箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ドマンスキーの訪問の際に、聖地で与えられたメッセージ

No.235  1989年4月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


  (……ファチマの聖歌が歌われる……)

リトル・ペブル: 
 しばらく前から聖なる十字架が、もう空に現れています。聖母はすでにその美しい十字架の前に立っておられますが、ここからはかなり遠い所におられます。聖母のお召し物は全部白で、ブルーの帯を締めておられます。聖母は、美しい十字架の中におられましたが、滑り降りて……空から来られます。聖母は、もう(たちまちにして、十字架からまっすぐ滑って来られたようです)− 参詣所の方へ近づいて来られました。ちょうど参詣所の先端の上に立っておられます。聖母は、たくさんの美しい花々に身を包んでおられます。衣の上にも花が飾ってあります。数輪の花で飾られた、まぶしい白色の衣です。二位の大きな天使が、その脇の方 − 十字架近くから降りて来られました。彼らは、一位ずつ聖母の両側に立たれました。聖母はとても嬉しそうなご様子です。そして、あたりを見回しておられます。美しい白色のような色のべールをつけておられます。それが風に吹かれて、なびいています。

 天使達は − (彼らがどうやって手に容れたのか、私にはわかりませんが)今、美しい冠を抱えています。いばらの冠です。そのいばらには、とても小さなバラの花が咲いているのです。バラの花は、ほんの1/4インチ(約6mm)ぽどで、各々のいばらのトゲに……二つの冠のトゲにくっついている……小さなかわいいバラの花飾りなのです。さて……天使達が、その冠を聖母に捧げています。今、聖母は二つの冠を祝福されました。それから天使達は……二位ともドマンスキーと私の方へ来られます。そして、その冠を……ちょうど私達二人の所へ支え持って来ました! 聖母がおっしやいます。「この冠を二人とも受け容れてくれますか?」……「はい! 愛するおかあさま。」


聖母:
 愛する我が子よ、この冠は二つとも、あなた達の御子に対する奉献のしるしとして身に付けるべきものです。愛する我が預言者達……ドマンスキーと私達の愛のリトル・ベプルよ、あなた達二人を祝福しましょう……聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の息子ドマンスキーよ、あなたに挨拶します。ここ、我が汚れなき御心の聖地へよく来てくれました。以前、あなたは御子イエズスと我が汚れなき御心のために、ここの聖地へ来て証人となるでしょうと私が言ったように、この国を始め、聖にして母なる公数会のために、ここの聖地における(場合によっては起こり得る)私の業(わざ)の認可に対して、あなたがここへ訪問したことは、とても重要なのです。かわいい子よ、そして愛する子らよ、このことは軽視されるべきことではありません。何故なら、きょうはここに集まったあなた達皆が一緒に、我が汚れなき御心の二人の「預言者」の証人となり、この二人は、特権を与えられているからです。二人とも公教会に対して、我が汚れなき御心の「ことば」に証しをもたらしているのです。間もなく私は、たくさんの肉体的病や霊的病をも癒すために……また、子供達を御子へと連れ戻すために、彼ら二人を全世界へ遺わします! 私は、この二人の「預言者」を……世を回心させるため、また世を御子の御足許に連れ戻すために、私が自ら選びました。公教会に救われ……世界の幻視者と一致するのは、我が最愛の国ポーランドのオラワと、オーストラリアのナウラを通して、またこの二つの国とそこに住む人々の一致を通してなのです!

 ここに集まっている我が子達よ − あなた達に与えられて来ている数々の聖寵に感謝しなさい! それらの聖寵を浪費してはなりません!……そうではなく、この国のためにあなた達にいろいろな聖寵を与え給うた智恵と愛と慈しみにてまします、御子に感謝しなさい!

