箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.165 1987年10月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



私の愛するポーランドの友達へ

 滞在中、私と私の同伴の友達に下さいましたご親切への感謝を込めて、また何とかしようと努力したのですが、皆さんと話し会えなかった説明をするためにこの短い手紙を書いています。

 あなた方の愛するポーランドヘの私の旅は大きな喜びであり、すばらしい成果がありました。あなた方の愛は素晴らしいものでした。心から感謝いたします。聖母は私に、「あなたはいつか、そう遠からずにポーランドに再び帰るでしょう。その時あなたは皆と会って話す事が出来ます。」と言われました。

 今回皆さんと会うことが出来なかった理由は、第一に私の身の安全のための問題でした。私の回りでたくさんの安全に関する問題を引き起こそうと、悪魔の働きが非常に強かったのです。私をお許し下さいと、私に会いたかったたくさんの人々に伝えてください。会うことはとても難しかったのです。

 ポーランドでの二日半の間、オラワのドマンスキーと会え、ビエルナッキーとも会うことが出来ました。ポーランドの幻視者たちは私と一致しました。その中にはスペックやシチェチンの幻視者や、個人的な幻視者もいます。以下はポーランドにいる時に私が受け取った3つのメッセージと、ドマンスキーと二人でいた時に彼が受けたメッセージです。

 イエズスとマリアが皆さんを祝福なさいますように。いつも祈りの中に互いに一致しましょう。愛するヨハネ・パウロ2世教皇様万歳! よいクリスマスを。1988年が勝利の年となりますように。

リトル・ペブルより




ドマンスキーの家でリトル・ペブルに与えられたメッセージ

リトル・ペブル:
 空に十字架があります。あそこに三位の天使がいます。それは大天使たちで、空におられます。十字架はとても大きくて非常に光り輝いています。十字架を通って聖母が来られます。聖母がだんだんと、とても近くに近づいて来られます。天井の上方、ほんの3メートルぐらいの所まで来られました。聖母は美しい白い衣を着て、青い帯を締めておられます。今回は青いマントを着ておられます。とても小さな青いマントです。ロザリオをお取りになり、十字架上のイエズス様に接吻をなさいます。


聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。かわいい子、愛のリトル・ペブルよ、かわいい息子、我が汚れなき御心のドマンスキーよ、かわいい息子、我が汚れなき御心のトランペッターよ、そしてテレサ、あなた達を祝福します。

 ポーランドのかわいい子らよ、イエズスの聖心より挨拶します。特に息子よ、私はこの国、我が御心の最愛の国であなたを歓迎します。私はポーランドの人々を勇気づけ、力づけるため、またどれほど私がこの国の人々を愛しているかを告げるため、ここにあなたを遣わしたのです。

 恐れないで、愛する子よ、私はあなたのそばにいるからです。私はこれからもあなたに話しましょう。この国の最愛の子らにたくさん言うことがあるからです。ポーランドの人々よ、私は言いたいのです。忍耐を持って十字架を担いなさい。そうすれば、まもなくこの国の圧力は取り除かれるでしょう。ポーランドは私の国、我が汚れなき御心に奉献された国だからです。

 私たちの教皇ヨハネ・パウロ二世のために沢山祈りなさい。あなた達の司教、司祭たちも早く私の息子、ドマンスキーへの我が汚れなき御心の出現を信じるように、彼らのために祈りなさい。私はあなた達かわいい子どもたち皆に勇気と力を与えるために祝福をします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、そしてかわいい子らよ、私は今日、あなた達とずっと一緒にいるでしょう。あなた達はチェストホワ(Czestochowa)の参詣所へ行くからです。私はそこであなた達に話しましょう。我が子よ、そしてかわいい子らよ、あなた達を愛しています。


リトル・ペブル:
 聖母は、いま空に戻って行かれます。私は聖母がドマンスキーに話されたいのかどうかはわかりません。はっきりしません。聖母はたぶん私が帰った後に話されるでしょう。




1987年10月1日
ドマンスキーの家で彼に与えられたメッセージ

ドマンスキー:
 オーストラリアからここに来られた皆様方 − リトル・ペブルを始め皆様、聖母が皆様はご自分がお選びになった方々であり、オラワの聖母の御出現を更に支援するためにここ、ポーランドへ来られたのだとおっしゃいました。

 聖母は『まもなくオラワとオーストラリアの聖母の出現が公認されるでしょう。』とおっしゃって、今から教皇様が大変くるしまれるので、教皇様のために祈るよう頼まれました。

 聖母は、公教会全体がロザリオの祈りを唱えるよう願われました。ああ聖母、私たちはロザリオを唱え、私たちと私たちの家族みなの健康を願います。

 聖母はオーストラリアから来たリル・ペブルと、ここに来た人々全てとワルシャワから来たシスターとすべての家族を祝福なさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




1987年10月1日

 チェストホワに行く途中、私たちはカタリナ・シモン(Katarzyna−Szymon)の墓に行きました。そこで数人の司祭と一般信者の方々に会いました。そこで私たちが祈っていた時、彼女(カタリナ・シモン)が私(リトル・ペブル)に現れ、彼女は私が墓に来たことに感謝し、私がポーランドに来たことは非常に重要ですと言いました。




