箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルのメジュゴルイェ訪問

No.164 1987年9月22日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



リトル・ペブル:
 私は4人の仲間と夜11時頃にイタリアを出て、メジュゴルイェへ向けて9月21日に出発しました。9月22日に私たちはスプリット(Split)に到着しました。そして、車に乗ってメジュゴルイェの小さな村に向かいました。1981年から数人の小さな子供たちに、驚くべき聖母出現が起きていることで今や有名になっているその村に私たちがやって来た時、村の教会の上に聖母が立っておられるのが見えました。

 その御出現地に私たちがやって来た時、道いっぱいに御出現に関する聖具類を売っている店を目にしました。教会内の実際の御出現地に私たちが入った時、聖母は私に挨拶をなさいました。すいぶん前の1986年に、メジュゴルイェを訪れるようにと招待してくださったトミスラフ・ウラジク神父様が歓迎してくださるものと私は思っていました。この招待は、ある司祭と私の友人を通してなされたのです。ところがその神父様はそこにはおられず、引退なさったということを私たちは知りました。

 正午頃に私たちは教会に入りました。およそ五百人位の人々が御ミサにあずかっていました。主任神父様が、フランス語で御出現のことを話されていました。私たちはその後に幻視者たちに会いに行くことを決めました。何人かの幻視者たちと顔見知りである一人の私の仲間が、彼らのうちの一人に話しかけて私が到着したことを告げました。その彼女が、ヴィッカは巡礼者達につき添うために家に居ると言いました。私たちがヴィッカの家に近づいた時、さっきの主任神父様がその場に居られました。それから、その神父様は急いでその場を立ち去りました。その後すぐにヴィッカは私と仲間を家の中へ招き入れました。ほとんど午後三時になろうとしていました。

 通訳を通して私はヴィッカにしばらくの間話しかけました。そして、聖母は間もなくいらっしゃると彼女に言いました。以下の文は私が受けた聖母からのメッセージです。




1987年10月22日
メジュゴルイェの御出現地の幻視者ヴィツカの家で
リトル・ペブルが受けた聖母からのメッセージ



リトル・ペブル:
 空中に十字架が立っているのが見えます。聖ミカエルもそこに先ほどから立っておられます。そして今、美しい白い雲が見えます。聖母がこちらに近づいて来られるのが見えます。聖母は淡いグレーの服をお召しです。付けておられるヴェールはとても薄いものです。ヴェールが透けて見えます。右手に美しいロザリオをお持ちです。今、ヴィッカに目を移され、再び私たちの方を見つめておられます。聖母はロザリオをお取りになり、イエズス様に接吻なさいました。


聖母:
 我が子よ、あなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子、愛のリトル・ペブルよ、そして私が現れているメジュゴルイェの聖地の愛しい子供たちよ、あなた達を祝福します。我が子よ、あなたの周りであらゆる議論、特に私があなたに現れていないと思っている人々の間で議論があるとしても、私はあなたをここへ遣わしました。そのような論争があろうとも、ここの子供たちとあなたへの証人となるために、今日私はやって来ました。メジュゴルイェの聖地で私の姿を見ている子供たちは、今日の私の出現を確証するでしょう。そして、私は「平和の母」であり、「愛の母」であり、「一致の母」であることが世界中に知れ渡るのです。愛しい子よ、我が世界中の御出現地にあなたを遣わしているのは、私が「愛の母」「真理の母」であることをあらゆる人々が知ることが出来るためなのです。メジュゴルイェの幻視者たちに授けてきたメッセージを信じるようにと子供たちに伝えるために、私はこの国にやって来ました。世界の人々は私がここで与えているこの大いなるメッセージを信じなければなりません。私はあなた達の母です。愛に満ちたあなた達の天の母です。私の汚れなき御心であなた達を祝福します。あなた達に平安を授けます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 キリストの平和のうちに行きなさい。キリストは唯一の道であり、唯一の真理であり、唯一の希望であられるからです。


リトル・ペブル:
 ありがとうございます、お母様。


聖母:
 我が子よ、光の子らを世界中に存在する悪、特に無神論という悪に対抗するために強くなるようにと一致させるために、あなたのヨーロッパの旅を今後も続けて行きなさい。