 かわいい息子ドマンスキーよ、我が汚れなき御心の息子よ、あなたを祝福しましょう。御子イエズス・キリストの「御言葉」を証言し、また懲罰が − 人類の上にくだる前に神の民が回心する時間を − 悔い改める時間を持つことができるよう、御言葉をもたらすために信仰を持って歩み統けなさい!! あなた達は、二人とも終末の時代の預言者達……その中でも、聖にして母なる公教会にとって最も偉大な預言者です! あなた達は、エノクとエリヤの「精神」を心に刻み込んでいます。そのうちに、聖にして母なる公教会は、我が汚れなき御心と御子イエズス・キリストの聖心から来るこれらの仕事を認可するでしょう。ですから行って、すべての者が御子の「御言葉」を聞き、理解する機会を持つことができるように「御言葉」を説きなさい。そして……信じなさい! あなた達を迫害する者達のためには − 祈りなさい。彼らが、神の聖寵を受けることができるように! そして私が世界に遺わしている預言者達を信じる者よ……あなた達の報いは大きいでしょう! それは預言者としての報いとなるでしょう! この世で私達の預言者を支える者違は皆、天にまします永遠の御父より、大いに恵まれることでしょう。

 かわいい子らよ、私達の預言者や幻視者達が、神の業において着実に行うことがでさるように、彼らのためにたくさん祈りなさい。本当にたくさん祈りなさい。悪魔は、幻視者達をふるいにかけて − 彼らを破滅させ、分裂させようとしているからです! このことば悲しむべき点です。天の代弁者たちが、誤解と混乱と嘲笑のうちに自ら紛糾しているのを見ると、我が汚れなき御心ほ痛みます! それ故、私はあなた達の前に、御子の模範……つまり愛のリトル・ベブルと愛する息子ドマンスキーを据えたのです。この二人は、公教会内のみならず……全世界の我が代弁者達の間に一致をもたらす、私の預言者です! かわいい光の我が子達よ、一致しなさい! 悪魔によって心の中に分裂が起きたり、考えに混乱をきたしたりしないようになさい。神は唯一にてまします、すべての者が救われるのは、生ける神の御子イエズス・キリストお一人だけにより、すべての恵みの仲介者は唯一人、汚れなき神の母、聖マリアなのですから。御子と私は毎日、悔い改めるようにと世に訴えるために、たくさんの国々に現れています! 自らを束縛している、この世的な所有物を投げ拾てなさい!

 かわいい子供達よ − 肉が罪の宣告……つまり、破滅への手段となってはなりません! 生活を聖とし、人間の模範とならせなさい。光の子らとなりなさい! 祈りなさい! 償いをしなさい! 御子イエズスキリストを − ふさわしく受けなさい! 罪のない状態で! 秘蹟は……ふさわしく受けなさい! 告白に行きなさい! 罪を浄めなさい。それから、我がいとも聖きロザリオを……度々祈りなさい! このようにして、あなた達ほ皆、聖くなるのです。これは、預言者への道なのですから。これが、光の子らの道てす……祈りと……償いと……犠牲が!

 それから最愛の息子ドマンスキーよ。私は公数会のために、あなたにはたくさんの聖寵を与えて来ました。それでもポーランドを始め、世の大勢の子らは、この息子に与えて来たそれらの聖寵を受け容れません。このことで、私達の心は悲しんでいます。信仰さえあれば……もっと大勢の人々が癒され得るのですから! かわいい子らよ、信仰がなければ − 回心はありません! 癒しもないのです!

 祈りなさい!……自分の罪を浄め、信仰を持って、来なさい! そうです。確かにあなた達は、我が愛する息子ドマンスキーのうちに単なる人間性しか見い出しません。しかし彼は、あなた達を癒すために御子と私から聖寵を与えられているのてす。この聖寵は − 天にいる私達から来ており、最愛の息子ドマンスキーを通して分け与えられているのです。力を落としてはなりません。あなたは、私達の聖心のために、たくさん働かなければならないからです。私達の「光」のうちに、前進し続けなさい。すべての人々のために、善を行い、彼らを御子イエズス・キリストのみもとに連れ戻しなさい。

 間もなく、素晴らしい賜がオラワの出現地に与えられます。近いうちに空や天体に、たくさんの「しるし」が見られます。そうすれば人々は信じ、ポーランドの司教達は、オラワの我が聖地を認可するでしょう。しかし、ポーランドのみならず、世界中のすべての子供達がたくさん祈る必要があります。時はとても短いですし、「平和の聖堂」は、建てられるべきなのてす。それは、御子が御裁きを持って来臨なさる前に大勢の人々が癒され、回心されるように、全世界のすべての子らがこの「聖寵の泉」に来ることができるためです! 最愛の息子ドマンスキー ……御子が最も愛せられ給う者よ、あなたを祝福します。あなたを愛しています。我が汚れなき御心で祝福しましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 これからは、この最愛の息子に話したいと思います。この地上において……またこのような聖地においては、子供達に言うべきこどが山ほどあるのですから。

