箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

死者の日に事務所でリトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.172 1987年11月2日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル:
 第五玄義はエルサレムの神殿で、少年イエズスを発見したことです。

(第五玄義が唱えられる)

 さて、聖ミカエルは私達にやめるようにとお命じになりました。その第五玄義が始まってから、ずっと他の二位の天使が大きな白い十字架を捧げ持って立っていらっしゃいます。そして聖ミカエルは今回は十字架の根元に立っておられ、主は十字架上にはりつけられた御姿で、御傷からは御血がしたたっています。聖ミカエルは主の方に向かってカリスを捧げ持っていらっしゃいます。そしてどのようにしてか私にはわかりませんが、御血はまっすぐにはしたたっていません。ただ形となって真っすぐカリスに落ちています。主は御苦難のうちにおられるので、二言三言だけおっしゃっておられます。その言葉は「我渇く」です。

 さて右手の非常に空高くから至福に満ちた御母がやって来られるのが見えます。御母は玉座に座っておられます。玉座は全部黄金でできており、それをたくさんの天使達が運んでいます。天使達は十字架の前に降りて来ますが、十字架よりほんのちょっと下の方へと降りて来ています。御母は、カルメル山の聖母の御姿ですが、幼きイエズス様を抱いていらっしゃいません。主は十字架上にいらっしゃるからです。今、聖母が見えます。カルメル山の聖母の御姿をしていらっしゃいますのに、御胸の上にとても大きな茶色のスカプラリオをかけていらっしゃるのが見えます。ちょうど私たちがつける茶色のスカプラリオのようですが、とても大きいものです。それにはなんの絵も描いてなく、ただの茶色の布地なのです。さて、聖母の御手、つまり右の御手には私たちが身につけているような茶色のスカプラリオがあり、左の御手はロザリオを持っておられるのが見えます。小珠は茶色で大珠は赤色です。十字架も木製で茶色です。今、カリスからしたたっている御血のしずくが見えます。御血はふたつの準秘跡にふりそそがれています。聖母がおっしゃいます。「息子よ、これは恩寵です。人類の贖いのために流された御血のしたたりの中に、御子の犠牲による功徳で得られた恩寵です。それはイエズス・キリストの尊き御血の功徳によってこの準秘跡に与えられている力なのです」

 聖ミカエルは杯、つまりカリスをかかげておられます。御血は流れてカリスの上にしたたり落ち、ふちを越えてあふれています。さらに御血は聖母の玉座の側へと落ちて行くのが見えます。しかも、もっともっと下の方へと落ちて行きます。地面にまで落ちて行くように見えます。

 さて地球が見えます。地面が大きく割れて、御血が地中にしたたりながら注ぎ込まれています。地面から燃え上がっている火が見えます。そして海原全体が見えます。私には人々の海のように見えます。聖母はその人々を見おろしていらっしゃいます。彼らはこの火に飲み込まれた人達なのです。人々は聖母に救いを求めています。そしていくつかの霊魂は元后マリア様のおられるところへと登り始めています。そしてゆっくりと登るにつれて、その霊魂が色を変えてゆきます。真っ赤から橙色へ、そして聖母のところへ着くと白になるのです。そして聖母は、これは御子の尊き御血によってまた、十字架上に注ぎ出された御功徳によって得られたのです、と言われます。つまりこの御血は煉獄にいる子らの上に注がれる御血の象徴であり、煉獄の霊魂が救われ、浄められるのはこの『尊き御血』によってなのです、とおっしゃいました。聖母は、まだロザリオと茶色のスカプラリオを持っていらっしゃいます。


聖母:
 愛する子よ、あなたにこの幻を見せているのは、煉獄にいる尊い霊魂のために祈ることの大切さを世界中に知らせてほしいからです。なぜなら煉獄の霊魂はお祈りに渇いているからです。あなた方の祈りは苦痛に対する香油です。彼らはあなた方の祈りを渇望しています。この霊魂たちのために捧げらるミサの尊い犠牲は、彼らにとって最も有益なのです。そしてたくさんの霊魂が、私の神なる息子の多大なる犠牲によって煉獄から解放されるのです。そしてまたかわいい子らよ、私が手に持っている準秘跡は本当に聖なるものであり、煉獄にいる子供達にとって本当に力があるものです。それは「我が救いの衣」を身につけて煉獄へ行った、たくさんの霊魂は永遠なる神の御懐に迎え入れられるために、すみやかに解放されるからです。

 地上にいるかわいい子らよ、私はあなた方の天の母として、私たちの子供達が煉獄の霊魂のために祈ることが必要であることを示すために、また、この地上でまだ生活しながら、涙と悲しみの谷を歩まなければならない自分達と兄弟姉妹達のために祈ることが必要であることを示すため、この『死者の日』、すなわち『煉獄で苦しむ霊魂の祝日』に参りました。人々はこの地上の人生が十字架の道、苦しみの道であることを学ばねばなりません。そして子供達が我が聖なる御子の掟をうけいれながら、もっと尊厳を持って、もっと忍耐を持って、もっと自由意志を持って苦しめば苦しむほど、この地上にいる間は自分のためになります。そして自分自身も浄められることでしょう。ですから地の奥底にある『浄めの谷(煉獄)』には入らないでしょう。

 かわいい子らよ、煉獄というところは、いつの日か霊魂が救われ、楽園の『父の家』に行けるということが分かってはいても、楽しい所ではないのですよ。かわいい子らよ、煉獄を避けるために、できるだけ力を尽くしなさい。そこは霊魂が大いに苦しみ、浄められる場所であるからです。煉獄の霊魂は自分では喜んでいますが、それは救われるということを知っているからです。しかし地上にいる間に償っていない罪のために、いたく泣き叫んでいるのです。その罪の故に神の御顔を見ることができないので、自ら浄めの場所へと行くのです。かわいい子らよ、そのことを覚えておきなさい。苦しんでいるこれらすべての霊魂のために、特別な犠牲と祈りとを捧げなさい。そうすれば彼らが一度、天国に入ったなら、あなた方のために祈ってくれるでしょう。また、あなた方が煉獄に行くとすれば、その時間は縮められるでしょう。それは、あなた方が彼らにあわれみを持ったからです。

 地上のかわいい子らよ、煉獄のすべての子供達、そして天にいる子供達よ、私はあなた方を愛しています。私はあらゆる霊魂の元后であり、私の心は世界中のすべての子供達の救いを切に願っています。あなた方が主と同じ道を歩まねばならないために、『十字架上で苦しんでおられる御子』を、すべての者の心に留めるようにさせなさい。我が子よ、我が愛する子らよ、あなた方を祝福します。私が特に愛している煉獄の霊魂のために、私もあなた方と一緒に祈りますので、あなた方もどうかお祈りを続けてください。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】