リトル・ペブル:
 今、聖母は振り向かれてヴィッカの方を見ておられます。そして微笑んで、おっしゃいます。『小さき子よ、あなたを祝福します。あなたの道は非常に険しく、あなたが担っている十字架は非常に重いことを私は知っているからです。あなたを愛しています。あなたを祝福しましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。』

 聖母は今、トランペッターを見ておられます。


聖母:
 息子よ、全世界に対する愛のメッセージを伝えている平和の地であるこの聖地に、あなたを喜んで迎えます。すべての愛しい子らよ、あなた達を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 今、聖母は空に向かって更に遠くへ戻って行かれます。聖ミカエルも聖母と一緒に戻って行かれます。聖母は去り、十字架は消えました。





 メッセージが授けられている間、ヴィッカには聖母のお姿が見えませんでした。しかしメジュゴルイェの幻視者たちにこのメッセージを確信させるために、また後程お姿を見せると聖母はおっしゃいました。子供たちとの出会いとメッセージは、比較的短いものでした。この出会いの後に、私たちはヴィッカの家の隣にある御出現地の丘に行きました。私たちは祈り、再び教会に向かって出発しました。私たちは礼儀としてそこの主任神父様に会いに行くことに決めました。しかし私たちが到着した時、神父様は御出現に関する仕事で非常にお忙しかったのです。私たちはその夜にイタリアに戻る船を見つけなければなりませんでしたので、この場にこれ以上いることはできませんでした。従って、メジュゴルイェヘの私の小旅行はこれで終わりました。

 私たちは次の日にイタリアに戻り、アスコリの幻視者で神秘家であるマリエッタと会いました。マリエッタは、ヴィッカの家で前の日に私が受けたメッセージの証人になれるように、聖母がバイロケーションで自分をメジュゴルイェヘお遣わしになったのだと私たちに言いました。彼女はまた、聖母がヴィッカに授けられたメッセージの証人となるように、聖母が後程再びその日の夜に彼女をお遣わしになったと言いました。聖母がリトル・ペブルのメッセージに関することをヴィッカとマリエッタにお話しになったのは、このメッセージが授けられている間のことでした。10月19日に私たちがオーストラリアに戻った時、私はメジュゴルイェが私のことに関する声明を発表し、その声明は世界中に流布していると伝えられました。

 幻視者マリエッタを通して、このことに関して聖母に質問しました。以下はそのメッセージです。




10月28日午後9時30分
聖母がマリエッタにお授けになったヴィジョン

マリエッタ:
 白い服をまとい、白いバラの花束を持っておられる聖母のお姿が見えます。メジュゴルイェが見えます。そして、私の兄弟リトル・ペブルのもとに聖母が1987年9月22日に御出現になった部屋(ヴィッカの部屋)が見えます。


聖母:
 子供たちに私が姿を現しているこのメジュゴルイェで、その子達が私の存在を否定しているのです。そのようなことをしてはなりません。あの子たちは間違っています。私が言った言葉を信じませんでした。私の存在を否定しました。私は天の女王なのです。私の言いつけには従わなければなりません。リトル・ペブルに関することを私は確かに述べたからです。あの子たちは私の存在を疑い、否定しました。私の息子を極悪で野蛮な者とみなしているのです。リトル・ペブルよ、かわいそうな私の息子、何とかわいそうなのでしょう。汚れなき聖母マリア、童貞マリア、平和の元后である私はこの大いなる苦しみの間、常にリトル・ペブルのそばにおりましょう。



 その後まだ脱魂状態中に、聖母に質問がありました。それは、9月22日に幻視者たちのうちの一人が聖母を見たことで、その子どもに聖母はリトル・ペブルに関することをお話しなさっていたのでした。

聖母:
 ヴィッキー(ヴィッカ)は私の存在を否定しました。それ故に彼女は罰を受けるでしょう。司祭は去って行き、リトル・ペブルは強制的に彼女の家に入ったというようなことはしませんでした。子供たちは天使のように私の小さな家(ヴィッキーの部屋)に入ったのです。その部屋で私は(ヴィッキーや他の人達が否定していることではありますが)、リトル・ペブルの前に姿を現しました。



