箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ナウラの聖地にてリトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.173 1987年11月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル:
 私たちは、「オ・サンクティシマ(きよけし…)」を歌って聖母がいらっしゃるための準備をしましよう。すでに三位の大天使が天のいと高きところにおられます。そして大天使たちは聖母を待っておられます。天使達と共に待っている間、私たちは「オ・サンクティシマ」を歌いましょう。その後でラテン語の「サルヴェ・レジナ」を歌いましょう。

 三位の天使と共に、今、この聖地の上に何度も現れている美しい光輝く白い十字架が現れました。その十字架は、とてもとても大きく天全部を占めるほどです。聖ミカエルがその十字架の後ろに立っていらっしゃいます。また、他の二位の大天使がだんだん十字架に近づいて来られるのが見えます。そして天使たちは十字架からの光線を受けています。すなわち、その十字架は天使たちの腕の中へ、手の中へ光を注いでいるのです。説明するのはとてもとても難しいのですが…。その十字架の前には、美しい箱舟が形を成しているのが見えます。美しい大きな箱舟です。それはよく絵でみるような箱舟とそっくりです。茶色で清らかな美しい木でできていますが、薄い色でなく、濃い色の木です。そしてこの箱舟はだんだん大きくなっているようで、今や天の大部分を占め、十字架の前にあります。そして今、十字架の真中から − その十字架の光線から − 明るく輝く光が来るのが見えます。この光のなかに聖母がおられます。聖母は今回、「箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶(たす)け」としてのお召し物でいらっしゃいますが、箱舟は持っておられません。幾分前へ進まれて、今私が見ているあの箱舟の上でお休みになっていらっしゃいます。

 聖母は、いつものお召し物を着ていらっしゃいますが、それは箱舟の聖母のご出現を表しているのです。小さな左腕のなかには、幼きイエズス様がおられます。今回、イエズス様は青いお召し物を着ていらっしゃいます。とても淡い青色です。イエズス様は右手にロザリオ、左手にスカプラリオを持っていらっしゃいます。スカプラリオは茶色のスカプラリオです。イエズス様は聖母を見つめ、ロザリオをもちあげて聖母に差し上げていらっしゃいます。今、聖母がどのようにしてか参詣所に近づいていらっしゃいます。箱舟は静止しているようです。まるでそれはこの地上で休止しているようです。箱舟は、言ってみれば少なくとも50階の高さで、ここの参詣所のちょうど前にあります。そして、それは私の目の前いっぱいに見えています。聖母は小さな雲に乗って前へやって来られました。そして今、イエズス様の御手からロザリオをお取りになり、ご自分の右手にお持ちになりました。十字架をお取りになり、十字架上のイエズス様に接吻なさいました。それから聖母は幼きイエズス様の額に口づけなさいました。幼きイエズス様は今、私たちの上に十字架の印をなさいました。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 十字架の印をなさるときに、明るく輝く光が、イエズス様の右手から放たれました。イエズス様はほほえんで、周りの私たち皆を見回していらっしゃいます。イエズス様はきょうはとても楽しそうです。聖母もとても楽しそうです。


聖母:
 かわいい子、愛のリトル・ペブルよ、私はあなたを祝福いたします。そして日本からの訪問者、愛するテレジア、そして我らが小さきバラなるテレサも、ここに集まった愛する子どもたちをも祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子らよ、そして子供たちよ、私はたいへん喜んでいます。こうやって再びあなた方と共にいることができるのですから。特に司祭である息子たちが私に栄誉を与え、神に栄光を帰するために来てくれましたから。もっと多くの司祭が、あなた方のようになってくれましたら良いでしょうに! 愛する子らよ、なぜならあなた方は、オーストラリアのここの聖地における私の出現を証言して下さったからです。地上の愛する子らよ、あなた方の天の母である私は、あなた方のところへ来て、あなた方の愛を求めます。祈りを求めます。回心を求めます。私はもう長年の間、世界中を周ってきました。そして迷える羊たちを集めようと努めました。しかしながら子供たちからは軽蔑され、嘲笑され、また憎まれさえしているのです。これが母親が実の子供からうける扱いでしょうか。私の御心は、苦痛でいっぱいです。なぜなら、子供たちは私たちの牧者なるヨハネ・パウロ2世のもとへ羊たちを集めるようにと世界に遣わしてきた者たちを拒み続けるからです。なぜ、ああ、なぜでしょう。愛する子供たち、あなた方は私の与えるメッセージをなぜ聴き入れないのでしょうか。私の言葉を聞いても子供たちは耳を傾けないで、心をかたくなに閉ざしています。しかし、私はあなた方の母です。ここに来て私の心はあなた方への愛で満ちています。なぜなら私はあなた方を罪の中へ捨て去りたくはないからです。いいえ、むしろ私の聖なる息子イエズス・キリストからの御慈悲、あわれみ、愛を与えたいのです。イエズスはあなた方すべてのために十字架上で命を棄てられたのですから。我が愛する子供たちよ、イエズスの御血はあなた方のために流されたのです。私のこの御心をごらんなさい。


