

 かわいい子らよ、我々に信頼をおき、来るべき時代において、その道が至難になろうとも天の我々はあなた達の一歩ごとにそばに立つということを確信していなさい。我々は、ただあなた達の心と神を喜ばせる意向のみを見る。我々はあなた達を愛している。あなた達皆に我々の祝福を贈る。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子らよ、聖人に祈りなさい。世界中のすべての子らに、天の聖人や大天使達、また地上であなた達に付き添っている守護の天使や、我々があなた達に遣わした特別な天使達にも祈るように勧めなさい。彼らはあなた達を助け、あなた達の仕事を照らすからである。試練の時にあって、彼らはあなた達を強めるであろう。たくさん祈りなさい。あなた達が強められるのは、祈りを通してであるがらだ。何故ならかわいい子らよ、祈りは霊魂の食物だからだ。わたしの平安をあなた達に与える。この平安は、わたしをお遣わしになった御父から来るのてあり、御父とわたしが最も愛する汚れなき聖マリアを通して我々が遣わす我らの霊から来るものである。

 我が子よ、わたしは非常に重要な件についてもっと詳しく語るため、また、あなたが自分の使命や家族や全世界において助けを必要としている指図を与えるために、近々再び来る。

 平安があなたと共に。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 イエズス様と三人の聖人は、もう空に戻って行かれ、消えてしまわれました。感謝のうちに「めでたし」を三唱いたしましょう。




アルバート・ドレクセル師(教授)に与えられたメッセージ

 アルバート・ドレクセル神父様は、史的言語学と民族学のオーストラリア科学者として博士号を三つとっておられる。彼は司祭である五人兄弟の三番目で、自らは1914年に叙階された。1932年、彼ば教皇ピオ11世に私的謁見を行った。宣教のためにヴァチカン大学で教授として教鞭をとり、後にヴァチカンで人権問題においての専門家として重宝された。


救い主の御言葉 (1975年3月7日 早朝)

「息子よ、この特別な聖寵の時にあなたを祝福する……

 現在、及び来るべき時代は、公教会並びに全人類の歴史において至難の時代てある − そして、我が唯一の真の公教会にとって最も危険な時代なのだ。それは人類の歴史始まって以来、かつてないほどに無神論がこれほどまで明白になったことはなかったからだ。公教会にふりかかって来ている災難、また世のために神をも裏切り、見捨てている聖別された司祭によって引き起こされている災難は、そのこと自体が災難ばかりでなく、災難のさいたるものである。

 今の世は、無神論であるということだけではなく、三重の意味で神を侮辱している。つまり、創造主である神なる御父において、贖い主なる御子において、そして聖寵の霊である聖霊において、である。世界自体だけでなく、それと共に大勢の司祭が、自然に対して罪を犯し、自然界の秩序を覆し、子供の潔さを汚してさえいることによって、創造主なる御父を侮辱しているのだ。彼らは、わたしの神性を否定し、神性を人間の心の中で歪め汚すことによって、子であるわだしを侮辱している − わたしは、子供達の神としての友であったにもかかわらず、彼らは子供達の霊魂に不信仰の致命的な種を蒔いている。そのことで、この世的救いという偽りの希望を養っているのである。彼らは、聖霊のもたらす聖寵やその効果のために、もはや自分達の心を開かないことで、聖霊を侮辱している。その代わりに、彼らは聖霊に対して明らかに罪を犯しているが、そのような罪は、聖書にもあるように全人生においても永遠においても決して赦されないのである。

 夜が暗れば暗いほど、星はより美しく輝く。同様に罪深い世にあって、また人類が破滅に向かっているただ中にある時、善人の徳、つまり信仰や祈りに忠実な者は、神の御前においてまぶしく輝く。それならばわたしは、わたしの愛と永遠なる忠実の祝福をもって、すべての者を祝福しよう。彼らは皆、使徒聖パウロの次の言葉に付随するはずである。「私達がこの世において、神からの聖性と真実とをもって、また肉の知恵ではなく神の恩寵によって行動したことは、私達の良心の証明するとおりであって、これこそ私達の誇りである」 わたしは、かつてこう言った。「わたしは、わたしに属する者を知っており、わたしに属する者はわたしを知っている。この言葉は死後も、また永遠にまで及ぶ。」



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】