 聖母は9月22日、リトル・ペブルとアメリカの幻視者であるトランペッターとリトル・ペブルの仲間の3人がヴィッカに会いに行った時、録音したことに関してお話になりました。

聖母:
 リトル・ペブルは招待されたのです。リトル・ペブルと彼の仲間はヴィッカの部屋に入りました。彼らは悪魔のようにふるまったのではなく、神の子のようにふるまったのです。しかし、彼ら(ヴィッカと司祭のことを指しておられる)は私の存在を否定しました。彼らは罰を受けるでしょう。そう彼らに伝えなさい。

 リトル・ペブルに敵対することを書いている司祭は、そのようなことを止めなければなりません。彼らのために祈りなさい。彼らは深い穴に落ちています。彼らは私の出現を否定しました。私は確かに姿を現したのであり、私が姿を見せなかったことはないのです。私は姿を現しました。そしてリトル・ペブルに関することをヴィッカに話しました。


マリエッタ:
 私にはまだヴィジョンが見えます。しかし、リトル・ペプルには他の国の言葉で話しておられるので私にはその意味が理解できません。

 マリエッタは叫びました。ああ、お母様! 聖母は、まばゆいばかりの白色の服をお召しです。聖母は微笑んでおられます。お母様が私にお授けになったこのメッセージは世界中に広がります。


聖母:
 それによってあなたが傷つくことはありません。なぜなら私はあなたと一緒にいるからです。あなたは真理を話しています。そして、真理はあなたを傷つけることはありません。真理は、広がることを望むところへはどこであっても広がります。話しているのは汚れなきマリア、神とあらゆる人々の母である童貞マリアである私なのです。マリエッタ、あなたとリトル・ペブルに私の聖なる祝福を授けます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の子供たちよ、祈りなさい。本当に、ひどく残酷な苦しみを受けている私の息子リトル・ペブルのために祈りなさい。愛しい娘マリエッタよ、リトル・ペブルのために祈りなさい。あなたがリトル・ペブルのために祈っているのを私は知っています。しかし、もっと祈りなさい。メジュゴルイェの人々は、彼をぼろ切れのように弱らせています。しかし、彼を見守っている私がここにいるのです。彼は全世界のために尽くす人となるのですから。メジュゴルイェで人々が書いたリトル・ペブルに対する間違った文書があります。その人達は悔い改めなければなりません。その文書を取り消さなければなりません。私はずっとこのことを言い続けてきました。それで、充分なはずです。

 私は無原罪の御宿り、至聖なる童貞マリア、神と全人類の母です。あなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。私は女王であり、あなた方はしもべです。真実を述べなさい。あなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




 以上に加えて私はグアテマラのシスター・グァダルーぺを通して何をすべきかを主に尋ねました。以下がその返事です。

『メジュゴルイェに関することだが、もし彼らが10月31日までに(あなたと)一致しなければ、彼らは堕ちる。この事は、世界中のすべての幻視者に当てはまる。その印として、これ以上メッセージも出現もそのような幻視者たちには与えられなくなるのだ。このような堕ちた幻視者たちは取り残され、すべての人々は橋の一部分を形成している幻視者たちのもとへ行く。リトル・ペブルと一致しているそのような幻視者たちは輝き始め、人々はメッセージを聞くために彼らのもとへ集まるのだ。

 メジュゴルイェをそのまま放って置きなさい。心配することはない。彼らに答えたり、争ってはならない。なぜならあなたは「天使の牧者」であり、全世界に対して良き模範とならねばならないからである。彼らがあなたから十字架を取り除いたことを喜びなさい。彼らをそっとして置きなさい。あなたが教皇になった時、彼らは自分達が行ったことを理解するであろう。心配することはない。あなたが達成するよう与えられてきたあらゆる仕事に集中していなさい。』

 以上の御言葉を考えてお互いに祈り合いましょう。そうすれば、真実はどうなのかということを時が自ずと告げるはずです。私はメジュゴルイェを全面的に支援します。そして幻視者達のために祈ります。


リトル・ペブル



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】