リトル・ペブル:
 いま、聖母の御胸の前に光の輸があります。そして御胸から出てくるのは− 美しい御心 − 聖母の汚れなき御心です。しかしその周りには茨の冠が見えます。そして7本の短剣が聖母の御心を貫いています。イエズス様……幼きイエズス様は聖母の御心を右手にお取りになり、自分の方へお寄せになりました。そしてその御心に接吻なさいます。


幼きイエズス:
 愛する子らよ、あなた方は今の時代…あなた方の知っているように、世界にとって最後の時代の人間達のために涙を流しているこの悲しめる御心を慰めてくれませんか。


リトル・ペブル:
 聖母は今うつ向かれ、頭を低くしていらっしゃいます。泣いておられるのです。イエズス様……幼きイエズス様は右手を挙げていらっしゃいます。というのは、聖母の御心が御胸に戻り、イエズス様が小さな御手を聖母の御目の方へ差し出して御目をぬぐおうとなさるためです。幼きイエズス様は次のようにおっしゃいます。


幼きイエズス:
 私の愛する母を慰めてはくれないでしょうか。

 (聖母は今、再び顔を上げられました)


聖母:
 愛する子供たちよ、我が聖なる息子のところ……聖体に、聖櫃に、教会、すなわち地上での家に在しますイエズスのところへ来なさい。イエズスのところへ行き、霊魂をイエズスと一致させなさい。告解をし、我が聖なる息子への奉献を新たにしなさい。愛する子らよ、それを実行し、この偉大なる秘跡をしばしば受けなさい。なぜならこの償いの秘跡、つまり告解によって、肉体は、誘惑の魔手と悪魔の攻撃に対して強くなり、そして清められるからです。しばしば我が聖なる息子の御前に来てあなた方の罪深いことを告白しなさい。

 たとえ、あなた方のうちの多くが私を知りたくなくても、あなた方は我が愛する子供たちなのです。私はあなた方の母、罪人の拠り所なのです。私は、あなた方の母としてどれほどあなた方を愛しているかを告げるため、そして、我が聖なる息子の御胸へあなた方を連れて行くことができるように、あなた方を私の御心に引き寄せるため、この地上に参りました。私はあなた方、かわいい子供たちを愛し、そして我が汚れなき御心を捧げます。それは傷ついていますが、私はあなた方を愛します。あなた方、愛する子らを、この悲しみの御心により祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 (聖母は今、日本のテレジアの方を向かれました)


聖母:
 我が愛する娘よ。テレジア、我が小さき花よ、あなたの使命は日本へ帰ったときには、たいへん大きなものとなるでしょう。それは日本の子供たちも我が子であり、私は日本の国へも行くのですから。だから我が愛する子らに告げなさい、私は彼らの御母、汚れなき聖母マリアであると。そして日本の子らに話しかけるために、愛する娘であるあなたの所に来ているということを。私は我が神の子イエズスの至聖なる聖心によって我が子なるあなたを祝福し、勇気と力とを与えます。なぜなら我が愛する子よ、あなたはこれから私のために、そしてイエズスのために迫害を受けることになるでしょうから。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 幼きイエズス様は、今、どのようにしてお持ちになったかはわかりませんが、2本のとても美しい赤いバラを受け取られていました。そしてイエズス様の御母である聖母に手渡していらっしゃいます。天使が、聖母の後ろから出てこられました。天使はどこから来られたのかはわかりませんが、聖母の御前にいらっしゃいます。そして今、2本のバラを持って、こちらへ降りて来られます。その天使のことですが、2人のテレジアに、そのバラを差し出していらっしゃいます。