  (ドマンスキーが今から聖母よりポーランド語でメッセージを受ける)……


リトル・ペブル:
 聖母は、まだそこにおられます。私達の祖国のために「特別な」祝福がありました。


聖母:
 かわいい我が子よ、今からあなたとドマンスキーに最後の祝福を与えます。これは、すべての子らに御子の「御言葉」をもたらすため、あなた達が今後行く、この国のいろいろな州や世界のたくさんの国々ヘの旅のためです。我が子よ、私のことばや御子の御言葉を述べ伝えるために、しっかりしなさい。あなたを嘲笑する者や……中傷する者達のことを心配することはありません! 今まで通り、大胆であり続けなさい。そして、すべての者が悔い改めて御子へ立ち帰る時間を与えられて来ているということを、すべての者が知るように、私のことばや御子の御言葉を生きとし生ける者へ伝えなさい。

 世のすべての子供達よ……覚えておきなさい! もう、あなた達の時は短いのです! 時間は速やかに過ぎて行き、最後の審判のあとの時間を越える永遠性は、もうすぐやって来るのです! 何故なら、御子の御腕が人類の上に隆りおろされているからです。それは、御子があなた達を愛し、一人一人の子を御胸へ連れ戻して償うことによって救いたいと望んでおられるからなのです。ですから、我が光の子らよ……すべての者が光を見て、光のうちにいることができるように祈りなさい! また、我が小さき息子達……愛のリトル・ペブルと我が汚れなき御心のドマンスキーが、聖にして母なる公教会のために豊かな実りある旅をすることができるように、祈りなさい。それから、教皇様が強められますように祈りなさい。敵は、今やローマの都で − 永遠の都の壁の内で教皇様を始め、地上における御子の家(公教会)を倒そうと、必死になって働いているからです! 司教が司教に対立するでしょう。そして大勢の司数が、教皇様に反抗します! ですから、彼らのためにたくさん祈りなさい。教会の分裂の時ほ近いからです。

 かわいい子らよ、時は短いのてす。このようなことばをあなた達の頭や心に刻みつけるほど、十分に繰り返すことはできません。あなた達を愛しています。そして、あなた達皆を我がマントの下に置きましょう。ただし、そう願う者だけ置きます。あなた達は、私の子供なのですから。では、皆を我が汚れなぎ御心から祝福しましょう − 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 生ける神の子、御子の平安がいつもあなた達の心にありますように。そして……御子の愛を……あなたたち一人一人へ持っておられる愛を決して忘れてはなりません。

 では、聖なるロザリオの一連を続けてください。この一連を、最近亡くなった最愛の娘のために捧げるよう、お願いします。彼女は、とても愛された娘でしたから。間もなく被女は、神の御国のために私と一緒に働くでしょう。では、かわいい子らよ、続けなさい。


リトル・ペブル:
 聖母は、空のもう少し遠くへと帰られます。聖マキシミリアノ・コルベもご出現中にそこにおられました。すぐには聖コルベがおられたことはわかりませんでした。聖コルベを見るのを許されたのは、ご出現後のことでした。聖コルベほまだそこにおられ、皆様を − 何回も祝福しておられます。

 では、第一玄義「イエズスの御復活」を聖母がおっしゃった特別な方のために棒げましょう。この方は − ジョーク・ミュラーのことです。

  (ロザリオの一連が唱えられる……)




1989年4月13日
ナウラの聖地にて、カジミエール・ドマンスキーに与えられたメッセージ


ドマンスキー:
 神の御母が箱舟を持って、マキシミリアノ・コルベと一緒に立っておられます。


聖母:
 息子よ、私が度々現れて神の民にロザリオを祈るように頼んでいるオーストラリアのこの場所へ来てくれて、非常に喜んでいます。きょう、大いなる聖寵があふれるでしょう。あなたが人々を祝福すると、大勢の者が霊魂の恵みを受けるでしょう。ここへやって来た者は、肉体や霊魂の癒しの恵みを受けます。しかし息子よ、彼らは祈り、御子と私に絶えず懇願しなければなりません。私は、御子と共にいつもここにいるからです。

