箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

アメリカ・シカゴにて与えられたメッセージ

No.236 1989年5月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 このメッセージは、ある個人の家の午前7時からのミサでリトル・ペブルに与えられた。その後、午前中にそれを書き留めた。


リトル・ペブル: 
 イエズス様は、純白の衣装で私の前にお姿を現しました。私が感謝の祈りを捧げている時、イエズス様は聖体拝領の後、私の前に御立ちになりました。イエズス様は、私に祝福を与えて下さいました。また、ミサに出席していた人々にも祝福を与え、彼らの一人ひとりの名を呼ばれました。それからイエズス様は、家族に祝福を与えられ、この家族が大変お気に召したと仰せになりました。

 それからイエズス様は、今日アメリカのネセダ・ウイスコンシンに近い小さな町、フレンドシップに出現され、重要なメッセージが下されることを私に語り始めました。それからイエズス様は、ネセダの出現の時に聖堂で働く人々についてお話になり、聖堂で働く人々とネセダの出現に関わる人々は、団結し一つとなれるように働くぺきであると仰せになりました。イエズス様は、彼らに聖なるロザリオの祈りを唱えながら − 特に協調と平和のために聖堂で祈るようお望みになりました。イエズス様は、彼らが祈る人達に反する論争に関わることなく、祈りに向かいなさいと仰せられました。

 人々の中に分裂と混乱をもたらすのは、邪悪な者のなせる業であるとイエズス様は仰せられました。それから私たちの主は、現在の聖職停止は根拠のない主張であり、見た目には、いかに真実のように見えようとも天が裁可したものではない、とおっしやいました。

 聖堂で働く人々は、聖座に交渉して助けを求め、祈りを捧げなさいとイエズス様は仰せられました。イエズス様はまた、聖であり母なる公教会がこれを承認するまでは、その聖堂でミサをあげてはならないと仰せられました。ネセダの聖地の聖堂でミサをあげるために、司祭はローマの承認を求めなさいとイエズス様は仰せられました。

 イエズス様は、ネセダで与えられた聖母のメッセージを信じる者たちが、聖母のために祈り続け、働き続けるよう励ましたいと思っておられます。メアリー・アン・バン・フーフは、今、天にいるとイエズス様はおっしゃいました。聖堂は多くの干渉を受けているが、私たちの聖母の言葉は今も真実であり、信頼できると私たちの主は仰せられました。

 それから私たちの主は、ボルドゥック神父が人々を欺いていることを人々に告げるよう、私にお話になりました。神父にこのことを知らせ、その欺瞞をやめさせなさいと仰せられました。イエズス様はまた、私にそれを人々に告げるように仰せられました。そうすれば分裂はなくなるでしょう。

 それから主は、アンジーと名乗っているある人物は偽の幻視者であり、ネセダのご出現を妨害していることを説明なさいました。人々は彼女の言葉に耳を貸すことなく、彼女のために祈るべきです。

 とりわけ聖ヨゼフは、主の養父であるから聖ヨゼフに、更に熱愛するよう私たちの主は仰せられました。また聖ヨゼフは、全世界の教会の家長であることを全ての霊魂が思い起こすよう、人々に告げなさいと仰せられました。

 それからイエズス様は、ポーランドのオラワから来た幻視者、ドマンスキーについて私に話されました。彼は4月20日以来オーストラリアから私と共に旅して来ました。私たちの主はドマンスキーを祝福されました。主は、ドマンスキーを西の方に遣わしましたが、西の方でよごされてはならないと彼に話すよう私に仰せられました。幻視者たちは、教会の権威だけでなく、幻視者の近くで働く人々が引き起こす大きな混乱にも悩まされているので、主の子供たちが西の方でどんな苦難を味わっているかを知り、主に知らせるためにイエズス様はドマンスキーを遣わしたのです。

 これがドマンスキーを西の方に遣わし、西の方の幻視者たちの困難を、とりわけリトル・ペブルの困難を彼に理解させる理由のひとつであるとイエズス様は仰せられました。リトル・ペブルはあらゆる所で幻視者たちと教会の権威に悩まされています。リトル・ぺブルと共にドマンスキーを遣わすことによって、ナウラのご出現の場所とリトル・ペブルは大きな信仰と力を与えられるだろうから、彼を何度も西の方へ遣わすつもりであるとイエズス様はおっしやいました……