 その天使は私におっしゃいます。「あなたのためにも、重要なものがあります。」 今、天使は聖母の御心のところへ行かれ、そして私にはよくわかりませんが、どうにかして、聖母の御心から、いばらの冠を取り除かれました。天使は、私の方へそれを持ってこられます。「我が子よ、これはあなたのためです。」 聖母はテレサを見守っておいでです。


聖母:
 テレサよ、我が小さきバラよ。あなたの内にある我が聖なる息子の御苦難と御苦しみは、まもなく大きくなるでしょう。なぜなら、もっと多くの霊魂が救われなければならず、またもっと多くの贖罪が我が子らの罪の償いとして成されなければならないからです。我が子よ、あなたに力を与えるためにあなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、そして最愛の子らよ、祈りを続けなさい。特に我が聖なるロザリオの祈りを続けなさい。それは、この祈りが神の御前にたいへん力のあるものだからです。そしてこの準秘跡を通して多くの恩寵が人々に与えられるからです。愛する子らよ、我が聖なる息子の光の中を、前へ進み続けなさい。そうすればイエズスの御名の真実の証人となるでしょう。我が聖なる息子を真心をこめて守ってくたさい。キリストの代理者、ヨハネ・パウロ2世を守り、彼のために祈ってくたさい。なぜなら彼の道は、地上での来たる何ヵ月かの間、たいへん険しいものとなるからです。私はあなた方かわいい子供たちを愛しています。そしてあなた方の上に私のマントをかけます。それはあなた方すべてを天の御国にいらっしゃる御父のところへ、いつか連れて行きたいからです。あなた方皆を愛し、祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は御目をテレサの方へおやりになります。聖母が何か公におっしゃりたいかどうかは分かりません。いま、聖シャーベルがどこからともなくいらっしゃったのが見えます。(ちょうど今、来られるとは予期していませんでしたが。) 聖シャーベルは、今、聖母の右に来られます。とても速い動きでちょうど参詣所の方へ近づいていらっしゃいます。聖シャーベルは私たちが組織した修道会の修道服と同じものを着ておられます。とても嬉しそうで、私の後ろを見ていらっしゃるようです。


聖シャーベル:
 娘よ、天国の我々はあなたの意向を受け入れました。この修道会の意味するところを覚えておきなさい。そして人があなたに従うよう、模範とならねばならないということを覚えておきなさい。愛する娘よ、あなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 今、聖シャーベルはとても速く天へ帰って行かれました。もう見えません。聖母は幼きイエズス様と共にゆっくりと天へ戻って行かれます。聖母は光輝く白い十字架のまん中にたいへん近いところに立っていらっしゃいます。聖ミカエルはまだそこに立っていらっしゃいます。他の天使たちもそうしていらっしゃいます。素晴らしい恩寵が天から満ちあふれ出ています。それが何なのかは分かりませんが恩寵はきらきら輝く紙ふぶきのようです。そのように見えるのです。聖母は今、さらに遠く天へと、すなわち十字架へと戻って行かれました。私には理解できませんが、聖母は十字架の中へ入って行かれました。聖母とイエズス様も見えなくなられました。

(サルヴェ・レジナか歌われる)

 すべては今、消えましたが、聖テレジアがいらっしゃいました。聖テレジアが、皆の行ってしまわれた後に来られることは大変まれなことです。しかし聖テレジアアはそこにお立ちになって、腕いっぱいのたくさんのバラを持っておられます。ちょうど、腕を広げようとなさいました。そしてバラを全部お降らせになります。バラは私たちの上へ降ってきます。それは、それは、まことに美しい。


聖テレジア:
 我が子よ、私は天国で地上の子供たちのために働くと、約束しなかったでしょうか?


リトル・ペブル:
 そして、今、聖テレジアも行ってしまわれました。私たちは「この日にああ美しき御母」を歌いましょう。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】