 息子よ、あなたはリトル・ペブルと一致しています。イエズス・キリストと箱舟の聖母である私が、あなたに示した道を続けなさい。ここでの使命は、今やリトル・ペブルのメッセージを世界中で確認するでしょう。あなたは、ここに来なければなりませんでした。困難がいろいろありましたが、御子と私が常にあなたと共にいたので、あなたはすべてを克服しました。あなたが飛行機に乗った時、十字架のしるしをしたのは良かった。オーストラリア行きの便を祝福したのですから。あなたには、リトル・ペブルと一緒に大いなる使命が待っています。あなたは、地上の人々を強めるために、さらに遠くへ旅をするでしょう。それは、オーストラリアとポーランドのメッセージを通して、人類が御子と私に立ち帰るためです。

 息子マキシミリアノ・コルベが、あとであなたに話すでしょう。彼は、いつもあなたと一致しています。それから言っておきますが、この地を離れる時、振り返って、悪霊が決してここへ入って来ないようにあなたの十字架でこの場所の四方を祝福しなければなりません。

 私のしもべ達が、この聖地で御ミサを捧げたので、とても喜んでいます。あなたの祖国の友が、御子と私のしもべとして御ミサを捧げたので、きょうは特別な聖寵も与えられました。息子よ、彼らには、大いなる聖寵が待っていることを伝えなさい。いろいろな困難を持っている者について − しもべ達は、被をアメリカヘ送り帰したいと望んでいる者についてですが − 彼は、ここにとどまります − 彼のために祈りなさい。彼は、ここオーストラリアで必要とされているし、私の息子だからです。ここにいる司祭達は、御手と私の使命を果たしています。被らも迫害されるでしょう。しかし息子よ、この道を歩み銃けるよう、彼らに伝えなさい。御子と私が、彼らと共にいるからです。

 大いなる聖堂が、ここの聖地とあなたの国に建つでしょう。しかし、建てられるように、この国でもポーランドでもたくさんの祈りが必要です。あなたの国に建てられる教会は − ”神の平和聖堂”です − 。司祭達が、全世界の神の平和のために祈るべく、そこへやって来るでしょう。そしてここは、箱舟の聖所となります。箱舟の聖母としての私の聖所となるのです。

 あなた達二人は、それぞれ違った使命を持っています − しかし、あなた達の使命 − オラワとオーストラリアは一致しているのです。あなた達は、メッセージを受けている人々から迫害されています。彼らは、しかるべき道を辿っていません。自分達に伝えられた「オーストラリアのメッセージを迫害しないように」という指図に耳を傾けていません。アメリカでは、リトル・ペブルを迫害している大勢の者がいます。私達は、彼らのために祈らなければなりません。彼らは目を開かれ、自分達がして来たことに対して、リトル・ペブルに謝罪するでしょう − 彼らは、私が選んだ者を迫害したのですから。息子よ、あなたも迫害されています。しかしあなたは、御子と私の御旨を達成する道を歩んでいるので、それは良いことです。全世界に神の御言葉を広めるために、リトル・ペブルと一緒に歩み続けなさい。

 私が現れているいろいろな場所では、65人の幻視者がいますが、全員が公になっていません。− 大勢の者が、私の息子ドマンスキーから離れるでしょう − 近いうちに離れます − そして、全員がメッセージを受けるのではありません。御子や私のメッセージは、止むでしょう。たった1グルーブのみ残ります。メッセージを受ける者は、少数のグループのみになるのです。メッセージは、止むべきです。彼らは、御子や私に耳を傾けません。あなたが与える祝福を通して、あなたが行く所はどこででも、大勢の者が御子や私のもとへ立ち帰るでしょう。私は、いつもあなたと共にいるからです。

 息子よ、ゲビッキ神父様があなたと一緒に旅をすることは、良いことです。彼は、イエズスや神の母の指示を告げ知らせるべきだからです。


ドマンスキー:
 おかあさま、そして主イエズス様、オーストラリアにおける、このようなお恵みを感謝いたします。箱舟の聖母であるあなたは、今までよりもっと強く、ここのご出現を強められました。私がオーストラリアのここに来て、誰もリトル・ペブルを迫害しないように、またイエズス・キリストや神の御母が彼らにお示しになった道を歩むことができるように、私がどこででもリトル・ペブルのメッセージを宜言するようになるからです。おかあさま、お願いします。どうか、あなたの使命を私達が達成できるように − また、御子とあなたに仕えることができるように、旅する私達を祝福して下さい。