チェストホワの大聖堂の中
「チェストホワの聖母」参詣所の前でリトル・ペブルが受けたメッセージ



メッセージは御ミサの前、顕示された御聖体の御前で与えられた。

リトル・ペブル:
 ちょうど御ミサの前、私は聖母の御絵の真上を見ていました。すると御絵の上に立っていらっしゃる聖母に気づきました。様々の美しい色で描かれたその御絵と、まったく同じ服を着ていらっしゃいました。しかし、この時、聖母は左腕に赤ちゃんの幼きイエズス様を抱いておられませんでした。聖母は微笑まれ、私たちに挨拶をし、私たちがここに来たことをご自分がどれほど大喜びしておられるかを話されました。聖母がこのメッセージ中におっしゃった言葉を正確に繰り返したいと思います。

 聖母は徴笑まれ、私に挨拶をなさいました。そして「最愛の聖なる祝福された息子よ。」とおっしゃり、そして私のポーランド訪問とこの参詣所に来たことはこの国に多くの恩寵をもたらし、ポーランドの人々を勇気づけ、将来彼らを助けることになるとおっしゃいました。また、この国に大革命が起りますが、その革命の後、大勝利となるとおっしゃり、それは聖母と御子イエズス様が「終末の時代」において、信仰に関してすべての国の光となるように、この国を特別にお選びになったからだともおっしゃいました。そしてまたポーランドによって、特にチェストホワの参詣所と、オラワの御出現を通して公教会は勝利を得るでしょうとおっしゃいました。

 聖母はこの二つの参詣所はポーランドを救い、特に大いなる艱難の間、公教会の光となるとおっしゃいました。それから非常に聖なる人で、暴君に対してキリスト信者の軍隊を導くことになる、ポーランドにとって偉大な指導者をお与えになりますが、それは革命の後の事ですとおっしゃいました。聖母は、いつか私が再びポーランドに戻って来ますが、それは、聖母がご自分のご像の頭に冠を載せるようにと、私に特別に依頼なさったためです。それはポーランドの元后の聖母としての載冠をするためで、チェストホワで行われるだろうとおっしゃいました。この参詣所は残るからです。聖母はまた、公教会内の分裂が起きたとき、ポーランドの教会の90パーセントは、ペトロ2世に従うとおっしゃいました。艱難の間、ペトロ2世の周りに集結する最初の信者はポーランドの信者でしょう。そしてポーランドはペトロ2世を認める最初の国となるでしょうとおっしゃいました。

 聖母はお顔の傷をお見せになり、これらの傷は聖母がポーランドのためにお苦しみになった苦痛を表しているとおっしゃいました。聖母はポーランドの人々にたくさんの祈りを要求なさいました。そして勇気を無くさないようにおっしゃいます。なぜならポーランドの人々は聖母にとって非常に特別なので、ご自分の汚れなき御心の奥深くにポーランドを入れられたからです。聖母は、いつかリトル・ペブルなる私がこれらの傷を癒してくれるとおっしゃいましたが、どのようにしてかはおっしゃいませんでした。

 聖母はそれから、どれほど私を愛してくださっているのかをおっしゃいました。またこの国に私が来たことは、ご自分にとっても大いなる誉れだとおっしゃった時、私は大変驚きました。そして、将来の教皇様もまたチェストホワにやって来るので、この国の人々はいつか自分達の大いなる特権のことを認識するでしょう、とおっしゃいました。

 聖母は、また、ドマソスキーを非常に愛しておられ、私たち二人は聖母にとって特別であり、「チェストホワの聖母」として私たちの心に特別な愛を注がれるとおっしゃいました。そして私たちはこのご像に特別な信心を持つべきであり、その事をいつも心に留めておくようにとおっしゃいました。

 聖母は、もう少しだけこの国の苦しみについてお話になりました。この国を捕虜としている人々からの圧迫を受け続けるという苦しみは、まもなく一掃されるでしょうと説明なさいました。この国は、圧迫者からの専制から自由になるでしょう。聖母は再び、ポーランドの人々が勇気を持ってロザリオを唱えるようにとおっしゃいました。ロザリオが力になるからです。……聖母は祝福をお与えくださり、行ってしまわれました。

 御ミサの後、私たちは再び、顕示された御聖体の所で祝福をいただきました。御聖体が祭壇の上に置かれるとすぐ、主が御聖体の中にお現れになりました。主はすっかり成長された御姿で、両腕を広げておられました。聖心が見えました。主は私たちをとれほど愛しているかということと、どの様にすべての人々をご自分の聖心へと呼んでいらっしゃるかをおっしゃいました。主はまた、どれほど私たちを愛しているかを繰り返されました。主は「小さき息子よ、おまえが特にこの旅で苦しんでいることを知っている。」とおっしゃいました。私の疲労についておっしゃったのです。また「この苦しみを魂の救いのために望んだのである。」とおっしゃいました。それから、平安の中にあるようにとおっしゃいました。その後、主は去って行かれました。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】