 また教会と世界の多くの出来事が、これにかかっているのだからリトル・ペブルにとってのオーストラリアのご出現の場所であるナウラが間もなく認められることは、極めて重要なことだとイエズス様は仰せられました。

 それから私たちの主イエズスは、間もなくドマンスキーに対する迫害が始まるだろうから、主は、使命を持ったドマンスキーを励まされると仰せられました。今迄彼に対する迫害があったのは、ボーランドだけだったが、今後は西の方からも迫害を受けるだろうからと主は仰せられました。間もなく主イエズスと聖母はご出現の場所で勝利を得ようとしておられましたので、ドマンスキーにとっては心配のないことでした。それから主イエズスはドマンスキーとリトル・ペブルを大変愛していると仰せになり、主の二人の偉大な預言者である私たちは、あらゆる世代の最も偉大な預言者であると仰せになられました。

 それから主は私たちを祝福なさり、司祭たち、信者たち、そこにいた総ての者に祝福をお与えになりました。それから主は、私たち総てを大変愛していると仰せになり、この日、後でメッセージと出現を与えられることを私にもう一度思い出させました。

「平安があなたと共にあるように、聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。」という言葉でイエズス様は終えられました。

午前7時からのミサでメッセージを受けた後に、リトル・ペブル記す。




アルバート・ドレクセル教授が受けたメッセージ

 アルバート・ドレクセル教授は三つの博士号を持つ、オーストラリアの言語学と民俗学の科学者である。彼は五人兄弟の三番目として生まれたが、彼の兄弟たちも司祭であり、彼は1914年聖職についた。1932年、彼は、教皇ピウス11世に拝謁し、任務のためにバチカン大学で教授として教鞭をとった。後に彼はバチカンで、人種的問題の専門家として登用された。


1975年4月4日の早朝に与えられた主の言葉

 我が子よ、私は、この恩寵の夜に約束を守ってあなたを祝福します……

 司祭たちに対して、私は苦々しい大きな不満を感じています。司祭たちは自分の職務を打ち捨て、使命を忘れ、聖職が神聖なものであることを無視しています。職務についている司祭たちもいますが、彼らの日課の祈祷を真剣に行なわず、使命も果たさず、警約もしません。疑念を抱き、懐疑に取りつかれ、熱い思いを堅持した霊魂たちを導こうとしない司祭たちがいます。このような司祭たちは総て、人々の信仰心の堕落、教会の破壊、信仰の喪失という罪を犯しているのです。彼らがこの世を去る前に改心しなければ、恐ろしい裁きが下されるでしょう。

 善良な司祭のみが信仰を持った人々を救い、彼らを祈りの精神に導き続けることができるのです。私の聖心と、愛は、このような司祭を待ち望んでいます。司祭たちは絶対的な強い信仰と祈りの精神を持たなければなりません。聖なる犠牲の中に私が出現するのを待ち望みなさい。清らかな心を持ち、誘惑への官能の傾きを克服しなさい。そのような司祭のみが総てを委ねて、支配者であり主である私に従って来られるのです。それ故私は、善良な司祭のために祈ることを強く求めます。またそれか信じる人々の責務でもあります。

 私の唯一真実の聖なる教会が、堕落、分裂、崩壊、災難などに悩まされた時は必ず、高位の、あるいは下位の聖織についている司祭たちの責任でした − 彼らは罪を犯していたのです。しかし今、唯一真実の教会に起ころうとしていることは、司祭たちのあからさまの不信心です。それは創造主であり御父である神を捨て去ることです。そして、これは総て仮面の下で私の名によって行なわれています。私の名が欺くために便われているのです − 事実、彼らは自分自身を欺いているのです。彼らの本性は虚偽であり、彼らの言葉は欺瞞であり、彼らの最後は地獄です!

 しかし心からの愛で結ばれ、信仰を持っている者は総て、聖霊の力と光と聖寵によって教会を救うでしょう − 教会の信者の数が多い少ないは関係ありません。私が地上を歩んでいた時、「多くの者は破滅への広い道を歩んでいるが、頂上への狭い、険しい小道を歩む者はわずかしかいない」と言わなかったでしょうか。


これらのメッセージをご希望の方は、どうぞ下記の住所へご連絡下さい:
The Franciscan Minis of the Perpetual Help of Mary
Apartado Postal 14−239
Col. Aragon, Deleg, G.A. Madero
07000 MEXlC0, D.F





[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】