聖母:
 息子よ、間もなくあなたは、私から祝福を受けるでしょう。もうすぐ、マキシミリアノ・コルベが現れます。神の母である私は、ここの私の前でひざまずいているしもべ達を祝福します。十宇架を上げなさい。そうすれば祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 息子よ、リトル・ペブルとあなたのための祝福です。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 すべてのメッセージに忠実な者、そしてあなたの祖国のため、またオーストラリアのため、そして私の前でひざまずいている者達のために祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。平安があなた達とあなた達の霊と共に。


聖コルベ:
 息子よ、わたし、マキシミリアノ・コルベは、わたしの肉体が葬られていることを告げに(天から)くだって来た。息子よ、あなたはわたしの肉体の場所を知っている。しかし、このことは当分内緒にしておくように。オーストラリアとオラワのご出現のために、祈らなければならないと告げなさい。何故なら、あなた達二人は、最も大いなる使命を担っているからだ。あなた達は、主イエズスと神の御母が示された道に続かなければならない。

 きょう、わたしはこの国に降りて来て、また司祭としてこの国に祝福を与えることができて、とても喜んでいる。わたしは、主イエズスと神の御母のしもべであり続けているからだ。今ひざまずいている、しもべである司祭達に、しかるべき道に続くよう告げなさい。彼らは迫害されるだろうが、イエズス・キリストと神の御母が、いつも彼らと共におられる。

 息子よ、大いなる教会が、オーストラリアのここに建てられるだろうが、まだ困難が起こるであろう。オーストラリアのすべての者が、このご出現地のために祈らなければならない。この国では、祈りが大変必要であるからだ。彼らは、主イエズスと神の御母に背を向けてしまっているのだから。息子よ、ここを難れる準捕が完了したら、その十字架で、町々や村々を祝福しなさい。イエズス・キリストが、その十字架の上におられるのであるし、十字架の隣には神の御母がおられるのだから。あなたが、主イエズスと聖母の使命を果たすことができるように、あなたが旅する時、お二人はいつもあなたを強められるだろう。近いうちに、オラワの聖母のメッセージは認可されるであろう。しかし、迫害もまだ起こるだろう。彼らが、ポーランドにおいてたくさん祈るなら、認可はもっと早まるだろうが、このことは祈り次第であるし、どのように祈るかも問題なのだ。

 息子よ、あなたがわたしに祈っていることは、わかっている。わたしは、主イエズスと聖母に、この肉体はわたしがニェポカラノフで建てた教会に葬るように頼んでいる。お二人は、その準備をして下さっているが、司教が妨害しているのだ。彼らは、わたしのからだを捜したくない。しかし、彼らはもうすぐ見つけるだろう。それは、彼らが聖霊によって霊感を与えられ、わたしの肉体はどこかとあなたに聞くからである。しかし息子よ、もうしばらく待つが良い。肉体を見つけるために、彼らはまず、オラワとオーストラリアとスリペックのメッセージを認可しなければならないからだ。わたしは、スリペックの畑に現れているのだ。わたしは、いつもそこにいる。スリペックの出現地は、オラワを強めるためにあるのだ。

 では子供達よ、あなた達に司祭としての祝福を与えよう − だが、まずはそこにいる司祭達が、わたしから祝福を受け、それからあなた達二人(ドマンスキーとリトル・ペブル)が受け、その後、わたしはオーストラリア全体を祝福しよう。

 マキシミリアノ・コルベなるわたしは、御ミサを棒げた我が兄弟達を祝福する。そして、リトル・ペブルと息子であるあなた(ドマンスキー)を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。平安があなた達とあなた達の霊と共に。

 では、オーストラリアを祝福しよう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 そして、四方全部の祝福を行いなさい。


ドマンスキー:
 主イエズス様、リトル・ペブルのメッセージが迫害されないように、オーストラリアの四方全部を祝福して下さい。

私は、主イエズス様と一緒にオーストラリアを祝福いたします。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】